Welcome to Yakyubaka.com

その他

Daily Sports: 40歳以上の通算2000安打達成

by on Jun.12, 2015 @ 12:28 am, under Scrapbook, その他

【40歳以上の通算2000安打達成】=以下は達成日

(1)42歳11カ月 和田一浩(中日)=15年6月11日

(2)42歳4カ月 谷繁元信(中日)=13年5月6日

(3)41歳5カ月 宮本慎也(ヤクルト)=12年5月4日

(4)41歳4カ月 落合博満(巨人)=95年4月15日

(5)40歳8カ月 小久保裕紀(ソフトバンク)=12年6月24日

(6)40歳2カ月 新井宏昌(近鉄)=92年7月8日

(7)40歳0カ月 金本知憲(阪神)=08年4月12日

Daily Sports 6/11/2015

Nikkan Sports: 歴代3冠王

by on May.25, 2015 @ 6:47 pm, under Scrapbook, その他

<歴代3冠王>

1938秋 中島治康(巨人)  29歳 .361 10本  38点

1965  野村克也(南海)  30歳 .320 42本 110点

1973  王 貞治(巨人)  33歳 .355 51本 114点

1974  王 貞治(巨人)  34歳 .332 49本 107点

1982  落合博満(ロッテ) 29歳 .325 32本  99点

1984  ブーマー(阪急)  30歳 .355 37本 130点

1985  バース (阪神)  31歳 .350 54本 134点

1985  落合博満(ロッテ) 32歳 .367 52本 146点

1986  バース (阪神)  32歳 .389 47本 109点

1986  落合博満(ロッテ) 33歳 .360 50本 116点

2004  松中信彦(ダイエー)31歳 .358 44本 120点

 ※年齢は獲得年の満年齢

Nikkan Sports 5/24/2015

Sponichi: 1球危険球退場は8人目

by on May.25, 2015 @ 3:33 pm, under Scrapbook, その他

山崎康(D)は初球が危険球となり初の退場。1球で危険球退場は

年 月 日 投手(所属)
90・8・23 高 木(オ)
06・6・17 高 井(ヤ)
08・9・23 小野寺(西)
09・4・30 岩 瀬(中)
09・8・ 2 有 銘(楽)
10・9・16 甲 藤(ソ)
11・4・24 松井光(ヤ)
15・5・24 山崎康(D)

Sponichi 5/25/2015

Nikkan Sports: 高田繁の127本が最多/6大学100安打以上一覧

by on May.09, 2015 @ 5:13 pm, under Scrapbook, その他

通算100安打以上の選手は以下の通り。

高田 繁(明大)=127

堀場秀孝(慶大)=125

松下勝実(慶大)=125

大引啓次(法大)=121

高橋由伸(慶大)=119

岡田彰布(早大)=117

中村 豊(明大)=116

鳥谷 敬(早大)=115

石井藤吉郎(早大)=114

小早川毅彦(法大)=114

喜多隆志(慶大)114

篠原一豊(立大)=111

谷沢健一(早大)=111

大森 剛(慶大)=111

高山 俊(明大)=111※

上本博紀(早大)=109

山村泰弘(慶大)=108

宮原 実(早大)=108

金光興二(法大)=108

安藤統夫(慶大)=107

山崎 弘(立大)=106

多木裕史(法大)=106

松本啓二朗(早大)=105

高木大成(慶大)=103

山下大輔(慶大)=102

田中浩康(早大)=102

武内晋一(早大)=102

石原照夫(立大)=101

小林 宏(慶大)=101

高林孝行(立大)=101

大城滉二(立大)=101※

※印は現役

Nikkan Sports 5/9/2015

Sanspo: 米チームとの対戦成績

by on Nov.17, 2014 @ 11:34 am, under Scrapbook, その他

Year Team G W L T
1908 Rich All American 17 0 17 0
1913 All World Baseball Team 1 0 1 0
1920 All-American National 20 0 20 0
1922 MLB All-Stars 16 1 15 0
1927 Royal Giants 24 0 23 1
1931 MLB All-Stars 17 0 17 0
1932 Royal Giants 24 1 23 0
1934 MLB All-Stars 18 0 18 0
1949 San Francisco Seals 7 0 7 0
1951 MLB All-Stars 16 1 13 2
1953 Giants 14 1 12 1
  MLB All-Stars 12 1 11 0
1955 Yankees 16 0 15 1
1956 Dodgers 19 4 14 1
1958 Cardinals 16 2 14 0
1960 Giants 16 4 11 1
1962 Tigers 18 4 12 2
1966 Dodgers 18 8 9 1
1968 Cardinals 18 5 13 0
1970 Giants 9 6 3 0
1971 Orioles 18 2 12 4
1974 Mets 18 7 9 2
1978 Reds 17 2 14 1
1979 NL/AL All-Stars 2 1 1 0
1981 Royals 17 7 9 1
1984 Orioles 14 5 8 1
1986 MLB All-Stars 7 1 6 0
1988 MLB All-Stars 7 2 3 2
1990 MLB All-Stars 8 4 3 1
1992 MLB All-Stars 8 1 6 1
1993 Dodgers 2 2 0 0
1996 MLB All-Stars 8 2 4 2
1998 MLB All-Stars 7 2 5 0
2000 MLB All-Stars 8 2 5 1
2002 MLB All-Stars 7 3 4 0
2004 MLB All-Stars 8 3 5 0
2006 MLB All-Stars 5 0 5 0
2014 MLB All-Stars* 5 3 2 0

