Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 伊藤 拓郎

伊藤 拓郎 (帝京)

by on Nov.18, 2009 @ 1:56 pm, under 高校・大学・社会人
Tags: , ,

伊藤 拓郎 (帝京)
いとう・たくろう

185cm / 81kg
185cm / 85kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 9月8日 > 2011年横浜9位

===

帝京・伊藤、激動の2年5カ月が終わる

「高校野球・2回戦、帝京3‐5八幡商」(13日、甲子園)

2年前の夏の甲子園、1年生史上最速の148キロをマークし、脚光を浴びたが、その後は苦難の連続だった。2年になると、スピードを追い求めるあまりに投 球フォームを乱し、制球が定まらなくなった。さらに故障が追い打ちをかけた。昨夏は背筋痛、今春は右手中指の爪を負傷した。

...

「どん底からはい上がろう。最後の夏は絶対に行く」と決意。東東京大会では“球速”へのこだわりを捨て、緩急で勝負。大胆なモデルチェンジで3季ぶりの甲子園切符をつかんだ。

初戦のみ登板(四回途中5失点)で2回戦敗退。最後は「一塁手」で終わった。進路について「高卒で即プロ入りの考えは変えません」。艱難(かんなん)辛苦を糧に、次のステージで日本一の夢を実現してみせる。

Daily Sports 8/14/2011

===

帝京伊藤「しんどかった」/夏の甲子園

<全国高校野球選手権:帝京8-7花巻東>◇7日◇1回戦

帝京の先発、伊藤拓郎投手(3年)は4回途中まで投げて5失点と苦しんだ。「こっちが点を取るたびに食らいついてきて勢いを感じた。しんどかった」と顔をゆがめた。

2年前にも甲子園の舞台を経験した右腕だが「マウンドに立って力んだ。落ち着いて投げられなかった」と言う。鋭い直球とは裏腹にスライダーが決まらず、1回には四死球と暴投で崩れた。「(次戦まで)5日空くので休んでしっかり調整したい」と気持ちを入れ替えていた。

Nikkan Sports 8/7/2011

===

帝京・伊藤 最後の夏に156球完投!復肩V

東東京大会決勝  帝京6―1関東一 (7月31日  神宮)

第93回全国高校野球選手権大会(6日から15日間、甲子園)の地方大会は31日、3大会4試合が行われた。東東京大会決勝では、帝京のMAX148キロ 右腕のエース伊藤拓郎投手(3年)が、昨年覇者の関東一を相手に1失点完投してチームを2年ぶり12度目の夏の甲子園出場に導いた。1日は大阪大会の決勝 が行われ、49代表校が出そろう。また、この日から甲子園練習が始まり、初日は4校が練習した。

最後は直球にこだわった。変化球のサインに首を振り、帽子が飛ぶほどこん身の力を込めて投げた156球目。141キロの外角直球がミットに吸い込まれると、伊藤は両手を大きく突き上げた。

Sponichi 8/1/2011

===

帝京・伊藤156球完投でV/東東京大会

<高校野球東東京大会:帝京6-1関東一>◇31日◇決勝

帝京が関東一に快勝、2年ぶり12度目の夏の甲子園出場を決めた。1回に5番木下貴晶右翼手(3年)の左前打で先制。4回に7番からの3連打で2 点を追加すると、7回には松本剛遊撃手(3年)の2ランでダメ押しした。最速148キロのエース右腕、伊藤拓郎投手(3年)は156球で完投。この日の最 速は143キロにとどまったが、スライダーを中心に変化球を多投、8三振を奪い1点に抑えた。伊藤は「先に点を取ってくれたので投げやすかった」と笑顔で 振り返った。

Nikkan Sports 7/31/2011

===

伊藤好投、帝京が2年ぶり優勝/東東京

<高校野球東東京大会:帝京6-1関東一>◇31日◇決勝

帝京が2年ぶり12度目の夏の甲子園出場を決めた。最速148キロのプロ注目エース、伊藤拓郎投手(3年)が丁寧な投球で1失点完投。打線も4番松本剛内野手(3年)の2ランなどで援護した。

Nikkan Sports 7/31/2011

===

帝京が甲子園へ、プロ注目の伊藤は1失点完投

「高校野球東東京大会・決勝、帝京6‐1関東一」(31日、神宮)

プロ注目の伊藤拓郎投手(3年)は5安打8三振1失点で完投した。

Daily Sports 7/31/2011

===

帝京のプロ注目エース伊藤 7回参考ノーヒッター!

