Welcome to Yakyubaka.com

杉浦 稔大 (国学院大)

by on Oct.02, 2012 @ 4:52 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

杉浦 稔大 (国学院大)
すぎうら・としひろ

188cm / 82kg
R / R

===

国学院大・杉浦 トップタイ5勝目 ドラフト前に最後のアピール

東都大学野球第7週第1日  国学院大7―1中大 (10月23日  神宮)

... プロ注目の杉浦がドラフト前日の登板を勝利で飾った。初回2死満塁のピンチも、中大・二十八(つちや)を外角の147キロ直球で空振り三振に斬るなど、威力のある球を投げ込んだ。リーグトップに並ぶ5勝目となったが、今季は防御率3・48と決して納得のいく成績は残せなかった。それでも、戦国・東都でもまれた右腕は「充実した4年間で人間的にも成長できた。(きょうは)今季の中では良かった方。納得のいく球が何球か投げられた」と笑顔。ドラフト会議を迎える心境を問われると、「運命に任せる。指名していただいた球団にいこうと思っています」と話した。

Sponichi 10/24/2013

===

国学院大・杉浦は12球団OK/東都大学

<東都大学野球:国学院大7-1中大>◇第7週第1日◇23日◇神宮

ドラフト候補に挙がる国学院大のエース杉浦稔大投手(4年=帯広大谷)が5勝目を挙げた。大量点もあり、5回を5安打1失点で降板した。

... 杉浦は「北海道出身ですが、12球団OKです。あとはもう自分ではどうしようもないんで」と話していた。

Nikkan Sports 10/23/2013

===

国学院大・杉浦5年越し大願成就だ

5年越しの夢成就へ。あす24日のプロ野球ドラフト会議で、国学院大の188センチ右腕、杉浦稔大(としひろ)投手(4年=帯広大谷)が上位候補として注目が集まる。高校時代にもプロ志望届を提出したが指名漏れ。国学院大では昨季から投手陣の軸として、東都大学リーグ1部で通算11勝をマークした。12球団から高評価を得ている最速149キロの逸材が、運命の時を待つ。

... 188センチの恵まれた素材で、高校時代の最速137キロから149キロにアップ。球持ちが良く、長い腕をしならせたスライダーなど変化球も高く評価されている。今秋の東都リーグでは、ここまで防御率3・66と不調で評価を落とし気味だが、将来性も含め上位候補には違いない。巨人、広島、ソフトバンク、オリックスなどが特に熱心だ。

... 今も投球フォームで模索中の杉浦は「これからも自分を高めていきたい」と前を向く。今日23日からは大学最後のリーグ2連戦、中大戦(神宮)が行われる。高校時代にかなわなかったプロ入りへ、長身右腕が指名を心待ちにしている。

Nikkan Sports 10/23/2013

===

プロ注目の国学院大・杉浦 勝ち越し許す「まだまだだなと」

東都大学野球第6週第3日  国学院大3―4亜大 (10月17日  神宮)

... 2―2の5回から登板した今秋ドラフト候補右腕の杉浦は、5回を3安打2失点で勝ち越しを許し「余計なことは考えず気持ちで投げた。まだまだだなと感じた」と肩を落とした。

Sponichi 10/18/2013

===

ドラフト上位候補が誤算…国学院大・杉浦7失点KO

東都大学野球第6週第1日  国学院大5―7亜大 (10月15日  神宮)

エースの杉浦が誤算だった。初回わずか5球で失点し、3回途中まで9安打7失点でKOされた。 

ドラフト上位候補右腕は「自分のふがいない投球で負けてしまった。こんな投球をしていては上(プロ)で通用しない」と肩を落とした。今季は調子が上がらず、この日はセットポジションからワインドアップに変えたが、制球、球威ともいまひとつで「うまく力が伝わらない」。それでも「次は勝ちに貢献したい」と気持ちを必死に切り替えた。

Sponichi 10/16/2013

===

【東都】国学大ドラ1候補・杉浦、完投逃すも4連勝

◆東都大学野球第4週第3日 青学大3―6国学院大(4日、神宮) 今秋のドラフト1位候補、国学院大のエース・杉浦稔大(としひろ)投手(4年)が、7回0/3を9安打2失点で自身4連勝。

