Welcome to Yakyubaka.com

加藤 貴之 (新日鉄住金かずさマジック)

by on Apr.25, 2014 @ 5:31 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

加藤 貴之 (新日鉄住金かずさマジック)
かとう・たかゆき

182cm / 80kg
L / L

===

かずさマジック加藤 8球団スカウトの前で2回無失点

第70回JABA東京スポニチ大会予選リーグDブロック  新日鉄住金かずさマジック5─4大阪ガス (3月11日  大田)

... 初戦の明治安田生命戦では6回途中11被安打4失点と散々だったが、この日は見違えた。同点の8回から登板し、最速143キロを軸に、鋭い腕の振りで1安打に抑えた。

... ネット裏には8球団のスカウトが視察に訪れ、担当の阪神・平塚克洋スカウトは「前回より良くなっていた。本来の腕の振りができていた。評価するのはまだまだこれから」と話した。

Sponichi 3/12/2015

===

ドラ1候補かずさマジック加藤 中1日復活

<社会人野球・東京大会:新日鉄住金かずさマジック5-4大阪ガス>◇11日

プロ注目の社会人NO・1左腕、新日鉄住金かずさマジックの加藤貴之投手(22=拓大紅陵)が今季初勝利を挙げた。中1日でリリーフ登板。2回を被安打1の無失点に抑え、チームの2連勝を導いた。

... 9日の6失点降板から中1日で登板すると、最速143キロをマークして2回を1安打に抑えた。

Nikkan Sports 3/12/2015

===

落合GM視察も…かずさマジック ドラフト候補左腕 6失点「マッチしなかった」

第70回JABA東京スポニチ大会予選リーグDブロック  新日鉄住金かずさマジッ ク7─6 明治安田生命 (3月9日  横浜)

新日鉄住金かずさマジックがタイブレークにもつれ込む激闘を制し、明治安田生命を下した。先発した今秋ドラフト候補の左腕・加藤貴之投手は5回0/3を11被安打6失点と乱調。4回には右越えソロを浴びるなど精細を欠いた。

... 昨年は左肘痛の影響で夏以降は公式戦の登板がなかっただけに、ネット裏では中日・落合GMが視察したほか、11球団のスカウトが集結。巨人・山下哲治スカウト部長は「まずは先発で投げられたことが良かった」とした。

Sponichi 3/9/2015

===

ドラフト上位、かずさマジック加藤貴之11被安打

<社会人野球東京大会:新日鉄住金かずさマジック7-6明治安田生命>◇9日◇予選リーグ第1日◇横浜スタジアム

... 先発したドラフト上位候補左腕の加藤貴之投手(22=拓大紅陵)が5回0/3を投げ11安打され降板したが、救援したルーキーの玉井大翔投手(22=東農大北海道)らが踏ん張り、両チーム合わせて26安打の乱打戦をものにした。

Nikkan Sports 3/9/2015

===

最速144キロ左腕 プロへ“勝負の年” スポニチ大会組み合わせ決定

... 昨秋ドラフト候補に挙げられながらもケガなどで残留した新日鉄住金かずさマジックの左腕・加藤貴之投手(22)は、真のエースとして1年を通じてのフル回転を誓った。

... 拓大紅陵(千葉)では投手だったが、基礎から鍛え直すというチーム方針で入社後1年間は内野手に転向。2年目から投手に戻った。鋭い腕の振りから繰り出す最速144キロを武器に、昨年はドラフトの上位候補に浮上。しかし「(相手に)研究され始め、考えすぎてフォームがバラバラになった」。立て直そうと投げ込んだことで、同夏に左肘を痛めた。

腕を振るだけでも肘は悲鳴を上げた。ケガとの闘いが続き、連覇を狙った日本選手権出場を逃した。初めて日本代表入りした9月のアジア大会(韓国・仁川)終了後、「まだ会社に貢献していない」と残留を決断。そこから意識が変わった。トレーナーに自らアドバイスを聞くなど積極的な姿勢も芽生え、「腕の振りがより強くなった」と手応えもつかんでいる。

Sponichi 2/10/2015

===

社会人No・1左腕は“変則二刀流”かずさマジックの加藤

社会人No・1左腕は、新日鉄住金かずさマジックの加藤だ。拓大紅陵(千葉)では投手だったが入社当時は内野手。2年目から再転向した異色の経歴を持つ。

... 最速は144キロながら巨人・山下哲治スカウト部長が「スピードガン以上に伸びを感じる」と評する球質が持ち味だ。ブレーキの利いたスライダーも武器で、大舞台の経験も豊富。

Sponichi 1/3/2015

===

プロ注目の新日鉄住金かずさマジック・加藤 期待通り7回0封

都市対抗野球第4日・2回戦  新日鉄住金かずさマジック4―1永和商事ウイング (7月21日  東京ドーム)

2回戦3試合が行われ、昨年の日本選手権を制した新日鉄住金かずさマジック(君津市)はエースの加藤貴之投手(22)が7回無失点と好投し、初出場の永和商事ウイング(四日市市)を4―1で退けた。

... 初回は打者3人に対し、14球全て直球勝負で3者凡退。4回2死から福田に初安打となる右前打を許すと、連打を浴び一、二塁。それでも「2ストライクに追い込んだから、真っすぐで三振が取れると思った」と中居を外角高めの直球で、狙い通りの空振り三振に斬って取った。

異例の経歴をたどってきた。拓大紅陵(千葉)ではエースだったが、打撃力を評価されて内野手として入団。だが、守備が下手だったこともあり、入社2年目の夏、鈴木秀範監督から「きょうからピッチャーをやれ」と投手への再転向を命じられた。

... 今冬からは1日300球の投げ込みと走り込みでスタミナを強化した。この日は7回92球でマウンドを降りたが、「まだまだ投げられた。先発で投げるからには9回を投げきりたい」と物足りない様子。鈴木監督は「予想通りというか、これくらいは投げると思っていた」と評価した。

▼広島・苑田聡彦スカウト統括部長 後ろがゆっくりで、腕が急にバッと出てくるから、打者はタイミングが取りづらいのではないか。

▼巨人・山下哲治スカウト部長 真っすぐの質が良い。スピード表示よりも球が来ているんでしょう。左投手だし、(ドラフトで)人気が出るだろう。

Sponichi 7/22/2014

===

日米10球団来た!新日鉄住金かずさマジック左腕が2安打完封

スポニチ後援社会人野球関東選抜リーグ前期第6日  新日鉄住金かずさマジック2―0JX―ENEOS (4月24日  大田)

新日鉄住金かずさマジックは今秋ドラフト候補の4年目左腕・加藤が2安打完封。

日米10球団が視察する中で、最速139キロの直球を武器に丁寧にコーナーを突いた。「打たせてアウトを取れたのが良かった」。拓大紅陵時代はエースだったが、体づくりのために野手として入社。昨年投手に再転向したばかりで経験は浅いものの、日本ハム・大渕隆アマスカウトディレクターは「十分、指名候補になる」と評価した。

Sponichi 4/25/2014

===

ドラフト・レポート

===