Welcome to Yakyubaka.com

斎藤 佑樹 (早大)

by on Sep.20, 2009 @ 12:14 am, under 高校・大学・社会人

斎藤 佑樹 (早大)
さいとう・ゆうき

175m / 75kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 10月13日 > 2010年日本ハム1位

===

佑、プロ初球は「やっぱり真っすぐ」

07年4月14日、東大との開幕戦で東京6大学史上80年ぶりの1年生開幕戦勝利を挙げた。1番打者への初球は、外角への140キロ直球だった。1万 8000人の観衆が、吸い込まれるように見つめた。それが激動の4年間のスタートだった。ファウルされたボールを、斎藤は今でも思い出の1球に挙げる。

Nikkan Sports 11/29/2010

===

佑ちゃん、プロ第1球は「まっすぐ!」

そして、記念すべきプロでの第1球を大胆予告した。「やっぱり、まっすぐじゃないですか。それが自分の生きる道。それ(直球)をしっかり投げられないと変化球も生きてこない」。決して大口をたたくタイプではないが、正直な思いが口をついて出た。

Sanspo 11/29/2010

===

早大・佑ちゃん号泣!日本一締め/神宮大会

明治神宮大会最終日(18日、神宮)涙の優勝だ-。明治神宮大会の決勝(神宮球場)が18日行われ、大学の部は早大(東京六大学)が2-1で東海大(関東 1)に逆転勝ちし、11度目で初優勝を果たした。日本ハムからドラフト1位指名を受けた早大・斎藤佑樹投手(4年)は1点リードの九回に3番手で登板。1 回を3人で仕留め、胴上げ投手になった。日本一を“手土産”にプロの門をたたく。

Sanspo 11/19/2010

===

佑燃える マー君似菅野と激突/神宮大会

<神宮大会:早大4-1神奈川大>◇4日目◇16日◇大学の部準決勝◇神宮

日本ハムから1位指名を受けた早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)が、新旧ドラフト1位対決で「アマ3冠」を勝ち取る。神奈川大戦に先発し、5回3 安打6奪三振。西武1位の大石達也投手(4年=福岡大大濠)につなぎ、勝ち越しを呼び込んだ。今日17日の決勝では来秋ドラフトの目玉、巨人原監督のおい で最速157キロ右腕の東海大・菅野(すがの)智之投手(3年=東海大相模)と激突。3戦連続の先発も志願し、06年夏の甲子園、07年の全日本大学野球 選手権に次ぐ学生野球主要3大会制覇をゲットする。

Nikkan Sports 11/17/2010

===

早大・佑ちゃん連投で王手かけた!/神宮大会

明治神宮野球大会の準決勝が16日、神宮で行われ、大学の部で早大(東京六大学)が神奈川大(関東第2代表)を4-1で競り勝ち、初優勝に王手をかけた。 日本ハムからドラフト1位で指名された斎藤佑樹投手(4年)が先発し、5回3安打1失点。69球と余力を残し、17日の決勝では来秋のドラフト1位候補、 菅野智之投手(3年)を擁する東海大(関東第1代表)との大学ラストゲームに臨む。

Sanspo 11/17/2010

===

斎藤佑は7回無失点、最速147キロも

日本ハムドラフト1位の斎藤佑樹投手(早大)が大学の部、2回戦の愛知学院大戦に先発。7回を投げ4安打無失点、7奪三振と好投した。3点リードの六回に味方の失策などで1死満塁のピンチとなったが、最速147キロの直球で押す投球で後続を三振、一ゴロに仕留めた。

Daily Sports 11/14/2010

===

佑ちゃん敗戦も「楽しかった」/東京六大学

東京六大学野球最終週第1日(31日、神宮)東京六大学の大一番、慶大-早大戦が行われ、勝てば4季ぶり42度目の優勝が決まる早大はエース斎藤佑樹投手 (4年)が先発した。ドラフト会議後初のマウンドで、7回2失点で敗戦投手となったが、場内は3万3000人で膨れ上がり、その人気をネット裏の日本ハム 関係者に見せつけた。1日の2回戦に慶大が勝てば早慶が勝ち点4、通算8勝4敗で並ぶため3日に優勝決定戦が実施される。

...

3万3000観衆の熱気を目の当たりにした日本ハム・山田GMは「すごい人気ですよね。(一回に本塁打を許し)ドキドキしましたけど、その後はよく抑えて くれた。斎藤君のいいところは、そういうところなんです」と、今も続くフィーバーぶりと試合中の修正能力の高さを強調。「(入団後も)やってもらわないと いけない」と、早くもローテーション投手並みの期待を口にした。

Sanspo 11/1/2010

===

佑引く!小川監督青ハンカチ持ってきます

「ハンカチ王子」になりきって? 佑ちゃんをゲット!? 28日のドラフト会議で早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)を1位指名するヤクルトの小川淳司監督 (53)が26日、斎藤を引き当てるための“珍作戦”を明かした。斎藤が高校3年の夏の甲子園で使用したような青いハンカチをポケットに忍ばせ、青のパン ツをはいて会議に臨むという。斎藤がやっているというトイレ掃除まで示唆。じゃんけんにはめっぽう弱く、くじ運は悪いという小川監督の必死の験担ぎは、果 たして実るのか。

Nikkan Sports 10/27/2010

===

ロッテは佑交渉権獲得ならシリーズ招待

ロッテが、早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)との入団交渉権を獲得した場合、本拠地・千葉マリンでの日本シリーズに招待する意向であることが26日、分 かった。石川球団本部長は「そういう意向ではある。チケットはご両親に渡そうと思ってます」と明言した。「ただ、決めるのは本人」と話し、観戦するかは斎 藤の判断に委ねるとした。

Nikkan Sports 10/27/2010

===

斎藤の父・寿孝さん、佑ちゃん要望で同席

斎藤の父・寿孝さん(61)は全球団の面談終了後に会見。同席した理由を「今回はトライ的に、佑樹の方から(両親を通じ)『こういう形でプロの方に聞きた い』という要望があった。単にくじで引かれていくのではなく、考えを聞いてみたかった」と説明した。面談自体を事前に公にしたことに、「プロ野球が少しず つオープンな、ガラス張りの形になってほしい」と切望していた。

Sanspo 10/23/2010

===

ヤクルト、斎藤佑樹の開幕ローテ確約!

豪快に約束手形を切ったのは鳥原チーフスカウト。球団ではすでにエースナンバーの背番号「18」を用意。ロッテも斎藤を1位指名する方針を打ち出しているが、同チーフは「くじで当たるものと思っている。(外れ1位は)別段考えていない」と言い切った。

...

「神宮で活躍した選手が神宮に戻ってきて活躍してほしいと、私は(斎藤が)1年のころからずっと言い続けてきた。プロ野球の繁栄のためにも頑張ってほしい」

Sanspo 10/23/2010

===

ロッテも1位指名!斎藤佑樹に最大級賛辞

8日のプロ野球ドラフト会議で早大・斎藤佑樹投手(4年)の1位指名を宣言しているヤクルトは22日、東京・西東京市の早大安部寮で応武篤良監督(52)と斎藤の両親と面談。開幕ローテーション入りを確約、球団の誠意を伝えた。

...

