Welcome to Yakyubaka.com

多和田 真三郎 (富士大)

by on Sep.03, 2012 @ 3:16 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

多和田 真三郎 (富士大)
たわだ・しんさぶろう

181cm / 72kg
R / R

===

西武がドラフトで“沖縄の武田久”を一本釣りへ

... 鈴木球団本部長は高橋光成指名を事前公表した昨年とは一転、今年のドラフト1位を公言していないが、球団内では富士大・多和田真三郎投手(4年)で統一されている。

... 今年は春から右肩痛を発症し、ここまで登板のないことから他球団が指名をちゅうちょする中、早くから将来のエース候補としてマークしてきた西武は敢然と1位指名に打って出る。沖縄・中部商―富士大と多和田の“直系の先輩”である西武2013年のドラフト2位・山川穂高内野手は「プロの二軍を含めて今まで自分が見た中で間違いなくナンバーワンの投手。日本ハムの武田久さんタイプで体がヤバイくらい柔らかく球持ちがいい。大学の紅白戦で対戦したことがありますけど、あいつのアウトロー(の直球)は絶対打てないっす」と大絶賛する逸材だ。

Tokyo Sports 10/20/2015

===

【西武】ドラフト1位指名に富士大・多和田投手

西武が22日のドラフト会議で富士大・多和田真三郎投手(22)を1位指名する方針を固めたことが11日、分かった。

多和田は全身を躍動させるフォームから、MAX152キロのストレートを投げる本格派右腕。多彩な変化球も操り、奪三振が多いのが特徴だ。春までは大学ナンバーワン右腕の評価もあったが、5月には「右肩違和感」を覚え、秋は1度も登板がない。今月中にも投球練習を再開できる見込みだが、各球団とも状態の見極めが難しい状況だ。

... けがの状態を最大限考慮した上で、今春までリーグ戦通算32勝(8敗)、3季連続5度のMVPを獲得した能力を高く評価。

... 。鈴木球団本部長はドラフトについて「8割方投手。1位は直前まで決まらないかもしれない」と話していた。しかし、総合的に判断し、この日までに「1位・多和田」を固めた模様だ。

Sports Hochi 10/12/2015

===

富士大・多和田 我慢の秋「投げられない悔しさ」

富士大のドラフト1位候補、多和田真三郎投手(4年=中部商)が我慢の秋を過ごしている。春以来の右肩痛で、6月の全日本大学選手権も、この秋の北東北リーグ戦も投げることはできなかった。運命のドラフト会議(10月22日)まで1カ月足らず。同大グラウンドで黙々と練習を続ける右腕に、現在の状態、プロへの思いを赤裸々に語ってもらった。

... 最後の秋に投げずとも、北東北リーグに残る大記録を残した。1年春から毎シーズン投げ、これまでの247個を大きく上回る299個の通算最多奪三振をマーク。14年秋から15年春にかけて56回の連続無失点記録も打ち立てた。悔やまれるのは36勝の最多勝記録。通算32勝まで迫っており、この秋投げていれば更新できていたはずだった。

... 21日にプロ志望届を提出した。今まではプロへの気持ちを表に出さなかったが、今は「評価してくれる球団に行きたい」と素直に語る。

Nikkan Sports 9/30/2015

===

151キロ右腕の富士大・多和田がプロ志望届提出

今秋ドラフト1位候補の富士大・多和田真三郎投手(4年=中部商)が21日、加盟する北東北大学野球連盟にプロ志望届を提出した。

多和田は最速151キロの伸びのある直球を持つ即戦力右腕。「評価してくれる球団に行きたい」と12球団OKの構えだ。今春リーグ戦で右肩を痛め、秋のリーグ戦は登板を回避し回復に努めていたが、神宮大会東北地区代表決定戦(10月24~26日、開成山)に向け、15日から投球練習を再開している。

Nikkan Sports 9/22/2015

===

富士大4季連続優勝 8戦全勝最終週残し

<北東北大学野球:富士大9-2ノースアジア大>◇13日◇第4週最終日◇岩手・大迫野球場

... 多和田も15日からキャッチボールを開始予定で、神宮大会東北地区代表決定戦(10月24日~、福島)の登板を目指している。

Nikkan Sports 9/14/2015

===

右肩痛の富士大・多和田、登板せず敗退

「全日本大学野球選手権・1回戦、東農大北海道オホーツク5-3富士大」(8日・東京ド)

