Welcome to Yakyubaka.com

吉川 雄大 (智弁和歌山)

by on Jul.28, 2012 @ 8:36 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

吉川 雄大 (智弁和歌山)
よしかわ・ゆうだい

181cm / 75kg
L / L

===

智弁和歌山が3回戦敗退…9連覇ならず

「高校野球和歌山大会・3回戦、紀北工2‐1智弁和歌山」(20日、紀三井寺)

9年連続出場を目指した智弁和歌山が、1点及ばず3回戦で敗れた。先発・原が紀北工・堀田にソロ本塁打を打たれるなど先制を許し、エース左腕・吉川に交代。打線もつながりを欠いた。九回裏に2死満塁まで粘ったが、最後の打者が内野フライで試合終了。高嶋監督は「チャンスがないわけではなかったが、それを生かし切れなかった」と肩を落とした。

同校が春夏とも甲子園大会に進出しないのは2004年以来。吉川は社会人野球への進路を希望している。

Daily Sports 7/21/2013

===

智弁和歌山9連覇へエース吉川完封発進

和歌山大会2回戦  智弁和歌山4―0市和歌山 (7月14日)

智弁和歌山のエース・吉川が市和歌山相手に5安打7奪三振で完封。「初戦は硬くなると思ったけれど、のびのびできた」と白い歯を見せた。

腰痛で5月の1カ月間は投げられない日々が続いた。6月23日の東邦(愛知)戦も12失点と散々。それでも高嶋仁監督は「打たれるのはストライクが入っているということ」と全く意に介さず夏のマウンドへ送った。復活を見せたエースの力投で9連覇へ向け、好スタートを切った。

Sponichi 7/15/2013

===

智弁和歌山・吉川 4回7Kの好救援 決勝進出決めた

和歌山大会準決勝  智弁和歌山8―1桐蔭 (7月27日  紀三井寺)

智弁和歌山は救援に回る左腕・吉川が、桐蔭に反撃の余地を与えなかった。 

1点リードの6回から登板し、7回無死から4者連続を含む7奪三振で4回無失点。「予定より早い登板だったが、準備はできていた。投球フォームのバランスが崩れたのを、うまく修正できた」。28日の那賀との決勝では、全国で戦後最長記録を更新する8年連続出場を目指す。「8年のためではない。この子らで甲子園にいきたい」と高嶋仁監督は語気を強めた。

Sponichi 7/28/2012

===

ドラフト・レポート

===