Welcome to Yakyubaka.com

高校・大学・社会人

青柳 昴樹 (大阪桐蔭)

by on Jan.25, 2015 @ 4:28 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

青柳 昴樹 (大阪桐蔭)
あおやぎ・こうき

183cm / 83kg
R / R

===

大阪桐蔭4番青柳“因縁”の高橋撃つ

... 2年ぶり7度目のセンバツ出場が決まった大阪桐蔭は1982年夏、83年春の池田以来、史上5校目の夏春連覇に挑む。昨夏のVメンバーで4番の青柳昴樹外野手(2年)は、注目の県岐阜商・高橋純平投手(2年)撃ちを宣言した。

公式戦9試合でチーム打率・399。182センチの長距離砲は打率・464、1本塁打、7打点を記録し、強力打線の中心を担う。「桐蔭の4番という目で見られるのは覚悟の上。去年の夏は打率1割台で悔しかった。結果を出す。本塁打を3本打つ」と言い切った。

Daily Sports 1/25/2015

===

ドラフト・レポート

===

田中 寛大 (英明)

by on Jan.25, 2015 @ 4:23 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

田中 寛大 (英明)
たなか・かんた

175cm / 74kg
L / L

===

初出場の英明“讃岐のライアン”快投誓う

... 初出場が決まった英明(香川)は、“讃岐のライアン”ことエース左腕・田中寛大投手(2年)が快投を誓った。

... チームの軸は最速141キロ左腕・田中だ。右足を高く上げる独特のフォームで“讃岐のライアン”と呼ばれ、プロも注目する逸材だ。

... 秋以降は体幹トレに取り組み、足を上げたときのフォームのブレを修正。またカーブ、スライダー、ツーシームに加えてチェンジアップの習得に挑戦。「精度をどんどん上げていきたい」と意欲的に取り組んでいる。

Daily Sports 1/24/2015

===

ドラフト・レポート

===

高橋 樹也 (花巻東)

by on Jan.03, 2015 @ 4:37 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

高橋 樹也 (花巻東)
たかはし・みきや

176cm / 75kg
L / L

===

今秋ドラフトの主役は左投手!“雄星2世”花巻東・高橋に注目

... 西南中では「腰の回転を速くするところを参考にフォームを固めた」と振り返る。花巻東では1年秋からベンチ入りを果たすと、昨秋からエースナンバーを背負った。延長15回引き分け再試合となった秋季東北大会2回戦、東日本国際大昌平(福島)戦では5回途中から救援し10回1/3を1安打無失点投球。ネット裏のスカウトからは「腕の振りがいい」と評価された。

最速144キロの直球を軸に、鋭い変化を見せるスライダー、チェンジアップ、フォークを操る。東北大会では24回1/3を投げ24奪三振。わずか3四死球と制球力も光った。佐々木洋監督は「今の時期だと、雄星よりも安定している。スピードもまだ出る」と期待する。冬場は走り込み、ウエートトレーニングと並行して食事トレにも着手。朝から丼で3杯を平らげ、体重は入学時から5キロ増の75キロになった。

Sponichi 1/3/2015

===

大城 滉二 (立大)

by on Dec.25, 2014 @ 2:32 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

大城 滉二 (立大)
おおしろ・こうじ

175cm / 79kg
R / R

===

大城、87年一茂以来の立大野手ドラ1だ

... 立大・大城滉二内野手(3年=興南)もドラフト上位候補に挙がる。

... 「何位でもいいので、とにかくプロになるためのスタートラインに立ちたい」と描く。

昨秋は1番を打ち、50メートルを6秒0の俊足を生かして9盗塁。通算29盗塁は現役1位につけるが、「100安打を打てなかったのが悔しかった」と通算94安打を悔しがる。「春で追い付いて、秋に抜ければいいなと思います」と、明大・高山をライバル視した。