富士大の今秋ドラフト1位候補右腕、多和田真三郎投手(4年・中部商)はマウンドに上がらないまま、初戦で姿を消した。

今春リーグ戦終盤に右肩を痛めた影響で、状態が上がらず。4日のオープン戦では1イニングを投げており、この日もブルペンでの投球練習を行ったが、登板は見送られた。

Daily Sports 6/8/2015

===

富士大初3連覇 多和田今季負けなし

<北東北大学野球:富士大2-1八戸学院大>◇最終週第1日◇23日◇青森県営球場

富士大が八戸学院大に逆転勝ちし、8勝1敗で最終日を待たず3季連続26度目の優勝を決めた。エース多和田真三郎(4年=中部商)が5安打1失点の好投。

... 多和田は今季負けなしの6勝目、リーグ通算32勝目を挙げた。6回に1失点したが、それまで昨秋から連続56イニング無失点。3回途中に「右肩に違和感を感じた」というが、その後は力を抜いて投球。要所を締めた。「今季は変化球も使い、的を絞らせない投球ができた」という。

Nikkan Sports 5/25/2015

===

富士大・多和田13K完封 スカウトうならせた

<北東北大学野球:富士大1-0青森中央学院大>◇第1週第1日◇25日◇岩手県営野球場

富士大のドラフト候補右腕多和田真三郎(4年=中部商)が、13奪三振1安打完封で、開幕戦を制した。直球に頼らず、変化球でストライクを取る「ニュースタイル」で、10球団14人のスカウトをうならせた。

... 1年春から投げ続ける多和田の武器は下からはい上がってくるような直球。だが、あえてそれに頼らずスライダー、カーブなど変化球を多用した。昨秋神宮大会初戦の創価大戦では、力を込めた直球で押しまくり4回途中7失点降板。以来、この冬はバッテリーを組む小林遼(2年)とともに変化球を磨いてきた。

... ネット裏のスカウト陣も堂々としたマウンドさばきを絶賛した。西武前田編成部長は「投球にメリハリがある。今年のドラフトのトップクラス」。巨人山下スカウト部長も「まだまだ伸びる。指折り数える中の1人」と高い評価を示した。1安打13三振完封の好投で、多和田のドラフトイヤーが始まった。

Nikkan Sports 4/26/2015

===

富士大・多和田が完封13Kスカウト14人集結

<北東北大学野球:富士大1-0青森中央学院大>◇第1週第1日◇25日◇岩手県営野球場

富士大の今秋ドラフト候補右腕、多和田真三郎(4年=中部商)が、10球団14人のスカウトが見守る中、13奪三振1安打完封で春1勝目を挙げた。

4回裏2死二、三塁のピンチを三振で切り抜けるなど、最後まで直球、変化球をうまく散らす丁寧な投球を貫き、1点を守りきった。

Nikkan Sports 4/25/2015

===

富士大のドラ1候補多和田 軽~く投げて147キロ

今秋ドラフト1位候補の富士大・多和田真三郎投手(3年=中部商)が9日、沖縄・嘉手納球場で行われた法大との練習試合で約4カ月ぶりに実戦登板した。1 回2/3を投げ、2安打無失点。力を抜きながらも最速147キロをマークし、ネット裏の2球団4人のスカウトをうならせた。

... 5回裏1死一、三塁。ピンチでも表情を変えずにマウンドに上がった。1球目は外角直球。そこから6球連続でストレートを投げ込んで、空振り三振を奪う。続 く打者にもストレートだけ。この日最速の147キロのボールで、左飛に打ち取り、切り抜けた。6回裏はフォーク、カーブを交えながら2安打無失点でまとめ た。

... こなれた多和田の投球にネット裏のスカウトも絶賛した。ロッテ永野スカウトは「課題を持って投げているのが分かる。ストレートはやっぱりいい」と納得の表 情。楽天の上岡スカウトマネジャーは「ものが違う。立ち姿もいいし、貫禄がある。プロに入ってすぐにローテに入れるピッチャーだよ」とほめまくった。

