Welcome to Yakyubaka.com

大森 雄貴 (明大中野八王子)

by on Jul.06, 2011 @ 11:40 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

大森 雄貴 (明大中野八王子)
おおもり・ゆうき

181cm / 77kg
R / R

===

大森Jr.守備でアピール/西東京大会

<高校野球西東京大会:明大中野八王子7-1大成>◇14日◇1回戦

巨人などでプレーした大森剛氏(43=現巨人育成部ディレクター)の長男で、明大中野八王子の大森雄貴外野手(3年)が、大成戦に「5番左翼」で 先発し、2打数無安打3四死球だった。朝には学校で早出特打ちを行い、柵越え1本。気分よく試合に臨んだが、内野ゴロ2つ。「力んでしまった」と反省し た。石田高志監督(47)は「今日はオヤジに怒られるんじゃないかな。『思い切り振れバカヤロー』と言ってやります」と辛口ゲキを飛ばした。

肝心の打撃はいまひとつだったが、5回無死の守備では、左前の打球をダイビングで好捕した。「絶対に捕れると思って突っ込みました。守備は先発で一番下手 ですけど」という男が、まさかの? 好プレーを見せた。チームは7-1で快勝したが、大森の目標はまだ先にある。「父の背中が語ってます。『甲子園に出 ろ』って」。高松商(香川)で甲子園の土を踏んだ父に続けと白球を追う。

Nikkan Sports 7/15/2011

===

元巨人大森2世の雄貴は長距離砲

明大中野八王子(西東京)の大森雄貴外野手(3年)は、巨人の89年ドラフト1位大森剛氏(43=巨人育成部ディレクター)の長男。父をほうふつさせる長距離砲は、参加119校の激戦区から初の甲子園出場を狙う。

181センチ、77キロの大森は、慶大時代に東京6大学の3冠王を獲得した父の遺伝子を感じさせる。山に囲まれた八王子市内のグラウンド。フリー 打撃で、大森の打球は右へ左へと大きな放物線を描く。「そういうの、試合でも打てよ!」。仲間からの声に笑みを返し、快音を響かせ続けた。

Nikkan Sports 7/6/2011

===