Welcome to Yakyubaka.com

小笠原 慎之介 (東海大相模)

by on Oct.06, 2013 @ 2:54 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

小笠原 慎之介 (東海大相模)
おがさわら・しんのすけ

178cm / 77kg
L / L

===

東海大相模のV腕・小笠原がプロ志望届

... 小笠原は、最速152キロの本格派左腕。U-18ワールドカップでも、高校日本代表メンバーとして準優勝に輝いた。ドラフトまでは2週間余り。「待ち遠しいのと不安が半々くらい」としながらも「長く野球をやって、子供たちに夢を与えられる投手になりたい」と目標を掲げた。

... ともに意中の球団はなく12球団OK。

Daily Sports 10/7/2015

===

競合ドラ1候補 東海大相模・小笠原 左肘痛に“疑惑”の目が…

... だが、あるスカウトは左腕の登板回避に疑惑の目を向けている。

「ドラフト直前のケガ情報は話半分に聞いた方がいい。(指名から)降りさせるため学校とツーカーの巨人がいわせているんじゃないか。クジを引く球団は1つでも少ない方がいいわけだから」

東海大相模は巨人・原監督の母校であることは周知の事実。同校の門馬監督は原監督の父・貢氏(故人)の愛弟子で、原監督を兄貴分と慕う間柄だ。疑いのまなざしを向けるのも仕方ないところ。虚々実々の情報戦は来月22日のドラフト会議当日まで続きそうだ。

ZakZak 9/29/2015

===

東海大相模・小笠原が左肘の炎症で国体登板回避

<高校野球和歌山国体:東海大相模5-0敦賀気比>◇27日◇1回戦◇紀三井寺

... 8月のU18(18歳以下)W杯で違和感が生じ、大会後に検査を受けて左肘の滑膜炎と診断されたという。ノースロー調整を続けていたが「来週にはキャッチボールできると思う」と軽症を強調した。

Nikkan Sports 9/27/2015

===

東海大相模・小笠原 国体は登板せず

「和歌山国体・高校野球硬式1回戦、東海大相模5-0敦賀気比」(27日・和歌山市紀三井寺)

... 高校日本代表の一員として臨んだU-18ワールドカップでは2試合に登板。違和感が生じ「ケアをしたけど、状態が良くなってこなかった」という。受診した結果、左肘の炎症が判明した。

今大会の登板は難しいが、幸い重症ではなく、キャッチボールを1週間後には再開する予定。ピッチングについても「12月には普通に放れると思う」と、見通しを話した。

Daily Sports 9/27/2015

===

小笠原2回完全「明日は日の丸に恥じないプレーを」

<U18W杯:日本9-0キューバ>◇5日◇2次リーグ◇甲子園

今夏の甲子園で胴上げ投手となった東海大相模の最速151キロ左腕、小笠原慎之介投手(3年)が先発し2回パーフェクトに抑えた。

最速は144キロだったが丁寧に投げキューバ打線を無安打2三振に封じた。

Nikkan Sports 9/5/2015

===

小笠原が力投 MAX145キロもカーブで緩急9K U-18W杯

... セ・リーグ球団のスカウトは「球速は少し落ちているが、甲子園の疲れもあるだろう。カーブで緩急がしっかり使えて投球の幅が広がっている」と高評価。高校生ではやはり、この左腕が1番人気となりそうだ。

ZakZak 8/31/2015

===

小笠原、純平“直伝”カーブで6回9K

「U-18W杯・1次ラウンドA組、日本10-1オーストラリア」(30日、舞洲)

... 阪神などが今秋ドラフト1位候補に挙げる最速152キロ左腕・小笠原慎之介投手(3年)が先発し、6回3安打1失点。最速145キロを計測した直球と、解禁したカーブを有効に使い、9三振を奪った。

... 初回先頭から直球で見逃し三振を奪うスタート。連打を浴びて相手のパワフルなスイングを実感すると、制球重視から「置きに行くと引っ張られる。腕を振らないとダメ」と、切り替えた。四回2死からの4者連続を含め、6回で9奪三振。六回に自らの失策とボークが絡み、今大会チーム22イニング目で初失点を喫したものの、中盤に突き放す試合の流れをつくった。

... 甲子園でも投げなかった110キロ前後のカーブを多投。“新兵器”で見逃し三振も奪い「緩急をつけられたのが一番良かった」と振り返った。高校日本代表に合流後、高橋純にボールの抜き方を教わり、モノにできなかった球種のコツを習得。

Daily Sports 8/31/2015

===

小笠原 甲子園V腕貫禄、6回9K1失点「粘れたのがよかった」

U-18ワールドカップ  日本10―1オーストラリア (8月30日  舞洲ベースボールスタジアム)

... 初回先頭打者を三振で切って取ると、連打されてもきっちり相手の4番を併殺で打ち取った。4回にも2四球で得点圏に走者を許したが、勝負どころで三振、5回も3者連続三振で寄せつけなかった。6回には自身の失策とボークがからんで1失点したが、6イニングで9三振を奪って役割を果たした。

Sponichi 8/30/2015

===

U18小笠原が6回1失点9Kの好投

「U-18W杯・1次ラウンドA組、日本-オーストラリア」(30日、舞洲)

