Welcome to Yakyubaka.com

小林 敦 (七十七銀行)

by on Jan.26, 2010 @ 3:25 pm, under 高校・大学・社会人

小林 敦 (七十七銀行)
こばやし・あつし

178cm / 80kg
R / R

===

阪神上位候補に七十七銀行の小林投手

阪神が28日に行われるドラフト会議で七十七銀行・小林敦投手(24=東海大)を上位候補としてリストアップしていることが26日、明らかになった。社会 人で全国勝利はないが、11月のアジア大会(中国)日本代表にも選出された先発タイプの右腕。すでに10球団以上が熱視線を送っている、プロ注目の即戦力 だ。

最大の売りは、そのタフネスぶり。入社3年目のエース右腕で最速148キロの速球に持ち球はカーブ、スライダー、カットボール、フォーク。9月の都市対抗 野球では1回戦のNTT東日本戦に先発。延長11回タイブレークの末に1-2で敗れたが、162球を投げて5安打と好投。9月の日本選手権東北予選(決 勝)では、JR東日本東北相手に延長17回、250球を投げ抜いて0-0で引き分けた、まさに鉄腕だ。

Nikkan Sports 10/27/2010

===

プロ野球ドラフト、みちのく有望選手ズラリ!

プロ11球団から調査書が届いている七十七銀行・小林は最速148キロの直球にスライダー、カットボールを低めに丁寧に集める投球が持ち味。タイブレーク 方式の延長十一回にサヨナラ負けした9月の都市対抗1回戦・NTT東日本戦も、十回まで5安打1失点と好投した。5月のJABA東北大会では2日連続で完 投。9月の日本選手権東北最終予選決勝・JR東日本東北戦は延長17回250球を投げ抜き、無失点とスタミナもある。先発でも中継ぎでも起用できるタイプ だ。

Sanspo 10/27/2010

===

七十七銀の本格右腕に11球団が熱視線

大学生投手が“豊作”といわれる28日のドラフト会議を前に、社会人野球・七十七銀行の小林敦投手(24)に注目が集まっている。すでにプロ11球団が調 査書を提出。11月のアジア大会日本代表にも選ばれているMAX148キロの東北ナンバー1右腕が、2日後に迫った運命の日をじっと待つ。

...

先月の日本選手権東北最終予選決勝・JR東日本東北戦は延長17回、250球を投げ抜くなどスタミナ十分。スカウトからも「体力があるから球数を多く放れる」「メンタルが強くなり、マウンドで落ち着いている」と評価された。

ヤクルトを除く11球団が調査書を提出済み。もし小林が指名されれば、チームから初のプロ野球選手誕生となる。

Sanspo 10/26/2010

===

七十七銀行・小林、今年こそ全国初勝利だ!

貴重な経験を無駄にしないためにも、自身が登板した試合の映像を試合後に必ずみては反省をくり返した。また「頭の片隅でも(情報が)あれば違う」(小林) と、長距離打者からアベレージヒッター、小技の得意な打者といろんなタイプのチームメートから話を聞いて“情報収集”。最速148キロの速球だけに頼らな い投球を目指す。今年から指揮を取る上野尚文監督(39)も、「悔しい思いは心に残っているはず」と期待の中で奮起を促した。

Sanspo 1/26/2010

===

ドラフト・レポート

===