Welcome to Yakyubaka.com

原 嵩 (専大松戸)

by on Apr.29, 2015 @ 9:37 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人

原 嵩 (専大松戸)
はら・しゅう

185cm / 84kg
R / R

===

専大松戸・原 審判の注意が乱調誘因に

「全国高校野球・1回戦、花巻東4-2専大松戸」(7日、甲子園)

プロ注目の最速148キロ右腕、専大松戸(千葉)の原嵩(しゅう)投手(3年)が五回途中まで5四死球を出し4失点で降板した。初回は三者凡退。乱調の誘因に見えたのは審判からの注意だ。

初回1死をとった直後、上げた左足が一度止まるようにも見える“二段モーション”を指摘された。二回は3四死球を出し、2点適時打を許した。フォームは「計5、6度注意された」という。千葉大会では一度も指摘されたことがなかったため、戸惑いは隠せなかった。軸足へのためがなくなり投球に影響が出たことは否めない。

Daily Sports 8/8/2015

===

専大松戸 ランニング満塁弾で初の甲子園/千葉

<高校野球千葉大会:専大松戸7-3習志野>◇26日◇決勝◇QVCマリン

... その後2四死球で2死満塁のチャンスをつくり、投手として先発も4回途中2失点で降板し、右翼を守っていた4番原嵩(しゅう=3年)が、1ストライクから2球目を振り抜いた。打球は中前に落ちたが、高くはねたボールは、打球判断をあやまった中堅手の頭も越えた。その間に原は本塁へ還り、今大会2本目のランニングホームラン。満塁弾で4点を勝ち越し、勝負を決めた。

Nikkan Sports 7/26/2015

===

専大松戸、原好投と猪爪2ランであと1勝/千葉

<高校野球千葉大会:専大松戸3-1木更津総合>◇24日◇準決勝◇QVCマリン

... 先発したプロ注目右腕の原は、3回までノーヒットに抑えた。4回に2安打を打たれ1点を許すも、5回以降は縦横2種類のスライダーを武器に、4奪三振と打ち取る投球を見せた。9回には「全力でいきました」と、この日最速143キロを2度出すなど、ギアを入れ替え、112球で完投した。

Nikkan Sports 7/24/2015

===

原7回10K 専大松戸4年連続8強

「高校野球・千葉大会5回戦、専大松戸8-0我孫子東」(21日、QVC)

... 圧巻は「ちょっと力を入れた」という七回。決め球はすべて140キロ台の直球で3者連続三振。最後の打者には自己最速まで3キロに迫る145キロを計測し「リリースを修正できた最終回は一番良かった」と自信を深めた。

... この日は3球団のスカウトが視察。日本ハム・岩舘スカウトは「球速を出しながら、制球できてきた。素材は間違いない」と評価。

Daily Sports 7/22/2015

===

専大松戸・原7回10K 最後の夏、天国の母に誓う甲子園

第97回全国高校野球選手権千葉大会5回戦  専大松戸8-0我孫子東 (7月21日  QVCマリン)

専大松戸の148キロ右腕・原が今夏初先発。コールド勝ちした我孫子東相手に、7回参考ながら4安打10奪三振で完封した。最速145キロの直球を軸に6回2死から4者連続三振で締め「真っすぐが走っていた。最終回は良かった。序盤は少し浮いていたのでもう少し早く修正できるようにしたい」と汗を拭った。

Sponichi 7/22/2015

===

専大松戸・原、7回10K完封!持丸監督「修正できた」/千葉

第97回全国高校野球選手権大会千葉大会5回戦(21日、専大松戸8-0我孫子東=七回コールド、QVCマリンフィールド)千葉5回戦で、我孫子東を8-0の七回コールドで下した。持丸監督は12安打の打線よりも原の好投に「フォームが修正できた」と笑顔。7回を無失点、4安打2四球10奪三振のエースは「監督からは『全力でいけ』と言われていた。浮いた球があったので、低めに丁寧に投げていきたい」と淡々としていた。

 Sanspo 7/22/2015

===

専大松戸8強入り 原が7回10K完封

「高校野球・千葉大会5回戦、専大松戸8-0我孫子東」(21日・QVCマリンフィールド)

... 今秋ドラフト候補右腕の原嵩(しゅう)投手(3年)が今大会初先発し、4安打10奪三振で完封した。

最速145キロを計測した直球は伸びがあり、鋭いスライダーも有効。「今日は直球が走っていた。最終回が一番良かった」と、笑顔を見せた。

Daily Sports 7/21/2015

===

専大松戸、プロ注目の原が初先発7回10K/千葉

<高校野球千葉:専大松戸8-0我孫子東>◇21日◇5回戦◇QVCマリン

... プロ注目の最速148キロ右腕、原嵩(しゅう)投手(3年)が今大会初先発。10三振を奪い、4安打で無失点完投した。尻上がりに調子を上げ、7回は3者連続空振り三振。最後の打者相手にこの日最速の145キロをマークした。

