Welcome to Yakyubaka.com

辻 孟彦 (日体大)

by on May.23, 2011 @ 7:04 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

辻 孟彦 (日体大)
つじ・たけひこ

182cm / 86kg
R / R

===

日体大・辻リーグ通算10完封 中日スカウト絶賛

首都大学野球  日体大4―0帝京大 (9月23日  大田)

日体大はエース辻が今季2度目の完封勝利を挙げ、リーグ通算10完封目。通算21勝目を飾った。

今春にはリーグ記録のシーズン5完封を記録した今秋ドラフト注目の右腕は「完封は意識していた」と強気。「きょうは調子が悪かったのでバランスを考えて 投げた」。直球は130キロ台前半に抑えながら、中日の中田宗男スカウト部長を「低めへの制球力はさすが」とうならせた丁寧な投球で、帝京大打線を手玉に 取った。

Sponichi 9/24/2011

===

島袋今季1勝、腕の振り修正/東都大学

<首都大学野球:日体大4-0帝京大>◇第3週初日◇23日◇大田スタジアム

今春勝ち点5で完全優勝を遂げた日体大が、帝京大に先勝した。すでに開幕の筑波大戦で勝ち点を落としており、優勝戦線に残るには落とせない対戦。 今春10勝を挙げた辻孟彦投手(4年=京都外大西)が7安打されながらも要所を締め、4奪三振完封と好投した。リーグ戦通算10完封目で「体にキレがなく てしんどかったけど、味方が早めに点を取ってくれたので投げやすかった」と話した。

Nikkan Sports 9/23/2011

===

日体大・辻、完封!春の王者が白星スタート…首都大学野球

◆報知新聞社後援 首都大学野球第1週第1日 筑波大0―2日体大=延長10回=(10日・平塚) 今春の王者・日体 大が開幕戦で、筑波大に延長10回完封勝ちで白星スタート。今秋ドラフト候補の147キロ右腕・辻孟彦(4年=京都外大西)が、5安打完封でリーグ戦通算 20勝目(14敗)を挙げた。

...

日体大が春秋連覇に向け、好発進した。辻は国内4球団のスカウトが見守る前で、最速141キロの直球とスライダーを低めに集め、打たせて取った。「ゼロに こだわった。秋は1敗もしないことが目標」と笑顔。7月に後輩・佐藤涼平さん(享年20歳)が自殺後、初の公式戦で10回を111球で完封した。古城隆利 監督(41)の発案でベンチに佐藤さんの写真を持ち込んだ。エース右腕は「助言をくれた仲の良い後輩でした」と弔い星をささげた。

Sports Hochi 9/11/2011

===

日体大・辻が完封で先勝/首都大学

<首都大学野球:日体大2-0筑波大>◇第1週初日◇10日◇平塚

守っては、今春10勝を挙げた辻孟彦投手(4年=京都外大西)が5安打完封。2奪三振ながら直球とスライダーで巧みに打者を打ち取った。辻は「ラストシーズンは連覇がかかるので緊張していた。完封は狙っていました」と話した。

Nikkan Sports 9/10/2011

===

日体大・辻、初回1点に泣く/大学選手権

<全日本大学野球選手権:東京国際大1-0日体大>◇9日◇準々決勝◇神宮

日体大(首都)が13残塁の拙攻で完封負けした。エース右腕、辻孟彦(4年=京都外大西)は8安打を浴びながら要所を締めたが、1回裏1死二塁か ら右前打で許した1点に泣いた。「初回の入りで、ぼくが向こうに流れをやってしまった」と目を真っ赤にして話した。リーグ10勝を挙げ、目標のプロ入りへ アピールする全国舞台だったが「自分のいい部分と悪い部分が出た。もっとうまくなりたい、と強く思いました」と今大会を振り返った。

Nikkan Sports 6/9/2011

===

日体大・辻、好投も1点に泣く/全日本大学

全日本大学野球選手権第3日(日体大0-1東京国際大、9日、神宮)日体大の辻は無四球の1失点完投で敗戦。打線の援護に恵まれなかったが「先制点を取られたのが痛かった。三者凡退になかなかできずに、流れを呼べなかった」と自らを責め続けた。

首都リーグで大学ナンバーワン右腕といわれる菅野(東海大)に投げ勝つなど1シーズン10勝と5完封の新記録を達成した技巧派。「もっとうまくなりたいと思った。秋に向けてレベルアップしたい」と成長を誓った。(神宮)

Sanspo 6/9/2011

===

日体大V、辻10勝で胴上げ/首都大学

<首都大学野球:日体大6-3筑波大>◇最終週最終日◇23日◇平塚

日体大は、エース辻孟彦投手(4年=京都外大西)がリーグ新記録のシーズン10勝を達成。勝ち点5で、13季ぶり20度目の優勝を果たした。

筑波大の最後の打者を一ゴロに仕留めると、辻は右手を握り締め、歓喜の勢いで1回転した。「やることをやれば勝てるって思ってました。7回に追加点を取っ てくれて、感動した」。自身初のリーグ優勝は、シーズン10勝の新記録のおまけつきだった。目に涙をため、人生初の胴上げで3度宙を舞った。

Nikkan Sports 5/24/2011

===

辻5完封、新記録で日体大王手/首都大学

<首都大学野球:日体大3-0筑波大>◇最終週2日目◇22日◇平塚

勝ち点4で首位の日体大が、エース辻孟彦投手(4年=京都外大西)の今季5度目の完封で1勝1敗。13季ぶりの優勝に王手をかけた。

今季登板12試合目の日体大・辻が、新記録達成とともに優勝へ王手をかけた。9回、筑波大の最後の打者をチェンジアップで空振り三振に取り、小さくガッツポーズ。「今が一番楽しいですよね。最終週に優勝がかかってるなんて」と笑い、5安打無四球7奪三振の完封を喜んだ。

シーズン9勝は、史上4人目の最多勝利タイ記録。同5完封は、リーグ新記録だ。丁寧に低めに集め、打たせて取るから球数が少ない。この日も9回に最速の 142キロをマークするなど、連投しても2、3回戦で調子を上げる。視察した中日石井スカウトは「菅野が(楽天)マー君なら辻は岩隈。力投派じゃないけど どっちもエース」と高評価。

Nikkan Sports 5/23/2011

===

日体大V、鉄腕辻新記録10勝/首都大学

<首都大学野球>◇最終週最終日◇23日◇平塚

日体大が6-3で筑波大を下し、2勝1敗で勝ち点5を挙げ13シーズンぶり20度目の優勝を決めた。3連投のエース辻孟彦投手(4年=京都外大西)がリーグ新記録となるシーズン10勝目を挙げた。

Nikkan Sports 5/23/2011

===

ドラフト・レポート

===