ロッテも面談の場で1位指名を宣言した。ヤクルト・鳥原チーフスカウトから「ライバル」と指摘されたが、石川球団運営本部長は「ヤクルトは、若い人の言葉で言えば『超』ライバル。渡しません。去年のドラフト直後に『1位で行く』と言ったのはウチ」と鼻息は荒い。

Sanspo 10/23/2010

===

ヤクルト、ロッテが斎藤の1位指名伝える

2球団とも先発を期待しており、ヤクルトの鳥原公二チーフスカウトは「予定通りにいきますと話した。あとはくじが当たれば」と話し、ロッテの石川晃球団運営本部長は「野球だけでなく人間性も素晴らしい。将来を担ってほしい」と熱っぽく語った。

この日は清武英利球団代表が訪れた巨人のほか、中日、横浜、楽天、ソフトバンク、西武も面談した。前日の4球団を含め、全12球団が訪問を終え、説明を聞 いた斎藤の父寿孝さんは「育成もしっかり考えていて、球団が身近になった。佑樹も安心してこの世界に入っていけるんじゃないか」と感想を述べた。

Sanspo 10/22/2010

===

阪神など4球団が早大に育成方針など説明

この日は日本ハム、阪神、広島、オリックスの順に4球団が約30分ずつ説明。応武監督は「あくまで一般学生と同じで企業説明会のようなもの。ドラフト絡みの話はほとんどうかがっていない。斎藤の両親も非常に満足していた」と語った。

22日は斎藤の1位指名を公言しているロッテ、ヤクルトなど8球団が訪れる予定。

Sanspo 10/21/2010

===

佑両親21、22日にプロ球団と面談

早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)の両親と応武篤良監督(52)がプロ球団と行う面談は、21、22日の2日間で行う予定になった。斎藤はリーグ戦中のため同席しない。当日は各球団の育成方針や、球団の特色などを聞くことになる。

Nikkan Sports 10/20/2010

===

ヤクルト佑ちゃん1位指名へ週末にも面談

また、1位指名を公言している早大・斎藤佑樹投手(4年)について、早大側が設定している面談についても協議した。15日に早大・応武監督が「各球団がど ういう考えなのか、お話を伺いたい」とドラフト会議前に指名を検討しているプロ球団との面談を要望したことを受けたもので、早大側と調整がつけば今週末に も渡辺編成部長、鳥原チーフスカウト、小田、斉藤両スカウトの4人で早大を訪れることを確認した。

本人は同席せず、応武監督と斎藤の両親との面談になる。

Sanspo 10/19/2010

===

佑5回3失点も通算31勝/東京6大学

<東京6大学野球:早大7-3立大>◇第6週初日◇16日◇神宮

勝ち点3で首位を走る早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)が、5回3失点と苦しみながらもリーグトップタイの4勝目(2敗)、通算31勝目(14 敗)を挙げた。プロ志望届提出後初登板で、立大打線に9安打を浴びたが、最速148キロをマーク。

...

優勝のために、勝利を追い求めた。5回は4連打を浴びたが、盗塁死と飛び出した走者を刺して無失点。5回9安打3四死球と苦しんだが、直後の6回に早大打線が4安打で勝ち越した。「今日は勝てて良かった」が実感だった。

Nikkan Sports 10/17/2010

===

佑ちゃん4勝目、通算31勝/東京6大学

<東京6大学野球:早大7-3立大>◇第6週初日◇16日◇神宮

勝ち点3で首位を走る早大のエース斎藤佑樹投手(4年=早実)が、5回92球を投げて9安打4奪三振3失点で、今季4勝目、リーグ通算31勝目を挙げた。「今日は勝てて良かった。厳しい試合になると思っていた」と喜んだ。

Nikkan Sports 10/16/2010

===

佑の両親プロを面談 本人は「天命待つ」

今秋ドラフトの目玉、早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)が、週明けから両親を代役に立ててプロとの面談に臨む。立大戦前日の15日、東京・東伏見の早大グ ラウンドで練習を公開。応武篤良監督(52)は「1つ1つの球団がどのような考えをお持ちか、どんな体制なのか。受け身はつらい部分がある」と説明。リー グ戦中のため斎藤本人は出席しないが、監督と両親で調査書を提出した球団と面談する。立大戦後の約1週間をメドに、プロ側の考えを直接聞くことになった。

Nikkan Sports 10/16/2010

===

“きゅう覚”の早大・斎藤 抜群の投球術

1年春からエースを務める斎藤は、今ドラフト候補の中でNo・1の人気と実績を誇る。だが、そのこと以上にプロのスカウトを引きつける理由は斎藤の持つ「きゅう覚」にあると中村氏はいう。

「彼の良さは4年間休まず投げ続けてきた点や、多彩な変化球が挙げられますが、何といっても投球術が素晴らしい。打者心理を読んでボール球を振らせたり、先を読む能力にたけている。タイプ的には右と左の違いはあるが高橋尚(巨人―メッツ)に似ている」

Sponichi 10/6/2010

===

佑ちゃんにスカウト苦言も/東京六大学

バックネット裏では、28日のドラフトで斎藤を1位指名することを公表しているヤクルト、ロッテをはじめ数球団が視察。中日の早川チーフ・スカウトは斎藤 の潜在能力を評価した上で「けり足である右足が、踏み出した左足を越えていかない。上体だけでコントロールしようとしている部分がある」と、この日の投球 にはあえて苦言を呈していた。

Sanspo 10/5/2010

===

佑ちゃん30勝!東大にリベンジ/東京六大学

東京六大学第4週第3日(4日、神宮)祝30勝! 東京六大学秋季リーグ戦は3回戦1試合を行い、ドラフト1位候補の早大・斎藤佑樹投手(4年)が、東大 を4安打完封。7-0で下し1回戦敗戦のリベンジを果たした。今季3勝目で通算では史上21人目の30勝。今季すでに達成していた通算300奪三振に加 え、30勝のダブルでの到達は、史上6人目の快挙となった。1925年秋から始まった伝統のリーグ戦で、斎藤が新たに歴史に名を刻んだ。

Sanspo 10/5/2010

===

佑ちゃん6人目の30勝&300K/東京6大学

<東京6大学野球:早大7-0東大>◇第4週最終日◇4日◇神宮

早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)が4安打7奪三振完封で、リーグ通算30勝を達成した。30勝と300奪三振のダブル到達は史上6人目になる。 2日の1回戦は7回5安打3失点で敗戦投手になったが、中1日の登板でリベンジを果たした。「土曜日に負けてしまって、何としても勝ちたかった。勝てて良 かった。(30勝は)ここまで来られたことがうれしい」と喜んだ。

Nikkan Sports 10/4/2010

===

東大に黒星の佑ちゃん、スカウトの評価は

<東京6大学野球:東大4-2早大>◇第4週初日◇2日◇神宮

早大・斎藤の1位指名を公言するロッテ、ヤクルトなどのスカウトが投球を見守った。ロッテ永野チーフスカウトは「フォームの試行錯誤をしている。 レベルアップしながら結果を出すのは大変だが、それにトライしている」と不変の評価だった。巨人山下スカウト部長は「リリースポイントが一定じゃなくて、 コントロールが安定しなかった」と次戦以降の修正に期待した。