* As of November 19, 3:59pm

===

Source: Sanspo 11/16/2014

Nikkan Sports: ◆交流戦通算20勝以上の投手◆

by on Jun.26, 2014 @ 6:57 pm, under Scrapbook, その他

(1)杉内俊哉(巨)26-11

(2)和田 毅(ソ)22-9

(2)涌井秀章(ロ)22-15

(4)田中将大(楽)21-6

(5)内海哲也(巨)20-17

(5)成瀬善久(ロ)20-14

(5)石川雅規(ヤ)20-15

※左から順位、投手(所属)、勝-敗

Nikkan Sports 6/26/2014

Nikkan Sports: プロ野球の球速158キロ以上/一覧

by on May.14, 2014 @ 12:19 pm, under Scrapbook, その他

◆日本プロ野球(公式戦)の球速158キロ以上◆

球速 投手(所属、年齢)年・月・日、球場、相手、打者

162キロ、クルーン(巨人、35)08・6・1、ヤフー、ソフトバンク、松田、空振り、3球目

161キロ、由規(ヤクルト、20)10・8・26、神宮、横浜、スレッジ、空振り、98球目

161キロ、大谷翔平(日本ハム)14・8・3札幌ド、ソフトバンク、李大浩、ファウル、128球目

160キロ、林昌勇(ヤクルト、32)09・5・15、神宮、阪神、新井、ファウル、15球目

160キロ、マシソン(巨人、28)12・7・5、横浜、DeNA、石川、ボール、6球目

160キロ、大谷翔平(日本ハム、19)14・6・4、札幌ドーム、広島、丸

158キロ、伊良部秀輝(ロッテ、23)93・5・3、西武、西武、清原

158キロ、山口和男(オリックス、28)02・7・29、神戸、ダイエー、松中

158キロ、五十嵐亮太(ヤクルト、25)04・6・3、甲子園、阪神、今岡

158キロ、ファルケンボーグ(ソフトバンク、32)10・5・16、神宮、ヤクルト、宮本

158キロ、デラクルス(ヤクルト、26)10・6・15、神宮、日本ハム、陽岱鋼

158キロ、サファテ(広島、30)11・6・29、福井、阪神、平野

158キロ、大谷翔平(日本ハム、19)14・5・13、函館、西武、木村

【注】スピードガンが普及した80年以降。初計測時

【参考・オールスター】

162、大谷翔平(日本ハム)14・7・19、甲子園、全セ、鳥谷、ファウル、2球目

Nikkan Sports 5/14/2014; Nikkan Sports 6/4/2014; Nikkan Sports 8/4/2014

Nikkan Sports: 原監督で15人目/通算800勝以上監督一覧

by on Apr.04, 2014 @ 10:14 pm, under Scrapbook, その他

◇通算800勝以上の監督◇

( 1)鶴岡一人 1773勝1140敗81分、・609

( 2)三原 脩 1687勝1453敗108分・537

( 3)藤本定義 1657勝1450敗93分、・533

( 4)水原 茂 1586勝1123敗73分、・585

( 5)野村克也 1565勝1563敗76分、・500

( 6)西本幸雄 1384勝1163敗118分・543

( 7)上田利治 1322勝1136敗116分・538

( 8)王 貞治 1315勝1118敗74分、・540

( 9)別当 薫 1237勝1156敗104分・517

(10)星野仙一※1138勝 989敗53分、・535

(11)川上哲治 1066勝 739敗61分、・591

(12)長嶋茂雄 1034勝 889敗59分、・538

(13)仰木 彬  988勝 815敗53分、・548

(14)古葉竹識  873勝 791敗137分・525

(15)原 辰徳※ 800勝 586敗54分、・577

※は現役監督

Source: Nikkan Sports 4/4/2014

Sponichi: 過去最長身は2メートル8のヒルマン、ターマン

by on Mar.04, 2014 @ 9:27 pm, under その他

【プロ野球の長身選手】 

2メートル16 ファンミル(楽天)歴代最長身
2メートル8  ヒルマン(ロッテ)過去最長身
2メートル8  ターマン(横浜)過去最長身
2メートル5  ミコライオ(広島)
2メートル4  ウィルソン(阪神)歴代野手最長身
2メートル0  馬場正平(巨人)歴代日本人最長身
1メートル98 南 貴樹(ソフトバンク)現役日本人最長身
1メートル94 高橋 智(阪急、ヤクルト)歴代日本人野手最長身
1メートル97 藤浪 晋太郎(阪神)
1メートル93 大谷 翔平(日本ハム)

