Welcome to Yakyubaka.com

大串 和弥 (北照)

by on Nov.13, 2012 @ 9:42 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

大串 和弥 (北照)
おおぐし・かずや

173cm / 68kg
L / L

===

北照・大串が無失点救援/南北海道大会

<高校野球南北海道大会:北照5-2函館大柏稜>◇20日◇準決勝◇札幌円山

南北海道の決勝は、北照と駒大苫小牧の顔合わせとなった。3年ぶりの春夏連続甲子園を目指す北照は、6回から救援したエース大串和弥(3年)が7回に決勝打を放ち、函館大柏稜を4回無失点に抑えた。

... 北照のエース大串が、貫禄のマウンドさばきで春夏連続甲子園をぐっと近づけた。1-2の6回裏から救援し、4イニングを2安打無失点。7回には2度、一塁走者を得意のけん制で刺し、走者を塁にくぎ付けにした。打っては2-2の同点に追い付いた7回表2死二、三塁で中前適時打を放ち、逆転に成功。「みんながつないでくれた。打てたのはたまたまだけど、運も実力ですから」と笑った。

Nikkan Sports 7/21/2013

===

北照・大串あうんの連勝/南北海道大会

<高校野球南北海道大会:北照3-1北海道栄>◇18日◇準々決勝◇札幌円山

春夏連続甲子園を目指す北照は、左腕エース大串和弥(3年)が9回1失点の好投。粘る北海道栄を振り切り、3年ぶりのベスト4に進出した。

北照の絶対エース大串が、北海道栄打線に11安打を浴びながらも要所を締め、最少失点でチームを3年ぶりの4強に導いた。女房役の小畑捕手は、好リードと2試合連続の先制弾となるソロ本塁打でアシストした。

2人が最後に選んだ球はチェンジアップだった。小畑のサインに大串は笑顔でうなずき「ヤーッ」とほえて投げる。相手打者のバットが空を切ると「ヨッシャー」と叫んだ。「自分が決めたいボールを要求してくれました」。大串が会心の表情で言った。

Nikkan Sports 7/19/2013

===

北照・大串 9四死球3失点も初完投

第85回選抜高校野球大会(22日開幕、甲子園)に出場する北照(北海道)は17日、大阪・枚方市内にある興国高グラウンドで練習試合2試合を行った。畝傍(奈良)戦には主戦の大串和弥投手(3年)が先発し、8回3失点と苦しみながら今季初完投勝利を挙げた。

左腕エースにとって、24日の初戦、菰野(三重)戦に向けての試運転だった。試合前に河上敬也監督(53)も「長いイニングで行くからな」と伝えた。8回まで毎回走者を背負い、6四球に3死球、被安打8の123球。ぴりっとしない出来だったが大串も「内容が悪かった。味方がたくさん得点してくれましたから…」と苦笑い。制球に課題は出たが、この時期の完投は収穫だった。

... この日の3回には3者連続で走者を出したが、3人とも一塁けん制球で刺した。「1イニング3人は初めてです」と、冷静なマウンドさばきは見せた。

Nikkan Sports 3/18/2013

===

北照大串4回0封 本番に向け手応え十分

第85回選抜高校野球大会(22日開幕、甲子園)に出場する北照(北海道)は12日、静岡・浜松市内で浜松商と今季2度目の練習試合に臨み、11-2で前日の浜松市立戦に続き連勝した。左腕エース大串和弥(3年)が6回から救援して5安打を許したが、粘り強い投球で4イニングを無失点。昨秋明治神宮大会以来の登板となったが、上々の仕上がりをアピールした。

「制球力にポイントを置き、チェンジアップ、直球などがアウトコースに決まり、キレも良かった。初戦としてはまあまあ」と大串。9回まで毎回走者を背負ったが「去年と違い、マウンドで余裕が持てるようになり、状況を考え、自分のピッチングができました」と、勝負どころのチェンジアップが効果的だった。打者19人に対し、64球で1三振1四球。本番に向け、手応え十分の1歩を踏み出した。

Nikkan Sports 3/13/2013

===

北照・大串、サヨナラ弾&1失点完投/神宮大会

明治神宮野球大会第3日(北照2x-1沖縄尚学、12日、神宮)1-1で迎えた九回、8番打者のエース大串が右越えにサヨナラ本塁打。練習試合を通じて高 校初の一発に「うまく反応できた。記憶に残るホームランだと思います」と照れ笑いを浮かべた。投げても10安打を浴びながら9回1失点完投。河上監督も 「(タイブレークに備え)オーダーを書いているところだった。再三のピンチで粘ってくれて、粘り腰だった」と満足そうだった。

Sanspo 11/13/2012

===

北照 北海道勢初の2年連続4強!エース大串がサヨナラ弾

明治神宮野球大会準々決勝  北照2―1沖縄尚学 (11月12日  神宮)

北照はエースの大串が9回1死から、高校の部史上5人目のサヨナラ本塁打を右翼席に運び、北海道勢初の2年連続4強入りを決めた。野球人生初の柵越えに大串は「記憶に残る本塁打になった。何とか塁に出て、上位につなげようという思いだけだった」と笑顔。

投げても10安打6死球を許しながら、初戦に続き1失点完投した。投打に活躍した左腕は「走者を出しても、点を与えないのが自分の持ち味」と胸を張った。

Sponichi 10/13/2012

===