Welcome to Yakyubaka.com

Nikkan Sports: 祝松井500号達成!ゴジラ弾の記録いろいろ

by on Jul.22, 2011 @ 10:37 pm, under Scrapbook, その他

祝松井500号達成!ゴジラ弾の記録いろいろ

<タイガース5-7アスレチックス>◇20日(日本時間21日)◇コメリカパーク

アスレチックス松井秀喜外野手(37)がついに日米通算500号本塁打を達成した。

<500号アラカルト>

◆米では25人 500本塁打は日本プロ野球で過去8人が記録。大リーグでは25人がマークしている。

◆ペースは7位 松井の500号達成時の通算試合数は2410試合(日本1268、米国1142試合)。日本で達成した8人のペースと比べると7位に相当する。

◆277人斬り 500号は277投手から記録した。内訳は日本143人、米国134人。本塁打を多く放った投手は、日本では斎藤隆の13本。米国ではハラデーの4本。

◆31球場 本塁打を放った球場は日米合計31球場(日本11、米国20)。最多は東京ドームの147本(巨人で146本、ヤンキース来日時に1本)。

◆28球団 日本で5球団、大リーグでは23球団から放った。

Nikkan Sports 7/22/2011

===

松井、プロ1号など主な本塁打コメント集

<タイガース5-7アスレチックス>◇20日(日本時間21日)◇コメリカパーク

アスレチックス松井秀喜外野手(37)がついに日米通算500号本塁打を達成した。

<主な松井本塁打コメント>

◆プロ1号(93年5月2日)甘いコースだったんじゃないですか? 打った瞬間、入ると思いました。

◆初サヨナラ(94年5月31日)最高ですね。ストレートです。狙ってはいませんでした。左(投手)は得意じゃないですけど、気にせずにいこうと思いました。

◆初満塁(95年6月23日)もちろん、(満塁を打ってないのは)知ってましたよ。打ったことより勝った方がうれしい。負け試合で打っても仕方ないから。

◆初のシーズン30号(96年8月17日)今年の目標の最低ライン。うれしいのは事実ですけれど、ほっとしています。

◆王を抜く巨人最年少の通算100号(97年4月27日)特に意識はないですね。まあ早く出て良かった。高く上がって、フワリフワリ落ちる打球が打ちたかったんです。100号目にそれこそ理想的なスイングで打つことができた。

◆200号(99年9月21日)リーチをかけて出ないのは嫌だった。便秘じゃ苦しいから。

◆300号(02年7月9日)黒田君みたいな素晴らしい投手から打ててよかったよ。300号って言われても実感がわかない。記録は引退してから振り返るもの。

◆初のシーズン50号(02年10月10日)フォークだったら打てなかった。全部ストレートで勝負してくれた五十嵐君に感謝したい。東京ドームの最終戦、なおかつ最終打席で打てた。僕だけの力じゃないと思う。

◆メジャー1号が満塁(03年4月8日)これまでの本塁打とは違います。打った場所が違いますから。(巨人時代からの通算)333本目ではありません。今日が1本目です。やはり、本塁打にはこだわりたい。

◆野茂から(04年6月19日)ギリギリのところで体が残り、拾えたという感じです。ラッキーでした。今は日本人の投手は何人もいます。今日も特別な感情はなかったです。ゲームでは集中していますから。

◆400号(05年9月7日)正直なところあまり気にしていなかった。(記念球は)実家に送ろうかなと思ってます。飾るか飾らないかは、オヤジが決めるでしょう。

Nikkan Sports 7/22/2011

===