東東京大会準々決勝  帝京8―0修徳 (7月28日  神宮)

確かな手応えをガッツポーズに込めた。プロ注目の帝京のエース伊藤が、修徳を相手に7回参考記録ながらノーヒットノーラン達成。許した走者は5回の失策による1人だけの「準パーフェクト」。巨人、阪神など8球団のスカウトが見守る中、圧巻の80球を投げ込んだ。

...

今夏2度目の登板。1年夏の甲子園で1年生最速となる148キロをマークした豪腕が、この日は最速143キロと力任せの投球を封印した。「今年は無駄な力 を入れないように。三振へのこだわりはないわけではないけど、スライダーを引っかけさせようと思った」。奪った三振は3つ。だが、低めに変化球を集め、 21アウトのうち内野ゴロ13と狙いどおりに打たせて取った。ロッテの永野吉成チーフスカウトは「地肩が強いけど、それに頼らずいいバランスで投げてい た。素材はピカイチ」と絶賛。以前ほどフォームに力感は感じさせないが、最後まで切れ味鋭い球を投じた。

Sponichi 7/28/2011

===

巨人も阪神も注目 帝京・伊藤にロッテチーフスカウト「素材はピカイチ」

東東京大会準々決勝  帝京8―0修徳 (7月28日  神宮)

許した走者は5回の失策による1人だけの「準パーフェクト」。巨人、阪神など8球団のスカウトが見守る中、圧巻の80球を投げ込んだ。

「今年の中で何番目かに入る内容。良かった」と笑みを受かべた。

今夏2度目の登板。1年夏の甲子園で1年生最速となる148キロをマークした豪腕が、この日は最速143キロと力任せの投球を封印した。「今年は無駄な力 を入れないように。三振へのこだわりはないわけではないけど、スライダーを引っかけさせようと思った」。奪った三振は3つ。だが、低めに変化球を集め、 21アウトのうち内野ゴロ13と狙いどおりに打たせて取った。ロッテの永野吉成チーフスカウトは「地肩が強いけど、それに頼らずいいバランスで投げてい た。素材はピカイチ」と絶賛。以前ほどフォームに力感は感じさせないが、最後まで切れ味鋭い球を投じた。

Sponichi 7/28/2011

===

帝京・伊藤7回ノーヒッター/東東京大会

<高校野球東東京大会:帝京8-0修徳>◇27日◇準々決勝

2年前の「消えるスライダー」が帰ってきた。プロ8球団のスカウトが見つめる中、帝京のエース伊藤拓郎(3年)が強豪修徳を7回参考ながら無安打無失点に抑えた。

肩の力が抜けていた。1回に木下貴晶外野手(3年)の3ランの援護が大きかった。3奪三振だったが、今大会最速となる143キロをマーク。相手のスライ ダー狙いが分かっていても、右打者の外角へ鋭く落ちる「宝刀」が威力を発揮し、13本の内野ゴロを打たせた。無四球、80球で投げ抜くと、マウンドで歓喜 の叫び声を上げた。昨夏大会3回戦の墨田工戦でも7回参考ながら記録して以来、2度目の記録。前回先発した城東戦(3回戦)は3回途中2失点で降板してお り「今日は絶対最後まで行く」と決意して臨んでいた。

Nikkan Sports 7/28/2011

===

帝京、コールドで修徳下し準決勝へ

「高校野球東東京大会・準々決勝、帝京8ー0修徳」(27日、神宮)

帝京が修徳に7回コールド勝ちし、準決勝進出を決めた。一回、木下貴晶外野手(3年)の左越え3ランで先制。投げてはエースの伊藤拓郎投手(3年)が7回を投げ、無安打無失点、無四球に抑え、走者は五回の失策の一人だけという完ぺきな内容で完勝した。

Daily Sports 7/27/2011

===

帝京・伊藤“大人の投球”/東東京大会

<高校野球東東京大会:帝京14-2城東>◇15日◇3回戦

帝京の剛腕、伊藤拓郎投手(3年)が、今夏の東東京大会で初登板した。3回戦の城東戦に先発し、2回1/3を投げて2安打2失点で降板。いったん は一塁に回ったが、前田三夫監督(62)から再登板を命じられ、7回の1イニングを3者凡退に打ち取った。1年夏の甲子園で148キロをマーク。当時のス ピードは取り戻せていないが、2年ぶりの夏の甲子園を目指し“大人の投球”に徹する。