日本の先発、最速151キロ左腕の小笠原は6回3安打1失点。9奪三振の好投を見せた。初回に連打で1死一、二塁のピンチをつくったが、次打者を併殺打に打ちとった。

... 直球は140キロ台だったが、変化球を含めて低めへの制球がさえ、三振の山を築いた。

Daily Sports 8/30/2015

===

小笠原2回3失点も収穫の4奪三振

「壮行試合、大学日本代表9-2高校日本代表」(26日、甲子園)

先発した最速152キロ右腕の東海大相模・小笠原慎之介投手(3年)が2回5安打3失点。この日の最速は146キロだったが、4奪三振で持ち味も見せた。

Daily Sports 8/27/2015

===

小笠原「大学生はレベルが違った」2回5安打3失点

<U18:高校日本代表2-9大学日本代表>◇26日◇甲子園

甲子園V左腕の小笠原慎之介投手(3年)が先発し、2回を投げ5安打3失点を喫した。

... 初回に2点を奪われたが2回には3三振を奪い、亜大・北村にこの日最速となる146キロで見逃し三振を奪った。

Nikkan Sports 8/26/2015

===

東海大相模・小笠原、甲子園で封印のツーシーム試す

... 今夏甲子園で使わなかった武器がある。ツーシームだ。1失点完投した神奈川大会準々決勝・平塚学園戦で2球投げたが、バットに当てられた。金属バットが相手ではチェンジアップの方が有効と感じ、甲子園では封印。その球を今日26日は「空振りを取る球に使いたい」と解禁。慶大・横尾俊建内野手(4年=日大三)ら右の強打者相手に力を試す。

Nikkan Sports 8/26/2015

===

東海大相模・小笠原史上初!V投手が決めた日本一弾

<全国高校野球選手権:東海大相模10-6仙台育英>◇20日◇決勝

... 最速151キロのドラフト1位候補、小笠原慎之介投手(3年)が9安打6失点(自責5)ながら、161球で完投。同点の9回には決勝のソロアーチを放って自ら試合を決めた。

... 高校NO・1左腕は「進路はまだ決めていません」とするが、プロ志望届を出せば1位競合は間違いないとされる。28日から行われるU18(18歳以下)ワールドカップ(大阪市ほか)日本代表にも選ばれ多忙を極めるが、つかの間の休息で全国制覇の余韻に浸る。

Nikkan Sports 8/21/2015

===

東海大相模45年ぶり頂点 小笠原V弾&完投「苦しい夏でした」

第97回全国高校野球選手権大会決勝  東海大相模10-6仙台育英 (8月20日  甲子園)

≪投手の決勝弾は史上初≫東海大相模・小笠原が9回に勝ち越しのソロ本塁打。決勝で最終回のV弾は77年東洋大姫路・安井(10回サヨナラ3ラン)、84年取手二・中島(10回3ラン)、94年佐賀商・西原(9回満塁弾)に次ぎ4人目。また、決勝で登板した投手の本塁打は82年池田・畠山(完投)、02年明徳義塾・田辺(完投)、09年中京大中京・堂林に次ぎ4人目で、勝利打点となったのは小笠原が史上初めて。

Sponichi 8/21/2015

===

エース小笠原、完投&決勝弾に「最高です」も「苦しい夏でした」

第97回全国高校野球選手権大会決勝  東海大相模10―6仙台育英 (8月20日  甲子園)

... 投げては9安打を浴び6点を失いながらも9回で161球を投げ、完投勝利。打っては「三振してもいいぐらいのスイングで、甘い球が来たら振っていく」と決めて入った9回の打席で、それまでの3打席で無安打のラストバッターとは思えないスイングを見せて左翼スタンドに決勝アーチを叩きこんだ。

Sponichi 8/20/2015

===

東海大相模・小笠原V弾&161球完投「最高です」

<全国高校野球選手権:東海大相模10-6仙台育英>◇20日◇決勝

... 6-6の9回表、先頭打者の小笠原慎之介投手(3年)が甘く入った変化球を右中間スタンドへ勝ち越しソロを放った。その後も3連打などで3点を追加し、熱戦に決着をつけた。

... 161球を投げ抜いた小笠原は「最高です。三振してもいいくらいのスイングをして、ホームランになって良かった。苦しい夏でした」と笑顔で汗をぬぐった。

Nikkan Sports 8/20/2015

===

小笠原弾で決めた!東海大相模45年ぶりV 仙台育英4点差追いつく粘りも…

第97回全国高校野球選手権決勝  東海大相模10―6仙台育英 (8月20日  甲子園)

... 6回に同点に追いつかれたが、同点で迎えた9回、9番・小笠原が高めに浮いたフォークをフルスイングすると右中間へスタンドイン。先発し6失点と苦しんでいたエースが値千金の勝ち越し弾を放った。勢いづいた打線はこの回5安打で4点を奪い、試合を決定づけた。

小笠原は6回までに9安打を浴び6失点と苦しんだが、7回から無安打投球。161球完投で仙台育英の追い上げを封じた。

Sponichi 8/20/2015

===

東海大相模・小笠原148キロ2失点救援「実力不足」

<全国高校野球選手権:東海大相模10-3関東第一>◇19日◇準決勝

8回から登板した東海大相模(神奈川)のエース小笠原慎之介投手(3年)は、2失点に「言い訳はしたくない。実力不足です」と渋い表情だった。

最速148キロを計測したが、打球が内野の頭を越えるなど不運な当たりもあった。オコエとの対戦にも「楽しみとかはなく怖いバッターの1人だった」と言い「あとはやるだけ。開き直ってやるしかない」と切り替えに必死だった。

