Welcome to Yakyubaka.com

岡野 祐一郎 (青山学院大)

by on Sep.26, 2011 @ 2:30 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

岡野 祐一郎 (青山学院大)
おかの・ゆういちろう

178cm / 75kg
R / R

===

青学大2年・岡野が完投勝利 開幕からの連敗4で止める

東都大学野球第5週第1日  青学大4―1中大 (5月6日  神宮)

青学大は2年生右腕・岡野が2安打1失点で完投し、開幕からの連敗を4で止めた。

9回2死から失点して初完封こそ逃したが「最後の詰めの甘さはあったが、(完投は)自信になる」と振り返った。

Sponichi 5/7/2014

===

青学大初勝利、1年生遠藤が先頭打者アーチ

<東都大学野球:青学大4-1中大>◇第5週第1日◇6日◇神宮

... 1番に抜てきした遠藤康平遊撃手(1年=常葉菊川)が初回先頭打者アーチで打線に勢いをつけ、投げては岡野祐一郎投手(2年=聖光学院)が完封こそ逃したものの、2安打1失点で9回を投げ抜いた。

Nikkan Sports 5/6/2014

===

岡野、初登板も強気の攻め 5回完封

<高校野球IBAF18U世界選手権:日本7-0チェコ>◇4日◇予選第1ラウンド◇韓国・蚕室

... 聖光学院の右腕エース岡野祐一郎(3年)が先発し、5回を4安打無四球5三振で完封した。130キロ台中盤の直球で強気に攻め「低めに集められて良かっ た。最初は緊張したけど、回を重ねるごとに落ち着いて投げられた」。5回裏途中に激しい雨で試合が中断したが、裏攻めの日本がリードしていたため、ゲーム が成立した。

今夏の甲子園では、昨夏王者の日大三に2-1で勝利。両サイドを臆することなく突き、1失点で完投したのが岡野だった。日本の指揮を執る日大三・小倉全由 監督(55)は「外と内に投げ分けられる。そんなに打たれないと思っていたし、安心して見ていられた」と、その投球術をほめたたえた。

Nikkan Sports 9/4/2012

===

聖光・岡野、日大三の夏連覇止めた!

「高校野球・1回戦、聖光学院2-1日大三」(11日、甲子園)

粘り強い132球で日大三の連覇の夢を断ち切った。聖光学院・岡野祐一郎投手(3年)が4安打1失点で堂々の完投勝利。センバツ初戦に続く全国2勝目に「うれしいです。よく守ってくれて、皆で勝つことができました」と声を弾ませた。

Daily Sports 8/12/2012

===

聖光学院・岡野完封で王手/福島大会

<高校野球福島大会:聖光学院4-0光南>◇26日◇準決勝◇福島県営あづま球場

6連覇を狙う聖光学院は、エース岡野祐一郎(3年)が6安打完封。打線が終盤に相手の隙をついて4点を奪い、プロ注目左腕の光南・佐藤勇(3年)との投げ合いを制した。

岡野はいつも以上に燃えていた。前日、斎藤智也監督(49)に「負けさせない投手は(岡野か佐藤勇か)どっちだ? おまえだろ」と背中を押され、闘志に火 が付いた。7回まで両エースが1歩も譲らない投手戦。「我慢比べなら勝つ」と、最速140キロの直球と変化球を低めに制球。気合を前面に出し、最後まで1 点も与えなかった。

Nikkan Sports 7/27/2012

===

聖光学院・岡野 7回参考ノーヒッター「低めだけを」

福島大会2回戦  聖光学院7-0東日本国際大昌平 (7月15日  県営あづま)

84球を投げ1四球を与えただけで、8奪三振。「低めに投げることだけを考えた。(ノーヒットノーランは)意識しなかった」。今春のセンバツ後に、直球のシュート回転を直すため右肘を少し上げるフォームに改造した。この日は8奪三振のうち直球で4三振。「良い直球が投げられた」と手応えを口にした。

Sponichi 7/16/2012

===

聖光学院、県内71連勝!岡野、7回参考ノーヒッター…福島大会

◆第94回全国高校野球選手権福島大会 ▽2回戦 聖光学院7―0東日本国際大昌平=7回コールド=(15日・あずま) 6年連続甲子園を狙う聖光学院のエース右腕・岡野祐一郎(3年)が、東日本国際大昌平を7回参考ノーヒットノーランに封じ込む快投で初戦をクリア。同校の県内公式戦連勝は71に伸びた。

Sports Hochi 7/16/2012

===

聖光サヨナラで光星破り決勝/高校野球

<春季高校野球東北大会:聖光学院2-1光星学院>◇10日◇準決勝◇青森市営野球場

聖光学院が延長10回、長井涼捕手(3年)のサヨナラ打で光星学院を破った。先発の岡野祐一郎投手(3年)が8回まで三塁すら踏ませない好投。9 回に田村龍弘捕手(3年)に本塁打を浴び完封こそ逃したが、9三振を奪い6安打1失点に抑えた。昨秋の東北大会決勝のリベンジを果たした岡野は「自分の投 球をしたら通用するとわかった。自信がついた」と胸を張った。11日の決勝では仙台育英と対戦。2大会連続で同じ顔合わせとなった。

