Welcome to Yakyubaka.com

竹内 諒 (早大)

by on May.02, 2012 @ 2:31 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

竹内 諒 (早大)
たけうち・りょう

178cm / 73kg
L / L

===

早大先発 竹内が6回9K、岡村監督「安定感が出てきた」

東京六大学第4週第2日  早大14-0東大 (5月4日  神宮)

早大・岡村監督が大勝を振り返る中で自ら口にしたのが2年生左腕、竹内のこと。開幕から各カードの2回戦で先発を任せているが、6回1安打9奪三振の投球に「3カード目でだいぶ慣れてきたのか、安定感が出てきたね」と満足そう。

Sponichi 5/4/2014

===

早大連勝で首位 竹内リーグ戦初勝利

<東京6大学野球:早大14-0東大>◇第4週第2日◇4日◇神宮

... 先発の竹内諒投手(2年=松坂)は、6回1安打無失点でリーグ戦初勝利を挙げた。

Nikkan Sports 5/4/2014

===

松阪 春夏通じ初切符!148キロ左腕・竹内142球

三重大会決勝  松阪3―2いなべ総合学園 (7月28日  四日市霞ケ浦)

松阪はチーム一丸となって勝利をつかんだ。初回に3安打で2点を挙げてリードし、いなべ総合学園の反撃を食い止め続けた。

1点のリードを守ったMAX148キロを誇る左腕・竹内は142球の熱投で2失点完投。同校を春夏通じて初の聖地へと導くと、マウンド上で天を仰ぎ、歓喜の声を上げた。6試合中5試合に先発。「真っすぐで押して、変化球で勝負するのが持ち味」と話していた通り、相手打線に的を絞らせることなく、今大会は3完封で防御率0・96と貫禄の投球を見せた。県内屈指の進学校だが、目標はプロ。最後の最後にたどり着いた全国舞台で、左腕がラストアピールする。

Sponichi 7/29/2012

===

屈指の進学校・松阪が初切符/三重大会

<高校野球三重大会:松阪3-2いなべ総合>◇28日◇決勝◇四日市市営霞ケ浦球場

県内屈指の進学校、松阪が1947年の創部以来、春夏通じて初の甲子園出場を決めた。エースの最速145キロ左腕、竹内諒(3年)が1回戦から6 試合目となる決勝も踏ん張った。さすがにボールが走らなかったが「緩い球を有効に使えば、実際よりも速く見せられるはず」と切り替えた。8回は1点差に追 い上げられ、なお2死一、三塁でカーブを続けた後、135キロの直球で見逃し三振に切り抜けた。グラウンドは他の部活動と兼用で、打撃練習は週2回。制約 の中でつかんだ栄冠だった。

Nikkan Sports 7/29/2012

===

松阪 春夏通じ初切符!148キロ左腕・竹内142球

三重大会決勝  松阪3―2いなべ総合学園 (7月28日  四日市霞ケ浦)

1点のリードを守ったMAX148キロを誇る左腕・竹内は142球の熱投で2失点完投。同校を春夏通じて初の聖地へと導くと、マウンド上で天を仰ぎ、歓喜 の声を上げた。6試合中5試合に先発。「真っすぐで押して、変化球で勝負するのが持ち味」と話していた通り、相手打線に的を絞らせることなく、今大会は3 完封で防御率0・96と貫禄の投球を見せた。県内屈指の進学校だが、目標はプロ。最後の最後にたどり着いた全国舞台で、左腕がラストアピールする。

Sponichi 7/29/2012

===

松阪・竹内6戦中5試合完投…三重大会

◆第94回全国高校野球選手権三重大会 ▽決勝 いなべ総合学園2―3松阪(28日・四日市市営霞ケ浦) プロ注目の 145キロ左腕・竹内諒が公立校の松阪を初出場に導いた。8安打を浴びながら2失点、142球完投。今大会6試合中5試合で完投し、47回5失点と安定感 を見せた。180センチ、81キロの体から力のある球を投げ込んだ背番号1は「楽しんで投げた。甲子園では真っすぐで強打者を打ち取りたい」と意気込ん だ。松葉健司監督(44)は「連投できる体作りをしてきた。スタミナ面は心配なかった」とタフなエースを誇らしげに見つめた。

Sports Hochi 7/29/2012

===

ドラフト・レポート

===