Welcome to Yakyubaka.com

佐藤 世那 (仙台育英)

by on Oct.02, 2014 @ 2:59 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

佐藤 世那 (仙台育英)
さとう・せな

180cm / 76kg
R / R

===

プロ注目の仙台育英・佐藤、敗戦に号泣

「国体・高校野球硬式・2回戦、鳥羽5-4仙台育英」(28日・紀三井寺球場)

七回からリリーフ登板し、3回1無失点、4三振を奪った仙台育英のプロ注目のエース・佐藤世那投手(3年)は試合後、人目をはばからずベンチ裏で号泣した。

... 1点を追う七回からマウンドに上がり「立ち上がりは情けない投球でしたけど」と2死一、三塁のピンチを招いたが、しっかりと切り抜けた。そして八、九回は圧巻の投球。「最後のイニングは色んな思いがあって長く感じました。最後も三振が良かったですけど、難しいですね」と高校生活ラスト登板を振り返る。

Daily Sports 9/28/2015

===

仙台育英が初戦突破、佐藤世那が勝ち越し呼ぶ力投

<高校野球和歌山国体:仙台育英3-2広島新庄>◇27日◇1回戦◇紀三井寺

... 2-2の6回からエース佐藤世那(3年)が登板。テンポの良い投球で凡打の山を築き、8回の勝ち越しを呼んだ。4イニングを2安打無失点に抑えた右腕は「競った試合で少し緊張したけど、高校野球は最後なので楽しもうと思った。対戦したことのない相手だったので、フォークが効くと思った」と汗をぬぐった。

Nikkan Sports 9/27/2015

===

佐藤「この経験をこれからの人生に生かしたい」

... 佐藤世那(3年=仙台育英)は3戦に先発登板し、2勝を挙げ、最優秀先発投手に選ばれた。チームで最多の22回を投げ、実質エースとして2大会決勝進出の原動力となった。解団式では「優勝できず悔しく思います。この経験を、これからの人生に生かしていきたい」とあいさつした。決勝後にはあらためてプロ入りを宣言し、近日中にも志望届を出す予定だ。

Nikkan Sports 9/8/2015

===

佐藤世那4回2失点「今度はプロの舞台で甲子園に」

<U18W杯:日本1-2米国>◇6日◇決勝◇甲子園

先発の佐藤世那投手(仙台育英=3年)が4回4安打2失点で降板した。夏の甲子園に続き、決勝で敗れ「やっぱり悔しい」と話した。

... 今大会では3戦先発し、2戦で完投勝利を挙げるなど日本のエースとして活躍。最高勝率投手、ベストナインに選ばれた。「海外のバッターと対戦できる機会はそうない。いい経験をさせてもらいました。今度はプロの舞台で甲子園に帰ってきたい」と前を向いた。

Nikkan Sports 9/7/2015

===

佐藤世那メジャー斬り連続完投 プロ志望届提出へ

<U18W杯:日本5-2カナダ>◇3日◇2次リーグ◇大阪・舞洲

... 名門大学など多くのチームから誘いがあるが、「保険」をかけず、高卒でプロを目指すと決めた。この大会が終わればプロ志望届を提出する。現段階では指名される確証はない。それだけに多くの人が注目する今大会でアピールしたいという気持ちが「心のどこかにはある」と明かした。佐藤にとって、人生をかける戦いでもあるのだ。

Nikkan Sports 9/4/2015

===

佐藤世那プロ志望届提出へ U18快投甲子園準V腕

... 3日は2次リーグ第1戦のカナダ戦に先発し5安打13奪三振2失点で完投し決勝進出に貢献。1次リーグの米国戦では5安打完封勝利とエースの働き。最速146キロの直球と、制球自在のフォークボールが世界に通用することを十分に証明した。世界一の夢を実現し、10月22日のドラフト会議を待つことになりそうだ。

◆楽天上岡スカウトグループマネジャー(佐藤について)「打者に対する精神力の強さはプロでも通用する。日の丸を背負っているという心意気を感じる」

Nikkan Sports 9/4/2015

===

佐藤世那が連続完投勝利 メジャーのドラ1を2三振

<U18W杯:日本5-2カナダ>◇3日◇2次リーグ◇大阪・舞洲

今夏甲子園準優勝の仙台育英のエース佐藤世那投手(3年)が、5安打13三振で完投し、完封した米国戦に続き1人で投げ抜いた。カナダの4番で、大リーグのドラフトでマーリンズから1巡目指名(全体12位)を受けたネイラー内野手からは2三振を奪い、大リーガーの卵を封じ込めた。

Nikkan Sports 9/4/2015

===

佐藤の13K2失点完投で日本6連勝!