Nikkan Sports 10/3/2010

===

早大・斎藤、東大にまさかの敗戦/東京六大学

東京六大学野球秋季リーグ第4週第1日(2日、神宮球場)早大の斎藤佑樹投手が東大戦に先発登板し、7回を投げて5安打3失点と乱れ敗戦投手となった。六大学通算30勝目はお預けとなった。早大が東大に敗れるのは2005年秋季リーグ以来10季ぶり。

Sanspo 10/2/2010

===

佑をヤクルト社長が視察/東京6大学

ヤクルト鈴木正球団社長が今秋ドラフトで1位指名の方針を決めている早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)を初めて視察した。バックネット裏から熱視線を送り 「大変コントロールがよく、勝負強い。何より品が良い」とほれぼれ。ロッテも1位指名の方針を掲げており、競合が予想されるが「抽選で何としても勝ち取り たい。神宮で育った選手として、地の利を生かして頑張ってほしい」と話した。

Nikkan Sports 9/26/2010

===

佑リーグ13人目300K/東京6大学

節目の三振は、スライダーで奪った。1回1死、斎藤は2番上本を2-0と追い込み、外角低めの宝刀で空を切らせた。特別の感慨は見せない。淡々と、続く3 番中村からもスライダーで301個目を奪った。通算57試合目で到達した史上13人目の記録には「意外と取ってる」が感想だった。

...

最速は146キロで、4回まで外野に飛んだ打球は0。4回に不運な内野安打で1点を失ったが、序盤から変化球主体でボール球を振らせた。「市丸の配球」と 今季からバッテリーを組む女房役をたたえる。開幕前には佐賀北で全国優勝した市丸の実家、佐賀市のお菓子店「まるいち」を訪れ、家族でだんらん。6回を3 安打1失点でまとめ、大台30勝に王手をかけた。

Nikkan Sports 9/26/2010

===

佑ちゃん300奪三振&29勝/東京6大学

<東京6大学野球:早大4-2明大>◇第3週初日◇25日◇神宮

早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)が、1回に明大・上本崇司投手(2年=広陵)から空振り三振を奪い、東京6大学では史上13人目のリーグ戦通算 300奪三振を達成した。斎藤は6回を3安打1失点で抑え、大学通算29勝目(13敗)を挙げ、「とにかく最少失点で抑えて、負けないことを意識して投げ た」と振り返った。

Nikkan Sports 9/25/2010

===

早大・斎藤、300奪三振達成/東京六大学

東京六大学野球リーグで25日、明大戦に先発した早大の斎藤佑樹投手が一回1死から、法大の上本崇司内野手を空振り三振に打ち取り、大学通算300奪三振を達成した。同リーグでは史上13人目。

Sanspo 9/25/2010

===

佑300K!1位は和田の476個/東京6大学

<東京6大学野球:早大-明大>◇第3週初日◇25日◇神宮

早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)がリーグ戦通算300奪三振を達成した。

Nikkan Sports 9/25/2010

===

ヤクルト球団社長、早大・斎藤を“生チェック”

ヤクルトの鈴木球団社長が25日に神宮で行われる東京六大学秋季リーグ戦の早大―明大1回戦で先発予定の早大・斎藤を視察する。

すでに今秋ドラフトは斎藤の1位指名を公言。鈴木社長がじかに視察するのは初めてで「ビデオで見たことはあるけど、とりあえず生を見ておかないと。あしたは晴れたらいいけどね」と天気を心配していた。

Sponichi 9/25/2010

===

300K王手佑ちゃん「楽しみ」/東京六大学

25日の明大戦で先発が濃厚な早大のエース斎藤(4年)は24日、ブルペンで約60球を投げ込んだ。通算300奪三振にあと「1」、通算30勝にあと 「2」としており、史上6人目の両記録達成へ向け「六大学の歴史に自分の名前が入れると思うと楽しみ」。10年連続200安打達成のイチローについては 「さすが。すごいです」と発奮材料にしていた。(西東京市)

Sanspo 9/25/2010

===

佑今季1勝V打300K王手/東京6大学

<東京6大学野球:早大6-5法大>◇第1週最終日◇13日◇神宮

4季ぶりの優勝を目指す早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)が、5回3奪三振2失点で大学ラストシーズン初勝利、リーグ通算28勝目(13敗)を挙 げた。12球団スカウトの前で、2回には決勝の2点適時左前打を放ち、2勝1敗で勝ち点1とした。通算三振は299個で、史上13人目の300三振に王手 をかけた。6回からは大石達也投手(4年=福岡大大濠)が救援して逃げ切った。

Nikkan Sports 9/14/2010

===

佑ちゃん初勝利300K王手/東京6大学

<東京6大学野球:早大6-5法大>◇第1週最終日◇13日◇神宮

早大が法大に勝利し、2勝1敗で勝ち点1とした。先発の斎藤佑樹投手(4年=早実)は5回4安打2失点で今季初勝利。通算28勝目(13敗)を挙 げた。「すごくうれしい。法政大学と対戦するのは最後という気持ちと、負けたくない気持ちと、いろいろなことを考えて投げました」と喜んだ。3三振を奪 い、通算299三振で、300奪三振にあと1個と迫った。

Nikkan Sports 9/13/2010

===

早大・斎藤が今季初勝利!/東京六大学

東京六大学野球秋季リーグは13日、神宮球場で第1週第3日が行われ、開幕戦に続いて早大・斎藤佑樹と法大・加賀美希昇のドラフト1位候補が投げ合った一 戦は、早大が6-5で逃げ切った。斎藤は今季初勝利。早大は対戦成績を2勝1敗とし、勝ち点1を手にした。

...

斎藤は5回を投げて4安打3三振2失点。勝利投手の権利を手にして大石にマウンドを託した。その大石は七回、2安打にエラーが絡んで2点を失い、九回にも 一発を浴びたが、なんとか6-5で逃げ切った。

Sanspo 9/13/2010

===

佑150キロ プロ11球団の前/東京6大学

<東京6大学野球:法大4-2早大>◇第1週初日◇11日◇神宮

早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)が、初の大台となる最速150キロをマークしたが敗れた。秋季リーグ戦の開幕戦に先発し、5回2奪三振4失点。 11球団スカウトの前で、リーグ戦通算13敗目(27勝)を喫した。

...

