Welcome to Yakyubaka.com

伊志嶺 翔大 (東海大)

by on Jun.13, 2010 @ 10:59 pm, under 高校・大学・社会人

伊志嶺 翔大 (東海大)
いしみね・しょうた

178cm / 76kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 10月6日 > 2010年ロッテ1位

===

オリックス最上位候補に東海大・伊志嶺

オリックスが今秋ドラフトの野手最上位候補に、東海大・伊志嶺翔大外野手(4年=沖縄尚学)を挙げていることが3日、分かった。外野手の層の薄さをカバー する狙い。伊志嶺は準優勝した今夏の全日本大学選手権で犠打を挟んで11打席連続出塁を記録し、通算打率6割で首位打者に輝き、大会最多タイの7得点も マークした。球団関係者は「高いレベルで3拍子そろっている。当然上位候補」と断言した。

Nikkan Sports 10/4/2010

===

【西武】4人体制で東海大・伊志嶺を視察

<首都大学野球:東海大3-2武蔵大>◇第3週初日◇18日◇相模原球場

国内球団では、西武、ヤクルトなど4球団のスカウトが東海大・伊志嶺翔大外野手(4年=沖縄尚学)の復帰初戦を見届けた。西武は4人で視察。鈴木 編成部長は「身体能力が抜群。これだけの足を持っている選手はなかなかいない。右にも打てるし、実戦向き。もの(能力)で見たら上位ですよ」と高く評価し た。

Nikkan Sports 9/19/2010

===

東海大・伊志嶺好打&好守復帰/首都大学

<首都大学野球:東海大3-2武蔵大>◇第3週初日◇18日◇相模原球場

8季連続71度目の優勝を狙う東海大が、延長11回の末、武蔵大を下した。今秋ドラフトの1位候補、主将の伊志嶺翔大外野手(4年=沖縄尚学) が、左ひざのケガから1番中堅で戦列復帰。延長11回には先頭打者で左前安打を放ち、決勝のホームを踏んだ。守っても自慢の俊足を飛ばして好捕を見せるな ど、チームを勝利へ導いた。

東海大の切り込み隊長が帰ってきた。3回無死、左中間への大飛球に伊志嶺は迷うことなくスタートを切った。やや左翼よりの打球だったが、50メートル走5 秒7の快足を飛ばし、グラブに収めた。捕球後、勢い余ってフェンスに激突したが「アドレナリンが出てましたから」と余裕の笑顔を浮かべた。

Nikkan Sports 9/19/2010

===

東海大・伊志嶺はケガで欠場/首都大学

<首都大学野球:東海大7-0帝京大>◇第1週初日◇4日◇平塚

今秋のドラフト候補で、今夏の世界大学選手権の大学日本代表で主将を務めた東海大・伊志嶺翔大外野手(4年=沖縄尚学)は左ひざのケガで欠場し た。8月19日の早大とのオープン戦で、スライディングした際に痛めたという。練習も完全別メニューで、この日はベンチからナインを鼓舞した。横井人輝監 督(48)は「足あっての選手。無理してやることもない」と大事を取ったと説明。復帰時期については「次(9月18日の武蔵大戦)に間に合うかなぁという くらいです」と話した。

Nikkan Sports 9/5/2010

===

東海大・伊志嶺 首位打者も笑顔なし「日本一以外は一緒」

【全日本大学選手権 東洋大5―0東海大】東海大の主将伊志嶺は、15打数9安打で打率6割の首位打者に輝いたことに加え、大会記録を更新する7四死球と1 番として打線をけん引。「自分が出て、中軸につなげたのは個人的に良かった」と話したが、優勝に届かなかったため笑顔はなかった。

Sponichi 6/13/2010

===

ドラフト・レポート

===