Welcome to Yakyubaka.com

平田 将 (大産大付)

by on Jul.14, 2012 @ 1:45 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

平田 将 (大産大付)
ひらた・まさる

183cm / 72kg
L / L 

===

大産大付のプロ注目左腕・平田が11K/大阪

第95回全国高校野球選手権大阪大会(20日、大産大付3-2春日丘)大阪大会では大産大付のプロ注目左腕・平田将投手(3年)が春日丘との3回戦で三振 ショー。9回11三振を奪った。2点を先行される苦しい展開で九回に1点勝ち越すまで被安打6と苦しんだが、強気で攻めた。「自分が抑えないと勝ちはない と思った。後半は気合が入った」。小田洋一監督(47)は「エースと心中するつもりで試合を見守った」と話した。

Sanspo 7/21/2013

===

大産大付の怪力左腕・平田11K快投

「高校野球大阪大会・3回戦、大産大付3‐2春日丘」(20日、万博)

プロ注目左腕の大産大付・平田将投手(3年)が、6安打2失点。逆転で春日丘を下し、4回戦へ進出した。

三回に2点ビハインドを負ったが、六回に同点に追いつくとエンジンは全開。「スタミナはあるし気持ちも入っていた。平田と心中するつもりだった」という小田監督の期待に156球の熱投で応えた。「2点取り返してもらい、絶対に点を取られたらアカンと思った」と平田。気迫をむき出しにして11三振を奪った。

今年2月に右アキレスけんを傷め、春季大阪大会でも復調せず2回戦負け。悔しさを胸に挑む最後の夏だ。自己最速は145キロ。中学時代ですでに背筋200キロ以上、高校で計測した左手握力は72キロという怪力左腕は、「自分が抑えないと勝てないと思っている」。同校初の夏の聖地を目指し、エースがマウンドに仁王立ちする。

Daily Sports 7/21/2013

===

大阪産大付・平田11K完投勝利/大阪大会

<高校野球大阪大会:大阪産大付3-2春日丘>◇20日◇3回戦◇万博記念公園野球場

... エース平田将(まさる)投手(3年)が9回6安打2失点11奪三振で完投。ストレートを中心に、156球を投げ抜いた。平田は「変化球を打たれていたので、直球勝負にこだわりました」と投球を振り返った。

Nikkan Sports 7/20/2013

===

大産大付・平田が11K完投で4回戦へ

「高校野球大阪大会・3回戦、大産大付3‐2春日丘」(20日、万博)

プロ注目左腕の大産大付・平田が6安打2失点、11奪三振で完投し、4回戦へ進出した。

初回は先頭打者に四球、2番に死球と乱れたが、そこから3者連続三振で無失点。しかし、三回に2安打などで2点ビハインドを負った。

「平田はスタミナはあるし、気持ちも入っていた。彼と心中するつもりだった」と小田監督。言葉どおり、打線が四回に3連打と死球で1点を返し、六回に犠飛で同点に追いつくと、エースのエンジンは全開。計156球の熱投で、四回以降は無失点に抑えた。

Daily Sports 7/20/2013

===

プロ注目の大産大付・平田「内容全然」

「高校野球・春季大阪大会回戦、大産大付13-3明星」(14日、大産大付)

大産大付のプロ注目左腕・平田が先発し、5回を5安打3失点。

2月に疲労の蓄積から右アキレス腱を痛め、約1カ月間は走り込みを中断していた。3月9日からの練習試合に登板して調整。好調時は140キロを超える速球がこの試合では最速137キロ止まり。「投球内容は全然」としながら、「足はだいぶ回復した」と手応えをつかんだ。ヤクルト、日本ハム、米ツインズのスカウトが視察した。

Daily Sports 4/15/2013

===

大産大付 平田 圧巻の19球 ロッテスカウト「かなりの可能性を秘めた投手」

大阪大会1回戦  大産大付9―0大手前 (7月13日  住之江公園)

1メートル82、76キロの恵まれた体格から、繰り出す速球はMAX143キロ。中学時代は橿原磯城シニアのエースとしてジャイアンツカップ3位に貢献。日本代表にも選出された逸材だ。高校入学後も1年生の昨夏からベンチ入り。昨秋の大阪府大会5回戦・堺戦ではノーヒットノーランも達成しているが、この日は先発の平島と2人で7回参考記録ながら無安打無得点リレーを完成させた。

巨人など6球団のスカウトが視察し、ロッテ松本編成統括は「馬力があるし、かなりの可能性を秘めた投手」と高評価。平田は「大阪桐蔭を倒したい」と力強かった。

Sponichi 7/14/2012

===