Welcome to Yakyubaka.com

田口 麗斗 (広島新庄)

by on Jun.17, 2013 @ 2:25 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

田口 麗斗 (広島新庄)
たぐち・かずと

169cm / 67kg
L / L

===

世界野球選手権大会

  ERA W-L APP-GS CG ShO Sv IP H R ER BB SO 2B 3B HR AB BAVG WP HBP BK SFA SHA
第26回18Uワールドカップ 6.75 0-0 3-1 0 0/1 0 5.1 5 5 4 2 9 1 0 0 20 .250 0 3 0 0 0

===

広島新庄・田口が3連続K/18UW杯

<IBAF18UW杯:日本15-0チェコ>◇3日◇予選1次ラウンド◇台湾・台中

広島新庄の左腕、田口麗斗投手(3年)が初登板で快投した。

6回、3番手で登板。最速144キロの直球と鋭いスライダーで3者連続三振に仕留めた。

Nikkan Sports 9/3/2013

===

新庄・田口、敗戦も「山岡に感謝」/広島

第95回全国高校野球選手権広島大会(30日、新庄0-1瀬戸内、尾道市びんご運動公園)敗れた田口も2試合で299球の熱投。23回を一人で投げきっ た。「悔いはない。山岡をずっと意識して、ここまでこれた。山岡に感謝しています」。213球を投じた2日後でも最速140キロ。七回まで3安打も、八回 一死二塁。スライダーが甘く入って適時打を浴びた。高校生では、桐光学園・松井に次ぐ左腕としてプロの注目を集めているドラフト上位候補。進路については 「一番はプロです。いずれにしても上で野球を」と語った。

Sanspo 7/31/2013

===

新庄・田口15回0封19Kも再試合に

「高校野球広島大会・決勝、新庄1‐1瀬戸内」(28日、しまなみ)

... 十五回。最後の打者を打ち取ると、新庄の田口は小さく左拳を握った。

... 立ち上がりから制球が定まらず、九回まで三者凡退は七回のみと毎回のように走者を背負った。それでも要所をきっちりと締めるのが背番号1を背負う証しだ。

0‐0の延長十三回には、絶体絶命の場面を乗り切った。先頭の沖繁に右越え三塁打を許し無死三塁。ここで迫田監督の指示で後続を敬遠。満塁策をとり、全ての塁を埋めた。「腹をくくって開き直って投げることだけを考えた」。岩城を遊ゴロ。本塁で封殺すると続く溝口、橘を連続三振。最高の形でピンチを切り抜けた。

15回を投げ13安打を浴びながら無失点。速球は自己最速にあと1キロと迫る146キロを計測した。三振も19個を奪った。迫田監督は「ピンチもあったがいいボールを投げていた」と称えた。

Daily Sports 7/29/2013

===

史上初15回0-0決勝再試合/広島大会

<高校野球広島大会:新庄0-0瀬戸内>◇28日◇決勝◇しまなみ球場

プロ注目の新庄・田口麗人(かずと)投手(3年)と、瀬戸内・山岡泰輔投手(3年)の投げ合いとなった一戦は、延長15回まで互いに得点を許さなかった。

... 新庄田口は最速146キロの直球とスライダーを武器に19三振を奪う一方で、13安打を許す粘りの投球。

再試合は30日に行われるが、213球を投げた田口は「1日あればベストな状態に持って行ける。早く試合をしたい」と再戦を心待ちにしていた。

Nikkan Sports 7/28/2013

===

新庄・田口11Kで如水館に雪辱/広島大会

<高校野球広島大会:新庄7-2如水館>◇27日◇準決勝◇しまなみ球場

新庄の田口麗斗(かずと)投手(3年)は、如水館打線に9安打を浴びながら2失点、11奪三振で完投勝利。今日28日の決勝で新庄が勝てば夏の甲子園初出場が決定する。

甲子園に王手をかけた。田口は最後の打者を、併殺打に打ち取るとほえた。調子は決してよくはなかった。4回には1死から寄能(きのう)圭介外野手(3年)にバックスクリーンへ、公式戦2本目となる本塁打を許す。そこから、ギアを入れ直すと、最速144キロの直球とスライダーを武器に11奪三振。2回以外は走者を許す苦しい投球ながら、2失点に抑え完投勝利を飾った。左腕への注目度は日に日に増し、国内4球団に加えて米大リーグのブレーブスのスカウトも熱視線を送る中だったが、しっかり結果を残した。