Nikkan Sports 3/11/2015

===

富士大のドラ1候補多和田 軽~く投げて147キロ

今秋ドラフト1位候補の富士大・多和田真三郎投手(3年=中部商)が9日、沖縄・嘉手納球場で行われた法大との練習試合で約4カ月ぶりに実戦登板した。1回2/3を投げ、2安打無失点。力を抜きながらも最速147キロをマークし、ネット裏の2球団4人のスカウトをうならせた。

... こなれた多和田の投球にネット裏のスカウトも絶賛した。ロッテ永野スカウトは「課題を持って投げているのが分かる。ストレートはやっぱりいい」と納得の表情。楽天の上岡スカウトマネジャーは「ものが違う。立ち姿もいいし、貫禄がある。プロに入ってすぐにローテに入れるピッチャーだよ」とほめまくった。

Nikkan Sports 3/10/2015

===

【ヤクルト】富士大151キロ右腕・多和田をリストアップ!ストレート評価

ヤクルトが今秋のドラフト1位候補に、大学NO1右腕の呼び声高い富士大の151キロ右腕・多和田真三郎(21)をリストアップしていることが6日、分かった。

... 鳥原チーフスカウトは「ドラフトは多和田が中心になる。球持ちがよく、手元で伸びる直球はトップクラス」と評価した。

多和田は、柔らかいフォームから投げ込む、ホップするような球質が魅力だ。中部商時代は3年夏の県大会準優勝が最高成績で、プロ志望届を提出も指名漏れ。岩手・花巻市にある富士大に進学後は、1年秋、2年春、3年春秋と4度もMVPを獲得するなど、昨秋までにリーグ史上3位となる通算26勝を挙げている。

Sports Hochi 1/7/2015

===

富士大・多和田乱調 初戦コールド敗退

<明治神宮大会:創価大9-2富士大>◇14日◇大学の部1回戦◇神宮

... 来秋ドラフト候補右腕で、2年前の大会でノーヒットノーランを達成した多和田真三郎(3年=中部商)が先発も3回2/3を6安打7失点で降板。初回に自己最速の151キロをマークしたが、その後、球が上ずり6四死球と乱れた。

... つかまったのは相手の打順がふた回り目に入る3回だった。140キロ台後半を連発するも、力んで球が高めに浮いた。3四球と4安打を浴び一気に5失点。続く4回にもタイムリーと押し出しで2失点し、降板した。7失点は、昨年の全日本大学選手権で明大に敗れた時以来の大学自己ワースト。

Nikkan Sports 11/15/2014

===

創価大コールド勝ちプロ注目右腕攻略

「明治神宮大会 大学の部1回戦、創価大9-2富士大」(14日・神宮)

... 富士大は来秋ドラフト1位候補に挙がるエース右腕・多和田が先発したが、四回途中7失点で降板。自己最速となる151キロを計測したものの制球に苦しみ、踏ん張りきれなかった。

Daily Sports 11/14/2014

===

富士大・多和田7失点降板「悔しい」

<明治神宮大会:創価大9-2富士大>◇14日◇大学の部1回戦◇神宮

富士大(北東北)の来秋ドラフト候補右腕で、2年前の大会でノーヒットノーランを達成した多和田真三郎(3年=中部商)が先発も、3回2/3を6安打7失点で降板した。

... 多和田は1回に自己最速の151キロをマーク。だが、その後、球が上ずり、制球も6四死球と乱れた。

Nikkan Sports 11/14/2014

===

富士大・多和田7年ぶりリーグ新18K

<北東北大学野球:富士大6-1ノースアジア大>◇第2週第1日◇30日◇八戸市東運動公園野球場

富士大(岩手)のエース右腕多和田真三郎(3年=中部商)が先発。8回を投げて18三振を奪い、リーグ1試合最多奪三振記録を7年ぶりに塗り替えた。これまでの記録は、07年春に三浦翔太投手(岩手大)がマークした17。試合は打線が後半得点を重ね、勝利した。

... 結局8回で8安打3四死球1失点の苦しい投球。その中で、ストレートとフォークなど変化球を巧みに投げ込み、空振り13、見逃し5の三振を奪ってみせた。

Nikkan Sports 8/31/2014

===

富士大・多和田 無援サヨナラ負け

「全国大学野球選手権1回戦、福岡大1‐0富士大」(10日・神宮)