... 2日にプロ志望届を提出。巨人・山下スカウト部長やDeNA・高田GMら各球団の幹部クラスが視察する中、マイペースの投球を続けた。「力んだ投球はしな かったので。球威は物足りないですが、点差が離れていたので流れを読みました」。先頭打者を出した5回無死一塁ではカーブで三ゴロ併殺に仕留めるなど、冷 静さが際だった。

ここ2週で4度先発し3完投。すべて白星につなげる投球術を見せた。勝ち点3で並ぶ亜大とは15日からの第6週で激突する。

Sports Hochi 10/5/2013

===

国学院大・杉浦 プロうならせた DeNA高田GM「かなりいい」

東都大学野球第4週最終日  国学院大6―3青学大 (10月4日  神宮)

... 今秋のドラフト1位候補・杉浦稔大投手(4年)は7回0/3を9安打2失点。

... 2日にプロ志望届を提出した1メートル88右腕の杉浦は8回途中で降板したものの、2失点の力投。最速は142キロながら「力むことなく、要所でコースを狙った」と低めに集め、リーグ通算11勝目を挙げた。圧巻は初回、先頭打者を見逃し三振に仕留めたスプリット。右打者の内角いっぱいに投げ込み思わずのけぞらせた。視察に訪れたDeNAの高田繁GMは「変化球がかなりいい。上位候補だよ」と評していた。

Sponichi 10/5/2013

===

国学院大・杉浦が4勝目/東都大学

<東都大学野球:国学院大6-3青学大>◇第4週最終日◇4日◇神宮

... 先発のドラフト候補、杉浦稔大投手(4年=帯広大谷)は8回途中9安打2失点で、今季4勝目を挙げた。「この試合を取らないと、勝ち点が取れない。先に点を与えないことを意識しました」と話した。

Nikkan Sports 10/4/2013

===

【東都】ドラ1候補の国学院大・杉浦、無四球完投完投で通算10勝

◆東都大学野球第4週第1日 青学大3―5国学院大(2日・神宮球場)

... 杉浦が本来の球威を欠きながら、90キロ台のスローカーブを有効に使うなどして無四球完投した。国内11球団のスカウトが集結。大学生では九州共立大の大 瀬良大地(4年)とともに1位候補に挙げる巨人は最多7人態勢で視察した。山下スカウト部長は「大瀬良君は力で押すタイプだけど杉浦君は調子が悪くても コーナーをきっちり突ける」と評価。杉浦は「必要としていただける球団に行きます」と話した。

Sports Hochi 10/3/2013

===

国学院大 杉浦 幻惑90キロ台カーブ 試合前にプロ志望届提出

東都大学野球第4週第1日  国学院大5―3青学大 (10月2日  神宮)

<国学院大>エース杉浦が頭脳的な投球を見せた。直球は最速143キロ。本来の球威を欠いたが、90キロ台のカーブを使って的を絞らせなかった。

3失点で3試合連続完投勝利。第1試合が雨で長引き、試合開始が約2時間半遅れた。6回から照明が点灯されたが「見え方は変わったが、体の感覚は変わらなかった」と無四球で投げきった。この日の試合前にプロ志望届を提出し「必要としていただける球団に行きます」と話した。

Sponichi 10/3/2013

===

プロ注目の国学院大・杉浦 劇勝呼ぶ完投

東都大学野球第3週最終日  国学院大2―1駒大 (9月26日  神宮)

... 国学院大のエース右腕・杉浦が、3安打8奪三振の力投で2試合連続完投勝利をマークした。「真っすぐもしっかり投げられたし変化球でストライクも取れた」 と振り返った。完封目前の9回に同点ソロ本塁打を浴び「マジか、と思ったがどうしても負けられないと切り替えた」と直後の山下幸のサヨナラ打を呼んだ。視 察した巨人・井上真二スカウトは「中1日でしっかり調整できていた」と目を細め、鳥山泰孝監督は「価値のある大きな1勝」とナインの粘りを称えていた。

Sponichi 9/27/2013

===

国学院大サヨナラ勝ち 杉浦完投

「東都大学野球、国学院大2‐1駒大」(26日・神宮)