Sponichi 3/4/2014

第6回東アジア大会

by on Oct.07, 2013 @ 4:27 pm, under Scrapbook, その他
Tags:

チーム最年長・中野ド根性弾!!日本 逆転優勝決めた

... 社会人の選手を中心とする日本は決勝で韓国に4―2で勝利し、優勝した。日本オリンピック委員会(JOC)派遣大会での金メダル獲得は、94年の広島アジ ア競技大会以来、19年ぶり。0―1の2回途中から救援した片山(JR東日本)が8回まで無失点と快投し、攻撃では4回にチーム最年長33歳の中野(JR 九州)が逆転2点本塁打を放った。中野は「決勝で硬くなる中で、うまくベテランの体が動いた」と笑みが絶えなかった。

Sponichi 10/15/2013

===

チーム救ったベテラン左腕の片山=東アジア大会・野球

韓国との決勝に臨んだ野球の日本は、31歳のベテラン左腕、片山(JR東日本)がピンチを救った。先発浦野(セガサミー)が一回に押し出し四球を与えるな ど乱調。二回先頭に四球を出したところで交代した。片山はブルペンで10球ほど投げてマウンドへ。「代わるなら自分と思っていた。すぐにいけた」。この回 を抑え、そのまま八回まで1安打無失点。内角を思い切って突く投球がさえ、11三振を奪った。

Jiji Press 10/14/2013

===

日本野球、ベテランの活躍で頂点に/東アジア大会

東アジア大会第9日(14日、中国・天津)野球の日本はベテラン勢の活躍で日韓戦を制し、頂点に立った。0-1の二回途中から救援した31歳の片山(JR東日本)が八回まで無失点と快投し、攻撃では四回にチーム最年長33歳の中野(JR九州)が逆転2点本塁打を放った。

片山は直球とスライダーを軸に11三振を奪い「優勝以外は一緒だと思っていた」と満足そう。中野は「決勝で硬くなる中、うまくベテランの体が動いた」と笑みが絶えなかった。

Sanspo 10/14/2013

===

プロ注目の吉田好投で快勝/東アジア大会

<東アジア大会:野球>◇13日◇中国・天津

日本は1次リーグで0-11と唯一黒星を喫していた台湾に6-0で快勝し、決勝に進んだ。

6回被安打3で勝利に貢献したプロ注目の右腕、JR東日本の吉田一将投手(24=日大)は「初球の入りを怖がらずに、大胆に攻めた」と白い歯を見せた。

Nikkan Sports 10/13/2013

===

日本グアムに圧勝 準決勝進出!秋吉&東明が好投

東アジア大会第6日  日本12―0グアム (10月11日  中国・天津)

社会人の選手を中心とする日本代表はグアムに12―0と大勝。予選リーグ5勝1敗として、準決勝進出を決めた。

今秋ドラフト上位候補の秋吉亮投手(パナソニック)と東明大貴投手(富士重工)は、ともに3回無失点の好投。打線は3番に座った井領雅貴外野手(JX―ENEOS)が3安打3打点をマークした。

Sponichi 10/12/2013

===

日本 韓国撃破 富士大・山川が満塁弾 予選リーグ4勝1敗

東アジア大会 (10月10日  中国)

社会人選手を中心とする野球の日本代表は韓国に6―3で勝利。予選リーグ4勝1敗とした。

先発したセガサミーの浦野博司投手(24)が6回2安打無失点。4番に座った富士大の山川穂高内野手(21)が5回に今大会2号となる右中間への満塁弾を放った。

Sponichi 10/11/2013

===

日本36点発進!大学生4番の山川が2安打3打点の活躍

東アジア大会1次リーグ  日本36―0モンゴル (10月6日  中国・天津)

... 大学生でただ一人選出された山川(富士大)がモンゴルとの初戦に4番で先発し、2安打3打点で大勝に貢献した。プロ注目の長距離砲は「凄い先輩がたくさんいるので、自分は強い打球をしっかり打つことを心掛けている」と謙虚に話した。大気汚染に加え、午前9時の試合開始時は霧も立ち込め、視界は真っ白だった。沖縄県出身で大学は岩手県の山川は「沖縄も岩手も空気がきれいなので、びっくりした」と苦笑いした。

Sponichi 10/7/2013