Welcome to Yakyubaka.com

川口 貴都 (明大)

by on Jul.23, 2011 @ 11:51 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

川口 貴都 (明大)
かわぐち たかと

180cm / 82kg
R / R

===

明大 意地の3位!川口 公式戦初先発で2安打の活躍

東京六大学秋季新人戦3位決定戦  明大7─0法大 (11月7日  神宮)

... 国学院久我山のエースとして11年センバツに出場した川口貴都(2年)が「6番・左翼」で大学公式戦初の先発。2回、先制の口火を切る中越え二塁打を含む2安打を放ち「緊張したけど、思ったよりやれた。いい結果につながってうれしい」と笑顔。

最速146キロを誇る本格派投手として入学も、今夏に右肩を痛めて野手へ転向。「150キロを出したいという思いで投手をやっていたので、やり残したことはある。でも、今は自分のやれることをやっていこうと思った」と語った。

高校で4番を務めた持ち前の長打力に磨きをかけている。「日本ハムの中田翔選手のような選手になりたい」。持ち前のフルスイングで、野手としての成長を誓った。

Sponichi 11/7/2014

===

川口 投打でけん引!国学院久我山ベスト8

西東京大会4回戦  国学院久我山6-1昭和一学園 (7月19日  神宮)

国学院久我山のエースで4番・川口が、投打でチームをけん引。8強入りを決めた。ストライク先行の投球。110球で2試合連続完投勝利を挙げて「神宮で緊張してしまったけど、ピンチになっても最少失点で止められたのが良かった」と会心の笑みを浮かべた。

打撃でも主軸の役割を果たした。初回に先制の左前打を放つと、5回にも中前適時打。3安打2打点をマークした。

Sponichi 7/20/2012

===

久我山・川口2試合連続完投/西東京大会

<高校野球西東京大会:国学院久我山6-1昭和一学園>◇19日◇4回戦◇神宮

プロ注目の国学院久我山・川口貴都投手(3年)が、3回戦(16日、対堀越)から中2日で2試合連続完投した。昭和一学園を相手に110球で9回 4安打8奪三振で1失点完投。自責点は0だった。「舞台が神宮で緊張した。真っすぐが低めに決まって、ピンチで落ち着いていられたので、最少失点で切り抜 けられた」と汗をぬぐった。

Nikkan Sports 7/19/2012

=== 

国学院久我山・川口完投/西東京大会

<高校野球西東京大会:国学院久我山4-2堀越>◇16日◇3回戦◇府中市民球場

ノーシードの国学院久我山が第3シードの堀越を4-2で下し、4回戦進出を決めた。日本ハム、DeNA、巨人、中日のスカウトが視察する中、エース川口貴 都投手(3年)が6安打2失点で完投。「腕が振れるようになってきた。仲間に助けられた」と、1失策で切り抜けたバックに感謝した。

Nikkan Sports 7/16/2012

===

国学院久我山 川口、146キロ!3回0封

西東京大会1回戦  国学院久我山13―0都練馬 (7月12日  多摩市一本杉)

投げては最速146キロの速球を武器に3回を無失点、打っては2安打1打点と大黒柱の役割を果たした。昨秋、今春は東京大会3回戦止まりとふがいない結果に終わり「最後にもう一度あの(甲子園)マウンドに戻りたい」と最後の夏に懸ける思いは強い。この日も「自分で体が動いていないのが分かった」と初戦独特の緊張感を味わいながらも何とか期待に応えた。自らの暴投でサヨナラ負けを喫した昨春センバツ1回戦(九州学院戦)の雪辱を果たすべく川口の戦いが再び始まった。

Sponichi 7/13/2012

===

国学院久我山8強!エース川口「人生初」サヨナラ弾

西東京大会4回戦  国学院久我山6-4東海大菅生 (7月22日  神宮)

国学院久我山が延長11回、エース川口の左越え2ランでサヨナラ勝ち。強豪の東海大菅生を振り切り8強進出を決めた。

「打ったのは高めのカーブ。サヨナラ本塁打は人生で初めて。出来すぎです」と笑みを見せた川口だが、投球の方では課題を残した。4―0の9回に5安打で 4点を失い、同点に追いつかれた。「8回までゼロに抑えていたので、完封したくて投げ急いでしまった」。初戦の聖パウロ学園戦でも熱中症の影響で鼻血を出 し、7回で降板。その後は練習後に首筋を冷やすなどして暑さ対策をしてきたが、この日も終盤の投球に不安が残った。「自分のせいで同点に追いつかれたの で…。次はしっかりと投げたいです」と春夏連続出場へ、反省も忘れなかった。

Sponichi 7/23/2011

===

ドラフト・レポート

===