ドラフト会議は、46日後に迫る。斎藤の1位指名を公言するロッテは瀬戸山球団社長が初視察。巨人、阪神、西武、日本ハム、楽天などもスカウト部門の責任 者がそろった。瀬戸山社長は「あらためて超一流の素材と感じた。ローテーションの柱として期待してます」とラブコールを送った。

Nikkan Sports 9/12/2010

===

ロッテ、ヤクルトますますホレた!負けてもドラ1変わらず

【東京六大学野球・早大2-4法大】今ドラフトで早大・斎藤の1位指名を公言しているロッテは、瀬戸山球団社長が初視察。5回4失点の内容にも「超一流の 素材。(指名が)揺らぐことはない。競合になるでしょうが、ウチは西村監督に引いてもらうと思います」とあらためて高く評価した。

同じく1位指名を予定しているヤクルト・小田スカウトも「春より直球が良くなっている。腕が振れているし、球に威力が出てきた」とこちらも評価は不変 だった。

Sponichi 9/12/2010

===

5回4失点 斎藤、ラストシーズンは黒星スタート

大学ラストシーズンを迎えた早大の斎藤は不本意な黒星スタートとなった。あと3勝に迫った通算30勝と、残り6個で届く通算300奪三振をともに達成すれ ばリーグ史上6人目となる。注目された開幕戦で三振は二つしか奪えなかった。

序盤から直球は140キロ台後半を連発し、二回には自己最速となる150キロをマークして見逃し三振を奪った。しかし、その二回に先制本塁打を浴びると 四回は3失点。ピンチで粘るいつもの持ち味が出なかった。試合後は本人、応武監督とも取材を拒否した。

...

斎藤は通算13敗目。そのうち法大戦は最多となる5敗目で、またも苦手を克服できなかった。

Sponichi 9/11/2010

===

佑ちゃん最速150キロも黒星/東京6大学

<東京6大学野球:法大4-2早大>◇第1週初日◇11日◇神宮

早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)が、秋季リーグ戦の開幕戦に先発し、初の大台となる最速150キロをマークしたが、5回4失点で敗戦投手になっ た。89球を投げて、7安打2奪三振の内容だった。

Nikkan Sports 9/11/2010

===

佑ラストシーズンVへ「やることやった」

早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)の大学ラストシーズンとなる東京6大学野球秋季リーグ戦が11日、開幕する。強豪法大と対戦する早大は10日、東京・東 伏見の同大グラウンドで約2時間の最終調整を行った。斎藤が開幕投手を務めれば8季中7度目で、過去5勝0敗と相性は抜群だ。今夏は2キロのプチ増量に成 功。4季ぶりの優勝を目指してブルペンで約60球の投球練習を行った。

...

酷暑の夏。第100代主将として背中で引っ張ってきた。「つらい表情を見せないように、暑い時も一生懸命やる姿を見せてきた」と先頭に立った。体重は75 キロから2キロ増の77キロにビルドアップ。夏に負けない旺盛な食欲で、増量した。

Nikkan Sports 9/11/2010

===

佑ちゃん「すごく楽しみ」有終V誓う

東京6大学野球秋季リーグ戦開幕前日の10日、08年秋以来4季ぶりの優勝を目指す早大が東京・東伏見の早大グラウンドで練習を公開した。大学最後のシー ズンに挑む斎藤佑樹は、ブルペンで投球練習を行った。「すごく楽しみ。ここまでケガがなく来られて、いろいろな人に感謝したい。あと1シーズンなので、優 勝していい形で終わりたい」と抱負を語った。

Nikkan Sports 9/10/2010

===

早大・斎藤葛藤との闘いラストシーズン

早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)の大学ラストシーズンが始まる。東京6大学野球秋季リーグ戦が、11日に開幕する。開幕カードは法大と対戦。斎藤は過去 7シーズン54試合に登板し、27勝12敗、防御率1・59の成績を誇る。通算奪三振は294三振で、東京6大学史上6人目の「30勝&300三振」は目 前だ。

...

今夏のオープン戦は、1位指名を公言するロッテが、全14試合を視察した。各球団は早大グラウンドを中心に帯同。斎藤は4試合に先発し、計25回を投げ た。8失点完投した国学院大戦後は「結果はよくなかったですけど、自分が試したいことはできている。インサイドのコントロールと、低めのボールの出し入 れ」と前向きにとらえた。

...

通算30勝まではあと3勝、300三振はあと6個に迫る。オープン戦では投球時のグラブの位置、フォームのバランスなど試行錯誤を繰り返した。1年生から マウンドに上がり、日米大学野球選手権、世界大学選手権、遠征も米国、チェコ、ブラジル…とフル参戦したが、入学以来1日も練習を休んだことがない。4年 間ケガでの離脱はなく、リーグ戦通算35週、夏は日本代表として投げ続けた。アイドル的存在から、4年間で強い選手になった。大学野球は残り最少で10試 合。「完投」の先に、栄光が待つと信じている。

Nikkan Sports 9/10/2010

===

ロッテ、誠意示す“早大・斎藤詣”に社長らズラリ

ロッテ・瀬戸山隆三球団社長(56)が、11日の東京六大学リーグ戦を初視察する。

今秋ドラフト1位指名を決めている早大・斎藤が第2試合に登場するためで「11日はスケジュールを空けている。(アマの試合を)直接見るのは初めて。楽 しみにしています」と同社長。当日は松本編成統括以下スカウト陣全員に同社長を加えた斎藤詣で球団の誠意を示す。

Sponichi 9/10/2010

===

【ヤクルト】佑ちゃん1位指名を再確認

ヤクルトは8月27日、東京・東新橋の球団で編成会議を行い、これまでの方針通り今秋ドラフトで早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)を1位指名する方針を再 確認した。渡辺編成部長は「プロでも十分できる。もっといい投球をしようという向上心も素晴らしい」と高い評価は揺るがない。また「投手中心の指名になる と思う」と甲子園で活躍した高校生投手も候補に入っているようだ。

Nikkan Sports 8/31/2010

===

早大・斎藤が宣言“通算30勝超える”

この日、愛媛・坊っちゃんスタジアムで県内の高校生116人を対象とした野球教室に講師役として参加した斎藤は、9月11日に開幕する今秋のリーグ戦に向 け「30勝という数字が見えてますし、それがチームのためになるなら確実に取りにいきたい」とあと3勝に迫った大台超えに意欲を示した。東京六大学で30 勝以上挙げた投手は48勝の山中(法大)を筆頭に過去20人。平成に入ってからは織田、三沢(ともに早大)と加藤(慶大)の3人しか達成していない。また 現在、通算265奪三振で史上13人目の通算300奪三振も視野に入れている。

Sponichi 8/30/2010

===

ヤクルト、佑ちゃん獲るんヤ!!

