Welcome to Yakyubaka.com

乾 陽平 (報徳学園)

by on Nov.04, 2012 @ 12:37 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

乾 陽平 (報徳学園)
いぬい・ようへい

179cm / 72kg
R / R

===

プロ注目右腕 報徳学園の乾は進学へ

「高校野球兵庫大会・準決勝、東洋大姫路4‐3報徳学園」(27日、明石)

... 今大会は不調で登板機会が少なかったプロ注目の最速146キロ右腕、乾陽平投手は、この日も登板機会がなかった。しかし、試合中も投手陣のキャッチボールの相手や水くみなど雑用を積極的にこなして勝利を信じた。

試合後には、進学希望を表明。「つらい時に周りが支えてくれたことを忘れずにこれからもやっていきたい」と、この悔しさは大学野球で晴らすつもりだ。

Daily Sports 7/27/2013

===

報徳学園・乾、大乱調も延長勝ち/兵庫

第95回全国高校野球選手権兵庫大会(18日、ベイコム)市立姫路に延長十一回6-5のサヨナラ勝ち。苦戦の原因は、今大会初めて先発したプロ注目の最速 146キロ右腕・乾の乱調。一回、3四球と暴投などで1点を失い、一死もとれずに、わずか18球で降板した。「焦りが四球につながってしまった。弱気に なった」。永田監督は「今後を考え、ここで使いたかった。悪いムードを、僕が作ってしまった」と右腕をかばった。

Sanspo 7/18/2013

===

報徳学園・乾は大乱調3回KO

「練習試合、桐光学園10-3報徳学園」(29日、桐光学園グラウンド)

ドラフト候補右腕の報徳学園・乾は、6安打7失点5四死球と大乱調。三回途中で降板した。今月に入ってから直球の制球が定まらず「ずっとこんな調子。チームに迷惑をかけているので何とかしないと…」。好調時の映像を参考にフォーム修正に取り組んでいるが、悩みは深刻だ。そんな中で松井と投げ合い「圧倒された。見習いたい」と話していた。

Daily Sports 6/30/2013

===

報徳・乾、6安打7失点「松井君に圧倒された」

練習試合(29日、桐光学園10-3報徳学園、川崎市・桐光学園高グラウンド)オリックスなどが上位指名候補にリストアップしている報徳学園の最速146 キロ右腕、乾陽平は9番竹中に右越え3ランを浴びるなど2回2/3を6安打7失点。「全ての面で(松井君に)圧倒されました。調子が悪く、気持ちの面で負 けてストライクが取れなかった」と肩を落とした。この日の最速は142キロどまり。兵庫大会開幕まで残り2週間で、どこまで巻き返せるか。

Sanspo 6/30/2013

===

【オリックス】関西高校NO1右腕、報徳学園・乾獲りへ

オリックスが今秋のドラフト上位候補に、報徳学園高の146キロ右腕・乾陽平投手(3年)をリストアップしていることが21日、分かった。

乾は今春のセンバツに出場した関西の高校NO1右腕。初戦で常葉学園菊川高に敗れはしたが、打者の手元で伸びる直球、落差の大きなカーブで8奪三振を奪い スカウトの評価は急浮上。球団関係者は「勝負どころでも直球で押せる。(西武)涌井のような球筋。全体の完成度も高い」と高評価。当初は大学進学も視野に 入れていたが、プロ志向が高く、指名を受ければプロ入りで固まっている。

Sports Hochi 5/22/2013

===

暗転の報徳…プロ注目の乾「力不足」

「センバツ・2回戦、常葉菊川4-3報徳学園」(27日、甲子園)

地元兵庫の報徳学園は常葉学園菊川に3‐4で敗れた。プロ注目右腕・乾陽平投手(3年)は最速142キロで4安打4失点、8奪三振。近畿勢は6校中、5校が初戦敗退した。今大会限定の「東北絆枠」で選出された山形中央は岩国商に勝ち、甲子園初勝利。県岐阜商は春の甲子園で36年ぶりに初戦を突破した。

... それでもプロの評価は高い。阪神・熊野スカウトは「ボールの回転がものすごくいい」。中日・中田スカウト部長も「普通の選手にない体の柔らかさ」と言う。バレーボール一家に生まれた乾は幼少時バレーや水泳にも親しんだ。しなるような体の柔軟性はここで培われ、球のキレを生んだ。

