Welcome to Yakyubaka.com

北條 裕之 (光星学院)

by on Sep.24, 2012 @ 12:37 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

北條 裕之 (光星学院)
ほうじょう・ひろゆき

174cm / 69kg
R / R

===

八戸学院光星 4強ならず 阪神・北條弟は11の0無念敗退

第96回全国高校野球選手権準々決勝  八戸学院光星2―7敦賀気比 (8月22日  甲子園)

阪神・北條の弟・裕之は3試合で11打数無安打。11、12年と2年連続で準優勝した兄を超えることはできず「こういう大舞台で打たないと意味がない。気 持ちの弱さが出た。自分の力がなかった」と肩を落とした。今後については「プロで兄と一緒にプレーできるように、大学か社会人に行ってレベルを上げたい」 と話した。

 

Sponichi 8/23/2014

===

光星・北條「最終的に兄と一緒に」

<全国高校野球選手権:敦賀気比7-2八戸学院光星>◇22日◇準々決勝

... 同校の11年夏からの3季連続準優勝メンバーで現阪神の兄史也と比べられることも多かったが「注目されたおかげで、妥協せずに頑張ろうと思えた。兄のおか げでここまで来られた」と話した。「大学で鍛えて、最終的に兄と一緒にプレーしたい」と、進学し、その先のプロ入りを目指す。

Nikkan Sports 8/23/2014

===

光星圧倒V 北條4安打5打点/高校野球

<高校野球秋季東北大会:八戸学院光星13-2東陵>◇18日◇決勝◇岩手県営

八戸学院光星(青森2位)が東陵(宮城2位)に圧勝し、2年ぶり4度目の優勝を飾った。1番の北條裕之内野手(2年)が3ランを含む6打数4安打5打点で、チーム長短14安打の起爆剤になった。今大会4試合全てで初回に安打で出塁するなど5割の高打率を引っ提げ、兄史也(現阪神)らが2年前に制した明治神宮大会(11月16日開幕、神宮)、そして来春のセンバツ(3月21日開幕、甲子園)に乗り込む。

... 以来、ダッシュや声出しなど基本的なことに懸命に取り組み、メンタルを鍛えてきた。「東北大会に来て気持ちが強くなった」。“なにくそ魂”で4試合11安打、2本塁打7打点と打ちまくった。準決勝後には兄から「よくやった。神宮、行けよ」とメールが届いた。北條は「兄には打撃もパワーも守備もまだまだかなわないけど、甲子園で兄よりいい結果が出せたら」。もっと体を鍛えて念願の神宮大会、甲子園の舞台で兄超えを目指す。

Nikkan Sports 10/19/2013

===

光星の田村&北條12球団OK/高校野球

... 北條は「球団や順位にかかわらず、指名された球団に行く。関東のチームは楽しそう」と吉報を待ち望んでいた。

Nikkan Sports 10/1/2012

===

光星学院5季連続甲子園へ望み/高校野球

<秋季高校野球青森大会:光星学院7-3弘前東>◇23日◇3位決定戦◇青森県営球場

光星学院が弘前東を下し、5年連続16度目の東北大会の切符を確保。5季連続甲子園出場の可能性をキープした。甲子園準優勝戦士・北條史也遊撃手(3年)の弟で1番の裕之遊撃手(1年)が5打数3安打1打点。

Nikkan Sports 9/24/2012

===