ヤクルトは27日、東京・新橋の球団事務所でスカウト会議を開き、今秋ドラフトでの斎藤佑樹投手(早大)の1位指名を確認した。渡辺進編成部部長は「調子 が悪くてもきっちり投げてくれる。プロで十分やれる」と理由を説明した。

Daily Sports Online 8/27/2010

===

ロッテ、早大・斎藤の1位指名を再確認

ロッテの石川運営本部長は15日、既に明言している斎藤佑樹投手(早大)のドラフト1位指名を、13日に行ったスカウト会議で再確認したと公表した。斎藤 は先日の世界大学選手権で打ち込まれる場面もあったが、同本部長は「あれだけクレバーな投手はいない」と話した。

Sanspo 8/15/2010

===

【巨人】2軍コーチらが佑ちゃんら視察

<世界大学選手権:日本4-0韓国>◇7月30日◇予選リーグB組◇神宮

巨人清武英利代表がドラフト候補視察のため神宮球場を訪れた。小谷コーチら2軍コーチ陣も試合を観戦。「今年は特にいい選手が多いし、総力を挙げてやろう ということです」と、スカウトだけでなく現場を動員した理由を説明した。好投した斎藤については「見ての通りですよ。球場が(斎藤の雰囲気に)包まれるよ ね。精神的に強いし、粘り強い」と評価した。

Nikkan Sports 7/31/2010

===

佑ちゃん 9回2失点完投も援護なし…

【早大1―2慶大】9回1死三塁で4番・伊藤に右翼線三塁打を許し、2点目を献上すると、斎藤は思わず天を仰いだ。「3回までパーフェクトだったし、斎藤 は悪くない。2点は投手の責任じゃない」。早慶戦3敗目(5勝)を喫した右腕を制し、会見場に1人で現れた応武監督は9回2失点完投のエースをかばった。

Sponichi 5/30/2010

===

佑ちゃん顔しかめ天見上げた/東京6大学

早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)は9回6安打9奪三振の好投が報われず、通算11敗目(27勝)を喫した。

斎藤が顔をしかめて天を見上げた。4回2死一、三塁、5番高尾康に内角への144キロ直球を、中前に運ばれた。中堅手がダイブしたが、届かず(記 録は二塁打)。勝ち点3で並ぶ大一番で先制を許した。9回は1死三塁から適時三塁打を浴びて、計2失点。それでも3回までは1人の走者も出さず、9回9奪 三振と粘った。慶大・江藤監督に「今までで一番良かった」と言わせる内容だった。

Nikkan Sports 5/30/2010

===

慶大OB滝鼻オーナーが斎藤を高評価

慶大OBのプロ野球巨人の滝鼻卓雄オーナーも「卒業以来の応援」とネット裏から伝統の一戦を視察。今秋のドラフト会議で注目される斎藤について「学生球界 で5本の指に入るのではないか。四球が少なくてコントロールがいい」と高評価をくり返した。

Sponichi 5/29/2010

===

早大・斎藤は好投報われず/東京六大学

東京六大学野球春季リーグ最終週第1日(慶大2-1早大、29日、神宮)マウンドを最後まで譲らなかった早大の斎藤に 笑顔はなかった。

抜群の制球力で5度の三者凡退を記録し、今季2度目の完投で6安打2失点。慶大・江藤監督が「今までで一番いい。球に切 れがあった」と絶賛する内容だったが、何よりも欲した勝利はつかめなかった。試合後はチームの意向で取材を受けず、応武監督は「(敗戦は)投手の責任じゃ ない」とエースをかばった。

Sanspo 5/29/2010

===

【阪神】本命は佑ちゃん!?1位候補急浮上

阪神の今秋ドラフト1位候補の本命に、早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)が急浮上していることが5月20日、分かった。今年のドラフト戦略は、将来のエー スになる本格派投手を指名する方針で固まっている。同じ早大の大石達也(4年=福岡大大濠)、中大の沢村拓一(4年=佐野日大)ら逸材右腕も1位候補に名 前が挙がっているが、実績十分の斎藤を推す声も多い。甲子園との相性も抜群。「ハンカチ王子」で人気が沸騰した06年夏以来、聖地を主戦場とする可能性が 高まってきた。

佑ちゃんが甲子園に帰ってくる!? 阪神の今秋ドラフトの1位に、早大・斎藤の名前が本命候補として急浮上している。「試合をしっかりと組み立てられる能 力はやはり魅力的だ。最終学年になって、球自体も良くなってきた。球団内でも評価は上がっている」と球団関係者は言う。阪神では即戦力投手を指名する方針 が決まっている。早大・大石や中大・沢村、仏教大の左腕大野ら逸材に密着マークしているが、ここにきて斎藤の名前がクローズアップされてきた。

Nikkan Sports 5/21/2010

===

佑ちゃんのホームランボール消えた…

佑ちゃんのホームランボールが消えた…。15日にリーグ戦初本塁打を放った早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)の記念球が16日になっても手元に戻らず、行 方不明になっている。東京6大学リーグでは本塁打ボールはマネジャーらが回収し、6大学記念バッジと交換している。ただ、今季最多1万9000人の観衆で 外野席も埋まった前日は、回収員が左翼席に到着した時にはボールは消え、この日まで取得者は名乗り出ていない。大捜索といきたいところだが、斎藤自身が記 念球に興味を示さないため、行方はなぞに包まれたままになりそうだ。

Nikkan Sports 5/17/2010

===

宝くじ当たった?!佑ちゃん、早大1号!

【早大3―1法大】東京六大学野球春季リーグ戦第6週第1日は15日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、早大の斎藤佑樹主将(4年)が3回にリーグ戦52 試合、113打席目で初本塁打を放った。投げても7回1失点の好投で今季2勝目で通算27勝目をマークした。

...

待望の本塁打が飛び出したのは3回。今秋ドラフト候補としてともに注目される法大・加賀美が投じた140キロの直球を叩くと、強い打球が左翼席に飛び込ん だ。リーグ戦通算52試合、113打席目にしての初本塁打。さかのぼれば、06年夏の甲子園以来となる4年ぶりの一発だ。ゆっくりとダイヤモンドを一周し た斎藤は、ベンチ前で右拳を3回も突き上げた。

...

この日は今季の東京六大学リーグ最多となる1万9000人の観衆が詰めかけた。「高校生の頃から人が多いところでは熱くなる性格なので…。とにかくあした 勝って優勝争いに食い込みたい」。主将としてチームを束ねる最終学年で、斎藤の目には3季ぶりの優勝しか映っていない。

≪早実では5番≫早実時代は主に5番を務め、06年春夏の甲子園通算打撃成績は45打数16安打の打率・356。延長再試合となったセンバツ2回戦の関 西戦では第1打席で中村から左越えソロ。夏は3回戦の福井商戦で池本から中越えソロを放っている。

Sponichi 5/16/2010

===

佑ちゃん大学初アーチ/東京6大学

早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)が、3回1死から左翼スタンドに大学初となる先制ソロを放った。法大先発のドラフト1位候補右腕、加賀美希昇投手 (4年=桐蔭学園)の直球を強振。06年夏の甲子園以来となる本塁打だった。「最初はレフトフライだと思った。まさか、と思ったけどうれしかった」と笑顔 だった。

投げては7回4安打1失点で今季2勝目、リーグ通算27勝目を挙げた。

Nikkan Sports 5/15/2010

===

早大・斎藤、王さん御前で完投/東京六大学

MAXは過去最速より3キロ遅い146キロ。「真っすぐの制球が悪く、踏み出す(左)足の位置も一定しなかった」。捕手の杉山と呼吸が合わなかった ことも吐露した。

今季はこれまで2試合で0勝1敗だった。先発では昨年10月10日の立大戦以来、実に7試合ぶりの勝ち星だ。

不調の原因について阪神・中尾スカウトは「股(こ)関節が回りきっていないからだ」と指摘。踏み出した足が突っ張ったままのような状態だという。

Sanspo 5/2/2010

===

早大・斎藤、5安打2失点完投で今季初勝利

「どうしても投げたかった。キャプテンとしての気持ちが強いので、代われと言われても無視していたかも」と九回までの続投を強く志願。序盤に東大に 2点を許しながら四回以降は安定した投球を取り戻し、127球で今季初勝利を手にした。昨秋から数え、先発した試合で7試合ぶりの白星に「長かった。今回 勝てたのは大きい」とほっと胸をなで下ろした。

