Welcome to Yakyubaka.com

高校・大学・社会人

藤本 知輝 (慶大)

by on Sep.02, 2014 @ 3:51 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

藤本 知輝 (慶大)
ふじもと・ともき

183cm / 85kg
R / R

===

阪神“未完の大砲”大学生獲りへ 中日・落合GMもホレ込む逸材

「未完の大砲」に熱視線だ。阪神が今秋ドラフト上位指名候補として慶大・藤本知輝外野手(4年)をリストアップしていることが1日、分かった。1メートル83、85キロの恵まれた体格から生み出す力強いなスイングが持ち味のスラッガー。球界屈指の和製大砲に成長する可能性を秘める男を徹底マークしていく。

... 選手を見極める上で、確かな眼力を持つ中日・落合博満GMも惚れ込む逸材だとも伝わる。今春の東京六大学野球リーグ戦では主に5番打者として12試合に出場。47打数13安打、打率・277、3本塁打。たぐいまれな長打力で10打点を叩き出し、リーグ制覇に大きく貢献した。そのリーグ戦で藤本の本塁打を目の当たりにした落合GMは、周囲に「この打者を育ててみたい」と話したという。もちろん阪神も担当の平塚スカウトが慶大に足しげく通い、徹底マークを続けている。

Sponichi 9/2/2014

===

宮尾 陽佑 (富山工)

by on Sep.01, 2014 @ 10:51 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

宮尾 陽佑 (富山工)
みやお・ようすけ

176cm / 74kg
R / R

===

富山工・宮尾、プロ志望届提出を決断!

高校野球の富山工の最速147キロ右腕・宮尾陽佑(3年)が、プロ志望届を提出することがわかった。伸びのあるストレートとスライダーが最大の武器で、春 の県大会では12球団のスカウトが視察。夏の富山大会では広島、中日、ロッテ、日本ハムが関心を寄せた。「今までプロを目指して練習してきた。希望を持っ て志望届を出したい」と宮尾は語った。

現時点での投球スタイルは粗削りで、「変化球が良くなれば、投球の幅は広がる」と評価するスカウトも。春、夏ともに初戦敗退し、公式戦で実力を見せられな かったのはマイナス要因だが、将来性を高く評価されれば、ドラフトで下位指名される可能性も高くなる。現在は走り込みや筋トレを続け、ブルペンでは1日お きに約100球を投げ込む。苦手だったカーブも修得中だ。

... 社会人野球の道も考えているが、基本はプロ入りが目標だ。「12球団どこでもOKです。10月のドラフトを待ちたい」と宮尾。

Sports Hochi 9/1/2014

===

ドラフト・レポート

===

井草 明良 (青森大)

by on Sep.01, 2014 @ 1:35 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

井草 明良 (青森大)
いぐさ・あきら

175cm / 78kg
R / R

===

 青森大・井草、27人斬り完封劇

<北東北大学野球:青森大3-0岩手大>◇第2週最終日◇8月31日◇青森・八戸市東運動公園

青森大の右腕井草明良(2年=立花学園)が岩手大を相手に2安打2四球で27人斬りの完封劇を演じた。計4人の走者をけん制で2度、併殺で2度仕留めて各イニングを打者3人で終わらせた。井草は今季からリーグ戦に登板し、初完投を完封で飾って2勝目を挙げた。

... 6月末の東北地区大学選手権で公式戦初登板。仙台大を6安打完封し、頭角を現した。今季リーグは第1週のノースアジア大戦で初勝利。阿部達世志(4年=東北生活文化大高)と2人で2勝ずつ、投手陣が好調な青森大が久々の開幕4連勝だ。

