Welcome to Yakyubaka.com

吉田 正尚 (青山学院大)

by on Apr.14, 2012 @ 11:52 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

吉田 正尚 (青山学院大)
よしだ・まさたか

172cm / 73kg
R / L

===

青学大・吉田、大学日本代表の4番

... 大学日本代表の4番を務める青学大・吉田正尚(まさたか)外野手(4年)も注目の逸材だ。昨秋まで東都大学1部リーグで3年間戦い、打率・277、9本塁打、38打点の成績を残した、左打ちの強打者。今秋は2部リーグで打率・400、5本塁打、15打点の三冠王に輝いた。

Sanspo 10/21/2015

===

【ドラフトこの男に注目2】青学大・吉田 大学日本代表の飛ばし屋

22日ドラフトこの男に注目 青学大・吉田正尚外野手

... 体格には恵まれていないが、1位候補にも挙がる大学球界屈指のスラッガー。特に評価されているのが150キロに迫るスイングスピードと手首の強さだ。ルーツは捕手だった少年野球時代。「メジャーに憧れて座ったまま送球したりしていたら肘を痛めてしまって中1の夏に手術した」。リハビリ中、ダンベルで手首を強化したことが強いリストを生んだ。現在の握力は右が70キロで、左が62キロと20代の一般男性平均値のほぼ倍だ。

敦賀気比時代も通算52本塁打と飛ばし屋ぶりを発揮した。

... 今年は大学日本代表で存在感を示した。6月の対NPB選抜(神宮)で西武・高橋光から右中間アーチを放ち、視察した侍ジャパンの小久保監督が「あそこまで運ぶのだから良いスイング」と後輩の活躍を称賛。7月のユニバーシアードでは金メダル獲得に貢献した。さらに8月の高校日本代表壮行試合(甲子園)では、国内外13球団のスカウトが集結した中で大暴れ。バックスクリーン弾を含む2打席連続本塁打を放ち、鮮烈な印象を植え付けた。

Sponichi 10/19/2015

===

阪神、外野補強へ金本2世獲り 「外れ1位」候補に青学大・吉田正

阪神が22日に行われるドラフト会議へ向け、青学大・吉田正尚外野手を上位候補としてリストアップしていることが14日、分かった。軸回転からのフルスイングが持ち味の左のスラッガー。そのスタイルは来季監督に招へいしている金本知憲氏(47)にも重なっており、金本2世として将来の大砲候補にも期待が高まる。

1メートル73と上背には恵まれないが、軸がぶれないパワフルなスイングが吉田の最大の魅力と言っていい。敦賀気比では4番打者として2度甲子園に出場。青学大でも1年春からベストナインを獲得するなど、その球歴は輝かしい。

今春からは東都2部リーグだが、1年春から3年秋までの1部6シーズンで4度の打率3割台をマークした。大学入学と同時に本格的にウエートトレーニングに取り組み、体重80キロの堂々とした体格。1部で通算9本塁打を数え、巨人などが1位候補としてリストアップしていると伝わる。

Sponichi 10/16/2015

===

青学大の飛ばし屋・吉田正尚がドラフトを熱くする

... 173センチ、80キロと小柄だが、打撃力は今ドラフトNO・1の呼び声が高い。譲れない身上はフルスイング。小学校卒業時は148センチだったが「遠くに飛ばしたい。純粋な気持ちでした」と、初心を忘れない。広角に強い打球を打ち分け、今秋リーグ戦は3本塁打。9月27日の東洋大戦で、1部、2部合計で通算100安打の大台に到達した。

すでにプロ12球団から調査書が届く。6大学リーグの安打記録に48年ぶりに並んだ明大・高山俊外野手(4年=日大三)らとは大学日本代表でともに戦った。巨人山下スカウト部長は「飛ばす力は一番ある。プロで打率を残すのは高山かもしれないが、ホームランは吉田」と高評価。さらに「外れ(1位)に残っていたら、また重複して抽選になるのでは」と言った。

Nikkan Sports 10/9/2015

===

今秋ドラ1候補、青学大・吉田が2安打

「東都大学野球、拓大1-0青学大」(5日、神宮球場)

青学大の今秋ドラフト1位候補・吉田正尚外野手(4年・敦賀気比)が5日、拓大との3回戦にフル出場。チームは完封負けしたが、4球団のスカウト陣の前で2安打を放った。

... 巨人の山下スカウト部長は「ヘッドスピードはプロ並み。打撃はアマで一番なのは間違いない」と高く評価した。

Daily Sports 10/6/2015

===

大学日本代表4番の青学大・吉田に4球団スカウト熱視線!

