Welcome to Yakyubaka.com

谷中 規彦 (下館工)

by on Apr.28, 2014 @ 5:13 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

谷中 規彦 (下館工)
やなか・のりひこ

178cm / 65kg
R / R

===

プロ注目下館工・谷中完投負けに涙/茨城

<高校野球茨城大会:藤代3-1下館工>◇12日◇2回戦◇土浦市営

... プロスカウト2球団が見守る試合。下館工・谷中規彦投手(3年)は、対策を講じてきた藤代相手に8回を投げ6被安打3失点。3回には3者連続奪三振、自己最速タイの142キロを出すなど見せ場も作ったが、2回戦で涙をのんだ。

中学までは無名だった谷中だが、「追い込んだら三振を狙う」攻めのスタイルで新チーム以降急成長。春の県1回戦(対日立北)では県タイ記録の10者連続を含む15奪三振。

... 今後の進路は未定だが、プロを見据え、次のステップでの活躍を心に誓った。

Nikkan Sports 7/12/2014

===

下館工・谷中ノーヒットノーラン

「全国高校野球選手権茨城大会・1回戦、下館工4-0江戸川学園取手」(6日、土浦市民」

茨城大会で、下館工のプロ注目右腕、谷中規彦投手(3年)が江戸川学園取手戦で自己最多タイの15三振を奪い、ノーヒットノーランを達成した。

... この日は広島、巨人など5球団のスカウトが視察。DeNAの河原スカウトは「体も大きくなったようだし、春よりよくなった」と成長を評価した。

Daily Sports 7/7/2014

===

茨城のドクターK!下館工・谷中 ノーヒッター全国一番乗り

茨城大会1回戦  下館工4―0江戸川学園取手 (7月6日  土浦市営)

狙い通りの投球だった。下館工のエース右腕・谷中(やなか)は、江戸川学園取手相手にノーヒットノーランを達成し「3、4回くらいから(記録は)意識していた。追い込んだら三振を狙って、あとはバックを信じて投げた。ホッとした」と振り返った。

140キロ前後の直球、スライダーにカットボールを織り交ぜ、自己最多タイの15三振を奪った。許した走者は味方の失策と振り逃げ(2度)の3人だけ。わずか106球、無四球で投げきり「フォークとカーブもあるけど、使っていない。きょうは真っすぐが走っていた」と、持ち球を封印しながら大記録を成し遂げた。

Sponichi 7/7/2014

===

下館工・谷中が15Kノーヒッター/茨城

<高校野球茨城大会:下館工4-0江戸川学園取手>◇6日◇1回戦◇土浦市民

茨城の「ドクターK」が今夏のノーヒッター全国1号に輝いた。下館工の谷中規彦(のりひこ)投手(3年)が江戸川学園取手戦で9回ノーヒットノーランを達成した。106球を投げて無四球、許した走者は失策と2つの振り逃げによる3人のみ。珍しい1イニング4三振の記録を含む計15個の三振を奪い、プロ5球団のスカウトの前で快投を演じた。

... 野球では無名校の下館工を選んだ理由は、「就職優先で、野球もできるから」。入学時は120キロ台だった直球が、一冬を越えて開花。課題だった膝の割れをなくすため、スクワット中心のトレーニングを行ったことが功を奏し、2年春には140キロに到達した。この日はDeNA、ヤクルトなど5球団のスカウトも視察に訪れ、「プレッシャーはありますが、自分の力を出せればいい投球ができると思っています」と球場表示で自己最速タイの142キロをマークした。

Nikkan Sports 7/7/2014

===

下館工・谷中が無安打無得点15K/茨城

<高校野球茨城大会:下館工4-0江戸川学園>◇6日◇1回戦◇土浦市民球場

下館工のエース谷中規彦(のりひこ)投手(3年)が江戸川学園戦でノーヒットノーランを達成した。

プロ注目の右腕は初回に自己最速タイの142キロをマークするなどエンジン全開。出塁を許したのは失策と2つの振り逃げだけで、15三振を奪った。投球数は106。

182センチ、67キロ、右投げ右打ち。春季大会で10者連続三振を奪い注目された。

Nikkan Sports 7/6/2014

===

下館工・谷中 県タイ記録10者連続K

... 下館工(茨城)のエース谷中規彦投手(3年)は「追い込んだら三振を狙う」と、攻めのスタイルを貫いて急成長した。昨秋の県2回戦(対鹿島学園)では延長10回の末に惜敗したが、9奪三振で1失点完投。春の県1回戦(対日立北)では県タイ記録の10者連続を含む15三振を奪って一躍、「茨城のドクターK」の異名が定着した。

... 入学時は120キロ台だった球速も、走り込みとウエートの成果で最速142キロに到達した。決め球は「縦スライダーと間違われる」というカットボール。直球と同じ腕の振りで、本塁手前で鋭く沈み、打者を惑わす。さらに投球の幅を広げるため、新球ではフォークの習得に挑んでいる。打撃でも新チームから4番に座るなど、まさに攻守でチームの大黒柱。

Nikkan Sports 7/3/2014

===

【春季大会】県立下館工・谷中、10連続K!井川に並んだ茨城タイ記録

◆高校野球春季茨城県大会 ▽1回戦 下館工3―1日立北(27日・笠間市民)

茨城の県立高校に“ドクターK”がいた。高校野 球の春季茨城県大会が27日、開幕し、下館工・谷中規彦投手(3年)が1回戦の日立北戦(笠間市民)で、県タイ記録となる10者連続奪三振をマーク。97 年の春季県大会で水戸商・井川慶(現オリックス)が打ち立てた快記録に並んだ。

最後の打者を15個目の三振で仕留め、6安打1失点完投。3―1の接戦を制したエースは、はにかむような笑顔で整列に加わった。圧巻は4回2死二塁からの10連続K。

... 最速は140キロをマーク。走り込み中心の下半身強化で入学時の120キロ台から急成長し、プロの目に留まった。すでに9球団が注目。視察した巨人・長谷川スカウトは「直球とスライダーの腕の振りが一緒。高校生ではなかなか打てない」と素質の高さを評価する。

... 今はスライダー、カーブに加え、フォークを練習中だ。

Sports Hochi 4/28/2014

===