Nikkan Sports 8/20/2015

===

東海大相模・小笠原 サヨナラ呼ぶ救援

「全国高校野球・準々決勝、東海大相模4-3花咲徳栄」(17日、甲子園)

... 背番号1の意地があった。先発で崩れた盟友のためにも点はやれなかった。東海大相模のエース左腕・小笠原が、5回1/3無失点の好リリーフでサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

... 先発・吉田が8安打3失点で四回途中降板。 ... 直球は最速147キロをマーク。1点ビハインドの八回2死満塁の大ピンチも直球で8番・高橋を投ゴロに打ち取った。

Daily Sports 8/18/2015

===

東海大相模・小笠原 初先発2失点…151キロも「50点」

第97回全国高校野球選手権第10日・3回戦  東海大相模11―2遊学館 (8月15日  甲子園)

... 東海大相模の小笠原は8回を被安打6の2失点。5回まではスライダーを効果的に使い散発2安打に封じたが、球が高めに浮いた6回に2失点し「全体的に球が高く、チェンジアップも浮いた。勝って結果オーライかな」と反省した。だが、初戦で自己最速152キロをマークした直球はこの日も健在。最速は甲子園の表示で149キロ、ロッテのスピードガンで151キロを計測した。

Sponichi 8/16/2015

===

東海大相模のドラ1候補・小笠原「勝てる投手が一番凄い」/甲子園

... 一回に4点をもらった左腕は、三振よりも打たせて取ってテンポを意識。この日の最速は149キロで、12日の2回戦で記録した自己最速の151キロには及 ばなかった(阪神スカウトの計測では151キロ)が、120キロ台中盤のチェンジアップを効果的に使った。さらなる打線爆発を引き出し、自らも八回に適時 三塁打を放った。

... 出場全校が初戦を終え、スカウト陣が引き揚げる中、阪神とロッテが小笠原に密着した。阪神は関東地区担当の北村スカウトが駆けつけて見守り「先発で堂々と 投げ、いいパフォーマンスを見せた。真っすぐとチェンジアップは完成品」とうなずいた。一方、ロッテ・林球団本部長は同時刻に京セラドームでオリックスと 戦っているなか甲子園へ。「何とかナマで先発を見たいと思って、時間をつくって甲子園に来た。コントロールがいい。欲しい左腕ですね」と収穫を口にした。

Sanspo 8/16/2015

===

東海大相模・小笠原「ペース配分考えながら」でも149キロ

第97回全国高校野球選手権第10日・3回戦  東海大相模11―2遊学館 (8月15日  甲子園)

8回2失点の好投を見せた東海大相模の小笠原は「序盤から飛ばしていこうと思ったんですけど、イニングが後ろに7イニングとかあるので、ペース配分を考えながら投げました」と救援で登板した初戦・聖光学院(福島)戦との違いを口にした。

聖光学院戦では自己最速を更新する152キロをマークした一方、先発したこの日も2回1死走者無しの場面で対決した中村康汰内野手(2年)への5球目が149キロを計測。「(先発だと)フルにいくのは難しい」としながらも150キロ近くをたたき出す能力の高さを見せつけた。

Sponichi 8/15/2015

===

東海大相模・小笠原8回2失点、打っても長打2本

<全国高校野球選手権:東海大相模11-2遊学館>◇15日◇3回戦

東海大相模(神奈川)が投打で強さを見せつけ、8強進出を決めた。甲子園初先発の背番号「1」の小笠原慎之介投手(3年)が8回を6安打6三振、無四球2失点で勝利に貢献した。打っても二塁打、三塁打を放ち打点1をあげた。

Nikkan Sports 8/15/2015

===

東海大相模・小笠原8強 最速149キロ

「全国高校野球・3回戦、遊学館2-11東海大相模」(15日、甲子園)

... 先発した今秋のドラフト候補、小笠原慎之介投手(3年)8回を6安打2失点(6奪三振)で勝利に貢献した。

... 最速は二回、左打者・中村に対して外角高めに投じた5球目、ファウルになった直球が149キロを計測した。

打っては八回、10-2で迎えた2死一塁の場面で右翼への適時三塁打も放った。

Daily Sports 8/15/2015

===

江夏のように見える/東海大相模・小笠原スカウト評

<阪神中村GM>馬力にほれぼれしました。間違いなく一級品でしょう。堂々としていた。ものが違うよ。

<ヤクルト鳥原チーフスカウト>高校生で、即戦力に一番近い選手であることは間違いない。見た目は(元DeNA)藤井秀悟、力は(元ヤクルト)石井弘寿。自信を持って投げている。