東都大学リーグ2部(5日、神宮)ドラフト上位候補の青学大・吉田正尚(まさたか)外野手(4年)を、巨人、ヤクルト、DeNA、広島のスカウトが視察し た。東都1部リーグで通算9本塁打をマークし、大学日本代表の4番に座る吉田について巨人・山下スカウト部長は「左投手を苦にしないし、リストが強く門田 博光(元南海)タイプ」と将来の大砲をイメージ。DeNAの欠端グループリーダーは「プロに入ってすぐに打てるバットコントロールを持つ」と評価した。

Sanspo 10/6/2015

===

ドラフト上位候補、吉田正尚2安打も青学大敗れる

<東都大学野球2部:拓大1-0青学大>◇第5週最終日◇5日◇神宮

青学大のドラフト上位候補、吉田正尚外野手(4年=敦賀気比)が「3番右翼」で先発し、2安打を放ったが敗れた。

前日の2回戦では2本塁打を放ち、この日は4球団のスカウトが集まった。

Nikkan Sports 10/5/2015

===

ドラフト1位候補の青学大・吉田 圧巻2発!4安打3打点

東都大学野球2部  青学大12―2拓大 (10月4日  青学大)

大学日本代表の4番を務め、今秋ドラフト1位候補の青学大・吉田が「3番・右翼」で出場し、2本塁打を含む4安打3打点で勝利に貢献した。

6回に青学大球場右翼にある高さ約10メートルの防球ネット上部を直撃する特大2ランを放つと、8回にも2打席連発の右越えソロ。

Sponichi 10/5/2015

===

青学大・吉田 6球団15人のスカウトの前でアピール弾

東都大学2部  青学大1―0東洋大 (9月26日  東洋大)

... 同じくドラフト候補右腕の相手先発・原からの今季1号に「勝ちにつながる打撃ができて良かった」と喜んだ。既にプロ志望届を提出済みで、この日は6球団15人のスカウトが視察。DeNA・高田繁GMは「今年の中ではトップクラス」とあらためて高評価していた。 

Sponichi 9/27/2015

===

吉田正 高校時代に打てなかった甲子園で連発「特別な思いだった」

壮行試合  大学日本代表9-2高校日本代表 (8月26日  甲子園)

今秋ドラフト候補に挙がる大学日本代表の4番・吉田正が、2打席連続本塁打を放つなど3安打2打点をマークした。

5回に上野から右翼席へ運ぶと、7回には左腕・高橋樹のスライダーをすくい上げバックスクリーンへ。「甲子園で試合ができて特別な思いだった。高校(敦賀気比)時代に打てなかった本塁打を打てて良かった」と笑顔だった。

Sponichi 8/27/2015

===

青学大・吉田正2打席連発「よく伸びてくれました」

<U18:高校日本代表2-9大学日本代表>◇26日◇甲子園

... 5回には直球を振り抜き右翼席へ、7回の第4打席ではスライダーをはじき返しバックスクリーンへ運んだ。「2打席目はいい打球でよく伸びてくれました。高校では(甲子園で本塁打を)打てなかったので印象に残りました」と笑顔。ヤクルト小川SDは「アマチュアではバッティングはNO・1」と評価した。

Nikkan Sports 8/27/2015

===

吉田 2部降格「悔しさバネに」100安打狙う…青学大練習納め

... 来秋ドラフト候補の吉田が強肩を生かすため左翼から右翼に転向するなど戦力を整え、善波厚司新監督の下で1部復帰を目指す。

吉田は通算100安打にもあと23本とし「2部でもコンスタントに打つ。落ちた悔しさをバネにチームを引っ張りたい」と力を込めた。来年2月には米国キャンプが予定されており、レンジャーズ傘下のマイナーチームと練習試合も行う。

Sponichi 12/25/2014

===

青学大 3カード目で初勝ち点 吉田正3戦連続マルチ

東都大学野球第5週最終日  青学大4―2中大 (5月7日  神宮)

... 青学大は開幕3カード目で待望の勝ち点1を挙げた。3番・吉田正が2点を追う3回1死一、二塁で、左中間へ同点2点適時二塁打。7回にも貴重な追加点を叩き出し、3打点の活躍に「走者を必ず還すという強い気持ちで打った」と胸を張った。開幕2戦目から2試合連続無安打で、バットを2握り分短く持ったところ、この日を含めて3戦連続マルチ安打。「最短距離でバットが出るようになった」と納得顔だ。河原井正雄監督も「よくひっくり返した」と称えた。

Sponichi 5/8/2014

===

【東都】青学大、連勝で今季初の勝ち点 3年・吉田正が2安打3打点

◆東都大学野球第5週第2日 青学大4―2中大(7日・神宮)

... 青学大の吉田正がチーム打撃に徹して2安打3打点をマークした。3回1死一、二塁から左翼へ同点2点二塁打。7回1死満塁では、代わった直後の中大・島袋 洋奨から右前打で貴重な4点目。バットをこぶし一握り短く持った打撃で、チームは3カード目で今季初の勝ち点1。「今年は鋭い打球で次の打者につなげた かった」と胸を張った。

