Welcome to Yakyubaka.com

南 昌輝 (立正大)

by on Sep.22, 2009 @ 8:45 pm, under 高校・大学・社会人

南 昌輝 (立正大)
みなみ・まさき

182m / 77kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 10月6日 > 2010年ロッテ2位

===

立正大・南また投げず…/東都大学2部

<東都大学野球2部:駒大4-0立正大>◇第8週2日目◇26日◇神宮第2

勝てば優勝だった一戦で、南は登板しなかった。右肩の炎症で、25日はベンチからも外れた。伊藤由紀夫監督 (59)は「最後の方に投げさせようと思ったが、そういう展開にならなかった」と話した。

今春以降、南は本来の力を発揮できずにいたが、それでも外れ1位候補に挙がっていた。この日は神宮第2球場に10球団のスカウトが訪れた。だが「優勝決定戦」ともいえる試合で登板しなかったため、状態を不安視する声も上がり、12人の1位から漏れる可能性も出てきた。

Nikkan Sports 10/27/2010

===

南が8回1安打 立正大逆王手/東都大学

ドラフト1位候補右腕、南昌輝投手(4年=県和歌山商)が最速150キロの直球を主体に7回まで無安打に抑え、8回0/3を1安打と好投した。7日 の3回戦で勝利すれば、1部残留が決定する。

ノーヒット・ノーランの夢は8回無死、26人目の打者で途切れた。立正大・南の投じた116球目、140キロの速球を中前にはじき返された。「勝 てばいいかなと。冷静でした。落とせない気持ちが青学大よりあった。気持ちでなんとかしました」と話した。9回には先頭に四球を与えて降板。完投まで逃し たが、勝ちの結果に納得した。

Nikkan Sports 6/7/2010

===

立正大・南 “背番号18”の意地見せた!

東都大学野球入れ替え戦2回戦は6日、神宮球場で行われ、立正大は今秋ドラフト1位候補の南昌輝投手(4年)が、7回まで無安打に抑えるなど9回途中で降 板するまで1安打に抑える力投。打線も効果的に援護し、青学大を3―0で下した。この結果、1勝1敗となり、3回戦に持ち込まれた。

...

序盤から飛ばした。初回は15球すべて直球。2回以降もMAX150キロをマークした直球でグイグイ押した。7回まで無安打。8回先頭の広滝に中前打を許 し、快挙は逃したが「ノーヒットノーランが自分の仕事じゃない。負けられない試合でいかに仕事するかが、背番号18の仕事」と、最後まで勝利に徹した。

...

オリックス中川スカウト きょうの南君は直球の威力が以前のいい時の状態に戻っていた。青学大の打者が完全に振り負けてましたね。

Sponichi 6/7/2010

===

立正大・南が1安打完封/東都大学

立正大・南昌輝投手(4年=和歌山商)が国士舘大を1安打で完封した。プロ注目の151キロ右腕はこの日、最速147キロ止まりながら10三振を奪い、許 した走者は2四球を含めて3人だけ。味方打線が4回に敵失で挙げた1点を守り、国士舘大に先勝した。同投手の完封は昨秋の国学院大戦以来2度目となった。

...

「今日は自分の結果がよかったけど、打たれても勝てるゲームをつくりたい。まだカーブも決まらないし修正点はあります」。プロの視線を浴びる右腕は、1安 打完封にも満足してはいなかった。

Nikkan Sports 4/28/2010

===

1点あれば十分?ドラ1候補南 1安打10K完封

立正大はエース南が直球、変化球とも低めに集め、10奪三振で1安打に抑えて完封。4回2死から二塁打した佐藤健が失策で生還した。国士舘大は坂寄、樋口 が散発5安打、無四球で継投するも、打線が機能せずに二塁を踏めなかった。

まさに南の独り舞台だった。被安打は1回2死から一、二塁間を抜かれた1本のみ。「とにかく低めに押さえ込もうと思った」と球威、制球力で国士舘大を圧 倒した。

Sponichi 4/27/2010

===

立正大 南はまさかの6失点KO

エース・南が沈んだ。3回に同点とされ、さらに2死一、二塁から6番・山元に勝ち越しの右前打を浴びると、その後はズルズルと崩れた。最速は149キロを 記録したが、3回2/3で6失点。1回戦では2失点完投でエース対決を制しただけに「沢村以上に気合が入っていたのに…。自分がしっかりしないと」とうな だれた。伊藤監督は「序盤の好機を生かせなかったのが痛かった」と4安打に終わった貧打を嘆いていた。

Sponichi 4/24/2010

===

ドラ1候補対決に日米18球団 勝ったのは151キロ右腕

ライバルに投げ勝った快感が体を突き抜けた。テレビカメラ4台、約50人の報道陣が集まった注目の一戦。7安打2失点完投で今季初勝利の南は「直球も変化 球もまだまだ。でも試合はつくれたし悪くはない。沢村は意識しました」と胸を張った。