<巨人堤GM>ブルペンから見ていましたが、高校生であれだけ腕が振れる投手はいない。151キロですから、高校生の左ピッチャーでは非凡ですよね。

<広島苑田スカウト統括部長>文句なしのNO・1。即戦力になる。今プロに入っても、そうは打たれないでしょう。

<DeNA吉田スカウト部長>以前は変化球で腕が緩んだが、今はしっかり振れるようになってきた。練習している証拠。成長を感じる。上位は間違いない。

<中日中田スカウト部長>今日は力みが目立ったが、当然評価は抜群。プロで十分通用するし、競合は間違いない。

<日本ハム吉村GM>間違いなく、今年の左投手の最上位クラスです。素晴らしい素材。

<ロッテ松本編成統括>即戦力の投手。真っすぐの力があって、コントロールもいい。(元西武)江夏さんのように見える。間違いなくドラフト1位です。

<楽天長島スカウト部長>物が違う。左腕としては大学、社会人を含めてもNO・1でしょう。マウンドでの落ち着きもあるし高校生の中では即戦力。

Nikkan Sports 8/13/2015

===

小笠原を絶賛 阪神「馬力にほれぼれ」広島「プロでも打たれない」

▼阪神・中村勝広GM 馬力にほれぼれする。間違いなく一級品。マウンドさばきも堂々としていた。

▼広島・苑田聡彦スカウト統括部長 文句なしのNo.1。春から見違えるように良くなった。右打者の懐へ投げる球はプロでも打たれない。

▼DeNA・吉田孝司スカウト部長 今までは変化球を投げる時に少し腕が緩んでいたが、同じ振りで投げていた。即戦力に近づいてきた。

▼中日・中田宗男スカウト部長 いいのは分かりきっている。右打者の懐へうまく攻めることができる。

▼ソフトバンク・小川一夫編成育成部長兼スカウト室室長 肝っ玉の据わった投手。体も強いし馬力がある。

▼日本ハム・吉村浩チーム統括本部長兼GM 素晴らしい。高校生の左腕では1番でしょう。

▼ロッテ・松本尚樹編成統括 即戦力に近い。あれだけ出たら普通は球が荒れるけどコントロールがいい。

▼楽天・上岡良一アマ・スカウトグループマネジャー 150キロを出そうとして出したのだから価値がある。

▼オリックス・中川隆治編成部アマチュアスカウトG長 高校生ではものが

Sponichi 8/13/2015

===

左の152キロ!小笠原にメジャーも注目「世界中でもトップクラス」

第97回全国高野球選手権第7日・2回戦  東海大相模6―1聖光学院 (8月12日  甲子園)

... スライダーで二ゴロに仕留めた。続く5番・笠原への4球目。ファウルとなったが、球場表示で151キロを計測し、どよめきが大きくなった。ネット裏で視察したDeNAとオリックスのスカウトが持つスピードガンでは152キロ。自己最速を2キロ更新し「ビックリした」と言う。ただ驚くだけではない。「ファウルにされた分、まだまだ“成長途中”だなと思った」と自己評価。最後はチェンジアップで空振り三振を奪った。

... 昨夏の神奈川大会で146キロをマークし、注目を集めた。でも、甲子園では勝てなかった。自主練習ではゴムチューブで肩のインナーマッスルを強化。筋力トレーニングの成果もあって、胸囲は100センチを超えた。初戦敗退から1年。6キロの球速アップは努力の証である。

Sponichi 8/13/2015

===

小笠原9球で実力証明!日米スカウトも驚愕「世界中でもトップクラス」

第97回全国高野球選手権第7日・2回戦  東海大相模6―1聖光学院 (8月12日  甲子園)

... スカウト陣も驚く、左投手で史上3人目の150キロ超え。巨人・堤辰佳GMは「高校生であれだけの投手はいない」とあらためてドラフト1位候補に挙げれば、ブレーブスの大屋博行スカウトは「この年齢だと、世界中でもトップクラス」と絶賛した。

Sponichi 8/13/2015

===

東海大相模・小笠原が151キロ!9回1死から登板

<全国高校野球選手権:東海大相模6-1聖光学院>◇12日◇2回戦

... ドラフト1位候補の小笠原慎之介投手(3年)が9回1死から登板した。

聖光学院・西山に対し初球から148キロの直球を投じて場内をわかせると、4球目に変化球を投じて二ゴロに打ち取った。続く笠原の4球目には最速を1キロ更新する151キロを出し、ネット裏に並んだスカウト陣をうならせた。先発した同じくドラフト候補の吉田凌投手(3年)が8回1/3を4安打1失点に抑え、2枚看板が仕事を果たした。

Nikkan Sports 8/12/2015

===

東海大相模連覇 渡辺監督に鍛えてもらった/神奈川

<高校野球神奈川大会:東海大相模9-0横浜>◇28日◇決勝◇横浜スタジアム

... 神奈川最強は自分だと言わんばかりの、圧倒的な124球だった。東海大相模・小笠原は1回2死、自己最速タイの150キロで空振り三振を奪った。エンジン全開。球威は落ちることなく、9回の122球目も149キロを計測。ゲームセットの打球が二塁手のグラブに吸い込まれると、マウンドに向かい両拳を突き上げた。

Nikkan Sports 7/29/2015

===

東海大相模 宿敵横浜討ち!小笠原、防御率0・00連覇

第97回全国高校野球選手権神奈川大会決勝  東海大相模9―0横浜 (7月28日  横浜)