国学院大がサヨナラ勝ちし、勝ち点2とした。今秋ドラフト1位候補の杉浦稔大投手(4年・帯広大谷)が3安打1失点で完投。劇的星を呼び込んだ。

... 完封目前の九回先頭の代打に同点ソロを被弾したが、ここで崩れないのが抜群の安定感を誇る右腕の真骨頂。「ここで絶対ランナーを出しちゃいけないと思った」と、続く打者をキレのある140キロ直球で見逃し三振に仕留めるなど、3人で反撃を断ち切り、その裏のサヨナラに結びつけた。

Daily Sports 9/26/2013

===

国学院大・杉浦6奪三振で勝利/東都大学

<東都大学野球:国学院大6-2駒大>◇第3週第1日◇24日◇神宮

今秋ドラフト1位候補の国学院大・杉浦稔大投手(4年=帯広大谷)が9回7安打6奪三振2失点と粘投し、駒大に先勝した。最速144キロの直球を外角低めへ丁寧に投げ込み、的を絞らせなかった。

8回には1死満塁の危機を招いたが「こん身の真っすぐを投げた」と144キロの直球で三振を奪い、続く打者も130キロのスプリットで三振に仕留め勝利をつかんだ。

Nikkan Sports 9/24/2013

===

国学院大、ドラ1候補杉浦の好投で快勝

「東都大学野球、国学院大6‐2駒大」(24日・神宮)

... 今秋ドラフト1位候補右腕の杉浦稔大投手(4年・帯広大谷)が、2失点完投で今季初勝利を挙げた。

序盤に5点の援護をもらうと、ていねいに低めにボールを集め、四回までは完全投球。五回と七回に1点ずつを失ったが、八回1死満塁からは、この日最速となる144キロの直球などでねじ伏せ、連続三振。

... 今季初戦だった7日の拓大戦は5回5失点KO。その後は、200球のネットスローや連日のブルペン入りで、フォーム修正に明け暮れた。また、オープン戦2試合に登板して計8回無失点。

... 今春は5月中旬に右足首ねんざ。そのまま登板せずにシーズンを終えた。 ... この日も10球団30人以上のスカウトが視察。離脱までに3勝した今春の投球を取り戻し、ドラ1の評価を不動のものとする。

Daily Sports 9/24/2013

===

プロ注目の国学院大・杉浦 5失点KOに「50点」

東都大学野球第1週第1日  国学院大2―8拓大 (9月7日  神宮)

今秋ドラフト候補右腕の国学院大・杉浦が、5回8安打5失点でKOされた。

初回、先頭打者に四球を与えるなど2安打で2点を失い、5回にも3失点。セットポジションから制球を重視する狙いだったが、勝負球が甘く入った。「きょうは50点。真っすぐがコントロールしきれていなかった」と肩を落とした。

Sponichi 9/8/2013

===

国学院大・杉浦5失点KO/東都大学

<東都大学野球:拓大8-2国学院大>◇第1週第1日◇7日◇神宮

国学院大のドラフト上位候補、杉浦稔大投手(4年=帯広大谷)が、5回8安打5失点(自責4)でKOされた。

1回に2安打に四球、失策が絡み2点を失うと、5回にも3失点。杉浦は「何も良くなかった。コントロールもできてなかったし、勝負どころで高めに浮いてしまった」と悔やんだ。

Nikkan Sports 9/7/2013

===

国学院大・杉浦「ヤング侍」エース!巨人スカウト「ウチの京介より上」

◆第39回日米大学野球選手権 日本代表選考合宿 ▽紅白戦 紅組0―3白組=特別ルール=(21日・平塚) 第39 回日米大学野球選手権(7月6~11日・松山ほか)の代表選考合宿が21日、神奈川・平塚球場で48選手が参加してスタートした。初日は24人のメンバー 入りをかけた紅白戦を行い、今秋ドラフト1位候補の国学院大・杉浦稔大投手(4年)が先発。2回を2安打無失点に抑え、「ヤング侍」のエースに名乗りを上 げた。

... ネット裏には全12球団30人超のスカウトが集結。巨人・長谷川スカウトも「今年の大学NO1でしょう。(国学院大の先輩で)うちの高木京より大学時代の 完成度は数段上」と舌を巻く逸材だ。本大会は投手8~9人がメンバー入りし、4人が先発起用される予定。「できれば先発で投げたい。負けたくないという気 持ちはある」と杉浦。エースを巡るサバイバルに決意は十分だ。