Nikkan Sports 1/3/2015

===

来秋ドラフト候補の立大・大城 あと6「まずは100安打」

... 通算94安打をマークしている来秋ドラフト候補の大城は「(127安打の)六大学記録は目標ですけど、まずは(100安打の)高山(明大)に追いつきた い」と意欲を見せた。今秋は99年秋以来の優勝にあと1勝まで迫りながらV逸しただけに、溝口智成監督は「悔しさを忘れずにやりたい」と決意を口にした。

Sponichi 12/24/2014

===

ドラフト・レポート

===

北村 拓己 (亜大)

by on Dec.06, 2014 @ 11:48 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

北村 拓己 (亜大)
きたむら・たくみ

178cm / 78kg
R / R

===

来年ドラフト候補なのに…亜大・北村、二塁手から捕手にコンバート

仰天コンバート! 東都大学リーグで今秋、史上初の7連覇を逃した亜大の主将、北村祥治内野手(3年)が捕手に転向することが5日、分かった。二塁手で3度ベストナインに選ばれ、来年のドラフト会議でも注目される名手だが、強肩と冷静な頭脳を見込まれ、コンバートされた。今季最終戦となる、7日の創価大とのオープン戦で本格デビューする。

DeNA・武居スカウト 「右打ちで守備に安定感がある。左右が違うけど今度ウチに入る倉本(日本新薬)の大学時代に似ている。捕手転向は監督の考えかな」

楽天・後関スカウト 「堅実な守備の二塁手のイメージで、リストに挙がっている。ウチの嶋も捕手に転向しているけど、大学1年からだからね。すぐに捕手、は未知数だね」

Sanspo 12/6/2014

===

ドラフト・レポート

===

平沢 大河 (仙台育英)

by on Nov.18, 2014 @ 1:38 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

平沢 大河 (仙台育英)
ひらさわ・たいが

176cm / 72kg
R / L

===

仙台育英・平沢 柳田ばりフルスイングで「5割打つ」

第87回選抜高校野球大会出場校発表 (1月23日)

昨秋の明治神宮大会を制した仙台育英(宮城)は、2年ぶり11度目の出場を決めた。強力打線をけん引するのが3番の平沢大河内野手(2年)。同大会で打率5割と打ちまくった平沢は、晴れ舞台で対戦したい投手に県岐阜商の高橋の名を挙げた。

... 1メートル76、75キロで通算12本塁打ながら、鋭いスイングで外野の間をライナーで抜くのが持ち味。佐々木順一朗監督は「振る力は並外れている」と評する。好きな選手はソフトバンクの柳田。「思い切りスイングするところは似ていると思います」。甲子園でもファーストストライクから積極的に振ることで、チームを勢いに乗せるつもりだ。

Sponichi 1/24/2015

===

仙台育英V 佐藤世那1失点完投

<明治神宮大会:仙台育英4-1浦和学院>◇18日◇高校の部決勝◇神宮

... プロ注目の3番平沢大河内野手(2年)は7回に2ランを放つなど、攻守に活躍した。

Nikkan Sports 11/18/2014

===

仙台育英・平沢“柳田流”2安打2打点

「明治神宮大会・高校の部準決勝、仙台育英8-0九州学院」(17日、神宮)

仙台育英(東北)がプロ注目・平沢大河内野手(2年)の2安打2打点などで九州学院(九州)を七回コールドで退け、決勝進出を決めた。

... 仙台育英・平沢は176センチと決して大柄ではないが、DeNA・武居スカウトが「あれだけ振れるバッターはいない」とベタ褒めするスイング力を存分に発揮した。

初回に右前打で先制点のきっかけをつくると、五回1死二塁では一挙5得点の起点となる右中間三塁打で九州学院を圧倒した。

Daily Sports 11/18/2014

===

ドラフト・レポート

===

勝俣 翔貴 (東海大菅生)

by on Nov.09, 2014 @ 2:42 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

勝俣 翔貴 (東海大菅生)
かつまた・しょうき

180cm / 78kg
R / L

===

東海大菅生・勝俣 152キロ右腕打倒だ

... 9年ぶり3度目の出場を決めた東海大菅生(東京)は、投打で今秋ドラフト候補に挙がる勝俣翔貴投手(2年)が大会No.1選手を目指すと宣言した。注目の最速152キロ右腕、県岐阜商・高橋純平投手(2年)から快打を放ち、名を上げることを誓った。

