Welcome to Yakyubaka.com

大田 圭利伊 (菊川南陵)

by on Oct.22, 2013 @ 4:53 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

大田 圭利伊 (菊川南陵)
おおた・けりい

189cm / 90kg
L / L

===

大田圭利伊無念…指名なし 進路は未定

<プロ野球ドラフト会議>◇24日

菊川南陵の大田圭利伊内野手(3年)は、どの球団からも指名はされなかった。この日午後5時から開催されたドラフト会議の中継を見つめたが、最後まで自身の名前は呼ばれない。1年間のブランクにも負けずに準備をしてきたが、夢はかなわなかった。

この日は、午後7時からTBS系「ドラフト緊急生特番 お母さんありがとう~夢を追う親と子の物語運命の瞬間を生中継」が放送され、菊川南陵にはTBS取材班や報道陣のほか、地域住民も詰めかけた。母・いつさんとのドキュメンタリー映像も番組で放送され、大田は時折笑顔も見せた。だが、午後8時32分にテストを受けた広島が育成指名終了を宣言すると、大田は大きく息を吐き目をとじた。

... プロ入りを目指していたこともあり、今後の進路は未定だ。野球を続けられる環境を模索していく。

Nikkan Sports 10/25/2013

===

菊川南陵・大田圭利伊は指名されず

<プロ野球ドラフト会議>◇24日

ナイジェリア人を父に持つ菊川南陵(静岡)大田圭利伊内野手(19)は指名されなかった。

大阪・興国を中退し再入学したため昨年夏で現役は終了。その後は野球への思いも揺らいだが、周囲の勧めもありプロへの道を歩いてきた。9月に広島、日本ハムのテストを受験。最終試験まで残った。

しかし育成ドラフトでも指名されず、ドラフト会議は終了した。「チャンスがあれば頑張りたい」と生出演したテレビ番組で話した。

Nikkan Sports 10/24/2013

===

菊川南陵・大田1年ブランク越え吉報待つ

プロ野球ドラフト会議が今日24日午後5時から、都内で行われる。19歳となった菊川南陵の大田圭利伊(3年)は、1年のブランクをものともせず吉報を待つ。大阪・興国を中退し再入学したため昨年夏で現役は終了。その後は野球への思いも揺らいだが、周囲の勧めもありプロへの道を歩いてきた。

... 2年だったが高野連規定により現役は終了。その後も練習に参加したが気持ちは戻らなかったという。「(社会人野球の)日本生命の練習にも参加したりごろごろしたり。英語がしゃべれないので語学留学しようとも思っていた」。

... もともとプロに対しては「縁があるとは思っていなかった」という。そんな時でも、スカウトが動画撮影に訪れるなど徐々に、再び野球への道が広がっていった。

9月に広島、日本ハムのテストを受験。100人以上が参加し「高校生は6人くらい。社会人の人が多くてちょっとびびった」と話す。それでも最終試験まで残った。牧野剛史監督は「最終試験まで残っているし、引っかかってくれれば。走れるし面白い存在だと思う」と話した。

Nikkan Sports 10/24/2013

===

菊川南陵・大田、ドラフト指名へ19歳の挑戦 一度は諦めたプロ目指す

プロ野球のドラフト会議が24日に行われる。今夏の高校野球県大会で準優勝した菊川南陵高から、19歳の大砲・大田圭利伊(3年)がプロ志望届を提出した。一度は断念した野球の道へ、吉報を待つ。

... 父がナイジェリア人だが日本で生まれ育ち、英語は全く話せない。卒業後は語学留学を考え、昨夏の引退後は練習していなかった。だが母・いつさん(50)か ら「野球を続けて」と言われ、プロを視野に。今春、トレーニングを再開し、体のキレも戻ってきた。牧野剛史監督(34)も「練習を頑張っていましたから ね」と努力を認める。9月に受験した広島と日本ハムの入団テストでも、最終試験まで残った。

打撃フォームも変えた。高校ではチームの勝利を優先し、ミートを重視していたが、現在はフォロースルーを大きくして一発長打を狙っている。「芯に当たった ときの長打力が持ち味ですから」。190センチ、96キロの巨体ながら50メートルを6秒2で走る身体能力も魅力。隠れた逸材が指名を受けて大舞台へ飛び 出すか、注目だ。

... 高校通算29本塁打。

Sports Hochi 10/22/2013

===

ドラフト・レポート

===