... 今秋ドラフト1位候補の小笠原慎之介投手(3年)が7安打完封し、今大会は4試合27イニングを投げ自責点0だった。

... 初回2死から3番・三河を自己最速タイとなる150キロ直球で空振り三振に斬ると、乗った。最大のピンチは6回2死満塁。前日にサヨナラ打を放った5番・石川に対して直球を3球続けて追い込むと、決め球にはチェンジアップを選択。127キロで空を切らせた。

... 試合開始4分後に満員札止めとなる異様な雰囲気。「のみ込まれそうになったが“相模のエースがそんなんでいいのか”と言い聞かせた」と124球を投げ抜いた。ドラフト1位候補に挙げる巨人・長谷川国利スカウトは「シュート回転する球が一球もなかった」とあらためて高い評価を口にした。

... 今夏4試合、27イニングを自責0。防御率0・00で2年連続の聖地に乗り込む。

Sponichi 7/29/2015

===

東海大相模・小笠原「正直うれしい」

「高校野球・神奈川大会決勝、東海大相模9-0横浜」(28日、横浜)

... 自己最速タイの150キロを記録するなど初回から飛ばした。「圧倒的な強さで勝つ気持ちで投げた」。六回2死満塁のピンチで三振を奪ったチェンジアップも効果的で、中日の石井スカウトも「制球を重視して、投球に幅が出ている」と評価を高めた。

Daily Sports 7/29/2015

===

東海大相模、横浜破り連覇10度目の甲子園/神奈川

<高校野球神奈川大会:東海大相模9-0横浜>◇28日◇決勝◇横浜スタジアム

... 小笠原慎之介投手(3年)が124球で完封した。6回には2死満塁のピンチを招いたが、チェンジアップで空振り三振を奪い、力強くガッツポーズ。7安打を打たれながら粘りの投球で横浜打線を封じた。

Nikkan Sports 7/28/2015

===

東海大相模が横浜以来14年ぶりの連覇

「高校野球・神奈川大会決勝、東海大相模9-0横浜」(28日・横浜)

... 先発した今秋ドラフト1位候補左腕の小笠原慎之介投手(3年)は、最速150キロを計測した直球とチェンジアップなどで反撃を許さず。7安打で完封した。

Daily Sports 7/28/2015

===

東海大相模小笠原を9球団スカウト絶賛

「高校野球・神奈川大会準々決勝、東海大相模8-1平塚学園」(25日、横浜)

... 小笠原の快投には、ネット裏のスカウト陣もうなった。中日の中田スカウト部長は「アウトローの真っすぐは投手の基本。声を上げるぐらい、すごい球も何球かあった。フォーム的にもそろわないと投げられない」と絶賛。「1位は間違いない」と太鼓判を押した。ソフトバンクの永山アマスカウトチーフは「いいものはいい。スピードガンもすごいが、質がいい」と評価。

Daily Sports 7/26/2015

===

東海大相模・小笠原自己最速150キロ出た/神奈川

<高校野球神奈川大会:東海大相模8-1平塚学園>◇25日◇準々決勝◇横浜スタジアム

... ヤマ場を任された「背番号1」の小笠原慎之介投手(3年)は、初回2三振を奪うとガッツポーズを連発した。

... 今年に入ってマウスピースを着用した効果もあり、5回には自己最速を1キロ上回る150キロをたたき出した。チェンジアップを織り交ぜながら9三振を奪い、3安打1失点(自責0)で完投。

Nikkan Sports 7/26/2015

===

東海大相模4強、小笠原最速150キロ完投/神奈川

<高校野球神奈川大会:東海大相模8-1平塚学園>◇25日◇準々決勝◇横浜スタジアム

... ドラフト1位候補のエース小笠原慎之介投手(3年)が、自己最速を1キロ上回る150キロを出し3安打1失点(自責0)9三振を奪って完投した。

Nikkan Sports 7/25/2015

===

ドラフト上位候補の東海大相模・小笠原150キロ出た!1失点完投で圧勝

第97回全国高校野球選手権神奈川大会準々決勝  東海大相模8―1平塚学園 (7月25日  横浜)

東海大相模が平塚学園を8―1で下し4強進出。今秋ドラフト上位候補の左腕・小笠原(3年)は力のある直球がさえ、3安打9三振で1失点完投した。

... 小笠原は自己最速を1キロ更新する150キロをマークするなど直球の勢いが抜群で、140キロ台中盤を連発。スタミナも見せつけた。

Sponichi 7/25/2015

===

東海大相模、3年連続の準決勝進出

「高校野球・神奈川大会準々決勝、東海大相模8-1平塚学園」(25日・横浜)

... 先発した今秋ドラフト1位候補左腕・小笠原慎之介投手(3年)は1失点完投。最速150キロを計測した直球を中心に3安打しか許さず、9三振を奪った。

Daily Sports 7/25/2015

===

プロ注目の東海大相模・小笠原が7回12K完封!/神奈川

... 119球を投げ、散発の3安打で12奪三振。最速147キロをマークする貫禄の完封に、日程が詰まる今後をにらむ門馬監督も「暑い中で耐える力も必要。7回を投げたのはよかった」と労った。

... ネット裏にはDeNA、巨人、阪神などのスカウトが集結。阪神は中村GMら4人体制で視察し、北村スカウトは「右に藤浪、左に彼のような好素材がローテに入ったらプロ野球全体が盛り上がる」と大絶賛した。

