Welcome to Yakyubaka.com

三ツ俣 大樹 (修徳)

by on Jun.13, 2010 @ 9:17 pm, under 高校・大学・社会人

三ツ俣 大樹 (修徳)

177cm / 83kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 9月10日 > 2010年オリックス2位

===

修徳・エース三ツ俣雄叫び大手!

第92回全国高校野球選手権大会・東東京大会(25日、神宮)東東京大会で準決勝2試合が行われ、修徳はドラフト候補右腕、三ツ俣大樹投手(3年)が自己 最速を3キロ更新する149キロをマーク。

...

“最終回”となった七回一死。修徳のエース・三ツ俣が国士舘・鈴木を遊ゴロに仕留めた直球は、なんと149キロ。自己最速を3キロ更新する剛球で、神宮を どよめかせた。

Sanspo 7/26/2010

===

三ツ俣投打に奮闘!修徳が6年ぶりへ王手

今秋ドラフト候補、エースで4番の三ツ俣が大車輪の活躍を見せた。投げては7回を6安打2失点と粘りの投球。「気持ちが入りすぎて、前に突っ込む形になっ てしまった」と3回までに5安打を許して2点を失ったが、味方が逆転した4回以降は被安打1で無失点としっかり立ち直った。プロからの評価が高い打撃では 相手の徹底マークに遭って最初の3打席はすべて四球。「仕方がないですね」と冷静さを失わずに最終打席となった6回は中越え打でコールド勝ちのおぜん立て をしっかりつくった。

Sponichi 7/26/2010

===

松坂後輩、投打で活躍!修徳4強/東東京

最速146キロを誇る右腕ながら、登板機会がないときは遊撃手。オリックス・牧田スカウトが「打球を遠くへ飛ばす能力は天性のもの。プロで左の強打者が多 い中、右の長距離砲として魅力だ」と指摘するように、プロ側からは野手として高く評価されており、三ツ俣本人も野手としてのプロ入りを望む。

Sanspo 7/24/2010

===

修徳のプロ注目腕6回2失点も…担架で運ばれた?!

しかし、プロ注目のエース三ツ俣は6回2失点で降板後、遊撃の守備についた際に右太腿のけいれんで途中交代。「全部投げるつもりでいたんですけど、こんな 状況になってしまって」と恥ずかしそうに頭をかいた。それでも4回戦以降の出場には支障がない見込みで「まず東東京で優勝して全国制覇したい」と元気に話 した。

Sponichi 7/16/2010

===

修徳・三ツ俣にプロ10球団熱視線

第92回全国高校野球選手権大会・東東京大会(15日、神宮ほか)ヤクルト、巨人など10球団のスカウトが見守る中、修徳のエース・三ツ俣が先発。直球は 最速144キロをマークし、5回を3安打2失点に抑えた。

Sanspo 7/16/2010

===

「プチ松坂」修徳・三ツ俣はエースで4番

エース兼4番の三ツ俣大樹投手(3年)擁する修徳が、東東京の横綱・帝京を追う。第92回全国高校野球選手権の東東京(7月3日開幕)の組み合わせ抽選会 が12日、行われた。春季都大会準優勝で、12年ぶりに関東大会に出場した修徳は、レッドソックス松坂の“後輩”三ツ俣を中心に04年以来の甲子園に挑 む。

東東京の“プチ松坂”修徳・三ツ俣が、エースで4番を貫く。レッドソックス松坂と同じ江戸川南シニア出身。「中学の時は(顔が)似ているとよく言われてま した」という顔だけでなく、177センチ、83キロとガッチリした体形も松坂の横浜高時代(179センチ、75キロ)と似ている。太もも周りは、女性の ウェストほどの60センチで、スクワットは180キロのバーベルを担ぐ。松坂の高校時代の最速151キロには及ばないが、安定した下半身を土台に、最速 146キロの直球を投げ込む。

Nikkan Sports 6/13/2010

===

ドラフト・レポート

===