Sports Hochi 6/22/2013

===

【広島】ドラフト1位候補に国学院大・杉浦

広島が今秋のドラフト1位候補に国学院大・杉浦稔大(としひろ)投手(21)をリストアップしていることが24日、わかった。150キロ近い速球を投げる本格派右腕に、スカウト関係者は「順調に成長している。スケールがあるし、制球がいい」と評価した。

188センチと恵まれた体格の杉浦は今春のリーグ戦は3勝2敗、4完投。13日の練習中に右足首をねん挫し2カード登板がないが、日米の評価はうなぎ登 り。昨年は野手5人を指名した広島は、バッテリーの補強が最大のポイント。27日のスカウト会議でチェックし、マークを続けていく。

Sports Hochi 5/25/2013

===

プロ注目!国学院大・杉浦が完投勝利/東都

東都大学野球リーグ第5週第1日(7日、国学院大7-1青学大、神宮)杉浦が3安打1失点、92球で完投。三回一死一、三塁で併殺崩れの間に許した1点に 抑え「亜大戦(4月25日)後、1週間ほど毎日165球以上投げ込んできた。その成果が出た」と手応え。「本調子ではないときに、よく相手に対応した投球 をしてくれた」と鳥山監督も評価した。

Sanspo 5/8/2013

===

国学院大・杉浦92球完投3勝/東都大学

<東都大学野球:国学院大7-1青学大>◇第5週第1日◇7日◇神宮

プロ注目の右腕、国学院大・杉浦稔大投手(4年=帯広大谷)が9回3安打1失点で3勝目を挙げた。

わずか92球とテンポの良い投球で青学大打線から凡打の山を築いた。「勝てて良かった。ゴールデンウイーク中に姉と中華街でバイキングを食べに行って、リフレッシュしました」と前カードの亜大戦で連敗したショックを中華パワーで克服していた。

NIkkan Sports 5/7/2013

===

国学院大・杉浦打たれた6回5失点

「東都大学野球、亜大5-2国学院大」(25日、神宮)

国学院大のエース・杉浦が6回11安打5失点と打ち込まれた。今季ここまでの3試合で27回2失点だった安定感が見られず「全般的に球に力がなく、高めに浮いてしまった。いいところがなかった」。昨秋からの連続完投も6試合でストップ。「修正できなかった。負けたのは自分の責任」と反省の弁を並べた。

Daily Sports 4/26/2013

===

国学院大・杉浦、1失点好投も/東都大学

<東都大学野球:亜大1-0国学院大>◇第3週第1日◇23日◇神宮

国学院大のエース杉浦は9回1失点と好投したが、打線の援護がなかった。

昨秋から続けていた連続完投勝利は5でストップ。右腕は「制球が甘いところがあった」と5回に許した1点を悔やんだ。鳥山監督は「杉浦は責められない。1点勝負だと思っていたが、(相手投手を)攻略できなかった」とかばった。

Nikkan Sports 4/23/2013

===

【東都】“岩隈2世”国学院大・杉浦完投、今秋ドラ1候補に名乗り

◆東都大学野球第2週第3日 専大1―9国学院大(18日・神宮) 今秋のドラフト1位候補、国学院大のエース・杉浦 稔大投手(4年)が6安打1失点、8奪三振で完投。11安打9点の援護も受けて専大を下し、チームに勝ち点1をもたらした。昨秋から5戦連続で完投の鉄腕 は、今季18イニングで四死球わずか1。抜群の制球力で2勝目をマークした。

... 16日の今季初戦は、12球団に加えてレイズなどメジャー球団もチェック。この日も巨人、広島などが視察した。中日・正津スカウトが「安定感は大学投手で は一番。きっちりとボールを低めに集める」という通り、このカード18イニングでわずか1四球。抜群の制球力もプロの目を引き寄せる。