Sanspo 7/22/2015

===

東海大相模・小笠原12K7回完封 スカウトは“新化”に期待

第97回全国高校野球選手権神奈川大会4回戦  東海大相模7-0藤嶺藤沢 (7月21日  相模原)

... 視察したDeNA・稲嶺茂夫スカウトも「これからどんな進化を見せてくれるか楽しみ」と期待を寄せる。今大会2試合計9回で無失点。激戦区の神奈川で、絶対的なエースを持つ優勝候補の本命が、2年連続の甲子園へまた一歩近づいた。

Sponichi 7/22/2015

===

東海大相模・小笠原に阪神GM「逸材」

「高校野球・神奈川大会4回戦、東海大相模7-0藤嶺藤沢」(21日、相模原)

今秋ドラフト1位候補の149キロ左腕、東海大相模・小笠原慎之介投手(3年)が、7回を3安打12奪三振で無失点に抑える快投をみせた。視察した阪神・中村勝広GMは「逸材だね」と力強い直球、制球力の高さを絶賛した。

... 空振り三振が9つ。最大の武器の直球だけではない。低めに決まるチェンジアップでもバットに空を切らせた。高校No.1左腕を巨人、DeNAなど4球団のスカウトが視察。

... 担当スカウトら3人とともに、初めてグラウンドで見たという阪神・中村GMは制球力の高さにほれぼれ。「余力を残して投げている感じだったが、アウトコースのコントロールの良さが目に付いた。江夏さんも言っていたが、アウトコースは左投手の生命線。教えられるものじゃない」。スカウトのガンでの最速は147キロで、平均142キロ前後。中村GMは「左でスピードがある投手はなかなか出てこない。逸材だね」とうなった。

Daily Sports 7/22/2015

===

小笠原12Kで東海大相模16強/神奈川

<高校野球神奈川大会:東海大相模7-0藤嶺藤沢>◇21日◇4回戦◇サーティーフォー相模原

... ドラフト1位候補で、最速149キロ左腕の小笠原慎之介投手(3年)が今大会初先発。初回先頭打者に内野安打を許した後は、2回から5回まで無安打に抑えた。最速はDeNAのスピードガンで147キロ。内外にきっちり投げ分け、チェンジアップを織り交ぜながら毎回の12三振を奪った。うち9個が空振りで「空振りが増えているのは大きな収穫です」と7回3安打無失点の内容に笑顔を見せた。ネット裏には巨人、阪神、DeNA、楽天のスカウトが訪れた。阪神中村GMは「格が違う。(県岐阜商の)高橋くん含め高校生の3本指に入る」と評価した。

Nikkan Sports 7/22/2015

===

東海大相模・小笠原、初先発で12K快勝/神奈川

<高校野球神奈川大会:東海大相模7-0藤嶺藤沢>◇21日◇4回戦◇サーティーフォー相模原

東海大相模のドラフト1位候補左腕、小笠原慎之介投手(3年)が今大会初先発で12三振を奪い、7回コールドで快勝した。

初回、先頭打者に内野安打を打たれたが、2回から5回まで無安打。散発3安打に抑え7回を投げきった。

Nikkan Sports 7/21/2015

===

東海大相模・小笠原5連続K締め 8回から今夏初登板、圧巻2回完全

第97回全国高校野球選手権神奈川大会3回戦  東海大相模8―3住吉 (7月19日  保土ケ谷)

... 1点リードの8回に訪れた出番。私立の雄に食い下がる相手公立校を応援する拍手が場内に響く。今夏初登板の小笠原は、その空気を自らの左腕で制圧した。圧巻の5者連続奪三振、2回パーフェクト。ドラフト1位候補の貫禄だった。

... 8回に自らの中前適時打と千野の右越え3ランで加点したが、9回も緩まない。「自分の一番良い球で抑える」と自己最速にあと3キロと迫る146キロの直球で押し、三振、三振、三振で斬り捨てた。投じた26球のうち23球が直球。ネット裏でこの日唯一視察していたソフトバンクの荒金久雄スカウトは「今の高校生で一番良い直球を投げる。他の選手が夏の入りに苦しむ中、堂々としていた」と高く評価した。

Sponichi 7/20/2015

===

東海大相模・小笠原146キロ初陣2回5K/神奈川

<高校野球神奈川大会:東海大相模8-3住吉>◇19日◇3回戦◇サーティーフォー保土ケ谷

... 8回。リードはわずかに1点だったが「気持ちの準備はできていました」。堂々と左腕を振り、4番の左打者・工藤を内角直球で三ゴロに仕留めると、次打者から5者連続三振。2回をパーフェクトに抑えた。26球中、23球が直球。夏初陣でいきなり最速146キロを出した。「自分の一番いい球。リリースで力を入れて投げることを心がけました」と胸を張った。

Nikkan Sports 7/19/2015

===

東海大相模・小笠原5連続K 目標は全国V/神奈川

<高校野球神奈川大会:東海大相模8-3住吉>◇19日◇3回戦◇サーティーフォー保土ケ谷

東海大相模のドラフト1位候補、小笠原慎之介投手(3年)がクローザーとして救援し、住吉を退けた。

... 8回からは3番手で小笠原が救援し5者連続三振を奪い、2回パーフェクトで夏初陣を飾った。

Nikkan Sports 7/19/2015

===

ドラ1候補東海大相模・小笠原10K

「練習試合、東海大相模3-2報徳学園」(28日、東海大相模グラウンド)