最速は147キロもフォークやカーブが効果的に決まった。8回2死満塁では上嶋をすべて直球で3球三振。3回降板の沢村を尻目に152球で完投した。開 幕週は2試合連続で途中降板。球離れが早く制球を乱した反省から、先週はリリースポイントを前に置くように修正。その成果が表れ、伊藤監督も「エースは最 後まで投げて当然。この対決を制したのは大きい」とうなずいた。

南は熊谷市内の野球部寮で寮長を務めている。自室には投球写真を飾りサインを書き入れるなど早くも気分はプロ選手。この日は日米18球団スカウトが集結し たが、日本ハム山田GMも「制球はこれからもっと良くなる。間違いなく1位候補」と高評価した。

Sponichi 4/21/2010

===

立正大“西口2世”南の勝ち/東都

メッツなど大リーグ5球団を含め、バックネット裏から日米17球団のスカウトが熱視線を送った。注目の“ドラ1候補対決”は、立正大の南に軍配があがっ た。

...

MAXは五回、4番・井上への5球目の147キロ。カーブ、スライダー、フォークも駆使し7安打2失点で完投勝利をあげた。スカウト陣の評価は高く、巨 人・山下スカウト部長は「球持ちがいい。球速表示以上に打者は手元で伸びを感じているはず」と説明した。

Sanspo 4/21/2010

===

151キロ右腕 立正大・南をドラ1候補に…西武

西武が今秋のドラフトで、立正大の「西口2世」、南昌輝投手(21)を1位候補としてリストアップしていることが19日、分かった。昨年秋の神宮大会で初 出場初優勝に貢献したMAX151キロ右腕に対し、前田球団本部長は、「もちろん注目しています。当然、リストに挙がってくる投手」と明言した。

Sports Hochi 4/20/2010

===

立正大連覇へ エース南フル回転!

大リーグのブレーブスなどでトレーナー経験があるチーム付きの小山啓太トレーナー(32)は「骨盤の安定感は抜群。腕を速く振らなくても体のねじりで球を 速く投げられるタイプ。理想の体です」とほれ込む。伊藤監督もラストイヤーを迎える南に対して「1戦目に先発。2戦目以降はどこでも投げられるように」と いう開幕投手兼フル回転指令を下した。

Sponichi 4/6/2010

===

ドラフトの目玉!立正大・南、今季初登板に6球団

広島、巨人など6球団のスカウトの前で最速144キロをマークするなど5回3安打3失点にまとめた。「リーグ開幕まで1カ月あるし変化球もまだまだ」と表 情は硬いが、体重はベストの90キロをキープ。広島・苑田スカウト部長は「ボール先行でも動じなくなった。去年より数段いいし1位で消える」と絶賛してい た。

Sponichi 3/7/2010

===

立正大・南練習初日にスカウト4球団7人

今秋ドラフトの1位候補、立正大・南昌輝投手(3年=県和歌山商)が1月6日、埼玉・熊谷市内の同大グラウンドで始動した。182センチ、90キロの巨体 から繰り出す最速151キロの直球とフォークを武器に、昨秋の東都リーグ、明治神宮大会優勝の原動力となった。この大型右腕の練習初日には日本ハム、西 武、阪神、ソフトバンクの4球団7人のスカウトがあいさつに訪れた。好選手が多い同世代には「いい選手が多く(対戦は)厳しいが、やりがいはあります」 と、対決を楽しみにしていた。

Nikkan Sports 1/7/2010

===

東都Vの立正大が始動、南にスカウト集結

4球団が集結したプロスカウトの評価は高く、日本ハム今成スカウトは「まだ伸びしろがある。1位で競合する程度まで成長する可能性がある」。3人態勢で訪 れた西武鈴木編成部長は「今年の目玉の1人。全体的なバランスがいいイメージ。1位で間違いなく消える」。阪神中尾スカウトは「ボールに力強さがある。自 由枠があるなら張り付かないといけないぐらいの選手」と、目を細めた。

Nikkan Sports 1/6/2010

===

立正大・南、圧巻13K!3安打完封で初V王手!!

【明治神宮・大学準決勝 立正大4―0仏教大】立正大のエース・南が佛教大を圧倒した。最速150キロの直球にフォークを交え、3安打13奪三振で完封。

Sponichi 11/19/2009

===

立正大・南、完封勝利に胸張る/神宮大会

今秋の東都リーグで最高殊勲選手と最優秀投手に輝いた立正大の南がチームを決勝に導いた。毎回の13三振を奪って八回までは三塁を踏ませず「直球を狙われていたのでフォークでタイミングを外した」と完封勝利に胸を張った。

Sanspo 11/18/2009

===

立正大・南 完投で通算10勝目/東都大学野球

【立正大7―2東洋大】今季初先発した立正大の3年生右腕、南が通算10勝目をあげた。完投勝ちは昨秋の中大1回戦以来とあって、試合終了と同時にマウンド上でガッツポーズ。「やっと(先発で)使ってもらえたので、1回から全力でいった」と喜びを隠せない。

ウエートトレーニングで「春より5キロ増えて89キロ。おかげで体重が球に乗り、スピードが出るようになった」という。打線の援護で1回に6点をもらい「気持ちよく投げられた」と会心の笑みを浮かべた。

Sponichi 9/22/2009 16:59

===

ドラフト・レポート

===