Nikkan Sports 7/28/2013

===

新庄・田口11K2失点!初聖地に王手

「高校野球広島大会・準決勝、新庄7‐2如水館」(27日、しまなみ)

... 耐え抜いたマウンドだった。「課題の立ち上がりがよくなかった」。初回、わずか6球で先制点を献上。三~九回まで毎回走者を背負った。5‐1の四回には、寄能に直球をバックスクリーンへ運ばれた。1年の秋季大会以来、公式戦2本目の被本塁打。「点差があり油断した」と猛省した。

それでも、崩れ落ちないのがエースの真骨頂だ。最速144キロの直球と横に鋭く曲がるスライダーを操り要所を締めた。9回9安打11奪三振2失点。11年の決勝で敗れた相手にリベンジを果たし「粘ることはできた。絶対に勝ちたかったから」と胸をなで下ろした。

この日は巨人、楽天、DeNAに加え、米大リーグ・ブレーブスが視察に訪れた。大屋国際スカウトは「高校生であのスライダーは打てない。久しぶりにいい球を投げる投手を見た」と、キレのある“伝家の宝刀”を絶賛した。

Daily Sports 7/28/2013

===

新庄・田口11K完投で王手/広島大会

<高校野球広島大会:新庄7-2如水館>◇27日◇準決勝◇しまなみ球場

... 中2日での登板となったプロ注目の左腕・田口麗斗(かずと)投手(3年)は、1回1死二塁から左前適時打で、先制点を許すと、4回には4番寄能(きのう)圭介外野手(3年)にバックスクリーンへの本塁打を浴びた。

だが、回を追うごとに調子を取り戻し、最速144キロの直球と、スライダーを武器に11個の三振を奪い、9安打を浴びながら2失点に抑え、2試合連続の完投勝利。「(調子は)いいとは思わなかったので、コントロールで行こうと思った。準決勝は、去年の壁を越える意識がありました。2つ上の先輩も如水館に負けていたので、1つ借りを返せたと思います」と笑顔を見せた。

Nikkan Sports 7/27/2013

===

新庄2年ぶり決勝 プロ注目田口10K

「高校野球広島大会・準決勝、新庄7‐2如水館」(27日、しまなみ)

プロ注目の左腕・田口麗斗投手(3年)を擁する新庄が2年ぶりの決勝戦進出を果たした。

... しかし、失点はこの2点のみ。最速144キロの直球とスライダーを軸に要所を締め、9回9安打2失点。巨人、楽天など4球団が視察する中、2桁10奪三振を記録した。

Daily Sports 7/27/2013

===

新庄・田口13K完投!自己最速147キロ

「高校野球広島大会・準々決勝、新庄4‐1盈進」(24日、マツダ)

最後の打者を打ち取ると左拳を力強く握った。プロ注目左腕の新庄・田口麗斗(かずと)投手が今大会初完投となる9回4安打、13奪三振1失点。

... 失点は初回の1点のみ。二回以降は安定感抜群の投球で昨夏、準決勝で苦杯をなめた盈進打線を封じた。直球は四回に自己最速を2キロ更新する147キロをマーク。横に鋭く曲がるスライダーと組み合わせ、三振は七回以外は毎回の13個を奪った。「数は気にしない」。それでもこれで4試合に登板し、31回で48K。奪三振率は13・94だ。

スカウト陣も身長170センチの左腕にくぎづけとなった。この日は広島など7球団が視察。巨人は5人が熱視線を送った。山下スカウト部長はスライダーを絶賛し「左投手は身長は関係ない。変化球に特徴があればプロでも通用する。技術は大丈夫」と“広島のドクターK”を高評価した。