今秋ドラフト1位候補左腕の東海大相模・小笠原慎之介投手(3年)が28日、報徳学園(兵庫)との練習試合に先発し、5安打2失点、10奪三振で完投した。

7四死球と制球に苦しんだが、最速144キロを計測した直球を軸に154球を投げ抜いた。

Daily Sports 6/29/2015

===

東海大相模・小笠原 スカウト29人前に3回を5K

<高校野球練習試合:東海大相模2-2大分商>◇6日◇東海大相模グラウンド

東海大相模(神奈川)のドラフト1位候補左腕・小笠原慎之介投手(3年)が、10球団29人のスカウトの前で盤石の投球を見せた。

7回から2番手で登板し、最速145キロをマークするなど無安打5奪三振。ヤクルト小川SDは「アウトコース低めにしっかり投げるのはプロでも難しいが、よく投げられていた」とコメントした。

Nikkan Sports 6/6/2015

===

東海大相模・小笠原、149キロも4失点反省「何もかも江口君が上」

... 今秋のドラフトで上位指名候補の左腕、東海大相模・小笠原は自己最速を3キロ更新する149キロをマークしたものの、2本塁打を含む8安打4失点。 「149キロ? 走っていなかったし、打たれては…。何もかも(浦和学院の)江口君が上」と反省。しかし、DeNA・吉田編成スカウト部長は「投球フォー ムも正統派で、左腕の高校生では1番。ヤクルトにいた石井(一久)タイプ」と変わらず高評価した。

Sanspo 5/20/2015

===

東海大相模 準決勝敗退、小笠原2被弾

「高校野球・春季関東大会準決勝、浦和学院4-0東海大相模」(19日、山日YBS)

東海大相模が敗れ、決勝進出を逃した。今秋ドラフト1位候補左腕の小笠原慎之介投手(3年)は自己最速を3キロ上回る149キロを計測したが、ソロ2発を含む8安打で4失点し、完投負けした。

... それでもスカウト陣は高評価。阪神など8球団が視察し、ロッテの永野チーフスカウトは「直球は素晴らしい。松井裕(楽天)とかぶる」と話した。

===

東海大相模 小笠原初の1試合2被弾、自己最速でもガックリ

第67回春季関東地区高校野球大会準決勝  東海大相模0―4浦和学院 (5月19日  山日YBS)

東海大相模はプロ注目の小笠原は完投したが、自身初の1試合2本塁打を浴びた。プロ8球団15人のスカウトが視察する中で、自己最速を3キロ更新する149キロを計測。しかし、8安打4失点で8回に2本のソロを浴び「コントロールミス。球も走っていなかった」と肩を落とした。それでもDeNA・吉田孝司スカウト部長は「高校生の左腕ではNo・1」と高い評価。小笠原は最後の夏に向け「この悔しさを生かし、制球を磨く」と前を向いた。

Sponichi 5/20/2015

===

東海大相模ドラ1候補小笠原149キロも完投負け

<高校野球春季関東大会:浦和学院4-0東海大相模>◇19日◇準決勝◇山梨・山日YBS球場

東海大相模(神奈川1位)のドラフト1位候補左腕・小笠原慎之介投手(3年)が、9回8安打4失点で敗れた。

... 5回に自己最速を3キロ更新する149キロをマークしたが、奪三振は1つだけ。

Nikkan Sports 5/19/2015

===

東海大相模敗退 小笠原149キロ計測も

「高校野球・春季関東大会準決勝、浦和学院4-0東海大相模」(19日・山日YBS)

... 今秋ドラフト1位候補左腕の小笠原慎之介投手(3年)が自己最速を3キロ更新する149キロを計測したが、8安打4失点で完投負け。五回に適時三塁打を浴びて2点を先制されると、八回には2本のソロを左越えに運ばれた。

Daily Sports 5/19/2015

===

土砂降り何の!東海大相模左腕・小笠原 40人スカウトの前で好投

第52回MRT招待高校野球 (5月9日  サンマリンスタジアム宮崎)

... 土砂降りに近い強い雨が降る中、先発した小笠原は5回1安打無失点の好投。12球団40人超のスカウトが見守る前で、厳しいコンディションでも制球重視で乗り切った。昨夏甲子園でも同じように足場が悪い中で盛岡大付戦を戦っただけに「こういう状況はやろうと思ってもできるわけじゃないので、良い経験になった。下半身をうまく使って、6、7割の力で投げられた」と振り返った。

Sponichi 5/9/2015

===

ドラ1候補東海大相模・小笠原が5回1安打の好投

<宮崎招待高校野球大会:東海大相模4-0都城>◇9日◇KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎

東海大相模(神奈川)のドラフト1位候補左腕、小笠原慎之介投手(3年)が、雨の中、5回1安打7奪三振と好投した。

... 試合は5回降雨ノーゲームになった。

Nikkan Sports 5/9/2015

===

小笠原鼻血もV投!東海大相模の左腕

「春季高校野球・神奈川大会決勝、東海大相模8-4相模原」(3日、サーティーフォー保土ケ谷)