Nikkan Sports 9/1/2014

===

吉岡 慎平 (苫小牧駒澤大)

by on Aug.31, 2014 @ 1:51 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

吉岡 慎平 (苫小牧駒澤大)
よしおか・しんぺい

185cm / 85kg
R / R

===

 苫小牧駒大・吉岡13K3失点完投

<北海道6大学野球:苫小牧駒大8-3釧路公立大>◇第1節第1日◇30日◇網走呼人

今春のリーグ覇者・苫小牧駒大が2季連続Vへ白星発進した。先発したプロ注目の右腕、吉岡慎平投手(4年=札幌日大)が9回5安打3失点で完投勝利。1回先頭から4者連続など13三振を奪ったが、6回に3安打を集中されて2失点。9回には本塁打を浴びて1失点と、後半の失投に「ありえないっす」と苦笑い。夏場に変えた新フォームを習得中で「力まず投げられた。少なからず春より良い部分は見てもらえたかな」と話した。

Nikkan Sports 8/31/2014

===

ドラフト・レポート

===

浅井 洸耶 (敦賀気比)

by on Aug.20, 2014 @ 9:44 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

浅井 洸耶 (敦賀気比)
あさい・ひろや

177cm / 67kg
R / R

===

敦賀気比・浅井32号含む3安打猛打で8強

<全国高校野球選手権:敦賀気比16-1盛岡大付>◇20日◇3回戦

... 3番の浅井洸耶(ひろや)主将(3年)が高校通算32号の勝ち越しソロを含む3安打3打点と大活躍。二塁打が出れば野球人生2度目のサイクル安打達成という大当たりだった。

Nikkan Sports 8/20/2014

===

ドラフト・レポート

===

植田 海 (近江)

by on Aug.17, 2014 @ 11:49 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

植田 海 (近江)
うえだ・かい

173cm / 70kg
R / R

===

プロ注目の近江・植田 完全燃焼 転校で“最初で最後の夏”

第96回全国高校野球選手権3回戦  近江1―2聖光学院 (8月21日  甲子園)

... 一度は日本航空(山梨)に進学したが、諸事情により1年で退学。2年から近江に転入した。高野連の規定で1年間公式戦に出場できなかったが「最初で最後の夏」は完全燃焼した。プロ志望届は出す予定で「(プロは)ずっと目指していた。(将来的に)行きたい気持ちはある」と次のステージを見据えた。

Sponichi 8/22/2014

===

打率No.1近江が12安打8点猛打ショー!転校生・植田が主役

第96回全国高校野球選手権2回戦  近江8―0鳴門 (8月16日  甲子園)

安打2打点と活躍した植田は日本航空(山梨)を1年時の2月に自主退学。叔父が近江のコーチと知り合いという縁もあり、昨年4月に近江に転校してきた。50メートル5秒8の俊足と好打を期待されたが、規定で1年間は公式戦に出られず、悔しい思いをした。それでも冬場は1日に100メートルダッシュ100本、週に2、3回は個人で筋力トレーニングをしてベンチプレスは90キロを挙げるまでになり、今春レギュラーとなった。「打順で彼だけは動かさない」(多賀章仁監督)とすぐさま主軸を任され、甲子園でも期待に応えた。

中日・米村明スカウトは「走れる選手は評価が高い。チームの考える(ドラフト)枠に入っている」と言えば、広島・鞘師智也スカウトも「守備と走塁はドラフト対象レベル」と評した。

Sponichi 8/17/2014

===

ドラフト・レポート

===

相馬 和輝 (角館)

by on Aug.17, 2014 @ 11:39 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

相馬 和輝 (角館)
そうま・かずき

172cm / 70kg
R / R

===

角館が逆転負け 甲子園初陣飾れず

<全国高校野球選手権:八頭6-1角館>◇16日◇2回戦

... 1回に先制したが、右腕エース相馬和輝(3年)が3回に同点、5回に勝ち越しを許し、6回には4安打で3点を失って降板した。秋田勢は2年連続の初戦敗退となった。

... 4回に伏線があった。八頭の左打ちの7番川田賢一郎(3年)に、自信を持って投げた直球を左中間に二塁打された。秋田大会では経験のない流し打ちの長打を浴びて「気持ちの切り替えができなかった。周りが見えなくなった」。自己最速を1キロ更新する143キロをマークしても、精神面の乱れで自分を見失った。勝ち越された5回は暴投が絡んだ。丁寧にコーナーを突く相馬の持ち味が、中盤から消えた。