... それだけのスケール感がある。金本知憲氏(元阪神)にあこがれる左の強打者は1年夏から主軸に座り、高校通算15本塁打。昨秋は公式戦で2本塁打を記録し、11月の練習試合では、視察するスカウトの前で大学生から推定130メートルの場外弾も放ってみせた。投げても最速142キロの本格派右腕。チームをセンバツに導いた。

Daily Sports 1/24/2015

===

センバツ注目 二刀流 菅生のしんちゃん

... 昨秋の東京大会で優勝し、センバツ出場を確実にした東海大菅生のエース勝俣翔貴投手(2年)は、最速142キロの投球とともに、打撃でもスカウト陣から注目を集める好選手だ。

... 投げては最速142キロを誇り、縦に落ちるスライダーが最大の持ち味だ。昨秋の東京大会を18年ぶりに制し、明治神宮大会初戦(対静岡)では11奪三振完投に、神宮の右中間にライナーでぶち込む同点ソロを放った。プロ注目右腕だが、本格的に投手になったのは昨夏の大会後から。公式戦登板は昨秋が初めてだった。

「ピッチングより、バッティングの方が好きです。打っても3割で半分以上は失敗する。難しい分、やっていて楽しい」と言う。打順は主に3番で、登板しない時は右翼で出場。現状、スカウト陣からは野手として評価する声が根強い。

Nikkan Sports 1/21/2015

===

楽天・松井裕参考に…東海大菅生・勝俣 196球11K完投

第45回明治神宮野球大会第2日・高校の部準々決勝  東海大菅生7―4静岡 (11月15日  神宮)

東海大菅生のエース勝俣が9安打を浴びながらも、196球4失点完投でシーソーゲームを制した。

楽天・松井裕を参考にした縦のスライダーで11三振を奪った一方、暴投で2失点。6四死球と制球に苦しみ「低めを見極められて、スライダーを投げるのが難しかった。気持ち的に疲れた」と振り返った。それでも打撃では6回に高校通算14本目の右越え同点ソロ。「投げるより打つ方が好き。楽しんでやれた」と笑顔を見せた。

Sponichi 11/16/2014

===

東海大菅生4強 勝俣11K&同点弾

<明治神宮大会:東海大菅生7-4静岡>◇15日◇高校の部準々決勝◇神宮

... エース勝俣翔貴投手(2年)が、スライダーを軸に11奪三振で完投すると、1点を追う6回には右中間に同点ソロを放った。

Nikkan Sports 11/15/2014

===

プロ注目勝俣完投 東海大菅生センバツ確

<高校野球秋季東京大会:東海大菅生3-2二松学舎大付>◇9日◇決勝◇神宮

... 準決勝から連投のエース勝俣翔貴投手(2年)が9回2失点で完投し、就任6年目の元中日、若林弘泰監督(48)は春夏通じて初の甲子園。

投打でプロ注目の勝俣が、最後までマウンドを守った。1点リードの9回、2死満塁を招いたが、宝刀スライダーで二飛に切る。準決勝4安打完投に続き、144球、2失点完投。「信じられない」と興奮した。

... それでも投球練習を続け、最速142キロに伸ばした。ロッテ諸積スカウトは「投手としても、打者としても魅力がある。(高校生では)東京NO・1」と期待する。

Nikkan Sports 11/10/2014

===

勝俣投打に活躍 東海大菅生が決勝進出

<高校野球秋季東京大会:東海大菅生4-1法政>◇8日◇準決勝◇神宮

東海大菅生が法政に勝利し決勝進出を決めた。

勝俣翔貴投手(2年)が4安打1失点、8三振を奪って完投。1-1の3回には決勝打を放ち投打にわたって活躍した。

Nikkan Sports 11/8/2014

===

ドラフト・レポート

===

小畑 彰宏 (大阪ガス)

by on Nov.07, 2014 @ 3:05 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

小畑 彰宏 (大阪ガス)
おばた・あきひろ

184cm / 82kg
R / R

===

来秋ドラフト候補、大阪ガス小畑 3安打完封 二塁踏ませず

スポニチ後援第40回社会人野球日本選手権第5日・2回戦  大阪ガス5―0JR北海道 (11月5日  京セラドーム)