東海大相模のドラフト候補左腕・小笠原が救援で2回2/3を無安打無失点、4奪三振の力投。鼻血のためベンチで治療を受ける場面もあったが、最後は空振り三振で優勝を決めた。「変化球でカウントを取る、9回を投げる体力をつけるのが課題」と話す一方、「直球は空振りを取れたり、あまり前に飛ばされなくなった」と、手応えも口にした。

Daily Sports 5/4/2015

===

東海大相模7年ぶり春V 小笠原鼻血も無安打投球

<高校野球春季神奈川大会:東海大相模8-4相模原>◇3日◇決勝◇サーティーフォー保土ケ谷

... 7回途中から2番手で登板したドラフト1位候補の小笠原慎之介投手(3年)が2回2/3を投げ、無安打4奪三振無失点の好投。9回2死後に鼻血のアクシデントでいったんベンチに下がったがすぐに復帰し、きっちり役目を果たした。

Nikkan Sports 5/3/2015

===

東海大相模・小笠原11K145キロ 7球団熱視線

<高校野球春季神奈川大会:東海大相模4-0慶応>◇26日◇準々決勝◇サーティーフォー保土ケ谷

... 「背番号1」の左腕、小笠原慎之介投手(3年)が先発し、最速145キロで8回1/3を1安打11奪三振で無失点。

... ネット裏には7球団のスカウトが集結した。広島のスピードガンでは初回から自己最速にあと1キロに迫る145キロを計測した。さえ渡った直球は内角を突き、4者連続を含む11三振を奪った。一方で6四球を出し「真っすぐの質は上がったと思いますが、変化球でカウントを取れなかったのが課題」と1安打無失点にも自己評価は厳しかった。

Nikkan Sports 4/27/2015

===

東海大相模のドラフト候補を7球団視察

「高校野球・神奈川大会準々決勝、東海大相模4-0慶応」(26日、保土ケ谷)

東海大相模の誇る今秋ドラフト候補コンビが2安打完封リレーだ。7球団のスカウトの前で、先発の左腕・小笠原は九回途中1安打11奪三振。最速145キロを計測し「質は上がっていると思う」と収穫を挙げた。阪神の北村スカウトは「腕がしっかり振れるようになった。左腕ではトップクラス」と評価。右腕・吉田は二塁打を浴びたが後続を断った。

Daily Sports 4/27/2015

===

東海大相模4強 ドラフト候補コンビで2安打完封

高校野球春季神奈川大会:東海大相模4-0慶応>◇26日◇準々決勝◇サーティーフォー保土ケ谷

... 先発した左腕・小笠原慎之介投手(3年)が8回1/3を1安打11奪三振無失点好投。

Nikkan Sports 4/26/2015

===

東海大相模8強 小笠原が10K完封

<高校野球秋季神奈川大会:東海大相模5-0鶴嶺>◇15日◇4回戦◇バッティングパレス相石スタジアムひらつか

東海大相模・小笠原慎之介投手(2年)が完封し、8強入りを決めた。

初戦に続く中1日での先発だったが4安打、10奪三振の好投。「背番号1」を託されたエース左腕が、しっかり仕事をやってのけた。

Nikkan Sports 9/15/2014

===

小笠原4安打10K完封!東海大相模が8強入り

秋季高校野球神奈川県大会4回戦  バッティングパレス相石スタジアムひらつか (9月15日  東海大相模5─0鶴嶺)

... エース左腕の小笠原が4安打10奪三振完封。登板2戦連続2ケタ奪三振の好投を見せた。初戦から中1日の登板も「初戦より内容はよかった」と頼もしかった。

Sponichi 9/15/2014

===

東海大相模コールド発進 小笠原7回14K

<高校野球秋季神奈川大会:東海大相模8-1橘>◇13日◇2回戦◇サーティーフォー相模原

... 「140キロカルテット」から2人の3年生が抜け、エースナンバーの背番号「1」を付けたのは、最速144キロ左腕の小笠原慎之介投手(3年)。

先発したこの日は、7回14奪三振で1失点に抑えた。「1つのヤマを越えた。自分が抑えれば、野手が点を取ってくれると思いました」と安堵(あんど)した。

Nikkan Sports 9/13/2014

===

東海大相模コールド発進!左腕小笠原が7回14K完投

秋季高校野球神奈川県大会・2回戦  東海大相模8─1橘 (9月13日  サーティフォー相模原)

... 背番号1を背負うエース左腕の小笠原慎之介投手(2年)は7回6安打14奪三振完投。4四球1失点と制球に課題を残したが「ひとつヤマを越えたと思う。まずは神奈川県制覇を目指して、一つ一つ戦っていきたい」と、初戦突破に安どの表情を浮かべた。

Sponichi 9/13/2014

===

東海大相模が横浜に連敗春絶望/高校野球

<秋季高校野球神奈川大会:横浜4-0東海大相模>◇6日◇準決勝◇保土ケ谷

... 先発の1年生左腕、小笠原慎之介投手が5回4安打1失点と好投。しかしその後の投手陣が踏ん張りきれなかった。打線も横浜・伊藤将司投手(2年)を攻略できず無得点に終わった。

Nikkan Sports 10/6/203

===

ドラフト・レポート

===