「U-18W杯・スーパーラウンド、日本5-2カナダ」(3日・舞洲)

佐藤世那投手(仙台育英3年)が、世界を相手にまた快投した。米国戦の完封に続き、今度は13奪三振で2失点完投。

序盤は制球に苦しみ、二回には先制点を献上。しかし「フォークが決まっていたので」と、ウイニングショットを軸に試合を作ると、イニング間にブルペンでキャッチボールをして修正。中盤からは直球のキレも戻り、危なげない投球を見せた。

Daily Sports 9/3/2015

===

U18日本・佐藤世那 米国を5安打9K完封

<U18W杯:日本3-0米国>◇29日◇1次リーグA組◇大阪・舞洲

甲子園準優勝投手の佐藤世那(3年=仙台育英)が米国打線を5安打完封、9三振を奪った。

最速144キロの直球と鋭いフォークボールで3連覇を狙う米国をきりきり舞いさせた。

Nikkan Sports 8/29/2015

===

世那 東北魂680球も…仙台育英26年ぶりの再挑戦夢散

第97回全国高校野球選手権大会  仙台育英6-10東海大相模 (8月20日  甲子園)

... 甲子園では全5試合に登板した。前日の準決勝・早実戦では121球を投げ抜き完封勝利。疲れの残る中、決勝の先発マウンドに立った。4回までに6失点。それでも仲間が追いついてくれた。佐々木順一朗監督から「お世話になった人のことを考えて投げろ」と言われ、5回から4イニングは無安打無失点。スタンドは仙台育英を後押しするムードになった。

6―6の9回、先頭の小笠原に初球のフォークが甘く入った。自身を救ってきた得意球。捕手・郡司は「低めで空振りを奪うフォーク」を要求したが、右腕は「ストライクを取りにいってしまった」。打球は右中間席で跳ねた。その後も4安打を浴び4失点。わずかな隙が命取りになった。139球の完投負け。佐々木監督は「(佐藤)世那はフラフラだったけど、彼しかいない」とエースをねぎらうと、こう続けた。

... 涙を拭いた佐藤世は言った。「優勝は後輩に託したい」。歴史は変わらなかった。でも、エースが投じた680球は、高校野球100年にふさわしい投球だった。

Sponichi 8/21/2015

===

仙台育英・佐藤世那「1番悔しくて1番楽しかった」

<全国高校野球選手権:東海大相模10-6仙台育英>◇20日◇決勝

... エース右腕佐藤世那(3年)が6-6の9回表で先頭の小笠原慎之介投手(3年)に勝ち越しソロを許し、その後も3連打などで3点を奪われた。9回10失点完投の佐藤世は被弾の場面を「打たれた瞬間、いったな、と思った。勝負を急ぎすぎてしまった。冷静になれば良かった」と悔しそうに振り返った。

Nikkan Sports 8/20/2015

===

佐藤世10失点も気迫見せた「最後のマウンドになるんだという思い」

第97回全国高校野球選手権決勝  仙台育英6―10東海大相模 (8月20日  甲子園)

2試合連続完投で迎えた決勝、序盤は制球が甘くなり4回までに10本を安打を浴び6失点。「初回は相手の雰囲気に飲まれ打ち込まれた」ものの、5回から立ち直り8回までの4イニングを無安打投球。「5回からはこれが最後のマウンドになるんだという思いで、応援してくれた人、宮城から来てくれた人のためにも投げようと思って精一杯投げました」と気迫のマウンドとなった。

同点で迎えた9回、先頭の小笠原に投じた初球、高めのフォークを右中間スタンドまで運ばれ均衡が崩れると、緊張の糸が切れたように4失点。9回3アウトを取りベンチに戻る時にもうっすら笑みも浮かべていた。

Sponichi 8/20/2015

===

小笠原弾で決めた!東海大相模45年ぶりV 仙台育英4点差追いつく粘りも…

第97回全国高校野球選手権決勝  東海大相模10―6仙台育英 (8月20日  甲子園)

... 仙台育英は2試合連続完投で決勝を迎えた佐藤世の疲労が色濃く、制球が甘くなった。早実打線を手玉に取った宝刀フォークも140キロ台の直球も東海大相模打線にとらえられ、4回までに10安打を浴び6失点。5回からは立ち直り8回までの4イニングを無安打に抑えたものの、9回に勝ち越し弾を浴びたことをきっかけに4失点した。

Sponichi 8/20/2015

===

「気持ちだけは負けない」仙台育英エース 気迫の投球で清宮斬り

第97回全国高校野球選手権大会準決勝  仙台育英7―0早稲田実 (8月19日  甲子園)

仙台育英・佐藤世が早実打線を完封。ここまで2試合連続本塁打の1年生スラッガー・清宮との注目の対決では、気迫の投球で内野安打1本のみに抑えた。

... 3点を先制した直後の3回、2死一、二塁から清宮に内野安打を許し満塁のピンチを迎える。だが、「アウトにしようと狙っていた」という見事なけん制で二走を刺してピンチをしのいだ。

Sponichi 8/19/2015

===

佐藤世 6安打完封で26年ぶり決勝へ

「高校野球・準決勝、仙台育英7-0早実」(19日、甲子園)

