Welcome to Yakyubaka.com

鎌田 光津希 (横芝敬愛)

by on Jul.16, 2013 @ 6:37 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

鎌田 光津希 (横芝敬愛)
みずき

===

横芝敬愛 タフネス鎌田、24回320球完投勝利!

千葉大会2回戦  横芝敬愛2―1浦安 (7月15日)

... 千葉大会では横芝敬愛の鎌田光津希(みずき)投手(3年)が、浦安戦で1失点完投勝利。前日の延長15回引き分け再試合と合わせ、2日で24イニングを投げ抜いた。 

2試合通算320球目。鎌田はこん身の力を振り絞って直球を投じ、最後の打者・池宮を中飛に仕留めた。控えめに右手でガッツポーズをつくり、女房役の佐野と笑顔でハイタッチを交わした。

... 前日の浦安戦は延長15回、3時間58分に及ぶ激戦の末、2―2で引き分け再試合となった。試合後すぐに伊藤匠監督から「おまえしかいない」と連投を告げられた。212球で完投した右肩と右肘を電気治療でほぐし、サプリメントを摂取して疲労回復に努めた。

初回にいきなり先制点を許した。「最初はやはり腕が重かった」。それでも尻上がりに調子を上げ、2回以降はカーブやスライダーを勝負球に使って3安打に封じ、スコアボードに0を並べた。勝負どころでは最速142キロを誇る直球で挑んだ。1―1の7回2死二、三塁では「投げていくうちに腕が振れるようになった」と奈良に1ボールから3球続けて直球を投げ込み、空振り三振。その裏の多田の勝ち越し打を呼び込み、108球を投げきった。

Sponichi 7/16/2013

===