... 相馬は東都大学リーグでのプレーを希望する。「厳しい環境で自分を鍛えたい。プロ野球選手になるのが夢」と大きな目標を掲げた。初陣は飾れなかった角館だが、センバツ21世紀枠落選というショックも乗り越えてたどり着いた甲子園に足跡は残した。エースをはじめ、それぞれの選手が次のステージで新たな希望と目標を探し出す。

Nikkan Sports 8/17/2014

===

角館相馬復活「調子がいい」/秋田

<高校野球秋田大会:角館12-1二ツ井>◇2回戦◇16日◇八橋球場

... 昨夏は6試合すべてに完投。決勝では秋田商に延長15回でサヨナラ負けした。その疲労で秋に肩に痛みが走った。県大会準決勝の大曲戦に先発も2死を取っただけで降板。東北大会3回戦の東陵(宮城)戦に3番手で登板した時は、激痛で打者1人にしか投げられなかった。冬場の2カ月はボールを握れない分走り込み、整形外科に週3日通ってマッサージやアイシングなど肩のケア方法を学んできた。

春季県大会2回戦の能代戦で延長13回を168球、15奪三振で完投した時も痛みを感じていた。その後も地道に体の手入れを続けて最後の夏を前に最高の状態に仕上げてきた。湯沢淳監督(38)も「試合を作れていたし、いつも通りの投球だった」と評価した。

ベストなら最速142キロの速球も練習試合で140キロまで戻り、自信も復活した。「最低目標が秋田制覇。今年こそ甲子園に行く」。相馬の目はすでに全国の舞台をにらんでいる。

Nikkan Sports 8/17/2014

===

小川 良憲 (近江)

by on Aug.17, 2014 @ 10:35 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

小川 良憲 (近江)
おがわ・りょうけん

178cm / 74kg
R / R

===

近江2年生エース小川が強打鳴門を完封

「全国高校野球・2回戦、近江8‐0鳴門」(16日、甲子園)

... エース・小川良憲投手(2年)も自己最速145キロを計測し、9安打完封で鳴門(徳島)を退けた。

... 日本ハム・山田GMに「来年のドラフト候補には入ってくるでしょうね」とまで言わせた快投。「ボールを低めに集めて、球数を少なくして」。常日頃心がける“打たせて取る投球”は、全国の舞台でも通用した。

初回、鳴門の2番・高島に対して自己最速145キロを計測。その後3、4番の連打などで2死満塁となっても、慌てず次打者を低めのスライダーで右飛に抑えた。ベンチで球速更新を知らされ、思わず「ウソちゃう?」と聞き返した2年生だ。

... まだあどけなさが残る右腕は「150キロを投げたい」と進化にどん欲だ。

Daily Sports 8/17/2014

===

ドラフト・レポート

===

恩田 和季 (開星)

by on Aug.16, 2014 @ 11:16 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

恩田 和季 (開星)
おんだ・かずき

184cm / 90kg
R / R

===

開星143キロ右腕・恩田、初戦で散る

「全国高校野球・1回戦、大阪桐蔭7-6開星」(15日、甲子園)

... 初回を三者凡退発進。だが、4点をもらった直後の二回に崩れた。3四死球と制球が乱れ2失点。さらに三回も四球絡みで1点を奪われた。四回、先頭への四球後に降板。「4点で守りに入った。攻めの気持ちがなくなった」。3回0/3を1安打5四死球4失点。心の隙を大阪桐蔭打線は見逃してくれなかった。

身長184センチ、体重90キロと恵まれた体格を誇る。卒業後は大学に進学し、プロを目指す。「悔しさを忘れず頑張りたい」。夢舞台での敗戦を力に変え、再び走りだす。

Daily Sports 8/16/2014

===

ドラフト・レポート

===