仙台育英(宮城)がエース・佐藤世那投手(3年)が清宮幸太郎内野手(1年)を擁する早実(西東京)打線を6安打で完封し、チームの26年ぶりとなる決勝進出に貢献した。

佐藤世は140キロ前後の直球に、得意のフォークを織り交ぜ早実打線に連打を許さなかった。最大のピンチは三回、2本の内野安打と四球で2死満塁としたが、4番・加藤の打席で好けん制球で二塁走者をアウトにし、得点を与えなかった。

強打が売りの早実に対しては佐藤世自身も「点数は取られるかなと思っていた」と語る“予想外”の快投となった。清宮との対戦については、「フォークが頭にあったと思うので、自分としては遅いカウントで勝負しようかと思ったんですけど、早いカウントから打ってきてくれて助かりました」と振り返った。

Daily Sports 8/19/2015

===

仙台育英・佐藤世那 10キロ増量で清宮封じだ

... 佐藤世は下半身強化とスタミナをつけることを目的に昨夏から増量に取り組んでいる。日ごろからカルビ弁当や肉丼を食べ、朝食からステーキを食べることもあるという。さらに間食もすごい。ハーゲンダッツなどのアイスクリームを好み、大会期間中もコンビニでスイーツ、グミ、乳酸飲料を買ってパクついている。さらに白ご飯も辛みそのパジャンやオイキムチをおかずに食べまくり、ここまで10キロの増量に成功した。

Tokyo Sports 8/18/2015

===

仙台育英21年ぶり8強 佐藤世那「100点」リリーフ

<全国高校野球選手権:仙台育英4-3花巻東>◇16日◇3回戦

仙台育英(宮城)の右腕エース佐藤世那(3年)が、頭脳的な投球で21年ぶりの夏8強入りに導いた。4回途中から救援し、5回2/3を2安打1失点。打者19人をわずか46球で料理した。「甲子園に来てから球威も上がっているし、今までで一番に近い球が投げられた」。直球は最速145キロをマークし、手応えを口にした。

Nikkan Sports 8/17/2015

===

仙台育英の“セナ”完璧コーナー攻め 三振捨て今季初完投

第97回全国高校野球選手権第9日・2回戦  仙台育英7―1滝川二 (8月14日  甲子園)

... 仙台育英(宮城)は滝川二(兵庫)を7―1で下し3年ぶりの3回戦進出。今秋ドラフト候補に挙がる佐藤世那投手(3年)が6安打1失点で完投勝ちした。

... 最後の打者から奪ったのが、佐藤世の4個目の三振だった。121球6安打1失点で、宮城大会から通じて今夏初の完投。8回の失点で上田西・草海に続く今大会2人目の完封こそ逃したが、隙は見せなかった。

... フォークを武器に宮城大会は4試合14回で15奪三振、9日の明豊との1回戦も8回7三振を奪ったドクターK。だが、3人で抑えながら21球を要した初回で頭を切り替えた。「球数が多くなってしまう。ボール球を打ってくれたので三振を狙わないでコースに投げようと思った」。落差の小さいフォークでバットの芯を外し、6回まで奪三振は0。1試合4個は自身甲子園4試合で最少だ。「こんなに三振を取らないのは初めて」と笑う。その分、コーナーを突く制球力が光った。

Sponichi 8/15/2015

===

仙台育英20安打12点大勝!ドラフト候補・佐藤世8回1失点の快投

第97回全国高校野球選手権大会1回戦  仙台育英12―1明豊 (8月9日  甲子園)

... 打線が先発全員の20安打を放つと、投げては今秋ドラフト候補に挙がる右腕・佐藤世が8回1失点の快投を見せた。

エース佐藤世は直球にキレのあるフォーク、スライダー、カーブを織り交ぜて明豊打線を6回まで散発2安打に封じた。7回に四球をきっかけに失点したが、8回4安打1失点と好投すると、9回は百目木(どめき)が無失点で締めくくった。

Sponichi 8/9/2015

===

仙台育英・世那が衝撃告白!右肘骨折していた…現在は全快「痛みない」

第97回全国高校野球選手権大会(8月6日開幕、甲子園)出場12校による甲子園見学が2日行われ、今秋のドラフト候補で仙台育英のエース・佐藤世那投手(3年)が痛めていた右肘について剥離(はくり)骨折していたことを明かした上で、現在は全快したと宣言。

... 昨秋に右肘を痛めていたが、これまで詳しい症状は明かされていなかった。今年のセンバツでは2回戦で優勝した敦賀気比に1-2で惜敗。佐藤世によれば、剥離骨折の影響で本調子とはほど遠かったという。

最速144キロの直球とフォークボールが魅力で、プロから注目される右腕。しかし、右肘への負担を考慮し、夏の宮城大会まで約1カ月間ノースロー調整を続けた。それでも、決勝の古川工戦で10三振を奪うなど8回無失点の好投。復活の兆しを見せ、本人もこの日、全快宣言だ。