今夏初めて登板した伊藤はピリッとしなかった。都立の強豪城東との対戦。1回は1つの三振を奪い、3者凡退。2回は死球で走者を出しながら2個の三振を 奪った。だが、7点リードの3回、2四球と連打を浴びて2失点。5回を想定していた前田監督は「もう少し落ち着いてやらないと」と不満顔。52球を投げた ところで交代を命じられた。

Nikkan Sports 7/16/2011

===

帝京・伊藤、進化の夏だ!大人の投球

「高校野球東東京大会・3回戦、城東2‐14帝京」(15日、江戸川)

東東京大会では、優勝候補の筆頭・帝京が七回コールド勝ち。プロ注目のエース伊藤拓郎投手(3年)が今大会初登板。最速138キロながら、かつての速球に頼らない投球を披露した。新たに山形、三重、島根、山口で開幕し、31大会で試合が行われた。

...

一昨年、甲子園1年生最速の148キロをマークし、“怪物”として名を上げた。しかし、それ以降スピードにこだわるあまりフォームを崩し、もがき苦 しんだ。今年に入り指揮官から「球の速さじゃなく、質を磨いて大人の投球をしろ」と助言され、スタイルチェンジを決意。この日、ネット裏のスカウト陣のス ピードガンで計測した最速は138キロだったが、伊藤は「球の質が良かったら構わないです」とキッパリ。あくまで“進化”ととらえた。

だ が、あの夏を忘れたわけではない。一昨年、聖地のスコアボードに148キロを刻んだ1球は、ファウルボールとなりスタンドに飛び込んだ。偶然、その球を手 にした大阪・河内長野市の増田正俊さん(62)がこの日、江戸川球場を訪れ、試合後に手渡された。「初心に帰るきっかけになればいい」と感激した。あのと きがあったから今の自分がいる。すべてを受け止め、挑む最後の夏。

Daily Sports 7/16/2011

===

帝京4イニングで2発20点/東東京大会

<高校野球東東京大会:帝京20-1産業技術高専>◇10日◇1回戦

帝京がわずか4イニングで20点を奪い圧勝で1回戦を突破した。1回裏、1死一塁から一塁手でスタメン出場した最速148キロ右腕、3番伊藤拓郎 (3年)が左翼へ先制2ラン。「エンドランのサインだったけど、インハイにボールが来てしまって…」と大根切りで左翼席へ打ち込んだ。

Nikkan Sports 7/10/2011

===

伊藤 最後の夏へ「スピードを出すよりも勝つ」

1年夏の甲子園3回戦、九州国際大付(福岡)戦で148キロをマーク。スーパー1年生と注目を浴びたが、これが重圧となった。昨年センバツこそ8強に進出 したが、その後はフォームのバランスを崩して肘が下がり、直球がシュート回転するようになった。「球速が出なくなって焦った」。昨秋、今春は都大会初戦で まさかの敗退。前田三夫監督も「1年生の頃は心にゆとりがあったけど、上級生になったからには本当に任せられるエースにならないと。春の大会はまだ未熟な 面が出た」と厳しく指摘する。

▼ヤクルト・斉藤宜之スカウト(帝京・伊藤について)まだ本調子じゃないけど、潜在能力は高校生では一番。

Sponichi 6/19/2011

===

帝京・伊藤に日米5球団/練習試合

今秋ドラフトの上位候補、帝京(東京)・伊藤拓郎投手(2年)が9日、今季初戦を3回2失点(自責1)でスタートした。前日8日に対外試合が解禁。この日 は神奈川・相模原市内で東海大相模(神奈川)戦に先発。1回に左越えソロを浴びたが、久々の実戦感覚を確かめるように丁寧に投げた。打者12人に3安打1 奪三振で、最速は140キロ。日米5球団のスカウトが集まり、中日は3人で視察。中田スカウト部長は「素材の良さを今後どこまで出せるか」。伊藤は「プロ に行きたい気持ちはすごくある。常に自分にプレッシャーをかけたい」とドラフトイヤーの飛躍を誓った。

Nikkan Sports 3/10/2011

===

プロ注目 帝京・伊藤は志願の投げ初め

今秋ドラフト上位候補の最速148キロ右腕、帝京・伊藤拓郎投手(2年)が志願の「投げ初め」だ。5日、東京・板橋区の同校グラウンドでの初練習終了後、 前田三夫監督(61)にブルペン入りを直訴。捕手を立たせて約30球投げ込んだ。あいさつに訪れたロッテ新里スカウトが「潜在能力は、ずばぬけた逸材」と 評価するが、連投が課題。「投げながらフォームをつくる」と自覚しての投球志願だった。練習前に参拝した神社で引いたおみくじは大吉で「待ち人来る、と書 いていました。甲子園で投げたい」。一昨年夏、昨春と踏んだマウンドに戻り、プロ入りが最大目標。2つの夢をかなえる1年にする。

