Welcome to Yakyubaka.com

飯塚 悟史 (日本文理)

by on Jan.07, 2014 @ 6:05 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

飯塚 悟史 (日本文理)
いいづか・さとし

185cm / 76kg
R / L

===

2戦連続の完全リレー 飯塚、制球さえた!岸「全力で腕を」

第10回U―18アジア野球選手権 1次リーグ  日本11―0中国 (9月3日  バンコク(タイ))

... 先発の飯塚は5回を投げ、球数は42球。ボール球はわずか7球と抜群の制球力を披露し「無駄な球を投げたくなかった。打たせてリズムをつくろうと思った」と納得顔。

Sponichi 9/4/2014

===

飯塚、岸の完全リレーで日本が中国に圧勝

<U18アジア選手権:日本11-0中国>◇3日◇1次リーグ◇タイ・バンコク

... 夏の甲子園で1人で5試合連続完投、650球を投げ抜き4強入りした日本文理(新潟)のエース、飯塚悟史投手(3年)が先発。5回をパーフェクト、4奪三振に抑えた。

Nikkan Sports 9/3/2014

===

5戦650球 日本文理・飯塚涙も「悔いはない」

第96回全国高校野球選手権大会準決勝  日本文理0―5三重 (8月24日  甲子園)

 

... 全5試合で完投。44回、650球を一人で投げ抜いたが、体は悲鳴を上げていた。10安打5失点に「低めで打たせていこうと思ったが、見極められた。向こ うが上だった」と振り返る。8回2死二塁、最後の打者から141キロ直球で空振り三振を奪った。

... 1年秋から背番号1を背負い、チームの大黒柱としてベスト4に貢献した。今後の進路については明言しなかったが「投手で勝負したい」と、プロ志望届を提出 する見込みだ。準優勝した09年以来の決勝進出はできず、新潟県勢初優勝の夢もかなわなかった。それでも飯塚は「最高の仲間と自分たちの野球ができた。悔 いはない」と胸を張って、甲子園を去った。

Sponichi 8/25/2014

===

日本文理飯塚5試合完投…プロの舞台へ

「全国高校野球・準決勝、三重5-0日本文理」(24日、甲子園)

... 進路は明言を避けたが「上の世界でやれるように頑張りたい」と、プロ志望が有力だ。完投の美学にこだわり、今大会は5試合650球を投げ抜いた。3季連続で出場し「本当にたくさん成長させてもらった」という聖地の経験を糧に、もっと大きな投手になる。

Daily Sports 8/25/2014

===

日本文理・飯塚全5戦完投「悔いはない」

<全国高校野球選手権:三重5-0日本文理>◇24日◇準決勝

全5試合で完投し、650球を投げ抜いた日本文理のエース飯塚悟史投手(3年)は「1番をつけている自分に、最後まで投げさせてくれた監督や仲間に感謝している」とすがすがしい表情で汗をぬぐった。

Nikkan Sports 8/24/2014

===

日本文理、新潟初Vへ飯塚4連続完投

<全国高校野球選手権:日本文理5-1聖光学院>◇22日◇準々決勝

日本文理(新潟)は飯塚悟史投手(3年)の4試合連続完投で5年ぶりに4強に進出した。

打たれても、辛抱強く右腕を振り続けた。6回を除いて毎回走者を背負い10安打されたが、速球とムキになる自分を捨てた。フォークでタイミングを外し、打たせて取った。今大会ただ1人の4試合完投。548球を1人で投げ抜いた。

... それでも、最後の打者には141キロを2球続け、気迫とスタミナを見せた。豊川(愛知)に延長サヨナラ負けを喫した今春のセンバツ後は、自主練習でひたすら走り込んだ。5日連続でブルペンに入り、200球を投げ込む日もあった。あえて肩の張った状態で投球し、精神面を鍛え、スタミナを蓄えた。

Nikkan Sports 8/23/2014

===

日本文理・飯塚3K締め!北信越旋風

「全国高校野球・2回戦、日本文理3-2東邦」(18日、甲子園)

... 注目右腕同士の投げ合いで、今秋ドラフト候補の飯塚悟史投手(3年)が6安打2失点9奪三振の好投で、2試合連続の完投勝利。これで北信越勢は史上初の4校が16強入りとなった。

... ラストボールに進化の証しが詰まっていた。日本文理・飯塚が投じた132球目。この日最速の144キロ直球に、バットが空を切る。九回は圧巻の3者連続三振締め。「『このボールで決めよう』と思っていた。次の試合につながる1球だった」。クールなエースも、満足感たっぷりだ。