Daily Sports 3/28/2013

===

【センバツ】報徳学園のプロ注目右腕・乾、8回逆転打許し「力不足」

◆第85回センバツ高校野球大会第6日 ▽2回戦 報徳学園3―4常葉学園菊川(27日・甲子園球場) プロ注目右腕のエース・乾陽平(3年)を擁する報徳学園(兵庫)が、常葉学園菊川(静岡)に逆転負け。

... 最速146キロ右腕・乾陽平を中心に、攻守に堅実な野球で上位進出を狙いながらの初戦敗退。今秋のドラフト候補は「力不足でした。自分を信じていっ たが、もっとコンビネーションを使っていけば…。焦りがあった」と、うなだれた。2―1と勝ち越した直後の8回だ。29球全てストレートで攻め、2死満塁 を招くと、左中間へ逆転3点適時二塁打を浴びた。

乾は昨秋の近畿大会準決勝で、春夏連覇した大阪桐蔭を1安打完封(7回コールド)し、プロからの評価を上昇させた。しかし、勝負どころで踏ん張り 切れず、名門の春は一昨年に続く初戦敗退。強気なエースは「ピンチでも抑えられるよう、練習して夏に戻ってきたい」と涙は見せなかった。

Sports Hochi 3/28/2013

===

虎が報徳学園・乾をドラフト上位候補に

阪神が今秋ドラフト上位候補に報徳学園の146キロ右腕、乾陽平投手(2年)を挙げていることが11日、わかった。キレのある速球、制球力に定評がある好投手だ。

... 学業成績も優秀で大学進学の可能性もあるが、球団関係者は「進学とは 聞いていない。高校生であれだけの球を投げる投手は貴重」と評価。阪神・中村GMは年明けのスカウト会議で「今は高校生の方がよく練習する感じがする。昔 と違い、試合に投げるまで時間もかからない」とし、高校生も即戦力になり得る考えを持っている。3月に入って初の対外試合も佐野統括スカウトらが視察。今 後も密着を続ける。

... 中日、広島なども乾を高く評価しており、センバツでのピッチングが注目される。

Daily Sports 3/12/2013

===

報徳学園・乾“マエケン投法”でV狙う

... 2年ぶり19度目の選抜切符を手にした報徳学園の最速146キロ右腕・乾陽平投手(2年)は、“マエケン投法”で頂点を目指す。昨秋以降、広島・前田健太投手(24)の投球映像を研究。リリースの瞬間だけ力を入れる投球感覚を身に付けた。プロ注目の本格派が、聖地で進化した姿をみせる。

手応えがある。兵庫大会6試合、近畿大会4試合を一人で投げ抜き、防御率0・82と抜群の安定感を示した昨秋より、一回り大きくなった自負がある。

... 乾は声を弾ませた。あこがれる右腕の投球映像を何度もチェックし、リリース感覚を磨いた。技術面の進歩は永田監督も認める。昨年12月。兵庫県選抜として臨んだ台湾遠征できっかけをつかみ「変化球を投げるときの腕の振りが良くなった」と同監督。食事量を増やして体重も3キロ増。心技体で確かな成長を刻む。

Daily Sports 1/26/2013

===

報徳、大阪桐蔭に完勝!5度目Vへ王手

「秋季高校野球近畿大会・準決勝、報徳8-0大阪桐蔭」(3日、ほっと)

秋季高校野球近畿大会・準決勝を行い、報徳学園(兵庫1位)が甲子園春夏連覇の大阪桐蔭(大阪2位)を七回コールドで下し、6年ぶり8度目の決勝に進出した。エース・乾陽平投手(2年)が1安打完封。

... エース・乾の強気の投球がリズムをつくった。7回1安打4四死球の堂々とした内容で「大阪桐蔭は新チームも強い。小細工は通用しないので腕を振り、自信のある球で攻めようと思った」と振り返った。

初回、大阪桐蔭の4番・近田の顔面に死球を与えたが「みんなに声をかけてもらい、切り替えることができた」とひるむことはなかった。141キロをマークした直球を中心に内角攻めを貫き、相手打線に本来のスイングをさせなかった。

Daily Sports 11/4/2012

===

ドラフト・レポート

===