Welcome to Yakyubaka.com

吉田 将太 (富士大)

by on Jun.13, 2013 @ 2:27 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

吉田 将太 (富士大)
よしだ・しょうた

186cm / 86kg
R / R

===

富士大・吉田 初先発で完封/大学野球

<全日本大学選手権:富士大2-0京都学園大>◇12日◇1回戦◇東京ドーム

... 空調の効いた東京ドームで、富士大・吉田将太投手(2年=北海道・鵡川)は滝のような汗を流していた。公式戦初先発、しかも全国デビュー戦で完封勝利。エース多和田真三郎(2年=沖縄・中部商)を差し置いて初戦のマウンドを任されたが「試合に入ったら緊張はしなかった」。火照った顔に、笑みが広がった。

186センチの大型右腕。「勝手に動くのも、自分で動かしているのもある」というカットボールで打たせて取る。直球が自然とスライド回転することに悩んでいたが「それを使おう」と今春から勝負球にした。全113球の大半を占めた武器で、5安打7三振と完璧な内容だった。

4月、右人さし指と中指の血行障害を発症。庄司凌マネジャーが「氷水に触れている感じ」と驚いたほどで、つぶれたマメが壊死(えし)し、今も痛々しい痕が残る。この日の4回にも「感覚が悪くなった」。今春はその影響でリーグ戦の登板がなく、八戸学院大との優勝決定戦で6回1失点と好投して復活。青木久典監督(40)は「しっかり投げてくれた」とたたえた。

Nikkan Sports 6/13/2013

===

ドラフト・レポート

===