序盤でスライダー、フォークのキレのよさを感じ取ると、変化球を増やし、カウント球にも多用した。捕逸で先制された四回、左翼手が打球処理を誤った不運な三塁打で加点された五回も、慌てずイニングの最後は三振。最少失点で切り抜け、自身も左前打でつないだ、六回の逆転につなげた。

Daily Sports 8/19/2014

===

日本文理・飯塚完投!5年ぶり夏勝利

<全国高校野球選手権:日本文理5-2大分>◇12日◇1回戦

... プロ注目の飯塚悟史投手(3年)が先発。制球が定まらず初回に先制点を許したが、6回以降直球から変化球中心の配球に変え8安打2失点で完投した。

Nikkan Sports 8/12/2014

===

日本文理4強 飯塚完投13K/新潟

<高校野球新潟大会:日本文理3-2中越>◇24日◇準々決勝◇ハードオフ新潟

第1シードの日本文理は、5安打2失点で完投したエース飯塚悟史投手(3年)が、中越相手に13個の三振を奪った。

... ギアを一気に上げた。4回に4安打を浴び2点を許すと、5回以降、毎回の9奪三振、被安打1の投球で勝ちを引き寄せた。「4回は外角の直球を持っていかれたので5回からは配球を変えた」。この日最速140キロの直球を見せ球にし、変化球主体に組み替えた。決め球に据えたスライダーがさえ、13個中11個の三振を空振りで奪った。尻上がりに調子を上げ、8回にも140キロを2球計測した。

... 「勝てる投手」を目指した。昨夏までの飯塚は腕を目いっぱい振って三振も取るが、四球も多かった。甲子園初戦敗退後にフォーム改造に取り組んだ。大きかったテークバックをコンパクトにし、縦振りだった腕の振りをやや下げて制球の安定を図った。冬の間はマエケン体操で肩甲骨を柔らかくし、今春のセンバツでフォームが固まった。

Nikkan Sports 7/25/2014

===

日本文理4強 飯塚が13K完投/新潟

<高校野球新潟大会:日本文理3-2中越>24日◇準々決勝◇ハードオフ新潟

先発した日本文理・飯塚悟史投手(3年)が9回完投し、5安打13奪三振2失点で準決勝に進出した。

Nikkan Sports 7/24/2014

===

【新潟】日本文理・飯塚、6回までノーヒッター!89球完投発進に巨人スカウト「楽しみな素材」

◆第96回全国高校野球選手権新潟大会 ▽2回戦 日本文理3─1新潟(13日・鳥屋野)

新潟ではドラフト候補右腕、日本文理・飯塚悟史(3年)が登場。9回1失点で初戦を突破した。

“越後の怪物”のポテンシャルは段違いだった。飯塚は力を抜いたフォームから、MAX141キロの直球を主体に内外角を突き、凡打の山を築いた。6回まで 出した走者は味方の失策による1人だけ。7回先頭で初安打を許し、ノーヒッターこそ逃したが、3安打1失点で無四球完投。たった89球で夏初戦を投げ抜い てみせた。

... 投打ともにドラフト候補に挙がる逸材への評価は高い。視察した巨人・井上スカウトは「春より投球に強弱が付けられるようになった」と成長を認めた。バット では3打数無安打だったが、6月の練習試合では昨夏の甲子園V腕、前橋育英・高橋光成(3年)から一発を放っており、井上スカウトは「左の長距離砲は、そ ういない。投打とも楽しみな素材」と語った。

Sports Hochi 7/14/2014

===

日本文理・飯塚が1失点完投勝利/新潟

<高校野球新潟大会:日本文理3-1新潟>◇13日◇2回戦◇鳥屋野球場

日本文理のエース飯塚悟史投手(3年)が9回3安打1失点の投球で3回戦に進出した。

5回まで走者を1人も出さない完璧な投球だったが、9回に連打を許し内野ゴロの間に失点。大井道夫監督(72)は「9回の失点で8回までの好投が台無しだ」と振り返った。

Nikkan Sports 7/13/2014

===

日本文理・飯塚「ゴジラ」卒業投球術磨く

... 「越後のゴジラ」を卒業する。日本文理(新潟)のエース飯塚悟史投手(3年)は昨秋の明治神宮大会で3本塁打。センバツではその長打力に注目が集まったが、1回戦敗退を機に投球術に磨きをかけた。5月の西日本短大付(福岡)との招待試合では、自己最速の145キロを計測し、同じドラフト候補の小野郁(3年)に1-0で投げ勝った。「あのニックネームはうれしくない。自分が打てなくても、周りが打ってくれる。今は勝てる投手を目指している」。飯塚の右腕が、チームを3季連続の甲子園に連れて行く。