Sports Hochi 5/8/2014

===

青学大、初の勝ち点!吉田正が3打点の活躍/東都

東都大学春季リーグ第5週第2日(7日、神宮)2回戦2試合を行い ... 青学大は吉田正尚外野手(3年)が3打点の活躍で、4-2で中大に連勝し、今季初の勝ち点を奪った。

昨年の大学日本代表、3番・吉田正が3打点の活躍で今季初の勝ち点をもたらした。「真っすぐには自信があって、届くところならと思った」と三回に同点とな る左中間への2点二塁打、七回にも追加点を挙げた。

Sanspo 5/8/2014

===

青学大新4番吉田正が3号弾/東都大学

<東都大学野球:青学大12-8駒大>◇第4週第2日◇2日◇神宮

青学大は4番吉田正尚外野手(2年=敦賀気比)が今季3号を放つなど、3本塁打を含む18安打で1勝1敗の五分に戻した。

... 新4番の吉田正がリーグトップの3号ソロを放った。3回、スライダーをとらえて右翼席に運んだ。1回には先制二塁打を放ち、打線に火を付けた。「(4番は)意識しなかった。昨日から感じはいいんで」。これで今季7安打とし、打率は2割6分9厘ながら長打率は6割5分4厘とプロの大砲並み。

Nikkan Sports 5/3/2013

===

青学スーパー新人!吉田正5割/東都大学

<東都大学野球:青学大4-0東洋大>◇第3週2日目◇19日◇神宮

青学大のスーパールーキー、DHの吉田正尚(まさたか、1年=敦賀気比)が3打点をマークし、東洋大に雪辱。4回の先制2点適時打など4打数3安打。開幕から5試合で18打数9安打の打率5割を誇り、首位打者争いに名乗りを上げた。

...

好調をキープできるのには、もう1つ秘密があった。文字通り“球がよく見えていた”のだ。実は吉田正の視力は両目で0・6。上京後、コンタクトで1・5に 矯正した。「視界が明るくなりました。今日もこれから目の検査です」。眼科へと去っていった吉田正には、シーズン後タイトルホルダーとなる自分の姿もよく 見えている。

Nikkan Sports 4/20/2012

===

青学大ルーキー・吉田正、2戦連続3安打…東都大学野球

◆東都大学野球リーグ第3週第2日 青学大4―0東洋大(19日・神宮球場) 青学大と日大がそろって雪辱。青学大の 大物新人・吉田正尚外野手が、先制&中押し打を含む2試合連続の3安打で3打点と活躍。打率を5割(18打数9安打)とし、73年の青学大・河原井正雄 (現監督)以来、39年ぶりとなる1年春の首位打者に意欲を示した。 ...

1年生ヒットメーカーが才能を見せつけた。吉田正は4回1死満塁で、変則左腕・長谷川のスライダーを引きつけ先制の2点打。6回1死二塁では、外角 低めのフォークを地面すれすれでとらえた。「全部芯でとらえられた」。この試合の3本安打は、いずれもきれいに中前に運んだものだった。

「6番・DH」で開幕からスタメン出場を続け、5戦で打率5割、1本塁打、7打点の大活躍。適応能力の高さで木製バットも苦にしない。

Sports Hochi 4/20/2012

===

青学大ルーキー吉田 イチローばり曲芸打見せた

東都大学野球第3週第2日  青学大4-0東洋大 (4月19日  神宮)

青学大は敦賀気比時代に高校通算52本塁打を記録した1年生の吉田正が巧打で魅せた。4回1死満塁で中前に2点適時打。6回1死二塁では、ワンバウンドしそうなフォークをイチロー(マリナーズ)ばりの巧みなバットコントロールですくい上げて、中前に運ぶ曲芸打を放った。ここまでDHで全試合にフル出場し、リーグトップの7打点。打率も18打数9安打の5割。大学からコンタクトを使用して、視力が0・6から1・5に上がり「ボールが見えやすくなった」と笑顔を見せていた。

Sponichi 4/20/2012

===

高校52発の1年生が驚弾…指揮官「とんでもない打球」

東都大学野球第2週第3日 青学大6―1駒大 (4月13日 神宮)

青学大のルーキー吉田正が、大学1号を放ちチームを勢いづけた。2回無死三塁で2ボールからの3球目を強振すると、打球は右中間スタンドへ。「木のバットで初めてなので良かったです。いい感触で、いいポイントで打てました」と笑顔で振り返った。6回2死三塁では左前適時打をマークし、計3打点を挙げた。1メートル71と小柄ながら、高校時代には1年夏から4番に座り通算52本塁打。甲子園には2度出場した。今春のリーグ戦では高校の先輩にあたる巨人・内海と同じ背番号26を背負い、全試合スタメンに名を連ねる。河原井正雄監督は「久々にとんでもない打球を見た。ヘッドスピードも速い」と目を細めた。

Sponichi 4/14/2012

===

ドラフト・レポート

===