Welcome to Yakyubaka.com

井口 和朋 (東農大北海道オホーツク)

by on Apr.29, 2015 @ 2:22 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

井口 和朋 (東農大北海道オホーツク)
いぐち・かずとも

177cm / 73kg
R / R

===

東農大北海道・井口がプロ志望届提出 12球団OK

... 井口がプロの世界へ思いをはせた。「野球を始めた頃からの夢、憧れ。行けるなら(12球団)どこでも」。最速149キロの直球とスライダーで打ち取る、制球力が持ち味。これまで12球団のスカウトが全国大会やリーグ戦に足を運び、7球団から調査書を受け取っている。

Nikkan Sports 9/29/2015

===

東農大北海道オホーツク3季連続のリーグ制覇

<北海道6大学野球:東農大北海道オホーツク2-0函館大>◇第5節最終日◇20日◇苫小牧市営清水

東農大北海道オホーツクが、3季連続のリーグ制覇を果たした。延長11回雨天コールドで引き分けた前日19日の函館大戦で133球を投げ、無失点に抑えたプロ注目のエース井口和朋(4年=武相)が2番手で登板。2-0の8回無死一塁で救援し、併殺に仕留めてピンチを切り抜けるなど、2イニングを0点に抑えて逆転を許さなかった。

Nikkan Sports 9/20/2015

===

東農大北海道、井口が10K完封で首位死守

<北海道6大学野球:東農大北海道0-0函館大>◇第5節第1日◇19日◇苫小牧市営清水

... 先発した今秋のドラフト候補、エース井口和朋(4年=武相)が7安打10三振無四球で完封。

... 11回133球を投げきれたのは成長の証しだ。6月の全日本大学選手権で人生初の9回完投。ただ、スタミナ不足から終盤に失点。「8、9回は怖い。気を引き締めて行かないと」と、この日は抜群のコントロールで乗り切り、同じミスは犯さなかった。

... リーグ戦終了後にはプロ志望届を提出する予定。

Nikkan Sports 9/20/2015

===

東農大北海道・井口、きょう壮行試合で清宮斬る

... 北海道6大学は、22日に秋季リーグ戦が開幕した。井口は先発した初戦の釧路公立大戦で7回を3安打、無失点。日本ハム白井スカウトが「インコースに攻めていける真っすぐが魅力。春からキレが良くなっている。順調」と評価する内容で、最後のシーズンに突入した。

Nikkan Sports 8/26/2015

===

東農大北海道、コールド発進!149キロ右腕・井口0封

◆道6大学野球秋季リーグ第1節第1日 東農大北海道7x―0釧路公立大=7回コールド=(22日・あいべつ)

... ユニバーシアード日本代表で、今秋ドラフト候補の149キロ右腕・井口和朋(4年)=神奈川・武相高出=が、7回3安打無四球で無失点。直球を軸に、4者連続を含む10三振を奪った。

... ネット裏では日本ハム・白井スカウトが投球をチェック。「リリースが良く、球に力がしっかり伝わっている。自信を持って投げる姿も良い。上のレベルでも十 分通用する」と評価した。この日、足を運んだのは1球団だったが、今夏の東北遠征では7球団が視察。今秋のドラフト候補として大きな注目を集めている。

Sports Hochi 8/23/2015

===

東農大北海道・井口 生涯初完投1勝、7安打14K

<全日本大学野球選手権:東農大北海道5-3富士大>◇第1日◇8日◇1回戦◇東京ドーム

... 学日本代表のエース井口和朋(4年=武相)が9回7安打3失点。自身の全国大会での通算無失点記録は26回1/3で途切れたが、今季公式戦初先発でだれにもマウンドを譲らず、14三振を奪う力投を見せた。

... プロの評価もぐっと上げた。相手エースで右肩の違和感のため登板を回避した今秋のドラフト上位候補、富士大の多和田真三郎(4年=中部商)を目当てに集まったスカウトたちも、井口の投球に熱視線だ。楽天早川チーム統括本部アドバイザーは「バランスがよく、まとまっている。スピードが上がればもっとよくなる」と評した。

Nikkan Sports 6/9/2015

===

プロ注目の東農大北海道・井口14K3失点で初完投

<全日本大学野球選手権:東農大北海道オホーツク5-3富士大>◇1回戦◇第1日◇8日◇東京ドーム

東農大北海道オホーツク(北海道学生)の井口和朋投手(4年=武相)が14奪三振3失点で完投した。

2回までに3点の援護をもらうと、最速146キロのストレートと切れ味鋭いスライダーで2回2死から5連続三振。終盤に3点を失ったが、直球は140キロ台を保ち、9回のアウトもすべて空振り三振に仕留めた。

Nikkan Sports 6/8/2015

===

ドラフト候補・井口「人生初」完投

「全日本大学野球選手権・1回戦、東農大北海道オホーツク5-3富士大」(8日・東京ドーム)

... 今秋ドラフト候補右腕の井口和朋投手(4年・武相)が7安打3失点で「人生初」という公式戦完投勝利。140キロ台中盤の直球、スライダーなどの変化球で制球よくコーナーを突き、14三振を奪った。

Daily Sports 6/8/2015

===

【道6大】東農大北海道、2季連続V!プロ注・井口4回0封救援

◆道6大学野球 秋季リーグ 東農大北海道3x―2函館大(23日・旭川スタルヒン)

... 6回からエース井口が満を持して登板。1死二塁のピンチでも直球で押し、8番の野崎泰雅(2年)=岩手・不来方高出=の4球目には自己最速タイの147キ ロをマーク、右飛に打ち取った。7回からは「今すごく切れがいい」というスライダーで勝負。4回を散発2安打5Kで締めた。

スタンドにはプロ6球団のスカウトが並んだ。オリックスの上村和裕スカウトは「直球に力があるのが何より魅力」と話す。井口は今大会、登板した7試合はす べて救援だった。「先発も行けるが、上(プロ)を目指すなら連投できるスタミナが必要」と樋越勉監督(58)は試練を与えたが、井口は期待に応えた。

Sports Hochi 5/24/2015

===

プロ注目、東農大オホーツク147キロ腕 井口がユニバ代表に

... 全国4強入りした昨秋の明治神宮大会で「全国区」に名乗りを上げた。先発2試合を含む全3試合に登板し、計12回2/3を無失点。

... 高いレベルでの経験を成長につなげている。今年3月の代表候補合宿の慶大戦で、2回5安打2失点と打ち込まれた。「直球だけでは通用しない。変化球の精度と直球の出し入れがいかにできるか。足りないところが明確になった」。

▼大学日本代表・善波達也監督 井口君は制球が良くて切れがあり、手元で伸びる球が最大の特徴。調子の波も少ない。打者に向かっていくボールを投げられるし、どんな場面でも物おじしない。国際大会では変化球でかわすより、攻めの投球で相手を動かしていくことが大事になる。それができる投手だと思う。気持ちの部分も買った。いろんな場面で起用しやすいなと感じている。

Sponichi 4/28/2015

===

ドラフト・レポート

===