Sports Hochi 4/19/2013

===

神宮の「都市伝説」今年は杉浦/東都大学

<東都大学野球:国学院大9-1専大>◇第2週最終日◇18日◇神宮

今秋ドラフト上位候補の国学院大・杉浦稔大投手(4年=帯広大谷)が、6安打8奪三振完投で、昨秋から5試合連続完投を決めた。1勝1敗で迎えた専大戦に先発し、最速146キロをマーク。1回戦の3安打完封に続き、9-1で勝利し、勝ち点1とした。

ネット裏のスカウト陣の間で、最近「都市伝説」のように語られることが増えてきた。「国学院大の選手は、プロに入って活躍する」。近年では楽天嶋、聖沢、巨人高木京ら。大学時代は最上位評価を受けていなかったが、プロ入り後の活躍は目覚ましい。

そして今年は杉浦。「身近な先輩がプロに行ってやっているので刺激になります」と言う。188センチ、82キロの体からコーナーを突く。この日最速は146キロ。広島苑田スカウト統括部長は「球持ちがいいから、バッターはタイミングが取りづらい。1位候補になりますね」と高く評価した。

Nikkan Sports 4/182013

===

ドラフト候補、国学院大・杉浦 岩隈&ダル投法で2戦連続完投勝利

東都大学野球第2週最終日  国学院大9―1専大 (4月18日  神宮)

3回戦1試合が行われ、国学院大が9―1で専大を下し、2勝1敗で勝ち点1とした。16日の1回戦で完封勝利を挙げた国学院大・杉浦稔大投手(4年)は、6安打1失点で2試合連続完投勝利をマークした。

... 国学院大の今秋ドラフト候補右腕・杉浦が、勝ちにこだわる投球を見せた。130キロ台の直球を軸に制球に気を配り、ピンチでは140キロ台中盤までギアを上げた。「走者が出るまではリズムを意識して投げた。1試合を投げきる感覚というか、最後まで疲れなくなった」と中1日で130球を投げ抜いた。岩隈(マリナーズ)やダルビッシュ(レンジャーズ)を参考に、この冬は球の出どころが見えにくいフォーム固めに励んだ。

Sponichi 4/19/2013

===

国学大勝ち点 杉浦1失点完投/東都大学

<東都大学野球:国学院大9-1専大>◇第2週最終日◇18日◇神宮

国学院大が、ドラフト候補のエース杉浦稔大投手(4年=帯広大谷)の1失点完投で2勝1敗として、勝ち点1とした。

16日の初戦で完封した杉浦は、9回130球を投げて、6安打8奪三振1失点。「試合をつくること、先制点を与えないことを意識しました」と笑顔だった。

Nikkan Sports 4/18/2013

===

国学院大・杉浦 1失点完投今季2勝目

「東都大学野球、国学院大9‐1専大」(18日・神宮)

国学院大のエース、今秋ドラフト上位候補右腕の杉浦稔大投手(4年=帯広大谷)が1失点完投で今季2勝目。完封した第1戦に続く好投で勝ち点をもたらした。

2点を先制した直後の二回、味方の打撃妨害などもあって二死満塁とされたが、9番・三浦を左邪飛に打ち取ってピンチ脱出。以降は11安打を放った打線の援護もあり、140キロ台中盤の直球を低めに集めて、反撃を八回の1点のみに抑えた。

Daily Sports 4/18/2013

===

国学院大が勝ち点1 エース杉浦1失点完投

東都大学野球リーグ第2週第3日は18日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、国学院大が専大を9―1で下し、2勝1敗で勝ち点1を挙げた。

国学院大が投打に圧倒した。打線は11安打で9点を奪い、エース杉浦が1失点完投。鳥山監督は「2回戦で投手が打たれるなど課題もある。(亜大戦は)修正して臨みたい」と話した。

杉浦は昨秋の亜大戦では8回まで好投しながら9回に失点して敗れた。「対策は特にない。臨機応変に対応したい」と語った。

Sponichi 4/18/2013

===

国学院大・杉浦が完封!12球団が熱視線

「東都大学野球、国学大7‐0専大」(16日、神宮)

国学院大が専大に完勝した。今秋ドラフト上位候補の杉浦稔大投手(4年・帯広大谷)が3安打完封の好投を見せた。

... 伸びが違う。キレが違う。ドラフトイヤーの開幕戦で、杉浦が期待通りの快投を見せた。188センチの長身から繰り出す最速146キロの直球を武器に、わずか92球で8奪三振3安打完封。五回まで1人の走者も許さず「力まずに行けたのがよかった」と笑顔で振り返った。

