Welcome to Yakyubaka.com

中野 ジャスティン (関東学院大)

by on Jun.13, 2010 @ 6:40 pm, under 高校・大学・社会人

中野 ジャスティン (関東学院大)
なかの・じゃすてぃん

179cm / 64kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 9月8日

===

中野ジャスティン1球に泣く/大学選手権

<全日本大学野球選手権:東北福祉大3-1関東学院大>◇12日◇1回戦◇東京ドーム

関東学院大(神奈川)中野ジャスティン投手(2年=向上)が1球に泣いた。8回2死一、二塁、133キロ内角の直球を左翼スタンドへ運ばれた。1 点リードは一瞬で2点ビハインドに変わり「外角のサインだったのに逆球になってしまった。1球が命取りになりました」と失投を悔いた。しかし初の全国舞台 で、7回まで2安打無失点の堂々たる投球。春季リーグ戦でもなかった9回完投で「東京ドームのマウンドは投げやすかった。今までにないくらいのいいピッチ ングだったと思います」と収穫も多かった。

Nikkan Sports 6/12/2012

===

阪神が神奈川・向上ジャスティン狙う

阪神が今秋ドラフトで「ダル2世」を狙っていることが29日、分かった。向上(神奈川)の中野ジャスティン(3年)をリストアップ。米国人の祖父を持つ右 腕は181センチ、71キロと細身だが、体に強いバネを感じさせるフォームが魅力だ。直球の最速は144キロで、キレ味鋭いスライダーが武器。他球団の注 目度も高く、日米13球団のスカウトが視察を完了している。阪神は即戦力投手を上位指名する方針を固めているが、次世代を担う逸材の発掘にも力を注いでい る。神奈川大会では4回戦で横浜に9回3失点と好投したが敗退。プロ志望届を提出するかは未定だが「プロに行きたい」と話していた。

Nikkan Sports 7/30/2020

===

プロ注目右腕・ジャスティン散る「力不足…」

高校入学時は小柄なサイドスローだったものの、背が伸びるにつれて上手投げに転向した。毎日20分のストレッチで下半身の柔軟性を強化。130キロに満た なかった直球は最速144キロを記録するまでになった。この日も低めに角度のある球を集めて横浜打線を苦しめたが「内角を上手に突けなかった。力不足」と 自分を責めた。

卒業後の進路を問われると「プロに行きたい」と言い切った。目標とする投手には日本ハム・ダルビッシュの名前を挙げる。現在1メートル81の身長はまだ 成長過程。「悔いはありません」。完全燃焼した中野が次の舞台を目指す。

Sponichi 7/22/2010

===

向上 中野ジャスティンにプロ8球団熱視線!

中盤からは最速142キロを記録した直球からスライダー中心に切り替え、4安打1失点で8三振を奪った。

日米ハーフの父を持つクオーターの初戦に、ネット裏にはロッテ、阪神など8球団のスカウトが集結した。「真っすぐの制球に苦しんでいたが、それさえ決まれ ばもっと上が目指せる」と中日の石井スカウト。3回無死一、三塁のピンチは三塁走者をけん制で刺すなど、センスの良さを随所に見せた。

Sponichi 7/13/2010

===

向上には142キロエース中野ジャスティン

向上のエース右腕・中野は、緑がかったグレーの瞳で甲子園のマウンドに立つ日を見据えている。米国人の父を持ち、日本人離れしたバネで投げ降ろす最速 142キロの直球とスライダーにはプロも注目。同校には昨秋以降、日米13球団のスカウトが視察に訪れた。

秋季県大会では、2回戦で足柄を3安打完封するなどチームを4強に導いた。しかし今春は初戦敗退。4安打2失点の好投も「余裕だと思ってすきができ た」と猛省し、5月の大型連休は投げ込みを続けた。

エキゾチックな外見とは裏腹に生まれも育ちも神奈川。「朝は納豆とみそ汁とか食べます」と笑う。両親の離婚で、小3から女手1つで育ててくれた母 恵さんを支えるため、将来はプロの道を希望。「でも夏の結果次第ですね」と最後の夏への思いは強い。

Nikkan Sports 6/13/2010

===

ドラフト・レポート

===