Nikkan Sports 7/4/2014

===

越後のゴジラ、日本文理・飯塚力尽く

<センバツ高校野球:豊川4-3日本文理>◇22日◇1回戦

豊川(愛知)は延長13回で日本文理(新潟)に勝利。“越後のゴジラ”こと日本文理・飯塚悟史投手(3年)は、184球で力尽きた。

飯塚のバットから快音は聞かれなかった。昨夏以来の5番に座ったが豊川に徹底的に研究され、わずか1安打に抑えられた。エースとしての力投も実らなかった。先発し11三振を奪ったが、延長13回裏、2死二塁からスライダーを左中間に運ばれサヨナラ負け。飯塚は「悔しい。それだけです。気持ちの甘さだと思います」と肩を落とした。

Nikkan Sports 3/23/2014

===

ドラ候補、日本文理・飯塚力投実らず

「選抜高校野球・1回戦、豊川4‐3日本文理」(22日、甲子園)

... 今秋ドラフト候補右腕の飯塚が初戦で散った。勝利目前で九、十回と2度追いつかれ、最後は左中間にサヨナラ二塁打を浴びた。

延長戦に入っても直球は140キロ超。184球、11奪三振の力投も実らなかった。神宮大会3本塁打の打撃も1安打のみに終わり「力が足りなかった。負けたのは弱いから。夏に向けてやり直したい」と誓った。

Daily Sports 3/23/2014

===

日本文理が延長13回サヨナラ負け

<センバツ高校野球:豊川4-3日本文理>◇22日◇1回戦

日本文理(新潟)が延長13回の末、サヨナラ負けを喫した。

プロ注目の飯塚悟史投手(3年)が先発。序盤は球威もあり変化球も切れがあったが、8回以降は球が浮き始めスライダーが甘く入る場面が増えた。1-0で迎えた9回裏で同点に追いつかれると13回裏、2死二塁から左中間へ運ばれゲームセット。飯塚は「仲間が取ってくれた点を自分が無駄にした。たくさん応援に来てくれていたのに申し訳ないです」と悔しさをにじませた。

Nikkan Sports 3/22/2014

===

越後のゴジラ大暴れ日本文理・飯塚4打点

今秋ドラフト候補で“越後のゴジラ”の異名を持つ日本文理(新潟)のエース右腕・飯塚悟史投手(3年)が大阪でも大暴れだ。19日、大阪・茨木市内で箕面学園(大阪)と近大高専(三重)と練習試合を行い、2試合で3安打4打点を稼ぐ活躍。投げては5回1失点でチームを連勝に導き、投打で上々の仕上がりを見せた。

Nikkan Sports 3/20/2014

===

プロ注目の日本文理・飯塚好投!5回1失点

21日に開幕するセンバツ高校野球に出場する日本文理(新潟)が19日、大阪・茨木市内で練習試合を行った。

... 近大高専戦ではプロ注目の飯塚悟史投手(3年)が先発し、5回1失点と好投。大井道夫監督は「飯塚はツーストライクを取ってからもっと丁寧に投げないと。打つ方はもちろんだが、まずはエースとして頑張ってもらわなきゃ」と話した。

Nikkan Sports 3/19/2014

===

春のセンバツ注目株をチェック! 済美・安楽、前橋育英・高橋不在も逸材そろう

... 「打撃のスケールでは大谷(翔平投手=日本ハム)の向こうを張れる。現時点で左打者では一番。この1年でどこまで伸びるか楽しみだね」。セ・リーグスカウトが期待を寄せるのが日本文理(新潟)の飯塚悟史投手(2年)だ。その名を一気に全国区に知らしめたのが昨秋の明治神宮大会決勝の2本塁打。第2打席で右翼席上段に届く特大の一発を放つと、さらに中堅バックスクリーン越えの推定135メートル弾で関係者の度肝を抜いた。

飯塚は「飛ばすのが自分の持ち味」とはにかんだが、球場関係者も「あそこまで飛んだのは見たことがない」と目を丸くした一発だった。神宮大会では投球に専念するため9番に入ったが、センバツでは中軸を務める予定だ。

ZakZak 1/7/2014

===

ドラフト・レポート

===