... 今季初登板とあって、12球団のスカウトが視察。日本ハムの山田GMは「きれいなフォームで、肘も柔らかい。球筋がいいね」と、地元北海道出身の右腕を高評価した。

Daily Sports 4/17/2013

===

国学院大・杉浦も完封 巨人スカウト部長もドラ1評価

東都大学野球第2週第1日  国学院大7-0専大 (4月16日  神宮)

今秋ドラフト候補で1メートル88の長身右腕、国学院大・杉浦がリーグ通算5勝目を完封で飾った。

140キロ台中盤の直球を武器に5回までノーヒットに抑え「今季からワインドアップに戻したが、力まずに投げることができた」。6回に左中間に二塁打を浴びたが、三塁を踏ませず「一本打たれて良かった。完全を意識して試合の流れを壊すのは嫌だった」と振り返った。巨人・山下哲治スカウト部長も「(ドラフト1位の)12人に入ってくる」と評した。

Sponichi 4/17/2013

===

杉浦、3安打完封で国学院大完勝発進

「東都大学野球、国学院大7‐0専大」(16日・神宮)

国学院大が完勝発進した。今秋ドラフト上位候補の右腕、杉浦稔大投手(4年=帯広大谷)が専大をわずか92球で3安打完封。五回までは1人の走者も許さない快投を見せた。

188センチの長身から繰り出される直球の伸びは抜群で最速147キロをマーク。フライアウトは13個を数え「力まずに行けたのがよかった」と、笑顔で振り返った。

Daily Sports 4/16/2013

===

国学院大・杉浦3戦連続完投/東都大学

<東都大学野球:国学院大6-3東洋大>◇最終週初日◇24日◇神宮

国学院大のエース杉浦稔大投手(3年=帯広大谷)が3試合連続となる完投勝利で、今季4勝目(2敗)を挙げた。杉浦は「勝って終わろうと思っていた。3失点は悔しいですが、チームの勝利に貢献できてよかった」と振り返った。

Nikkan Sports 10/24/2012

===

国学院大・杉浦が初完封!フォーム修正、145キロ出た

東都大学野球第5週第1日  国学院大1―0青学大 (10月2日  神宮)

... 亜大戦後に右足にためをつくるフォームに修正し、最速145キロを記録した直球を軸に要所を締め、チームの連敗も4でストップ。「きょうはリードされないように投げた。しっくりする形になってきた」と手応えを口にした。

Sponichi 10/3/2012

===

国学院大・杉浦、初完封/東都

... 1メートル88の長身右腕・杉浦が最速145キロの直球と多彩な変化球で青学大を翻弄。今季2勝目をリーグ戦初完封で飾った。「右足にためてから投げる 感じのフォームにして、コントロールがよくなったし、球威も出るようになりました」と杉浦。観戦したロッテ・山下スカウトは「来年のドラフト候補。日本に いないタイプで、この後が楽しみ」と期待した。

Sanspo 10/3/2012

===

国学院大・杉浦が初完封/東都大学

<東都大学野球:国学院大1-0青学大>◇第5週初日◇2日◇神宮

開幕2カード目から4連敗中だった国学院大が、青学大との接戦を制した。146キロ右腕の杉浦稔大投手(3年=帯広大谷)が5安打8奪三振と好投 し、無四球で1部リーグ初完封。味方打線も追加点が取れなかったが、3回に内野ゴロの間に挙げた1点のリードを守り抜いた。杉浦は「勝負どころは真っすぐ でいった。1点を競る試合だったので、先に点を与えないようにと思って投げました」と話した。

Nikkan Sports 10/2/2012

===

国学院大・杉浦、初完封に満足/東都大学

<東都大学野球:国学院大1-0青学大>◇第5週初日◇2日◇神宮

国学院大の3年生右腕、杉浦(北海道・帯広大谷高出)が今季2勝目をリーグ戦初完封で飾った。

... 188センチの恵まれた体格から145キロ前後の速球を投げる。「将来はプロ野球でやりたい」と話した。

Nikkan Sports 10/2/2012

===

ドラフト・レポート

===