Welcome to Yakyubaka.com

古川 侑利 (有田工業)

by on Jun.22, 2013 @ 5:25 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

古川 侑利 (有田工業)
ふるかわ・ゆうり

178cm / 77kg
R / R

===

有田工・古川に注目 プロ野球ドラフト会議

... 今夏の甲子園でも活躍した最速148キロ右腕の古川侑利(佐賀・有田工)をはじめ将来性豊かな選手がそろう。

... 中日、阪神、DeNA、楽天など8球団から調査書が届いている。佐賀大会と甲子園を合わせて計7試合を一人で投げ抜くなど体の強さも兼備。通算3本塁打ながら、逆方向にも強い打球を打てることから、打者として評価する球団もある。

「(ドラフトで)指名される前提で体をつくっておかないと」。電車通学をやめて、自宅から学校までの片道10キロを50分かけて自転車で通う。故障しない 体を目指して、インナーマッスルも強化中だ。変化球は主にスライダーとチェンジアップの2種類。「これからは絶対的な決め球が必要だ」と植松幸嗣監督から 指摘されると、フォークボールの習得にも力を入れ始めた。打撃では、学校の武道場にある鏡でフォームを確認しながら、木製バットを振り込む。

「将来は三振をズバズバ取って、2桁勝利を挙げられるような先発完投型の投手を目指す。もし打席に立つ機会があれば、投手でも打てるぞというところを見せたい」。指名はあくまで通過点。描く未来予想図は、プロで躍動する自身の姿だ。

Nishinippon 10/11/2013

===

有田工・植松監督「心でつないだ」/佐賀

... エースで4番の古川は10回を131球、10奪三振の熱投。全5試合を一人で投げ抜き「制球力を上げて、甲子園でも三振を取りたい」と意気込んだ。

Sanspo 7/21/2013

===

プロ注目 有田工・古川完封/佐賀大会

<高校野球佐賀大会:有田工1-0神埼清明>◇17日◇準々決勝◇佐賀県営野球場

有田工の古川侑利投手(3年)が完封し4強入りを決めた。

プロ注目の最速146キロ右腕は8安打を許しながらも要所を締めた。スライダーのキレがよく8奪三振。1四球と制球もよかった。「ちょっと打たれすぎですね。走者を出してからは力を込めて投げました」と笑顔で話した。

Nikkan Sports 7/17/2013

===

有田工・古川完投勝利 全国高校野球佐賀大会

... ネット裏に鋭い眼光の男たちがズラリと顔をそろえた。パ・リーグから楽天、日本ハム、ロッテ、オリックス。セ・リーグから阪神、広島、中日。プロ7球団のスカウトら16人が佐賀の豪腕2人を徹底チェック。意地と意地がぶつかり合った投げ合いを見守った。

有田工の古川は立ち上がりから飛ばした。4回まで死球一つの無安打投球。5回1死から相手5番に中前打され「ノーヒットノーランを狙っていたのに」と悔し がったが、7回までを1安打零封。8回2死から振り逃げの走者を出し、連打で2点を失ったものの、この日最速で141キロを記録した真っすぐを軸に11奪 三振、135球の完投勝利だ。

... ともに今秋のドラフト注目の右腕。中日の中田宗男スカウト部長は「古川は球威、山口は球速で押すタイプ。2人とも素質は素晴らしい」と高く評価した。阪神 の田中秀太スカウトも「山口は上背あって素材がいい。古川は打者としても魅力がある」と両者の高いポテンシャルに二重丸をつけた。

Nishinippon Shimbun 7/12/2013

===

有田工を初の聖地に 佐賀のドクターK・古川

... 昨秋までは無名。名を上げたのは4月下旬から5月上旬にかけて伊万里市周辺の5校が集まって行われた大会だった。4試合をほぼ一人で投げ抜き、優勝に導い た。「球速が上がり、以前よりも三振を取れるようになった」。その後のNHK杯は準優勝。決勝で唐津商に2-3で延長14回サヨナラ負けを喫したが、4試 合計40回2/3で40三振を奪った。ここまで視察に訪れたプロのスカウトはソフトバンクや阪神、巨人など9球団。県内屈指の本格派右腕として注目を集め るようになった。

昨秋の県大会は準々決勝で神埼清明に2-4で敗退。ボークも絡んで初回に3点を先制されたのが響いた。「鍛え直す」と誓い、冬から春にかけて体力強化に励 んだ。走り込みの成果は球速に表れ、最速135キロだった真っすぐが10キロ近くアップ。ばらつきのあったスライダーやチェンジアップの制球も改善され た。

... 打っては4番。通算本塁打は3本ながら、広角に強い打球を打てることから、打者として将来性を買う球団もある。「最後のチャンスだから、絶対に行かないと いけない」。1919(大正8)年から始まった甲子園への挑戦。過去最高は86(昭和61)年の佐賀大会準優勝だ。急成長中の大黒柱が、陶器の里を沸かせ る。

Nishinippon Shimbun 6/22/2013

===