富士大の来秋ドラフト候補右腕・多和田真三郎投手(3年・中部商)が、力投も実らず無念のサヨナラ負けを喫した。

最速147キロの直球とフォーク、カーブを織り交ぜて、八回までは2安打投球。しかし、打線の援護がなく、両チーム無得点で迎えた九回1死から中越え三塁打を打たれると、最後は前進守備の二塁への内野安打でサヨナラの走者が生還。「長打を打たれたのが…1球の怖さを知りました」と、失投を悔やんだ。

Daily Sports 6/10/2014

===

富士大、多和田好投で2季ぶり優勝

<北東北大学野球:富士大7-0八戸学院大>◇最終週第1日◇24日◇青森県営

富士大が八戸学院大を8回コールドで破り、8勝1敗で最終日を待たず2季ぶり24度目の優勝を決めた。エース多和田真三郎(3年=中部商)が2安打15奪三振の好投。

... 多和田がここ一番で快投を演じた。低めへの速球と巧みな変化球で、6連続を含む15奪三振。外野に飛んだ打球は中前打1本だけ。17日、青森大に4失点で敗れた後「力を抜いて、最後のリリースの時だけ力を入れるようにした」と修正。見事に立ち直った。

Nikkan Sports 5/25/2014

===

【全日本大学野球】富士大・多和田、明大打線にボコボコ7失点KO!

◆報知新聞社後援 第62回全日本大学野球選手権大会第4日 ▽準々決勝 富士大0─7明大=7回コールド=(14 日・神宮) 準優勝した2009年以来の4強入りを目指した富士大(北東北大学)が、明大(東京六大学)の3投手の継投の前に参考記録ながら無安打無得点 で敗れた。昨秋の明治神宮大会でノーヒットノーランを演じたエース・多和田真三郎(2年)=中部商=が右肩違和感を押して先発したが、0―7で7回コール ド負け。

... 明大打線を5回まで1失点に抑えていたが、6回に力尽きた。プロ注目の岡大海(4年)に左越え2ランを浴びるなど被安打12の7失点KO。「(明大は)振りが鋭かったです。こんなに打たれたのは記憶にない」とうなだれた。

Sports Hochi 6/15/2013

===

ノーヒッター右腕、6失点にガックリ「試合つぶしてしまった」

第62回全日本大学野球選手権準々決勝  富士大0―7明大(7回コールド) (6月14日  神宮)

今大会初登板した富士大の多和田は粘りの投球を見せるも、6回に明大打線につかまった。2死一、二塁から4連続長短打を浴びて6失点。「自分が試合をつぶしてしまって、申し訳ない気持ちでいっぱい」と肩を落とした。

昨秋の明治神宮大会で無安打無得点試合を達成した2年生右腕は、今季に伸び悩んだ。この日も下半身に粘りが足りなかったといい「一からやり直してリベンジしたい。まだまだ伸びると思っている」と秋での雪辱を誓った。

Sponichi 6/14/2013

===

富士大・多和田、東海大相手に6回2失点 悲願日本一へ順調発進

◆オープン戦 東海大3―4富士大=延長10回、延長は1死満塁からのタイブレーク制=(10日、沖縄セルラー那覇)  北東北大学リーグの富士大が10日、沖縄セルラー那覇球場で東海大(首都大学リーグ)とオープン戦を行い、延長10回で勝利し、沖縄キャンプを打ち上げ た。昨秋の明治神宮大会の国際武道大でノーヒットノーランを達成したエース・多和田真三郎(新2年)が先発し6回を2失点と好投。立ち上がりの不安を試合 中にきっちり修正。目標の日本一に向け、順調なスタートを切った。

疲れが残る体で多和田がきっちりと結果を残した。2月中旬から始まったキャンプの打ち上げの日に設定された東海大とのオープン戦で6回被安打5、2失点、自責点1と試合を作って見せた。

Sports Hochi 3/11/2013

===

多和田、快挙に「驚いてます」/神宮大会

<明治神宮大会:富士大3-0国際武道大>◇11日◇大学の部準々決勝◇神宮

... 回転数の多い直球が走った。球速は自己最速タイの146キロをマーク。2回に死球、3回に四球を与えたが、「ウイニングショットの真っすぐが良くなった。 前半はシュートしていたけど、後半はいいところにいった」。6回の攻撃中に左翼手の久保に「狙おうぜ」と言われて記録に気が付いた。7回には右翼へ大飛球 を打たれたが、好捕に感謝した。