大阪ガスは来秋のドラフト候補右腕、小畑が二塁を踏ませない快投で、3安打完封。初回に5点のリードをもらい、テンポよく投げた。

夏に上手投げからスリークオーターに改造したことも効果を上げている。「球速は上がってないですが、制球と切れがよくなった。これでいこうと思います」と新フォームにも手応え。来年のドラフトへ向け「全国大会で勝って、それを評価してもらえたら」と自信を深めていた。

Sponichi 11/6/2014

===

ドラフト・レポート

===

柳澤 一輝 (早大)

by on Nov.07, 2014 @ 3:03 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

柳澤 一輝 (早大)
やなぎさわ・かずき

180cm / 82kg
R / R

===

“有原2世”早大・柳沢 3者連続三振締め「いつも通り」

東京六大学野球新人戦第1日  早大5―0慶大 (11月5日  神宮)

早大の「有原2世」こと149キロ右腕・柳沢が救援で貫禄を見せた。

今秋リーグ戦ですでに公式戦デビューを果たし、初勝利もマーク。この日は5点リードの9回から登板。先頭こそ失策で出塁を許したが、「いつも通り」と後続を148キロの速球を軸に3者連続三振に仕留めた。高校の先輩・有原も下級生の頃に抑えを務めてからエースに成長。「憧れの人。追いつけるように、まずは後ろの役目でしっかり抑えたい」と力を込めた。

Sponichi 11/6/2014

===

ドラフト・レポート

===

酒本 永遠 (東海大四)

by on Nov.05, 2014 @ 11:57 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

酒本 永遠 (東海大四)
さかもと・とわ

178cm /  78kg

===

東海大四・酒本70cm太ももパワーだ

スーパーな太ももの1年生が全国舞台デビューで暴れ回る。14日から始まる明治神宮野球大会(神宮)に北海道代表で出場する東海大四が4日、大会登録メンバーを発表した。背番号13をゲットした酒本永遠(とわ)外野手(1年)は、大脇英徳監督(39)がスタメン候補に挙げる期待の1人。

... 鍛え抜いた下半身が、ひときわ目を引く。酒本は寿都中1年時に、ジュニアオリンピックのアルペンスキーで優勝。優勝後、すぐに競技をやめて野球1本にシフトしたが、東海大四に入学の際、数々の五輪選手を輩出している名門スキー部からも声がかかった。スキーで鍛えた太もも周りは、ユニホームの上からの計測だが70センチと“超高校級”だ。

Nikkan Sports 11/5/2014

===

東海大四、37年ぶり神宮大会勝利へ酒本スタメン濃厚

... 全道大会で背番号16だった酒本永遠(とわ)外野手(1年)は13番に変更。1ケタ背番号にはならなかったが、明治神宮大会では1年生で唯一、スタメン起用されることが濃厚になった。この他、全道でベンチ外だった3人が新たにメンバーに加わった。

... 全道大会では代打出場のみ(3打数1安打)だった15歳を1年生で唯一、スタメン出場させる考えを明かした。

最大の武器は打撃力で、低く鋭い当たりを連発する。その持ち味を支えるのが、5歳から始めたスキーで鍛え上げた下半身で、太もも回りは70センチにもなる。小学6年からは2年間、道スキー連盟の強化指定選手になり、中学1年の時にはジュニア五輪のアルペン競技で優勝。「脚力はないけど、下半身が安定していることが打撃につながっている」と笑顔を見せた。

===