Welcome to Yakyubaka.com

菅原 秀 (福井工大福井)

by on Aug.08, 2012 @ 3:33 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

菅原 秀 (福井工大福井)
すがはら・しゅう

182cm / 75kg
R / L

===

ナックルカーブ投げられず…福井工大福井・菅原 無念

第94回全国高校野球選手権2回戦  福井工大福井3―8秋田商 (8月15日  甲子園)

ナックルカーブを駆使し、開幕戦の常葉学園橘戦で10三振を奪った福井工大福井・菅原が2回戦で散った。「不安になって力んでしまった」という初回に5四死球などで4失点。

3回に3連続四球で無死満塁となったところで降板した。14日の投球練習で人さし指の爪の付け根の皮が裂け、指先に違和感が残ったため、得意のナックルカーブはほとんど投げられなかった。今後については「野球を続けるか分からない」と言葉少なに話した。

Sponichi 8/16/2012

===

菅原「魔ックルカーブ」10K/甲子園

<全国高校野球選手権:福井工大福井4-2常葉学園橘>◇8日◇1回戦

菅原の右手を離れた白球が、本塁手前で大きく鋭く曲がり落ちた。2回1死、1ボール2ストライクから5番増田に投じた123キロのナックルカーブ。空振りを奪っただけでなく、捕手さえも捕れない。記録は暴投、振り逃げとなったが、球の切れ味にスタンドがざわついた。

... 「切れはよかったです。(今年の)4月に(試合で)投げ出してから、まだ1本もクリーンヒットを打たれていません」。人さし指のツメを立て、中指と親指 でボールを支える。薬指と小指は通常のカーブと同じ位置だ。リリースの瞬間に人さし指のツメでボールをはじく。直球と同じ腕の振りから繰り出される120 キロ台のボールは、きれいな縦の回転を宿し、一瞬フワリと浮き上がる。最高到達点に達した瞬間から小さい揺れとともに急激に落ちていく。

... ◆菅原秀(すがはら・しゅう)1994年(平6)4月5日、大阪府生まれ。11歳から1年間サッカーを習い、山田東中学校時代に学校の野球部で野球を始め る。福井工大福井では2年秋からベンチ入り。好きな言葉は「感謝」。50メートル6秒5、遠投110メートル。家族は父、母、兄と弟3人。182センチ、 75キロ。右投げ左打ち。

Nikkan Sports 8/9/2012

===

福井工大福井・菅原、ナックルカーブ武器に10K…夏の甲子園

◆第94回全国高校野球選手権大会第1日 ▽第1試合 常葉学園橘2─4福井工大福井(8日・甲子園) 球児の夏が開 幕した。ロンドン五輪卓球女子団体で銀メダルを獲得した平野早矢香(27)=ミキハウス=の母校・仙台育英(宮城)が、14安打8得点で佐賀北に大勝。昨 年3月の東日本大震災後、宮城県勢の甲子園初勝利を挙げた。開幕戦では、福井工大福井のエース・菅原秀(3年)が常葉学園橘(静岡)打線から10三振を奪 う力投で、5安打2失点(自責1)完投勝ち。飯塚(福岡)は広島工に競り勝ち、春夏通じて甲子園初勝利を挙げた。

Sports Hochi 8/9/2012

===

福井工大福井・菅原10K完投勝利!32年ぶり快挙

第94回全国高等学校野球選手権大会  福井工大福井4-2常葉学園橘 (8月8日  甲子園)

福井工大福井のエース菅原が、開幕戦で5安打10奪三振の力投。開幕戦での2桁奪三振の完投勝利は、巨人などで活躍した中条善伸(東北)が80年に瓊浦(長崎)戦で記録して以来、32年ぶりの快挙となった。

ベース上で鋭く曲がり落ちるナックルカーブを駆使した。人さし指をボールに対して立て、縦の前方回転を与える秘密兵器。「クリーンヒットされたことは一度 もない」と言うほど自信を持つ。球速は110キロ台。この日、145キロを計測した直球と同じ腕の振りから繰り出したことで、相手のバットは空を切った。

... ≪新潟明訓・小林幹は2桁奪三振も黒星≫福井工大福井の菅原が開幕戦の常葉学園橘戦で10奪三振の完投勝利。夏の開幕戦での2桁奪三振完投は91年の新潟 明訓・小林幹以来だが、小林幹はその試合で柳ケ浦に1―8で敗戦。2桁奪三振で完投勝利を挙げた投手は、80年の東北・中条が瓊浦相手に13奪三振で完封 して以来、32年ぶり。ちなみに03年には桐生一が伊藤、藤田、小林の3投手の継投で神港学園から11三振を奪った例がある。

Sponichi 8/9/2012

===

福井工大福井・菅原“魔球”操り10K

「高校野球・1回戦、福井工大福井4‐2常葉学園橘」(8日、甲子園)

魔球を操る148キロの怪腕、福井工大福井・菅原が10三振を奪い、5安打2失点完投で初戦突破した。この日145キロをマークした直球だけでなく、三振の半数は大きく縦に落ちるナックルカーブが決め球だった。

182センチ75キロの体を前屈させるフォームは、大阪桐蔭の藤浪に どこか似ている。その右腕が放つのは「中指の爪でボールをはじく。ストレートに見せかけて急に落ちる」という変化球。プロでは阪神・スタンリッジらが投げ ている。「3~5番の勝負どころに使った」と言うとおり、3番・城戸から3個、5番・増田から2個の三振を取った。

Daily Sports 8/9/2012

===

魔球ナックルカーブで菅原10K/甲子園

<全国高校野球選手権:福井工大福井4-2常葉学園橘>◇8日◇1回戦

福井工大福井(福井)のエース、菅原秀投手(3年)が魔球を武器に9回5安打2失点。最速145キロの直球に加え、今春に習得したナックルカーブ を武器に10三振を奪った。「素直にうれしい。ナックルカーブはキレがよかった」と笑顔。大須賀康浩監督(58)も「自分らの野球が出来た。ぼくも楽し かった」と開幕戦の白星に笑みがこぼれた。

Nikkan Sports 8/8/2012

===

ドラフト・レポート

===