ネット裏で斎藤の投球を初めて見守った東京・早実高の大先輩にあたるソフトバンクの王会長 は「立ち上がりは良くなかったけど、立ち直るのはさすが。彼なりに4年間やっている」と高評価。可能性の残る逆転優勝と通算30勝に向け、斎藤は右腕を振 り続ける。

Sanspo 5/1/2010

===

佑ちゃん完投で今季初勝利/東京6大学

早大・斎藤佑樹投手(4年=早実)が9回127球を投げ抜き、5安打5奪三振2失点(自責1)で、今季初勝利を挙げた。白星は昨秋の立大戦以来。 3回までに2点を先行されたが、打線が11安打で逆転した。「勝てたことがすごくうれしい。優勝がなくなったわけではないし、勝つことを意識して投げた」 と喜んだ。

Nikkan Sports 5/1/2010

===

早大・斎藤、スカウト意識「成長した姿を」

1日の東京六大学リーグ、東大1回戦で先発が有力な斎藤(4年)は、ノースロー調整。今季2試合で0勝1敗の上、チームも前週の明大戦で勝ち点を落として いるだけに危機感を漂わせた。「負けると成長していないと思われる。プロのスカウトに去年より成長した姿を見せたい。自分にとってもチームにとっても今は 勝つことが一番です」。スカウトを意識した発言は異例。まさに必勝態勢だ。

Sanspo 5/1/2010

===

野村、早大を完封 斎藤またも勝てず/東京六大学

早大は投手陣が粘ったが、打線が的を絞りきれなかった。先発の斎藤は6回5安打1失点6奪三振で敗戦投手になった。斎藤は昨秋10月10日の立大1回戦で 勝ち投手になって以来、これで7試合勝ち星から遠ざかっている。

Sponichi 4/24/2010

===

早大の2枚看板 スカウト陣はこう見た

▼ロッテ石川球団副代表(斎藤の今秋ドラフト1位指名を公言)本塁打を打たれたけど評価は不変。修正能力も高いし、全く心配はない。

▼ヤクルト渡辺編成部長(斎藤をドラフト1位候補にリストアップ)きょうは直球中心の組み立てかな。オープン戦から課題をもってやっているところがい い。

Sponichi 4/11/2010

===

斎藤、充実の笑み!社会人相手に3回5K無失点

【早大0-1住友金属鹿島】スポニチ後援第37回社会人・東京六大学野球対抗戦は28日、神宮で行われた。住友金属鹿島と対戦した早大は今秋ドラフトで1 位での重複指名が確実な斎藤が先発。3回を5奪三振、2安打無失点と好投した。

Sponichi 3/29/2010

===

【ヤクルト】1位佑ちゃんに5人が密着

ヤクルトが異例の密着体制で佑ちゃんの獲得を目指す。1月20日、埼玉・戸田の2軍寮で今年初の編成会議が行われ、今秋ドラフトで早大・斎藤佑樹投 手(3年=早実)を1位指名する方針を確認した。すでにロッテが斎藤の1位指名の方針を公表しているが、ライバルに負けじと渡辺編成部長をはじめ伊東、小 田、鳥原、斉藤の5人の担当スカウトを配置。高校野球の甲子園期間中も“人海戦術”で黄金右腕を徹底マークしていく。近日中にも早大野球部にあいさつ訪問 する予定で、米ロサンゼルスでのキャンプ視察も検討中だ。

慶大・高橋由伸(巨人)の時でもスカウトは2人で、5人は球団史上最多だ。鳥原公二チーフスカウトは「我々の本拠地である神宮で育っている好投手 を見逃す手はない」と話し、昨季限りで現役を引退し、斎藤担当の1人となった斉藤宜之スカウトも「誰もがいいという素材なので、積極的に球場に足を運びた い」と意気込んだ。また、外れ1位候補に早大・大石達也や中大・沢村拓一(ともに3年)の両投手もリストアップした。

Nikkan Sports 1/21/2010

===

ロッテ1位は佑ちゃん!背番号18空け待つ

ロッテの瀬戸山球団社長は14日、今秋のドラフト会議で早大・斎藤佑樹投手を1位指名すると明言した。千葉マリンスタジアム内で行われた今年初のスカウト会議後に「高校時代からマークしている。斎藤投手でいくと確認した」と話した。

Nikkan Sports 1/14/2010

===

「佑ちゃん詣で」スカウト9球団21人

今秋ドラフトの目玉、早大・斎藤佑樹投手(3年=早実)が5日、東京・東伏見の早大グラウンドで始動し、9球団21人のスカウトの前で初投げを披露 した。昨年より1カ月早く、大学入学後初めて練習初日からブルペンに入った。スライダーを交え約30球。年末年始も休まず、実家群馬から戻った3日には自 主練習でブルペン入りした。プロ選手と比較しても異例の早さに「最後の年。気持ちを表にしていきたい」とやる気満々の姿勢を見せた。

既にドラフト1位指名を公言するロッテは練習開始2時間前に、松本シニアスカウトら4人体制で一番乗りであいさつに訪れた。同じく1位指名する方 針のヤクルトも4人体制。巨人、阪神、日本ハム、楽天、ソフトバンク、西武、オリックスの9球団が集結。斎藤は「(将来)野球をやると決めている。プロ野 球でできたらいい。この1年間の結果が大事」と強調した。

Nikkan Sports 1/6/2010

===

個人的な目標は球速アップ。「ずっと真っすぐにはこだわってきた。150キロを目指したい。低めで見逃し三振を取れる直球を投げたい」。豊富なマウンド経 験で培った頭脳的な投球にスピードが加われば、プロも放っておかないだろう。「(通算25勝は)先輩のバックアップがあったから勝ち取れた数字。これから の1年は自分の力で勝たないといけない」と最終学年への決意を新たにした。

Sponichi 1/1/2010

===

クレバーさ評価!中日 斎藤を最上位候補に

中田スカウト部長は「良い投手であることは間違いない。当然、リストには挙がってくる」と話した。来年1月11日に行われるスカウト会議では約70人が候 補に挙げられる見込みだが、早大・大石ら逸材の多い世代の中にあって中田部長は斎藤のクレバーさと投球技術を高く評価している。

Sponichi 12/25/2009

===

“恋人”に夢中!ヤクルトは「1」 ロッテは「18」用意

来年ドラフトの目玉、早大・斎藤については既にヤクルトとロッテが1位指名候補として名乗りを上げている。ヤクルトは、斎藤が今季まで2年間背負った背番 号「1」を用意し、球団関係者は「スター性と実力を持ち備えた選手はそうはいない」と入団を心待ちにしている。一方、ロッテは背番号18を検討。今オフ横 浜に移籍した清水が10年間背負ってきたエース番号を来季は空き番にしてまで“恋人”獲得に本腰を入れている。