「今は痛みは全くない。春は投げられなかった速いスライダーも放れます」

Sanspo 8/3/2015

===

完全復活!仙台育英・世那、8回0封&満弾で甲子園決めた/宮城

第97回全国高校野球選手権大会宮城大会決勝(21日、古川工0-13仙台育英、コボスタ宮城)セナが魅せた! 宮城決勝で今春のセンバツに出場した仙台 育英が、古川工を13-0で下し、2年ぶり25度目の優勝を飾った。今大会不調だったプロ注目の右腕、佐藤世那投手(3年)が、8回を投げ5安打10奪三 振で無失点の好投。打っても満塁弾を放つなどまさに独り舞台となった。2季連続の出場となる聖地で、セナが東北に悲願の優勝旗をもたらす。

Sanspo 7/22/2015

===

仙台育英2年ぶり聖地決めた!佐藤世那8回10K&満塁弾

第97回全国高校野球選手権宮城大会決勝  仙台育英13-0古川工 (7月21日  コボスタ宮城)

... 先発した今秋ドラフト候補の佐藤世那(せな)投手(3年)が8回無失点10奪三振。打っても満塁本塁打を放ち、投打で優勝に貢献した。

... 初回、先頭打者を空振り三振に仕留めると、一気に緊張がほぐれた。テークバックの大きい独特のフォームから自己最速にあと1キロと迫る最速143キロの直球とフォークを投げ込み、8回で10三振を奪った。打っても5回にダメ押しの左越え満塁本塁打。「自分が楽になった」と振り返る高校通算3号を含む3打数3安打の大当たりだった。

▼ソフトバンク・作山和英スカウト コントロールもだいぶ修正してきた。ベストな状態で投げているのを甲子園で見たい。

▼中日・山本将道スカウト いい時を知っていて期待が大きいだけに、まだまだかなと思う。もっといいボールは来る。

Sponichi 7/22/2015

===

仙台育英が甲子園 佐藤世那が復活10K&満弾/宮城

<高校野球宮城大会:仙台育英13-0古川工>◇21日◇決勝◇コボスタ宮城

... 1回表、最初の打者を空振り三振に仕留める。これでスイッチが入った。力が程よく抜け、大きなテークバックから直球、フォーク、スライダーなどを使い分け、6回まで与えたヒットは2本。7回に1死満塁のピンチを迎えるが「気持ちだけで乗り切った」と2者連続三振に斬って取る。悩みを吹き飛ばすような8回5安打10奪三振の快投だった。

5回裏には左翼席へ公式戦1号の満塁弾も飛び出した。「ピッチングに集中していたので…」と自分でもびっくりの“おまけ”付きで完全復活を遂げた。

Nikkan Sports 7/22/2015

===

仙台育英1イニング10点!打線爆発13得点で25回目の夏制覇

第97回全国高校野球選手権宮城大会決勝  仙台育英13―0古川工 (7月21日  コボスタ宮城)

... プロ注目のエース・佐藤世は8回を投げ10奪三振無失点。前日の石巻との準決勝では1アウトも取れずに3失点で降板したが、大舞台で最高の投球を見せた。打撃でも5回に満塁本塁打を放つなど、3打数3安打と爆発。

Sponichi 7/21/2015

===

仙台育英が優勝、佐藤世那8回無失点&満塁弾/宮城

<高校野球宮城大会:仙台育英13-0古川工>◇21日◇決勝◇コボスタ宮城

... 1-0で迎えた5回裏に佐藤世那投手(3年)の満塁弾などで、一気に10得点を奪い大量リード。先発した佐藤世は8回5安打10三振無失点と好投した。

Nikkan Sports 7/21/2015

===

仙台育英快勝も…エース佐藤世、1死も取れず降板、指揮官も首かしげ

第97回全国高校野球宮城大会準決勝  仙台育英11―5石巻 (7月20日  コボスタ宮城)

仙台育英が春夏連続甲子園に王手をかけたが、プロ注目のエース・佐藤世は5―0の初回無死満塁で押し出し死球を与え、1アウトも取れずに降板した。18日の準決勝も2回6安打2失点と精彩を欠いていた。

Sponichi 7/20/2015

===

仙台育英 平沢V打!春夏連続へ苦しみながらも4強進出

第97回全国高校野球選手権宮城大会準々決勝  仙台育英9―2仙台三 (7月18日  コボスタ宮城)

... 一方、今秋ドラフト候補の先発・佐藤世は昨秋痛めた右肘に不安を抱え、2回6安打2失点で降板。

Sponichi 7/19/2015

===

仙台育英コールド4強 佐藤世2回降板も百目木踏ん張り逆転

第97回全国高校野球宮城大会準々決勝  仙台育英9―2仙台三 (7月18日  コボスタ宮城)

... プロ注目の先発・佐藤世は初回に4安打を浴び2失点。2回で降板したが、3回から百目木が5回無安打無失点に抑え逆転勝利を呼び込んだ。

佐藤世は「フォームが安定していなかった。球が相手に見やすいと打たれてしまうことが分かった。そこだけは収穫」と話した。

Sponichi 7/18/2015

===

仙台育英・世那、右肩の不安一掃!復活の4回0封/宮城

... 3球団のスカウトが見守る前で4回無失点と好投し、七回コールド12-0の快勝に導いた。

... 右ひじに不安を抱え、初戦の仙台戦は登板しなかったが、この日は4回1安打4奪三振で無失点と好投した。

... だが、6月の春季東北大会初戦の盛岡大付(岩手)戦で4回2/3を7失点。7月4日に行った盛岡四(岩手)との練習試合まで登板せず、スクワット系のトレーニングを中心に下半身強化に努めた。体重は変わらず76キロだが、体脂肪率は2%減の10%に絞りこんだ。

