Welcome to Yakyubaka.com

浦野 博司 (セガサミー)

by on Jun.07, 2011 @ 3:35 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

浦野 博司 (セガサミー)
うらの・ひろし

178cm / 70kg
R / R

===

セガサミーの151キロ右腕・浦野、プロで守護神いける!

ドラフト候補で最速151キロ右腕のセガサミー・浦野博司投手(24)が22日、JR東日本とのオープン戦に登板。同じくドラフト候補の田中広輔遊撃手 (24)に場外弾を浴びるなど6回3安打2失点だった。「立ち上がりから体が開いてしまった」と反省したが、ネット裏のスカウト陣の評価は高い。

中日・佐藤スカウトは「爆発力があるタイプ。フォークもあるし、短いイニングで三振を取りに行ける」と、6三振を奪った投球を絶賛。日本ハム・川名スカウ トも「後ろ向き」と、ストッパーとして適性があると指摘した。本人は「先発をやりたい気持ちはある」と話したが、リリーフ陣の即戦力投手を求める球団には 魅力的な存在になりそうだ。

Sports Hochi 10/23/2013

===

ドラフト注目右腕、セガサミー・浦野 キレキレ1失点完投

スポニチ後援2013年度東京都企業野球秋季大会第2日  セガサミー3―1東京ガス (9月13日  大田)

<セガサミー>今秋ドラフト候補右腕の浦野が1失点完投で決勝に導いた。

初回、先頭打者に三塁打を浴びるなどして失点したが「ズルズルいかずに良かった。どうにかして勝ちたかった」と尻上がりに調子を上げた。140キロ台の直球とフォークで緩急をつけ、3回に3者連続三振を奪うなど7奪三振。視察に訪れたソフトバンクの田口昌徳スカウトは「制球が良くてタイミングの外し方がうまい。試合をつくることができる」と評価した。

Sponichi 9/14/2013

===

セガサミー浦野「力んで」敗戦/都市対抗

<都市対抗野球:新日鉄住金かずさマジック2-0セガサミー>◇14日◇1回戦◇東京ドーム

大会屈指の好投手、セガサミーの浦野博司があっけなく姿を消した。両チーム無得点で迎えた4回に、2死満塁から押し出しの四球と適時打を許して2失点。これが最後まで響いた。

ドラフト候補の速球派右腕は「この日のために1年間やってきたのに…。調子は悪くなかったが力んでしまった」とうなだれた。西詰監督は「浦野が投げれば大丈夫という安心感がチームの隙となった」と反省の弁を語った。

Nikkan Sports 7/14/2013

===

セガサミー 都市対抗第2代表決めた プロ注目の浦野が1失点完投

都市対抗野球 2次予選・東京第2代表決定戦  セガサミー2―1JR東日本 (6月2日  大田)

... 今秋ドラフト上位候補右腕の浦野が3安打1失点で完投。「最後まで気を緩めないことを意識した。気持ちだけは切らさずに投げた」と振り返った。序盤から110キロ台のカーブを織り交ぜ、要所ではフォークが低めに決まった。6回まで1人の走者も許さず、安打も全て内野安打で111球を投げきった。西詰嘉明監督は「本戦で勝ち進んだことがないので、日本一を目指したい」と意気込んだ。

Sponichi 6/3/2013

===

浦野完投セガサミー都市対抗へ/社会人野球

<都市対抗東京都2次予選:セガサミー2-1JR東日本>◇第2代表決定戦◇2日◇大田

セガサミーがJR東日本を下し、第2代表を手にした。今秋ドラフト候補の浦野博司投手(23=愛知学院大)が先発し、3安打1失点9奪三振の内容で完投した。

2点をリードする6回まで毎回3者凡退に抑え、無安打、無四球と完全試合ペースだった。7回に3四球と暴投などで1点を献上するも、1点リードして迎えた9回1死としてから2連続三振でチームの勝利に貢献した。「かなり気持ちが入っていました。本戦でも一戦必勝で頑張ります」と興奮気味に話した。

Nikkan Sports 6/2/2013

===

NTT東日本 都市対抗切符一番乗り!5年連続38度目

都市対抗野球 東京第1代表決定戦  NTT東日本2―0セガサミー (5月29日  大田)

▼セガサミー・浦野(プロ12球団のスカウトが集結した中で5回2失点で敗戦)直球を狙われて変化球も決まらなかった。(第2代表決定戦までに)修正します。

Sponichi 5/30/2013

===

セガサミー浦野が2失点降板/社会人野球

<都市対抗東京都第2次予選:NTT東日本2-0セガサミー>◇第1代表決定戦◇29日◇大田

2点が遠かったセガサミーがNTT東日本に敗れ、第2代表決定戦にまわる。今秋ドラフト上位候補の浦野博司投手(23=愛知学院大)が先発するも、8安打2失点で5回で降板した。

打線もわずか2安打で、安打が出た5、6回以外は全て3者凡退に終わった。西詰嘉明監督(42)は「2年連続で同じチームに負けたのは悔しい。打てないからね。プレッシャーあったかもしれないが浦野には0で抑えてほしかった」とエースに高い期待を込めた。

Nikkan Sports 5/29/2013

===

セガサミー浦野 3安打完封!最速150キロ、ドラフト上位候補

都市対抗野球 2次予選・東京第1代表決定トーナメント準決勝  セガサミー1―0JR東日本 (5月25日  大田)

セガサミーは今秋ドラフト上位候補の右腕・浦野が、JR東日本相手に3安打完封勝利をマークした。

二塁を踏ませず109球で料理し「真っすぐが良かったので変化球が生きた。一人一人丁寧に投げた」と振り返った。最速150キロの直球を軸に、スライダー、フォークも低めに決まった。女房役の乗替主将は「受けていて楽しかった。凄かった」と称えた。29日の第1代表決定戦ではNTT東日本と対戦。西詰嘉明監督は「早く決めて楽な気持ちになりたい」と意気込んだ。

Sponichi 5/26/2013

===

セガサミー浦野150キロに阪神高評価

「都市対抗野球東京都2次予選・準決勝、セガサミー1‐0JR東日本」(25日、大田スタジアム)

今秋ドラフト候補のセガサミー・浦野博司投手(23)が、昨年大会準優勝のJR東日本を3安打完封し、1‐0で退け、第1代表に王手をかけた。阪神など8球団のスカウトが浦野を視察。その前で自己最速の150キロもマークし、ドラフト1位候補らしい投球を見せつけた。阪神は佐野統括スカウト、菊地、中尾、葛西、平塚各スカウト、アマスカウト担当の竹内ディレクター次長が視察。平塚スカウトは「今年一番の内容。気持ちも技術もこの試合に合わせられるのはさすが」と絶賛した。

Daily Sports 5/26/2013

===

愛知学院大・浦野150キロ/大学選手権

<全日本大学野球選手権:愛知学院大4-2東日本国際大>◇7日◇1回戦◇神宮

愛知学院大(愛知)が東日本国際大(南東北)の追撃を振り切り、07年以来4年ぶりの初戦突破を果たした。2点差に詰め寄られた9回表1死満塁か ら、エース右腕の浦野博司投手(4年=浜松工)が救援登板。最後の打者の4球目に自己最速の150キロを計測するなど、直球主体の投球で後続を断った。 「ピンチのときは行くと(監督に)言われていた。全力で放りました」と笑顔で話した。

Nikkan Sports 6/7/2011

===

ドラフトレポート

===