Nikkan Sports 1/6/2011

===

帝京・伊藤、最後の夏へ20分初投球

今秋ドラフトの目玉、帝京・伊藤拓郎投手(2年)が5日、東京・板橋区の同校グラウンドで練習初めに参加した。全体練習終了後に、自らブルペン入り。捕手 を立たせて約20分の投球を行った。「投げない日をなくしたいんです」と、フォームを確かめた。昨秋都大会1回戦で敗れ、今春センバツは絶望的。「夏、甲 子園に出ることしか考えていない」。一昨年夏の甲子園で1年生最速の148キロを記録した豪腕が、最後の夏にかけ始動した。

Nikkan Sports 1/5/2011

===

プロ注目 帝京・伊藤「1日1日大切に」

来秋ドラフト候補の148キロ右腕、帝京・伊藤拓郎投手(2年)が28日、東京・板橋区の同校グラウンドで年内最後の練習を行った。ブルペンで捕手を座ら せ約30分のピッチングで「投げ納め」。尊敬するダルビッシュのいる日本ハム1位候補として浮上したが「プロを目標にしているのでうれしい」。秋は都大会 1回戦で敗れ、センバツ出場は絶望的。夏を残すのみとなり「この1年(の結果)で自分の進路も決まってくる。1日1日を大切にしたい」と抱負を口にした。

Nikkan Sports 12/29/2010

===

帝京・伊藤が練習納め…来年へ意気込み

来秋ドラフトの目玉、帝京・伊藤拓郎投手(2年)が28日、東京・板橋区の同校グラウンドで今年最後の練習を行った。昨夏甲子園で1年生最速の148キロ を記録した右腕で、日本ハムの1位候補として浮上している。「同世代にいい投手が多いので、負けたくないです」と来年へ意気込んだ。

Nikkan Sports 12/28/2010

===

帝京・伊藤は「150キロ出したい」

11年秋のドラフトには、10年に1度と称されたハンカチ世代を上回る実力派がめじろ押しだ。いち早く来秋のドラフト候補をチェックした。

帝京・伊藤拓郎投手(2年)も上位候補の筆頭だ。1年夏の甲子園では最速148キロをマークする鮮烈な全国デビュー。キレのあるスライダーも魅力 で、将来の夢はメジャーリーガーと公言する。しかし今夏は東東京大会5回戦で、秋は都大会の初戦で敗退。2季連続で甲子園から遠ざかり、秋季大会後は主将 の座も降りた。「今自分の評価は下がってる。ここからは上げるしかないです。球速も1年から上がってないので、150キロ出したい」。来夏は再び甲子園の マウンドに立って、右腕の輝きを見せつけたい。

Nikkan Sports 12/28/2010

===

帝京主将30年ぶり4番でエースの伊藤拓郎

来秋ドラフトの目玉候補、帝京(東東京)の最速148キロ右腕、伊藤拓郎投手(2年)が、新チームの主将に就任したことが24日、分かった。 ... 帝京のエース兼主将は、元ヤクルト伊東昭光以来30年ぶりになる。同監督は「エースで主将で4番ですよ」と、大きな期待を寄せた。

Nikkan Sports 7/25/2010

===

帝京・伊藤初登板で完全試合/東東京大会

内外角にスライダーを散らし、カーブ、フォークをはさむ。最速は142キロだったが、わずか1時間18分で、7回参考ながら初の完全試合を達成した。7回 のマウンドに向かう前、前田三夫監督(61)から「完全試合をやってこい」と、思い切り意識させられた。それでも2三振、三飛と危なげなく締める。会場の 大田スタジアムは中3時に日本代表として台湾戦に登板した舞台。甲子園を夢見た少年時代の、淡い思い出にも後押しされた。

Nikkan Sports 7/16/2010

===

帝京・伊藤“完全”七回コールド/東東京

打者21人に対し、わずか76球で三振11、内野ゴロ5、内野飛球3、外野飛球2。プロ5球団のスカウトが熱視線を送る中、都墨田工打線を完ぺきに封じた 17歳に、前田監督は「七回は『完全試合をやってこい』と言って送り出した。力まずに放っていたのがよかった」と目尻を下げた。