Nikkan Sports 7/21/2015

===

専大松戸のプロ注目右腕・原 打で見せたランニング本塁打

第97回全国高校野球選手権千葉大会4回戦  専大松戸4―3船橋芝山 (7月20日  QVC)

... 最速148キロのプロ注目右腕が、この日はバットで魅せた。4回2死三塁では初球から右方向狙い。外角を待ちながら内角に来た球をさばいた打球が三塁を強襲し、適時打になった。

Sponichi 7/21/2015

===

専大松戸・原、鯉スカウトらに見せた146キロ!/千葉

第97回全国高校野球選手権大会千葉大会3回戦(18日、市川4-8専大松戸、柏の葉公園)千葉3回戦で専大松戸が市川に8-4で逆転勝利。「6番・右 翼」で出場した原が七回無死一、二塁から登板。3回2安打無失点に抑えた。広島などのスカウト陣の前で最速146キロをマーク。リードを許す試合展開にも 「負けるとは思わなかった。絶対に逆転すると思って投げた」と胸を張った。

Sanspo 7/19/2015

===

専大松戸 “プロ注”エース・原、圧巻の3回5K無失点

第97回全国高校野球選手権千葉大会3回戦  専大松戸8―4市川 (7月18日  柏の葉)

専大松戸は市川を逆転で下して4回戦進出。今秋ドラフト候補のエース右腕・原は7回無死一、二塁のピンチから登板して3回2安打5奪三振無失点。「緊張したが直球とスライダーを中心に力で押せたのは良かった」と今夏初登板を振り返った。

Sponichi 7/19/2015

===

専大松戸辛勝 エース原緊急登板で146キロ/千葉

<高校野球千葉大会:専大松戸8-4市川>◇18日◇3回戦◇柏の葉

... 3-3で迎えた7回表、2番手の角谷幸輝投手(3年)が3連打で勝ち越しを許すと、無死一、二塁の場面で、右翼を守っていたプロ注目の最速148キロ右腕・原嵩投手(3年)が今夏初登板。試合中に、ブルペンで投げ込みをしないままの緊急登板だったが「守備中に肩はつくっていた」と、送りバント後に2三振を奪い、ピンチを切り抜けた。

原は9回まで投げ切り、3回2安打5奪三振無失点の好投。この日の最速は146キロだったが「直球のスピンがきいていたので、力強いボールが投げられた」と納得の投球だった。

Nikkan Sports 7/18/2015

===

専大松戸・原 8球団が視察、昨夏のリベンジ/千葉

... プロ注目の本格派右腕が昨夏のリベンジに燃える。専大松戸(千葉)のエース原嵩(しゅう)投手(3年)は184センチの上背から投げ下ろす最速148キロの速球に加え、阪神藤浪を参考にしたスライダーが武器。今春関東大会は初戦で高崎健康福祉大高崎(群馬)に敗れたが、プロ8球団が視察に訪れた。県準Vだった昨夏は背番号「1」を背負った。だが大会直前に母昭子さん(享年50)をがんで亡くし「心の整理がつかず、調子を崩してしまった」。3試合の登板にとどまり、エースの役割を果たせなかった。今春の県大会は他の投手育成のため登板機会はゼロ。それでも1日200球の投げ込みで球威が増し、ツーシームも習得した。

Nikkan Sports 6/30/2015

===

専大松戸・原2失点敗退…8球団視察

「高校野球・春季関東大会2回戦、健大高崎5-3専大松戸」(17日、富士北麓公園)

専大松戸は高崎健康福祉大高崎に競り負けた。プロ注目の最速148キロ右腕・原嵩投手(3年)は、救援で1回1/3を2失点。昨秋以来の公式戦登板に、阪神、巨人など8球団のスカウトが集結した。

... 中日・中田スカウト部長は「まだまだ球速も上がる。(身長185センチで)体もあるし、素材的には間違いなくいい」とうなずいた。

Daily Sports 5/18/2015

===

専大松戸は競り負け注目右腕・原2失点

「高校野球・春季関東大会2回戦、健大高崎5-3専大松戸」(17日、富士北麓公園)

... 八回途中から救援したプロ注目右腕・原嵩投手(3年)は1回1/3を2失点。

Daily Sports 5/17/2015

===

専大松戸が8強 プロ注目原はバットで

「高校野球・春季千葉大会3回戦、専大松戸5-0成田」(29日・ゼットエーボールパーク)

... プロ注目の最速147キロ右腕・原は「5番・右翼」で出場。登板はなかったが、三回には右中間への適時三塁打を放って2打点を挙げ「監督から『右方向を意識していけ』と言われていたことができた」と、明るい表情を見せた。

Daily Sports 4/29/2015

===

ドラフト・レポート

===