失意からはい上がった。沖縄の中部商では2年夏に糸満・宮国(現巨人)と投げ合い、3年夏は沖縄大会決勝に進むなどプロから注目された。しかし、プロ志望 届を提出もドラフトでは指名漏れ。「悔しかったけど、大学で成長してドラフト1位になる」と決意した。沖縄からは遠いが、進路の決定をドラフト後まで待っ てくれ、高校の先輩も在籍する岩手・花巻の富士大への進学を決めた。

春は「東北の寒さに慣れさせる」(青木監督)と、あえて主戦として起用されなかった。1週間で600球を投げ込むなど、1度も沖縄に帰省せず練習に打ち込 んだ。最速を4キロ伸ばし、シンカーを覚えると、秋は背番号18のエースに成長。自身初の全国出場を決め、大舞台で輝いた。

Nikkan Sports 11/12/2012

===

富士大・多和田がノーヒッター!1年生では40年ぶりの快挙…明治神宮大会

◆第43回明治神宮野球大会第2日 ▽大学の部準々決勝 富士大3―0国際武道大(11日・神宮) 富士大の1年生右 腕・多和田真三郎が、準々決勝の国際武道大戦で史上4人目となるノーヒットノーランを達成した。2四死球のみで9奪三振。1年生では72年に中大・田村政 雄(元大洋)が達成して以来、実に40年ぶりの快挙となった。高校の部では、巨人・阿部慎之助捕手(33)の母校・安田学園が関西に惜敗。アジア王者に輝 いた偉大な先輩に花を添えることはできなかった。

... 初回に自己最速タイの146キロを3度計測。さらに約40キロの落差があるカーブと、習得したばかりのフォークで的を絞らせなかった。6回終了後に初めて 無安打に気付いたが「いつか打たれると思っていた」と自分の投球を続けた。2四死球はあったが、併殺と盗塁死で切り抜け、27人で相手打線を料理した。

◆多和田 真三郎(たわだ・しんざぶろう)
▽サイズ 1993年4月13日、沖縄・中城村生まれ。19歳。181センチ、74キロ。右投右打。
▽家族 父・真次さん、母・もと子さん、長兄・真一郎さん、次兄・真太郎さん。次兄が「真二郎じゃないのは、父が真次(しんじ)だから」。
▽球歴 津覇小1年から野球を始め、4年から投手。中城中を経て中部商に進学。2年秋からエースで、3年夏の県大会決勝で糸満に敗れ甲子園出場なし。富士大では1年春からリーグ戦に登板し3勝、秋は4勝。
▽性格 「おとなしくて謙虚。ひょうひょうとしていて、弱音を吐いたのは聞いたことがない」(青木監督)
▽球質 「地をはって、ホップしてくるようなボール。股関節が柔らかく、体がしなやか」(君島捕手)
▽寒さ対策 沖縄から岩手に引っ越した3月は寒さが残っていたため、ストーブやこたつなどの暖房器具を大量購入。

Sports Hochi 11/12/2012

===

富士大・多和田、ノーヒッター達成/神宮大会

明治神宮野球大会第2日(富士大3-0国際武道大、11日、神宮)準々決勝4試合を行い、大学の部で富士大(東北)の多和田真三郎投手(1年)が、国際武 道大(関東代表(2))を相手に無安打無得点試合を達成した。大会での無安打無得点試合は、1991年に慶大・若松幸司が記録して以来21年ぶり4人目。

... 目いっぱい左足を踏み出す重心の低いフォームから自己最速に並ぶ146キロの直球が伸びてくる。スライダー、シンカーも切れてゴロ11、飛球5、9奪三振。2四死球の走者も盗塁死と併殺で、打者27人で二塁を踏ませず。国際武道大を119球で料理した。