Daily Sports 7/25/2013

===

新庄・田口に巨人スカウト5人/広島大会

<高校野球広島大会:新庄4-1盈進>◇24日◇準々決勝◇マツダスタジアム

新庄が、プロ注目左腕のエース田口麗斗(かずと)投手(3年)が13三振を奪う4安打1失点の今大会初完投で、2年連続の4強入りを決めた。盈進に4-1と快勝。田口は自己最速の147キロをマークし、打っても4打数4安打の大暴れ。初の甲子園へ投打でけん引する。

田口が舞った。50球目だ。4回2死から原田晃樹内野手(3年)への外角低めへの直球は、自己最速の147キロが表示され、マツダスタジアムがどよめいた。2球続けて、147キロを投じると右飛に打ち取った。

... 代名詞の三振も、7回以外は全イニングで奪い13個を積み重ねた。4試合合計で、31回48奪三振は驚異の奪三振率13・94を誇る。桐光学園・松井と比較される左腕を目当てに、ネット裏には巨人がスカウト5人態勢で視察に訪れるなど、プロ7球団のスカウトが集結し、熱視線を送った。巨人山下哲治スカウト部長は「5人で見に来た価値があった」と賛辞を贈った。

Nikkan Sports 7/25/2013

===

【広島】新庄・田口、最速更新147キロ!4戦48K

◆第95回高校野球選手権広島大会 ▽準々決勝 新庄4―1盈進(24日・マツダスタジアム) 広島では新庄のドラフト候補左腕・田口麗斗(かずと、3年)が4安打1失点完投、13奪三振の快投で、準決勝に進んだ。

「広島のドクターK」の異名はダテじゃない。新庄の田口が自身の最速を2キロ更新する147キロの直球と、切れ味抜群のスライダーを武器に13奪三振。8 回に2死一、二塁のピンチを背負い「最後はバテた。情けないです」と苦笑いしたが、潜在能力の高さを存分にアピールした。

... 桐光学園・松井裕樹と同じ左腕で「東の松井、西の田口」と並び称される好素材は、今大会4試合31回で48奪三振。奪三振率は驚異の1試合13・94だ。 170センチの小柄な体ながら、プロの評価も急上昇。5人体制で視察した巨人・山下スカウト部長は「スライダーのキレなら松井に引けを取らないよ」と高評 価だ。特に目標とする投手はいないという田口自身も、松井に対しては「すごい投手。ぜひ戦ってみたい」と強烈に意識している。

Sports Hochi 7/25/2013

===

今度は13個!“広島のドクターK”4強進出

「高校野球・広島大会準々決勝、新庄4‐1盈進」(24日、マツダスタジアム)

“県北のドクターK”が躍動した。プロ注目の左腕・田口麗斗(かずと)投手(3年)が9回4安打13奪三1失点と好投した。

失点は初回の1点のみ。二回以降は角度のある直球とキレのあるスライダーを武器に、昨季準優勝の盈進打線から三振の山を築いた。七回以外毎回の13奪三振。四回には、自己最速を2キロ上回る147キロを計測した。

この日は広島、巨人など5球団以上のスカウトが熱視線を送った。田口は「マツダスタジアムのマウンドは投げやすかった。初回に点を取られたけど焦りはなかった。勝ててよかった」と汗をぬぐった。

Daily Sports 7/24/2013

===

新庄・田口が147キロ13K4強/広島大会

<高校野球広島大会:新庄4-1盈進>◇24日◇準々決勝◇マツダスタジアム

新庄・田口麗斗(かずと)投手(3年)が、13三振を奪い4安打1失点の今大会初完投で、4強入りを決めた。

7回以外は全イニングで三振を奪い、4回には自己最速を更新する147キロを計測した。打っても、4打数4安打の大暴れだった。「去年負けた盈進に勝って、1つ壁を乗り越えたと思う。甲子園が一番だけど、1戦1戦戦っていきたい」と喜びを語った。

Nikkan Sports 7/24/2013

===

プロ注目の新庄・田口が8回11K無失点

「高校野球・広島大会4回戦、新庄5‐0呉商」(23日、呉二河)

