Welcome to Yakyubaka.com

酒本 永遠 (東海大四)

by on Nov.05, 2014 @ 11:57 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

酒本 永遠 (東海大四)
さかもと・とわ

178cm /  78kg

===

東海大四・酒本70cm太ももパワーだ

スーパーな太ももの1年生が全国舞台デビューで暴れ回る。14日から始まる明治神宮野球大会(神宮)に北海道代表で出場する東海大四が4日、大会登録メンバーを発表した。背番号13をゲットした酒本永遠(とわ)外野手(1年)は、大脇英徳監督(39)がスタメン候補に挙げる期待の1人。

... 鍛え抜いた下半身が、ひときわ目を引く。酒本は寿都中1年時に、ジュニアオリンピックのアルペンスキーで優勝。優勝後、すぐに競技をやめて野球1本にシフトしたが、東海大四に入学の際、数々の五輪選手を輩出している名門スキー部からも声がかかった。スキーで鍛えた太もも周りは、ユニホームの上からの計測だが70センチと“超高校級”だ。

Nikkan Sports 11/5/2014

===

東海大四、37年ぶり神宮大会勝利へ酒本スタメン濃厚

... 全道大会で背番号16だった酒本永遠(とわ)外野手(1年)は13番に変更。1ケタ背番号にはならなかったが、明治神宮大会では1年生で唯一、スタメン起用されることが濃厚になった。この他、全道でベンチ外だった3人が新たにメンバーに加わった。

... 全道大会では代打出場のみ(3打数1安打)だった15歳を1年生で唯一、スタメン出場させる考えを明かした。

最大の武器は打撃力で、低く鋭い当たりを連発する。その持ち味を支えるのが、5歳から始めたスキーで鍛え上げた下半身で、太もも回りは70センチにもなる。小学6年からは2年間、道スキー連盟の強化指定選手になり、中学1年の時にはジュニア五輪のアルペン競技で優勝。「脚力はないけど、下半身が安定していることが打撃につながっている」と笑顔を見せた。

===