Welcome to Yakyubaka.com

青島 凌也 (東海大相模)

by on Jul.14, 2012 @ 4:29 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

青島 凌也 (東海大相模)
あおしま・りょうや

177cm / 75kg
R / R

===

本家より豪快!?岡島2世 東海大相模・青島凌也投手

16日の全国高校野球選手権神奈川県大会での2回戦で、第1シードの東海大相模が逗葉に19-0で5回コールド勝ち、2010年以来4年ぶりの頂点へ好発進。チームの初陣のマウンドを託されたのは背番号1を背負う青島凌也投手(3年)だった。

... 1回に先頭打者を歩かせるなど初戦の硬さが出たが、徐々に修正して4回1安打無失点。この日は139キロどまりだったが、最速145キロを誇る右腕をスタンドから見守ったセ・リーグのスカウトは「彼らはここにピークを合わせていない。投げるごとに良くなっていきますよ。フォームも豪快でいいじゃないですか」と評価した。

そう、青島の投球フォームはソフトバンク・岡島秀樹投手をほうふつさせる、球をリリースした後に頭が下を向く超個性派だ。青島も「似てるって言われたことはあります。中学生の頃からです。ミットはちゃんと見えてますよ。相手が怖さを感じてくれたらうれしいですね」と努力で磨き上げたスタイルに自信をもっている。

豪快なフォームに似合わず、持ち球はツーシームにカーブ、スライダー、カットボール、シンカー、チェンジアップと多彩。器用さも兼ね備えた右腕は、高校進学時に50校以上の勧誘を受けた伝説の持ち主でもある。

ZakZak 7/18/2014

===

東海大相模8強 青島7回10K/高校野球

<秋季高校野球神奈川大会:東海大相模8-0相模原総合>◇19日◇4回戦

... 先発の青島凌也投手(2年)が7回を投げ3安打10奪三振無失点の好投。この日は最速136キロの直球をコーナーに投げ分け、決め球のカットボールで三振を量産した。青島は「今日は変化球がよく決まった。打撃陣がなかなか打てなかったので、どれだけ踏ん張れるかが大事だと思いました」と勝利に笑顔を見せた。

Nikkan Sports 9/19/2013

===

東海大相模・青島、6回4安打無失点/神奈川

第95回全国高校野球選手権神奈川大会(22日、サーティーフォー相模原)青島が藤沢翔陵を相手に6回を4安打無失点と好投。6-2で8強入りを決めた。 2年生右腕は「直球が高めに浮いてしまいましたが、気持ちで押すことができました」。

Sanspo 7/23/2013

===

東海大相模スーパー1年生・青島、8回0封11K…神奈川大会

◆第94回高校野球選手権神奈川大会 ▽2回戦 東海大相模7―0横須賀総合(13日・平塚) 神奈川では、東海大相模の大物1年生右腕・青島凌也が先発し、8回7安打11奪三振で無失点。同校の1年生が夏の大会初戦に先発するのは44年ぶりだった。

黄金ルーキーが大役を務め上げた。夏の大会初登板の青島が、1年生離れした快投を披露した。「これまでにない重圧があった」と言いつつも外角中心にテンポ 良く投げ込んだ。最速139キロの直球とカットボール、カーブで無四死球で、7回まで毎回の11K。「たまたまです。制球とキレを意識して打たせて取ろう と思った」とあどけなさの残る笑顔がはじけた。

Sports Hochi 7/14/2012

===