Sponichi 12/22/2009

===

「甲子園が一番」早大・佑、虎を“逆指名”

一番、投げやすいマウンド…。聖地を本拠とする阪神は来年のドラフトで斎藤を1位指名候補にリストアップ。球団首脳が獲得を熱望する恋人の口から“虎逆指名”とも、うけとれる甲子園への熱い思いが口に出た。

Sanspo 11/24/2009

===

CS超えた大観衆!早大・斎藤、1失点に「まだまだ遠い」

▼広島苑田スカウト部長 アマチュアだったら打ち取れている球が打たれていたが、勉強になったのでは。うちのスピードガンは144キロ出たし、気合を感じた。

▼巨人中村スカウト 軸足に体重が乗って下半身をうまく使っていた。だからスピードが出たのでは。高い球を打たれたが、リーグ戦よりもいい感じだった。

▼阪神中尾スカウト 直球に威力があった。あの感じが何イニングも続けば凄くいい。1年の時はそれができていた。4年生になってまたできるようになればいいですね。最上位候補?当然です。

▼ソフトバンク笹川スカウト ツーシーム、スライダーは対応されているが、勉強になったのでは。力があるから変化球をもっと磨けばいい。

Sponichi 11/23/2009

===

佑ちゃんに日米のスカウト陣が熱視線

大リーグ、メッツの大慈弥・環太平洋担当部長の話

「斎藤君の直球が走っていた。坂本にスライダーを拾われたのは、変化球で腕の振りが緩むということ。来年に向けてそのあたりをしっかりしていけばいい」

巨人・中村スカウトの話

「きょうは(体重が)軸足にしっかり乗っていて、球持ちもよかった。モチベーションも高かったね」

広島・苑田スカウトの話

「1イニング限定だったし、球の切れがよかった」

ヤクルト・鳥原チーフスカウトの話

「よかったね。うちは何があっても佑ちゃんだよ」

U-26NPB選抜の高田監督(ヤクルト)の話

「球に力があった。少し力んでいたところが、いつもの彼とは違ったのかな」

ロッテ・石川球団副代表の話

「力んでいたけど、(最速は)146キロを出した。人気と実力を兼ね備えている。(1位指名の)方針に変わりはない」

早大・斎藤佑について阪神・星野SDの話

「コントロールを意識しているのか、小さくまとまってしまっている。こぢんまり、という感じだねえ」

Sanspo 11/23/2009

===

斎藤VSプロ スカウト陣も熱~い視線

「10年で1度の大豊作」と呼ばれる来秋ドラフト。その中でも最大の目玉が早大・斎藤で、メジャーも含めた各球団のスカウトが集結した。

既に1位指名を公言しているロッテは石川球団副代表が視察に訪れ、獲得への強い意志をうかがわせた。松本シニアディレクターは「多少高かったが、スピー ドは出ていた。こういう舞台にも場慣れしている」と称賛した。また、同じく斎藤の1位指名の方針を固めているヤクルトは背番号「1」と「18」を空き番号 にして備える。宮本スカウトは「力んでいたかな。低めを狙った球はいい球だったね」と話した。また、メッツの大慈彌環太平洋担当部長は「きょうはスピード もあったが、坂本の安打はちょっと(腕が)緩んでいた。やはりプロでは緩んだら拾われてしまう」と注文を付けた。

Sponichi 11/23/2009

===

社長指令!全スカウト22日に佑視察…ヤクルト

ヤクルト・鈴木正球団社長(68)が13日、来秋ドラフトで1位指名予定の早大・斎藤佑樹投手(21)が先発する「U―26NPB選抜・大学日本代表」(22日・東京D)を、全スカウトに視察させると明かした。

Sports Hochi 11/14/2009

===

ヤクルト 早大・斎藤に早くも“ミスター”背番用意

ヤクルトが来秋ドラフト1位候補の早大・斎藤佑樹投手(21)に背番号「1」を用意する計画があることが13日、分かった。

球団側は現在、来季に向けて背番号の整理作業を進めており、球団関係者は「来季のチーム内で1、18をつける選手はいない」と空き番号にすることを明言。斎藤が早実時代、そして昨春から早大でつけていた背番号「1」を確保し、ラブコールを送る考えだ。

Sponichi 11/14/2009

===

“空き番”だけと…ロッテ 斎藤佑に“エース待遇”

ロッテが来年ドラフトで1位指名を決めている早大・斎藤佑樹投手(21)に背番号18を用意する。

...

斎藤は競合確実な来年ドラフトの目玉。ロッテではスカウト全員の意見を集約し、他の11球団に先駆けて早大・応武監督に1位指名の意向を伝えている。加え てかつて伊良部らもつけていた背番号18を用意することでエース級の期待で迎え入れる準備があることをアピールし、最大限の誠意を示した形になる。

Sponichi 11/11/2009

===

【早大4―7慶大】勝ち点を挙げれば優勝のはずが、早大はまさかの連敗で4位に転落。1―6の9回に登板し、1回1失点で今季を終えた斎藤は悔し涙を流し た。「最後に優勝を逃して悔しいです。何としても来年はゴールデンイヤーにしたい」と来年の雪辱を誓った。今季は10月10日の立大戦で3勝目を挙げて以 来、この日を含め5試合連続して勝ち星から見放された。「原因は分からないです。調子はいいので神様から与えられた試練だと思ってます」。応武監督によれ ば前日の敗戦後の寮ではイライラした様子を見せたという。それでもこの日はMAX145キロをマークしたこともあり「きょうの投球をいいきっかけにした い」と最後は前を向いた。

Sponichi 11/2/2009

===

ロッテ来年1位指名は佑ちゃんで決定!!

ロッテが来年ドラフトの目玉、早大・斎藤佑樹投手(21)の1位指名を12球団最速で決定した。石川球団副代表は「来年は斎藤を1位でいきます。他にもい い選手は多いけど、ぜひ欲しい。投球がうまいし、雰囲気がある。すぐ先発ローテーションに入れる」と明言。既に全スカウトの意見を集約し、早大・応武監督 に1位指名の方針を伝えたことも明かした。

Sponichi 10/30/2009

===

斎藤26勝目手中もスルリ…早大引き分け

【早大3―3法大】手中にしかけた早大・斎藤の26勝目がスルリと逃げた。6回まで4安打無失点、球数も85球と完封ペースだったが、3―0の7回に逆襲 を食らった。内野安打2本を含む3連打を浴び2点を失った。無死一塁の場面で降板すると2番手の大石も同点打を許した。「ほとんどジャストミートされてな いし、完投できるかなという感じでした。何とか勝ってほしいと思っていましたけど」と延長12回の末に引き分けに終わったこともあり、力なく話した。