Sanspo 7/16/2010

===

帝京・伊藤7回参考完全試合/東東京大会

帝京・伊藤拓郎投手(2年)が11奪三振で7回参考完全試合を達成した。墨田工戦に先発し、内野ゴロ5、内野フライ3、外野フライ2の内容で、1 人の走者も許さなかった。今夏初登板で偉業を達成。「参考記録だけど、うれしい。真っすぐ、スライダー両方切れて、どっちでも三振が取れた」と笑顔だっ た。

Nikkan Sports 7/15/2010

===

帝京本格派右腕3人で2年連続頂点目指す

大黒柱は、名将前田三夫監督(61)が全幅の信頼を寄せる伊藤拓郎投手(2年)だ。昨夏、甲子園で1年生最速記録の148キロを計測したが、今年も健在。 185センチ、83キロの肉体を維持しながら精神的にも成長した。大会では球速にこだわらず「守りから攻撃へ、いいリズムで試合をつくりたい」と意気込 む。

Nikkan Sports 6/13/2010

===

評判通り ノーマークだったのに…スカウト注目の選抜出場選手

春の選抜高校野球でプロ野球のスカウト陣の視線を集めたのは、前評判の高かった東海大相模の一二三、帝京2年生の伊藤の両投手だ。

一二三は1回戦6安打4失点で敗退したが「指が掛かっていた時にはすごくいい球もあった」と評価は下がらない。「投手ではナンバーワン」と言う声が相次 いだ。伊藤も2年生ながら140キロを超える直球と鋭い変化球で「来年は完全にドラフト1位候補」と言い切るスカウトもいた。

Sponichi 3/30/2010

===

昨夏甲子園で1年生ながら148キロデビューした伊藤(2年)が凱旋。背番号1を背負う3年生の鈴木らより先にマウンドで投げて「監督に行けと言われた。 最初に投げさせてもらって気持ちよかった」と汗をぬぐった。この冬の間にチェンジアップを習得。中距離のダッシュを繰り返してスタミナと下半身強化に努め た右腕は「夏は148キロだったので、それ以上出したい」と意欲的だった。

Sponichi 3/19/2010

===

モノが違うね!帝京・伊藤が10K完封

21日に開幕するセンバツで優勝候補の一角に挙げられる帝京が14日、千葉経大付、千葉明徳と練習試合を行った。MAX148キロ右腕の伊藤拓郎投手(2 年)は千葉経大付戦に先発し、3安打10奪三振で完封。2―0の勝利に貢献した。伊藤は「きょうは腕が振れました。この調子を維持できれば」と本番に向け て手応えをつかんだ様子。前田監督も「打つ方はまだまだだけど拓郎(伊藤)はモノが違うね」とエースの状態に満足そうだった。またチームは千葉明徳にも 7―1で勝った。

Sponichi 3/15/2010

===

帝京伊藤すごい!142キロ10K完封

帝京の快速右腕・伊藤拓郎投手(2年)が14日、センバツ出陣を前に完ぺきな投球を披露した。千葉市内の千葉経大付グラウンドで同校と練習試合を行 い、被安打3、10奪三振で完封勝利。「腕を振ることだけ考えていましたが、よく振れました」と今季初完封を振り返った。

この日は最速142キロをマーク、スライダーも切れた。四球も9回1死後の1個だけ。102球で千葉経大付を牛耳った。同校の松本吉啓監督は「ウ チは打線のチームで、完封されたのは初めて。あの真っすぐにあのスライダーでは打てません」と脱帽した。

Nikkan Sports 3/15/2010

===

2年後のドラ1候補 帝京・伊藤 自己MAX出た!

【明治神宮大会高校準決勝 帝京0-4東海大相模】今夏の甲子園で1年生史上最速となる148キロをマークした帝京・伊藤が、準決勝で姿を消した。初回に 自己最速タイの148キロをマークしたが、味方の3失策で自責0ながら4失点。「守備の乱れでリズムが狂ってしまった。春に対戦することがあれば、完封し て投げ勝ちます」と相手エース・一二三へのリベンジを誓った。強力打線も5安打に封じられた前田監督は「まったくいいところがなかった。エラーがいくつも 続くようではダメ」と野手陣の奮起を促した。

Sponichi 11/19/2009

===

帝京のスーパー1年生 自責0も準決勝で涙

相手打線を7安打に封じたが、味方の3失策が響いて自責は0ながら4失点。「春に対戦することがあれば完封して投げ勝ちます。球速はある方だと思うのでセンバツでは150キロを投げたいです」とセンバツでのリベンジを誓った。

Sponichi 11/18/2009

===

ドラフト・レポート

高校野球の星

===

Comments Off on 伊藤 拓郎 (帝京)