Sanspo 11/12/2012

===

大学の部で21年ぶり無安打無得点/神宮大会

<明治神宮大会>◇11日◇準々決勝◇神宮

大学の部で富士大(東北)の多和田真三郎投手(1年)が無安打無得点を達成した。1991年に慶大の若松幸司投手が記録して以来21年ぶり4人 目。富士大は国際武道大(関東1)に3-0で勝った。1年生右腕の多和田は切れのある直球を軸に、低めを突く丁寧な投球で凡打の山を築いた。

Nikkan Sports 11/11/2012

===

富士大・多和田が無安打無得点/神宮大会

<明治神宮大会:富士大2-0国際武道大>◇11日◇大学の部準々決勝◇神宮

富士大(東北3連盟)の多和田真三郎投手(1年=沖縄・中部商、181センチ、72キロ、右投げ)が大会史上4人目のノーヒットノーランを達成した。9三振を奪い、2四死球。

Nikkan Sports 11/11/2012

===

富士大1年多和田がノーヒットノーラン

「明治神宮野球大会・大学2回戦、富士大3‐0国際武道大」(11日、神宮)

富士大(東北三連盟)の1年生右腕・多和田真三郎投手が大会史上4度目の無安打無得点試合を達成した。

許した走者は1四球1死球のみ。119球で料理した。

Daily Sports 11/11/2012

===

富士大 創部48年初神宮/大学野球

<神宮大会東北地区代表決定戦:富士大3-0東北学院大>◇28日◇決勝◇福島・開成山

富士大(北東北)が、奥州大時代を含めて創部48年目で初の明治神宮大会出場を決めた。敗者復活戦を勝ち上がった東北学院大(仙台6大学)を、最速146 キロの1年生右腕・多和田真三郎(沖縄・中部商)が2安打10奪三振で完封し、快勝。多和田は26日の1回戦から3連投で全25イニングを無失点で投げ抜 き、大会MVPを獲得した。神宮大会は11月10日に開幕する。

... 3日連続で3試合を1人で投げ抜いた。1回戦の東日本国際大戦は2安打12奪三振完封。準決勝の東北学院大戦は7回コールドの7安打0封。そして、この日は四死球なしのオマケをつけて東北学院大を返り討ち。計25イニング無失点(計11安打29奪三振)の安定感だった。

中部商3年の昨夏は県決勝で糸満に1-2で敗れ、甲子園出場を逃した。だが全試合に先発して3回戦から4連続完投。浦添商戦で延長13回を207球完投。 翌日の準々決勝豊見城戦も延長12回を163球完投勝利と、切れて伸びる速球と変化球の制球力に加え、スタミナにも定評があった。

◆多和田真三郎(たわた・しんざぶろ)1993年(平5)4月3日、沖縄県中城村生まれ。津那小1年から津那少年野球クラブで野球を始める。中城中では 軟式野球部に所属。中部商では1年秋からベンチ入りし、2年秋からエース。最高成績は3年夏の県準優勝。家族は両親、兄2人。181センチ、74キロ。右 投げ右打ち。血液型B。

Nikkan Sports 10/29/2012

===

富士大・多和田3回完全救援/北東北大学

<北東北大学野球:富士大5-1岩手大>◇第2週2日目◇2日◇青森・八戸東球場

富士大が岩手大を下し3勝1敗とした。7回から救援の1年生右腕・多和田真三郎(沖縄・中部商)が3イニングをパーフェクトに抑えた。前日(1日)は7回まで「完全」。延長10回まで1安打無失点に抑えたが、タイブレークの11回に1-2で敗戦。その悔しさを晴らした。

多和田が連日の快投をみせた。終盤3回を3人ずつで仕留め、1人の走者も出さなかった。181センチの長身ながら重心の低いフォームが特徴。最速は春季 リーグで出した146キロ。普段は140キロ前後だが、球速以上に手元で伸びる。変化球を含め、抜群の制球力で相手打線をねじ伏せた。

◆多和田真三郎(たわだ・しんさぶろう)1993年(平5)4月13日、沖縄県生まれ。中部商3年の昨年、夏の沖縄大会決勝に進出。糸満を相手に完投し、 1-2で敗れた。富士大に進み、今年の春季リーグでは6試合に投げ3勝2敗。35回2/3で奪三振30、防御率1・73をマーク。181センチ、72キ ロ。右投げ右打ち。

Nikkan Sports 9/3/2012

===

ドラフト・レポート

===