Sponichi 10/18/2009

===

佑ちゃん 4失点KOも逆転勝利に感謝しきり

26勝目を狙った早大先発の斎藤は、4回7安打4失点でKO。試合後は「情けない。マウンドで何が悪いのか考えてしまった」と厳しい表情で反省しきりだっ た。低めの変化球に手を出してこない立大打線に苦戦。初回はこの日最速144キロの直球を狙われて2失点。3回2死三塁からはツーシームも左前に運ばれ た。それでも降板後の5回、1年生捕手の杉山が逆転中前打して今季初黒星が消える幸運に「黒星がつくより気持ち的に楽」と打線に感謝しきりだ。

2回にこの試合2個目の三振を奪い、リーグ通算250奪三振も達成。44試合で252奪三振はリーグ2位の443奪三振を記録した法大・江川の254奪 三振とほぼ同ペース。それでも「大事な試合なのでどうしても勝ちたい」と個人記録より、優勝を占う次週の大一番へ気持ちを入れ替えていた。

Sponichi 10/13/2009

===

佑ちゃん4失点KOも負けつかず/東京六大学

エース斎藤佑樹投手(21)=3年=が4回7安打4失点と苦しい内容だったが、5回表に打線が爆発し逆転に成功したために勝敗は付かなかった。また、この試合で斎藤は立大打線から4三振を奪い大学通算250奪三振を記録した。

Sanspo 10/12/2009

===

齊藤祐“節目”も大乱調 打線とリリーフに助けられた

早大は先発の斎藤佑(3年・早実)が、4回までに4点を失う苦しい展開。2回には節目の通算250奪三振を達成するも、以降は立大打線に直球を狙い打たれ、味方の3失策も絡んで早々とマウンドを降りた。

Sponichi 10/12/2009

===

佑ちゃん「大きな目標」クリアも…直球の威力戻らず苦悩

【早大3―2立大】一つの節目となる通算25勝に達した斎藤佑は、好救援した大石に感謝しつつ「大きな記録。次の目標の30勝に早く到達したいので、すんなり勝てたことが大きい」と、いつも通りに淡々と心境を語った。

2点を失った内容を「調子はいい。途中で投球の歩幅も狭くして、楽に投げられた」と振り返るが、磨いている直球には物足りなさが残った。140キロ後半の球速をマークしたのは序盤の数球だけ。130キロ台が中心で、切れや球威が感じられなかった。

1回に149キロを示した球場のスピード表示には「機械が故障していたのでは。(直球が)いいときは打者が詰まったりして分かる」と言い切った。投球のうまさで勝ったものの、かつての真っすぐの威力を取り戻せずに苦悩している様子だった。

Sponichi 10/10/2009

===

佑ちゃん 通算25勝と250Kに意欲

東京六大学現役最多の24勝&246奪三振を誇る早大の斎藤佑樹投手(3年)が10日、立大戦で通算25勝と250奪三振の達成に意欲を見せた。

西東京市・早大グラウンドで前日調整を終えた斎藤は「まずは25勝を目指します。三振?1、2年のころよりは狙って三振を取れる感覚が戻ってきました」 と節目の記録達成を誓った。首位固めに向けても大事な一戦となるだけに「ヤマ場になると思う。(立大エースの)戸村さんと投げ合って勝てればいい」と話し た。

Sponichi 10/10/2009

===

【早大4―2明大】力の差を見せつけた。早大・斎藤が春に続き明大のエース野村に投げ勝ち、今季2勝目を挙げた。

「いい投手に勝つと自信になる。まだ本調子ではないが制球が安定し、直球も思ったところに投げられる感触があった」

最速146キロの直球は全105球のうち51球。初回2死満塁のピンチを三振で切り抜けると、波に乗った。前回登板した東大1回戦は6回で5四死球。制 球の甘さが見られたが、この日は2四球。7回1失点で手堅くまとめ、「70点」と自己採点。応武監督も「勝てる投球をする」と称えた。

これでリーグ通算42試合で24勝、246奪三振。443奪三振を記録した“怪物”江川(法大)の42試合時点での247奪三振とほぼ同じ数字。偉大な 先輩との同ペースに「怪物ですか?光栄です」とニヤリ。明大戦での初完投こそ実現しなかったが、「これからも投げる試合はしっかり勝ちたい」と頼もしかっ た。

Sponichi 9/27/2009

===

佑ちゃん、大記録見えてきた/東京六大学

東京六大学野球リーグ第2週第1日(19日、神宮球場)佑ちゃんが大記録を射程にとらえた。早大の斎藤佑樹投手(21)=3年、早実=が19日、東大1回戦(神宮)に先発。6回5安打1失点、8奪三振の力投で3-1の勝利に貢献した。現役最多の勝利&奪三振をそれぞれ23と239に伸ばし、リーグ史上6人目の「30勝&300奪三振」も見えてきた。また、立大は2-1で明大に競り勝った。

苦投の中でも結果を出した。試合後の会見に臨んだ斎藤の表情は輝いていた。

「開幕戦? 最初は緊張していたけど投げていたら体もノッてきました」

制球に苦しみ一回から常に走者を背負った。五回無死一、三塁では東大・堀口の左犠飛で1点を失ったが、6回を5安打8奪三振の粘投で今季1勝目。「来年(4年時)のラストイヤーに向けて大事な1勝になると思う」と目を輝かせた。

フォームの修正にも手応えをつかんだ。春は4勝したものの、直球のキレ、精度を上げるため早実時代から続けていた6歩半のステップ幅を7歩に広げたが、しっくりこなかった。「(7月の)日米大学選手権はバラバラ。力が入らなかった。だから高校時代と1年春のころのフォームを参考にしたんです」。

たどり着いた答えがシンプル・イズ・ベスト。歩幅も元の6歩半に戻し、この日も直球、スライダーを中心に組み立てた。「ツーシームは5球くらい。調子のいい直球とスライダーを投げた。(右足の)軸がしっかりしてきた」。8奪三振中7個が直球。MAX147キロもマークしただけに喜びもひとしおだ。

通算23勝で現役最多を更新、さらに現役最多の奪三振数も239に伸ばし、六大学史上で過去に5人しかいない「30勝&300K」が視野に入ってきた。最低でも来秋まで14試合が残っている。1試合平均で5個以上の三振を奪えば300Kに、7勝すれば30勝に到達。十分に可能な数字だ。

「30勝は入学したときからの目標。三振も1試合2けたは直球でとりたい」。佑ちゃんが、目標に向けて突き進む。(山田利智)

Sanspo 9/20/2009 5:00am

===

不安なシーズン初戦 斎藤佑、東大戦初失点

【早大3-1東大】勝利投手になったものの、ふがいない内容だった。早大の斎藤佑は「変化球のコントロールが悪く、何とか抑えられた感じ」と、さすがに歯切れが悪かった。

格下の東大相手に6回5安打1失点。死球二つを含む5四死球を与え、三者凡退は一度も奪えなかった。東大戦の登板はいずれも先発で通算6試合目だが、得点を許したのは初めてだ。

制球難のエースについて、応武監督は「課題ははっきりしている」と、抜け球も多かった変化球を問題視する。2季ぶりの優勝に大黒柱の活躍は不可欠なだけに、不安なシーズン初戦となった。

Sponichi 9/19/2009 17:45

===

ドラフト・レポート

===