Welcome to Yakyubaka.com

我如古 盛次 (東京ガス)

by on Feb.07, 2011 @ 9:51 pm, under 高校・大学・社会人

我如古 盛次 (東京ガス)
がねこ・もりつぐ

171cm / 68kg
R / R

===

立大・我如古主将、東京ガス入り 最後の秋の悔しさは都市対抗で

東京六大学野球リーグの4年生の進路がほぼ確定した。立大の我如古(がねこ)盛次内野手は、社会人野球の東京ガスに進む。興南(沖縄)で甲子園春夏連覇を達成し、大学でも主将を務めた主砲は、都市対抗の舞台、東京ドームでの爆発を誓った。

... 甲子園で頂点に立ち、大学でも1年時から神宮で暴れた。社会人でのプレーを望んだが、なかなか声がかからなかった。「自分から行くしかない」と、企業チームの練習に参加し、必死にアピール。東京ガスが興味を示してくれた。「卒業後も野球をできる機会を与えてくれた東京ガスさんに恩返しをしたい。大学では悔しい思いをしたので、都市対抗の舞台で活躍できるように頑張りたい」と目を輝かせた。

Sponichi 12/28/2014

===

立大が開幕6連勝 我如古がソロ本塁打

<東京6大学野球:立大6-3東大>◇第5週第2日◇12日◇神宮

1回に2点の先制を許したが、4回に我如古盛次内野手(4年=興南)、田中和基外野手(2年=西南学院)の2本のソロで追い付いた。

Nikkan Sports 10/12/2014

===

立大・我如古、人生初4番で先制打

「東京六大学野球、立大3-1早大」(13日、神宮)

立大と明大が連勝し、勝ち点を挙げた。立大は初の4番に座った我如古(がねこ)盛次内野手(3年・興南)が先制の適時三塁打を放った。明大は関谷亮太投手(4年・日大三)が完封で今季2勝目。優勝の可能性は、勝ち点3の法大と明大に絞られた。

... 10年に興南(沖縄)の主将として甲子園春夏連覇。センバツ通算最多タイ記録の13安打を放つなど、2大会で25安打と打ちまくった。大学では木製バットへの対応などに苦しみ、昨年までの2年間は通算4安打。だが、オフにウエートトレを本格導入して筋力アップすると同時に配球を重視した結果、今季は13打数5安打と結果を出した。

Daily Sports 5/14/2013

===

興南の主将が神宮デビュー/東京六大学

昨年の甲子園大会で春夏連覇した沖縄・興南高で主将を務めた立大の新人、我如古が神宮デビューした。

六回から三塁の守備に就いた。2点を失い、さらに1死一、二塁のピンチで、投手の足に当たった難しい打球を処理。大塚監督が「あのプレーはうちには大きかった」と褒めた好プレーだった。

九回の初打席は慶大・福谷の前に三振に倒れた。我如古は「六回の守備は落ち着いて処理できた。三振は力負け。でも結果を気にせず思い切りやれた」と爽やかな表情だった。

Sanspo 4/10/2011

===

“持ってる”男、我如古が立大練習に参加

東京6大学リーグで99年秋以来優勝から遠ざかる立大に”持ってる”男が加入した。7日、4月に入学する興南(沖縄)我如古(がねこ)盛次内野手(3年) が初練習。昨年興南で主将を務めた我如古は、センバツで8打席連続安打と通算13安打の大会タイ記録をマーク。夏も12安打で、年間25安打の甲子園新記 録を樹立した記録ずくめのルーキーだ。埼玉・新座市内のグラウンドでランニングなどをこなし「早くレギュラーになって優勝できるチームにしたい」と意気込 んだ。大塚淳人監督(50)も「甲子園連覇の主将はそういない。"持ってる”人が早大から出て行って、立教に入ってきた」と日本ハム斎藤に劣らぬ活躍を期 待した。

Nikkan Sports 2/8/2011

===

興南我如古が立大初練習「高校とは違う」

東京6大学リーグの立大に進学する興南(沖縄)我如古(がねこ)盛次内野手(3年)が7日、埼玉・新座市内の同大グラウンドで大学初練習を行った。前日6 日に入寮。昨年は甲子園春夏連覇を果たした興南と、高校日本代表チームで主将を務めた。「大学野球は高校と違うので、一から自分を鍛え直すつもりでやって いきたいです」と気を引き締め、ランニングなどのメニューをこなした。

Nikkan Sports 2/7/2011

===

ドラフト・レポート

===