Welcome to Yakyubaka.com

二神 一人 (法大)

by on Oct.19, 2009 @ 11:23 am, under 高校・大学・社会人

二神一人 (法大)
ふたがみ・かずひと

183cm / 80kg
R / R

===

2009年ドラフト1位指名⇒阪神

===

二神115球無四球完投!連覇へ執念の力投

気温13度。雨上がりの肌寒いマウンドだったが、二神は半袖のユニホームで115球を投げきった。9回2死一、三塁のピンチも代打・竹田を3球で空振り三 振。「負ければ優勝の可能性が消える。4年間神宮でやってきたことを出そうと」。2連覇へ望みをつなぐ無四球完投を振り返った。

8安打を浴びたが長打はゼロ。直球は140キロ台中盤でも「リーグ戦序盤は球が行かなかった。最近は指にかかるようになった」と納得の球威で芯でとらえさせなかった。1点リードの9回2死一塁では適時二塁打と投打で気を吐いた。

「最終チェックだよ。伸びのある球を投げていたね」と阪神・菊地東日本統括スカウト。29日のドラフト会議を前に、前週の早大2回戦に続く完投でスカウ ト陣にアピールした二神は「(プロ入りは)目標ではあるけれど静かに時を待ちます」と、いまはエースとしてチームの優勝に目を向けた。

Sponichi 10/26/2009

===

【法大1―0早大】法大・二神がリーグ戦通算8勝目を初完封で飾った。6安打3四死球の内容に「走者は出しましたけど、のらりくらりというか何とか結果を 出せました」とうれしそうに振り返った。ドラフト1位候補右腕は今春4勝も、夏に日米大学野球、アジア選手権と日本代表入りした影響で疲労が抜けず今季序 盤は不調で苦しんだ。「春と比べて(スピードガンの)4、5キロ遅いし、自分自身でもアレッという感じ」としていたが、復調の兆しにホッとしていた。

Sponichi 10/19/2009

===

春のリーグ戦は140キロ台の直球と変化球を低めに集め、すべて完投で4勝を挙げた。しかし、疲労が抜けずに今秋はここまで1勝1敗。この日も直球は大半 が130キロ台だったが、「球速は出なくても、球持ちが長いから打者が差し込まれる」とロッテの井辺スカウト。右腕も「のらりくらりの投球でピンチでも粘 れた」と満面の笑みを浮かべた。

Sanspo 10/19/2009

===

ドラフト・レポート

迷スカウト

===