Nikkan Sports 6/10/2012

===

聖光学院・岡野要所締め完封/高校野球

<春季高校野球東北大会:酒田南0-6聖光学院>◇8日◇2回戦◇青森市営野球場

聖光学院のエース岡野祐一郎投手(3年)が、8安打を浴びながら無四球で完封した。序盤から「調子は悪かった」と毎回のように走者を許す苦しい投 球。それでも自慢の制球力で4併殺を奪うなど要所を締めた。2大会連続Vへ「次の試合で投げられなくてもいいくらい、気持ちで勝ちに行く」と全力投球を 誓った。

Nikkan Sports 6/8/2012

===

聖光学院・岡野5安打完封/高校野球

<春季高校野球福島大会:聖光学院6-0光南>◇22日◇2回戦◇郡山市・開成山野球場

福島では今春のセンバツに出場した聖光学院が光南を破り、県内の連勝を67に伸ばした。先発の岡野祐一郎投手(3年)が5安打完封、4番の園部聡一塁手(2年)が3安打3打点と投打の柱が活躍し、注目左腕佐藤勇(3年)を擁する難敵を一蹴した。

Nikkan Sports 5/23/2012

===

聖光学院・岡野3戦連続完投/高校野球

<高校野球秋季東北大会:聖光学院6-2青森山田>◇準決勝◇11日◇秋田・こまちスタジアム

聖光学院(福島)は青森山田に快勝。エース岡野祐一郎(2年)の連続無失点は32イニングで途切れたが、4年ぶり3度目の決勝進出を果たした。

聖光学院の雑草右腕が、センバツ当確へ導いた。エース岡野が、今大会3戦連続完投。6回、安打と失策で2失点し、福島県大会決勝から続いていた連続無失点 は32イニングで止まった。7回も先頭を塁に出したが、併殺で切り抜ける。「チームを負けさせられない」とマウンドを守り抜いた。

Nikkan Sports 10/12/2011

===

聖光・岡野が3戦連続完封!/秋季東北大会

第64回秋季高校野球東北大会・準々決勝(10日、八橋球場ほか)聖光学院(福島)が東海大山形(山形)を6-0で下し、準決勝進出を決めた。エース岡野祐一郎(2年)が6安打10奪三振無失点の好投。これで公式戦3試合連続完封と安定した内容だ。

1球投げるたび、気合の入った雄たけびが響いた。九回を除く毎回の10奪三振で、6安打完封勝利。岡野が力強く振り返った。

...

右打者には外角のスライダーや内角のツーシーム、左打者にはチェンジアップを有効利用し、最速135キロの直球でぐいぐい押した。この日もスタンドで応援していたプロ注目右腕・歳内宏明(3年)の後を継いで背番号1を背負う男は、ここまで抜群の安定感を誇っている。

Sanspo 10/11/2011

===

聖光学院・岡野が完封!6年連続9回目V…高校野球

◆秋季高校野球 福島県大会 ▽決勝 学法福島0―3聖光学院(25日・あいづ球場) 聖光学院が学法福島を3―0で下し、県内公式戦66連勝で6年連続9回目の優勝を決めた。新エース・岡野祐一郎(2年)が4安打完封した。

最後の打者を三ゴロに打ち取ると、ポンとグラブをたたき整列に加わった。歳内宏明(3年)から背番号1を受け継いだ岡野が、最速136キロの直球 に変化球を織り交ぜ、相手打線を被安打4、4奪三振で完封。新エースは「投げ急いだりせず、自分のテンポで投げられた。変化球が低めに決まった」と振り 返った。

Sports Hochi Tohoku 9/26/2011

===

歳内の「1」継ぐ男、聖光・岡野が好投!

第63回高校野球秋季福島大会1回戦(17日、いわきグリーンスタジアムほか)県内無敵の聖光学院が会津を10-0の五回コールドゲームで下し、県内公式 戦の連勝を62に伸ばした。先発の岡野祐一郎(2年)が、五回参考ながら無安打無得点試合を記録。プロ注目の右腕・歳内宏明投手(3年)から背番号1を受 け継いだ新エースが、今秋の公式戦初戦で輝いた。

しなやかなフォームから繰り出す投球で、岡野が相手打線を手玉に取った。許した走者は失策と四球の2人だけで、奪三振は5。五回参考記録とはいえ、スタンドで声援を送っていた歳内も成し得なかった公式戦での快投だった。

...

岡野は控えめに投球を振り返った。この日は最速が135キロだった直球に、スライダー、フォークなどの変化球を駆使する本格派右腕。点差が開いた五回は「スライダーが浮いていたのでいい感覚を取り戻したかった」(岡野)と“志願”の続投、わずか10球で3人を片づけた。

Sanspo 9/18/2011

===