Welcome to Yakyubaka.com

田中 太一 (大分工)

by on Jul.21, 2010 @ 9:05 am, under 高校・大学・社会人

田中 太一 (大分工)
たなか・たいち

179cm / 72kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 9月7日 > 2010年巨人3位

===

中日ドラフト上位に大分工・田中浮上

“浅尾2世”を離さない! 中日が、28日に行われるドラフト会議の上位指名候補として、大分工・田中太一投手(3年)をリストアップしていることが9 日、分かった。全国的にはほぼ無名の選手だが、150キロ近い直球と「太一カーブ」と呼ばれる変化球が最大の特徴。スカウト陣は高校球界屈指の右腕を極め て高く評価をしており、上位での獲得を目指すことになりそうだ。

...

最大の特徴は手元でグイグイ伸びる球質だ。ややスリークオーター気味のフォームから投げ込む直球は最速149キロ。そこに、自らの名前を冠した「太一カー ブ」と呼ばれる縦変化の高速カーブを織り交ぜて三振を積み上げる。今夏の大分県大会初戦、別府羽室台戦で1試合自己最多の17奪三振を記録。決勝では強 豪・明豊を破り、5試合32回を投げ33三振を奪ってチームを甲子園に導いた。

その姿は竜のイケメン右腕と重なる。九州地区を担当する渡辺麿史スカウトは「九州では間違いなくNO・1の投手。素材的としては文句ない。状態が良ければ すぐにでも150キロは出ると思う。腕の位置だとか球質なんかはうちの浅尾と似ているんじゃないかな」。同じタイプの投手として今季、59ホールドポイン ト、47ホールドと日本新記録をマークした浅尾の名前を挙げた。

Nikkan Sports 10/10/2010

===

大分工・田中2ケタK狙う/夏の甲子園

いきなり同じ九州の延岡学園と対戦することが決まった。口蹄(こうてい)疫問題の影響を受けた宮崎県を勝ち抜いたチーム。「初めて対戦するので。どこと対 戦しても同じです」。特別意識がないのは自信の裏返しでもある。大分大会では自己最速タイの148キロをマークし、自慢の「太一カーブ」も武器に三振の山 を築いた。5試合で32イニングを投げて33奪三振。プロも注目する九州の「ドクターK」は甲子園の大舞台でもその力を十分に発揮するつもりだ。「本音で 言えば、関東とか、強豪のチームと対戦したかったという気持ちはありますが、まずは初戦は勝ちにいくことです」と口元を引き締めた。

Nikkan Sports 8/15/2010

===

大分工のドクターK、甲子園へ/大分大会

<高校野球大分大会>◇27日◇決勝

「太一カーブ」で甲子園へ乗り込むぞ! プロ注目の148キロ右腕、大分工の田中太一投手(3年)が明豊を破り、17年ぶり3度目の甲子園出場を 決めた。9回、明豊の追い上げをしのいで3-2で逃げ切った。大分大会5試合32イニングで33奪三振の「九州のドクターK」が甲子園で三振を狙う。

Nikkan Sports 7/28/2010

===

大分工・田中148キロ17K/大分大会

ドラフト候補右腕、田中太一投手(3年)が初戦の別府羽室台戦に先発し、17奪三振で1安打完封した。10球団30人のスカウトの前で、自己最速タイの 148キロをマーク。9回の先頭打者に初安打を許して大記録は逃したが「九州NO・1右腕」の実力を示した。中日中田スカウト部長は「ドラフト上位で消え る可能性がある素材。見て良かった」と話した。田中の目標はプロ。九州では珍しい楽天ファンという右腕の今後が注目される。

Nikkan Sports 7/21/2010

===

巨人スカウト絶賛!「大分のドクターK」10球団の前で圧巻17K!

【大分・大分工4-0別府羽室台】10球団のスカウトが熱視線を送った大分工の田中太一投手(3年)が、別府羽室台戦で17奪三振の快投で1安打完封勝 利。「大分のドクターK」の実力を見せつけた。

...

MAX146キロの直球と120キロ台後半の「太一カーブ」が効果的だった。「太一カーブ」とは昨夏、力んで投げたカーブが高速のまま鋭く落ちた偶然から 誕生した魔球。「リリースポイントが定まらなかった。40点」と本人は不満顔も、巨人の武田スカウトは「切れも伸びも素晴らしい。これで完ぺきじゃない の?」と絶賛した。

Sponichi 7/21/2010

===

ドラフト・レポート

===