... この日は阪神、楽天、西武の3球団スカウトが視察した。登板が未定だったため、5球団が山形中央・青木陸捕手(3年)の試合に集結。決して佐藤世の注目度が低いわけではない。

楽天・上岡良一東北担当スカウトは「上々の復帰戦ですね」と復調に手応え。対戦校がレベルアップする今後も、みちのくの怪腕を追い続ける。

Sanspo 7/14/2015

===

仙台育英が快勝 佐藤世那、納得の夏初登板/宮城

<高校野球宮城大会:仙台育英12-0大河原商>◇13日◇3回戦◇コボスタ宮城

春夏連続甲子園を狙う仙台育英が大河原商に7回コールドで快勝した。右ひじに不安を抱えるエース佐藤世那投手(3年)が今夏初登板。先発し、4回を1安打4奪三振無失点にまとめた。

予定の3イニングを終えた佐藤世は、佐々木順一朗監督(55)に「もう1回、投げます」と志願した。その4回は相手中軸からスライダー、フォークで連続の空振り三振。「フォークが理想の落ち方だった」と納得してベンチに戻った。

... 楽天上岡スカウトのスピードガンでは最速140キロをマークした。佐々木監督と上岡スカウトの評価、そして佐藤世の自己評価も「本調子ではないが、投げる中で良くなったのは好材料」と見事に一致したピッチングだった。

Nikkan Sports 7/14/2015

===

仙台育英・佐藤世那 初登板4回無失点/宮城

<高校野球宮城大会・仙台育英12-0大河原商>◇13日◇3回戦◇コボスタ宮城

仙台育英のエース佐藤世那投手(3年)が今大会初登板し、4回1安打無失点で大河原商打線を抑えた。

先発した初回、いきなりフルカウントから四球を出すものの、投ゴロ併殺で無失点に切り抜けた。2回以降はフォーク、スライダーなど変化球も効果的に混ぜ、4奪三振。春季東北大会以降、練習試合での実戦登板は1度のみで「対打者の感覚が落ちていた」としながら「悪いなりにも途中から修正できたのは良かった」と振り返っていた。

Nikkan Sports 7/13/2015

===

仙台育英・佐藤世那7失点KO「立ち直れなかった」

<高校野球春季東北大会:盛岡大付8-5仙台育英>◇5日◇2回戦◇郡山・開成山野球場

仙台育英(宮城)の佐藤世那(3年)が初戦で散った。立ち上がりから3イニング連続の3者凡退で勢いに乗ったが、4回につかまった。決め球フォークを見極められ、6安打を浴び5失点。「狙い球が絞られていた。ここぞという時に振ってくれなかった」。続く5回にも2点を失い、4回2/3を8安打7失点3奪三振で降板した。

新チーム結成以降ワーストの7失点に沈んだ。初回こそ143キロを計測したが、体が開いて腕が振れず、回が進むにつれて球威は落ちていった。

Nikkan Sports 6/6/2015

===

仙台育英・佐藤世那7失点降板「腕が振れてない」

<高校野球春季東北大会:盛岡大付8-5仙台育英>◇5日◇2回戦◇福島・開成山

... 0-3で迎えた4回に打者9人、6安打の猛攻で5点を奪い逆転。5回にも2点を加え、佐藤を引きずりおろした。

... 8安打7失点で降板した仙台育英・佐藤は「ボールがバラバラ。腕が振れてない」と話した。

Nikkan Sports 6/5/2015

===

世那1球に泣く 仙台育英、優勝旗は夏に持ち越し

<センバツ高校野球:敦賀気比2-1仙台育英>◇27日◇2回戦

... 仙台育英エース佐藤世那(3年)の、たった1球の失投が勝負を分けた。0-0の5回裏2死二、三塁。2球で2ストライクに追い込んでからの3球目。外すつもりで投げた直球が、ど真ん中の高めに浮いた。瞬間「やってしまったと思った」。3番林中に右前に運ばれ2点を失った。

緩急2種類のフォークがさえ、敦賀気比のバットは何度も空を切った。だが、ここぞの場面で相手が待つ「中途半端」(佐藤世)な直球を投げてしまった。「考え方が甘かった。自分の弱さ」と悔しがった。

Nikkan Sports 3/28/2015

===

東北勢悲願の初優勝遠く…仙台育英 1球に泣く「自分の弱さ出た」

第87回センバツ高校野球第7日・2回戦  仙台育英1―2敦賀気比 (3月27日  甲子園)