広島大会では、プロ注目の最速145キロ左腕、新庄・田口麗斗(かずと)投手(3年)が、8回を1安打11奪三振無失点と力投し、8強入りを決めた。身長170センチと上背はないが、伸びのある速球と切れ味鋭いスライダーで、スカウト陣の評価も急上昇中。頼もしき左腕が初の甲子園出場へ、チームを導く。

... 二回、四死球から無死一、二塁のピンチを背負ったが、「1人、1人を抑えることだけを考えた」と後続を見事に切った。八回まで投げて、許した安打は七回の左前打のみ。直球は自己最速の145キロに1キロ及ばなかったが、最速144キロを計測。切れ味抜群の直球と鋭く横に曲がるスライダーで七回まで毎回11個の三振も奪った。「テンポよく投げることを心がけた。80点ですね」と汗をぬぐった。

スカウト陣も身長170センチの左腕にくぎ付けだ。広島、オリックス、阪神、西武、楽天の5球団が視察。広島・鞘師スカウトは「球に角度があるし制球力もいい」。オリックス・山口スカウトも「すべての球種の精度がいい」と高評価した。

Daily Sports 7/24/2013

===

広島新庄・田口の力投に5球団が熱視線

「高校野球・広島大会4回戦、新庄5‐0呉商」(23日、呉二河球場)

プロ注目の左腕・田口麗斗(かずと)投手(3年)が8回1安打11奪三振無失点と好投した。

二回に四死球で無死一、二塁とピンチを招いたが、後続を抑え無失点で切り抜けた。八回まで投げ、許した安打は七回の左前打のみ。最速144キロの直球とキレのあるスライダーで、七回まで毎回11個の三振も奪った。

この日は広島、オリックス、楽天など5球団のスカウトが熱視線を送る中での力投。

Daily Sports 7/23/2013

===

プロ注目の新庄・田口、毎回の9奪三振

「高校野球・広島大会3回戦 新庄9‐1美鈴が丘(七回コールド)」

新庄のエース田口麗斗(3年)が六回4安打1失点、毎回の9三振を奪って4回戦に進出した。

五回にはバント安打をきっかけに、自らの一塁悪送球もあり1点を失った。「集中力の問題。点を取られないのが一番なんで今日は50点です」と苦笑いを浮かべた。

... 阪神・畑山スカウトは「MAX143キロが何球も出ていた。スライダーがいい。投げっぷりもいい」と評価した。

Daily Sports 7/21/2013

===

【広島】新庄・田口、8回15K!初の甲子園へ好発進

◆第95回高校野球選手権 広島大会 ▽2回戦 新庄6─0海田(17日・三次) 広島のドクターKが奪三振ショーを 演じた。新庄の今秋ドラフト候補左腕・田口麗斗(かずと=3年)が初戦の海田戦で8回を3安打無失点、15奪三振。「東の松井、西の田口」の高評価を受け る170センチエースが、春夏通じて初の甲子園初出場へ好発進した。

今夏のヒーロー候補が評判通りの好投を披露した。最速145キロの直球とキレのあるスライダーを低めに集め、2回以降は三塁を踏ませず。103球でまとめる内容にも「立ち上がりを修正してきたい」と、まず反省点を口にした。

今春県大会は30イニングで49K。スライダーが得意球なだけに本人は「(桐光学園の)松井に負けたくない」と東のドクターKに闘志をむき出しにする。

Sports Hochi 7/18/2013

===

新庄の田口投手を8球団スカウトが視察mixiチェック

今秋ドラフト候補、新庄(広島)田口麗斗(かずと)投手(3年=写真)が16日、大阪・茨木市で履正社(大阪)との練習試合に登板、8球団15人のスカウトが集結した。

最速145キロの直球とスライダーを操る左腕で、今春県大会準決勝・広島工戦で17奪三振完封。スカウト間で桐光学園(神奈川)松井裕樹(同)に続くと言われる逸材。春の近畿王者に9安打5奪三振4失点逆転負けも「小柄だが、それを補う横の角度もある」(中日中田スカウト部長)と絶賛。田口は「制球に自信がありますが、より制球の大切さを勉強できた」と語った。

Nikkan Sports 6/17/2013

===