1球に泣いた。仙台育英のエース右腕・佐藤世は「ボール球を見せてからフォークで勝負しようと思ったが、中途半端に投げてしまった。自分の弱さが出た」と悔やんだ。5回2死二、三塁。林中をフォークボール2球で簡単に追い込んだ。外角高めのボールゾーンへの直球のサインにうなずき、投じた3球目。134キロはシュート回転して甘く入り、右前に運ばれ2点を失った。

5回以外は無失点。最速143キロの直球と球速、落差の異なる2種類のフォークを軸に8三振を奪った。

Sponichi 3/28/2015

===

佐藤世那にスカウト「ボールの質が良かった」

楽天上岡スカウトグループマネジャー 良くないなりにうまく組み立てて投げられたのが成長の証し。最近は長いイニングを放っていなかったのに完封できるのだから大したもの。ボールの質が良かったです。

西武渡辺SD フォークがいい。三振を取るのとカウントを取るのと投げ分けられている。馬力がありそうで体幹も強そう。

巨人山下スカウト部長 真っすぐが魅力の投手。夏までにどれだけ(球速が)上がってくるか楽しみです。

中日中田スカウト部長 力がある。まだまだスピードは出ると思う。

ロッテ松本編成統括 ピッチングがうまい。勝てる投手。体ができてくればもっと真っすぐが速くなるだろうし、伸びる素材だと思います。

Nikkan Sports 3/24/2015

===

仙台育英・佐藤世那、宣言通り完封で次戦平沼と対決

<センバツ高校野球:仙台育英12-0神村学園>◇23日◇1回戦

... 大きく振りかぶり、自慢のフォークで最後の打者のバットを振らせると佐藤世は右手をグッと握りしめた。昨秋の日本一右腕として注目され、今まで感じたことのないプレッシャーを抱えながらの初甲子園。聖地のマウンドに初めて立った16日の練習後に口にした「完封する自信がある」宣言を実現し、「素直にうれしい」と胸をなでおろした。

立ち上がりは最悪だった。球速は140キロ台前半を連発するも、狙ったコースにボールがいかない。相手は決め球のフォークに手を出してくれない。4回までに毎回の5四死球を許し、80球をも費やした。だが、5回前のベンチで佐々木順一朗監督(55)から「今までのことを忘れ、切り替えろ」と声をかけられ、気が楽になった。「力を抜いて」投げ、直球中心で攻めることで「いやでもフォークを振るよう」追い込んだ。昨秋は16試合で120回超を投げ、防御率0・90。「うまく修正できた」と経験でカバーした。

Nikkan Sports 3/24/2015

===

音速聖地デビュー!仙台育英・佐藤世、144キロ出た/センバツ

... 高校生では珍しく2種類のフォークを操る。落差が大きいフォークと、ストライクを取るための打者の手元で沈むフォーク。この日は2種類のフォークを見送られ、四回まで5四死球。「70点」と反省したが、打線の援護をもらった後半の投球は上向きだった。

9回を投げ、8三振を奪うなど6安打完封。直球は自己最速タイの144キロを計測した。昨秋以降、右肘の違和感のため、練習試合の登板は最長5回。それでも、試合中に「最後まで行きます」と志願した。

Sanspo 3/24/2015

===

神宮王者の仙台育英、エース完封で快勝

「選抜高校野球・1回戦、仙台育英12-0神村学園」(23日・甲子園)

... 「完封は目標だった。プレッシャーを楽しめました」。序盤こそ制球に苦しんだが、自己最速タイの144キロをマーク。宝刀フォークもさえて計8三振を奪った。

「世那」の名前は、F1の元世界王者アイルトン・セナ(故人)のファンだった父・慎一さん(48)によって付けられた。名前負けしない鉄腕に成長し、昨秋の神宮大会を制覇。大会屈指の右腕として甲子園に乗り込んできた。

Daily Sports 3/24/2015

===

佐藤世那6安打完封 V候補仙台育英大勝発進

<センバツ高校野球:仙台育英12-0神村学園>◇23日◇1回戦

... プロ注目右腕、佐藤世那投手(3年)が151球を投げ6安打完封、8三振を奪った。140キロ台前半の直球とフォークボールなどで神村打線に的を絞らせなかった。4回まで毎回の5四死球と制球が乱れたがその後は落ち着きを取り戻した。

Nikkan Sports 3/23/2015

===

仙台育英復活腕・佐藤16球「完封する自信がある」

<センバツ高校野球:甲子園練習>◇16日◇甲子園

... マウンドに立てることが、まずうれしかった。昨秋は全16試合に先発し13戦を1人で投げ抜いた。神宮大会決勝で味わう初の「日本一」は最高だった。だが、直後に不安が押し寄せる。「シーズン中はアドレナリンが出て」気付かなかったが、右肘の骨に痛みが走った。肩も疲労がたまり、動かしづらくなっていた。甲子園出場は確実だったが、「投げられるのかな」という不安と闘いながら冬を過ごした。

出来ることは体作り。佐々木順一朗監督(55)から「体重を増やして、体幹を鍛えろ」と言われた通り、夜はご飯を茶わん3杯食べた。「嫌いだった」走りこみにも積極的に取り組み、家に帰ってからも自宅前の急坂のダッシュを繰り返した。投げられるかどうかは分からなかったが、やるしかなかった。

回復は予想以上に早かった。2月半ばからブルペン入り。8キロ増え下半身が強くなったことで、球威が見違えるほど変わっていた。「体重がボールに乗っているのを感じる」。秋以来の実戦登板となった、今月8日の沖縄尚学との練習試合では1回を投げ3者凡退。8割の力で投げたにもかかわらず、140キロを2度マークした。トレードマークの大きなテークバックは「ひじが怖がって」まだ控えめ。だが「甲子園が解消してくれると思う。まだまだ上がる」。大会中の進化を信じている。

Nikkan Sports 3/17/2015

===

仙台育英・佐藤世那 昨秋以来の実戦で1回完全発進

... エースは変わらずエースだった。4-1とリードの7回表、佐藤世がマウンドに上がると空気が変わった。初球は高めの直球。最初の打者を4球で見逃し三振で仕留め、続く2人をいずれも3球で遊ゴロに打ち取る。わずか11球。「1イニングだけだったけど、いいものを習得できた」と、15年初登板を満足そうに振り返った。

... 進化もみられた。久々の登板とあって「8割の力」で投げたが、それでも140キロが2度。佐藤世自身も「球に体重がのっていた。自分では130キロちょっとぐらいの感覚だったんですが…」とびっくりしたほどだ。この冬は、坂道ダッシュの自主トレをするなどし、下半身強化に努めた。体重も6キロ増やした。球威は確実に上がっている。

Nikkan Sports 3/9/2015

===

仙台育英・世那、センバツのマウンド譲らない!「一人で投げ抜く」

昨秋の東北大会と明治神宮大会を制し、センバツ高校野球(3月21日から12日間、甲子園)出場が“当確”の仙台育英(宮城)のエース佐藤世那(2年)が、全試合完投を目指し鍛錬を積んでいる。

... 昨秋の公式戦は大車輪の働きだった。

... 全16試合に先発し、途中降板は2試合だけ。県大会では決勝の東陵戦6回1死まで、37回1/3連続無失点に抑えた。明治神宮大会でも各地区優勝校相手に、3試合計25回を投げて2失点。

... 冬場は腹筋などの筋トレに加え、室内練習場の高さ約8メートルからつるされた縄を手だけで登ったりと、体幹を中心とした全身の筋肉を強化。走り込みなどで 下半身も大きくなり、体重も76キロから81キロに増えた。速球のMAX144キロの更新も視野に、昨秋から成長した姿を投球に反映させていくつもりだ。

Sports Hochi 1/15/2015

===

佐藤世那が決めた仙台育英日本一

<明治神宮大会:仙台育英4-1浦和学院>◇18日◇高校の部決勝◇神宮

... 3戦連投のエース右腕佐藤世那(2年)が9回7安打1失点完投。

... エース佐藤世那が全3試合25イニングを守り抜き、日本一を引き寄せた。連投の疲れが響いて直球は威力が落ち、決め球のフォークも研究されていた。それでも「自分を信じて投げることが出来た」。カーブとスライダーを多めにし、浦和学院打線に的を絞らせなかった。捕手の郡司裕也(2年)は「1ゲームずつ成長してきた」。真後ろの中堅を守る青木玲磨(2年)も「マウンドのセナがでっかく見えた」とたたえた。

Nikkan Sports 11/19/2014

===

仙台育英V 佐藤世那1失点完投

<明治神宮大会:仙台育英4-1浦和学院>◇18日◇高校の部決勝◇神宮

... 先発の佐藤世那投手(2年)が、前日17日の準決勝(7回コールド勝ち)に続き1失点完投。3試合すべて1人で投げ切った。「1つの目標にしてきたこと。センバツでも優勝したいです」と喜んだ。

Nikkan Sports 11/18/2014

===

仙台育英・佐藤「セナ」完封!決勝進出

<明治神宮大会:仙台育英8-0九州学院>◇17日◇高校の部準決勝◇神宮

高校球界にも「セナ」が現れた。高校の部は、仙台育英(宮城)の佐藤世那(せな)投手(2年)が完封し、初優勝した12年以来の決勝進出を決めた。2試合で16イニング1失点と絶好調で、九州学院(熊本)に7回コールドで快勝した。

.... 肩を大きく開くダイナミックなフォームが特徴で、140キロ前半の直球と緩急をつけた2種類のフォークを武器に持つ。5回表の打席で右手小指に投球が当たるアクシデントもあったが大事に至らず。そこから「ギアを入れた」と最後までマウンドを守り抜いた。この秋の公式戦全15試合に先発し、うち12完投7完封。春も夏も敗戦投手となった悔しさが成長の糧となった。

Nikkan Sports 11/18/2014

===

仙台育英・佐藤世 “激戦区”覇者・天理に12K完投

第45回明治神宮野球大会第2日・高校の部準々決勝  仙台育英6―1天理 (11月15日  神宮)

仙台育英はエース右腕の佐藤世が6安打1失点完投勝利。

激戦区の近畿を制した天理相手に、球速と変化の異なる2種類のフォークを操り、大会記録にあと2個と迫る12三振を奪い「最初はマウンドが高くて上体で投げてしまったが、終わってみれば投げやすかった。フォークの落ち方はいい感じだった」と満足そうに振り返った。2年ぶりの頂点へ上々のスタートを切り、佐々木順一朗監督は「(佐藤世は)精神的に強くなった」とうなずいた。

Sponichi 11/16/2014

===

仙台育英4強 佐藤世12K天理に快勝

<明治神宮大会:仙台育英6-1天理>◇15日◇高校の部準々決勝◇神宮

仙台育英(宮城)が近畿王者の天理(奈良)を倒し、4強入りした。エース右腕佐藤世那(2年)が、直球とフォークを軸に12三振を奪い、9回6安打1失点完投。打線も8安打6点とつながり、2年ぶりの神宮の頂点へ好発進した。

仙台育英のエース佐藤世が神宮で三振ショーを演じた。奪った12三振のうち11個が空振り。右肩を大きく開くダイナミックなフォームから140キロ台の直球、緩急の差をつけた2種類のフォークを投げ分け、天理打線を1失点に抑えた。最初は投げづらいと思っていた神宮のマウンドも「終わってみれば投げやすかった。いい感覚で投げられた」と会心の表情で振り返った。

Nikkan Sports 11/16/2014

===

仙台育英・佐藤世那 143キロ12K完投

<明治神宮大会:仙台育英6-1天理>◇15日◇高校の部準々決勝◇神宮

仙台育英のエース、佐藤世那(さとう・せな)投手(2年=180センチ、76キロ、右投げ)が前評判通りの投球を見せた。

最速143キロ速球で天理打線をねじ伏せた。尻上がりの投球で5回以降の5イニングで9奪三振。計12三振を奪い5安打1失点で完投した。

Nikkan Sports 11/15/2014

===

仙台育英センバツへ前進 エース佐藤12K

<高校野球秋季東北大会:仙台育英7-2八戸学院光星>◇27日◇準決勝◇コボスタ宮城

... エース右腕佐藤世那(2年)が、9回5安打2失点(自責0)、12奪三振と自己最速144キロをマークする好投。「高校に入って一番うれしかった」と、試合後にうれし涙を流した。

Nikkan Sports 10/27/2014

===

仙台育英・佐藤世ヒジ違和感も3連続完封

<高校野球秋季宮城大会:仙台育英8-0利府>◇3日◇準々決勝◇石巻市民球場

仙台育英は、先発の佐藤世那(せな=2年)が4安打無失点と好投し、利府に7回コールド勝ち。佐藤世は3戦連続完封で計25イニング無失点を続けている。

3連投となるこの日の試合前、仙台育英・佐藤世は右肘に違和感があった。直球を投げても球が走らないと、緩いスライダーやフォークなど変化球を主体にし、6回まで二塁さえ踏ませない。安定した投球は開き直りの結果だった。程よく力の抜けた“大人”の投球に、佐々木順一朗監督(54)も「世那も少し変わったかな」とうれしそうだった。

Nikkan Sports 10/4/2014

===

仙台育英8強 佐藤世那2戦連続完封

<高校野球秋季宮城大会:仙台育英6-0東北>◇2日◇2回戦◇石巻市民球場

... 仙台育英の佐藤世が宿敵を封じ込めた。1回戦(対仙台西)の被安打3が、2に減った。「目標は0に抑えることで、それができたのがよかった」とニッコリ。練習試合も含め経験のない2試合連続の9回完封。強豪がそろう県大会で、18イニング1度もホームを踏ませていない。佐々木順一朗監督(54)も「すごいことですね」とうなった。

中部地区予選を含めて、昨秋から東北戦に登板している。「フォーク、スライダーを見せている」(佐藤世)と、この日は最速141キロを誇る速球中心に配球を変えた。初回1死三塁をしのぎ、4回1死満塁ではスクイズを併殺にして切り抜けた。「東北とは(登板)4試合目。今まで1点も取られていない。苦手意識はまったくない」と自信を持っていた。

Nikkan Sports 10/3/2014

===

仙台育英・佐藤世が毎回11K3安打完封

<高校野球秋季宮城大会:仙台育英1-0仙台西>◇1日◇1回戦◇仙台市民

仙台育英の右腕エース佐藤世那(せな、2年)が、毎回の11奪三振で3安打完封した。

初回から威力十分の直球を中心に抑え込み、7回まで三塁を踏ませない盤石の投球。0-0の8回に味方が1点を奪うと、9回を3者凡退に仕留めた。公式戦初の9回完封で初戦突破に導いた佐藤世は「ストレートの回転が良くて、変化球を有効に使えた」と笑顔。佐々木順一朗監督(54)も「交代させるポイントも一切なく、代打も出せなかった」と満足そうだった。

Nikkan Sports 10/1/2014

===