Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 佐藤 雄偉知

佐藤 雄偉知 (東海大相模)

by on Jul.14, 2013 @ 6:48 am, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , ,

佐藤 雄偉知 (東海大相模)
さとう・ゆういち

190cm / 85kg
R / R

===

東海大相模・佐藤 長身からフォーク脅威

... 東海大相模(神奈川)の投手陣は4人の本格派を擁するなど層は厚く、中でもスカウトの注目を集めるのが佐藤雄偉知投手(3年)だ。190センチの体いっぱいに使うダイナミックな投球フォーム。夏に向けて「ここぞの時の制球力が課題です」と気を引き締めるが、角度のある最速148キロの直球と鋭いフォークは脅威だ。もう1段上のレベルを目指し、チームを11年春以来の甲子園へ導く。

Nikkan Sports 7/4/2014

===

甲子園V腕、前橋育英・高橋が乱調6失点

<練習試合:東海大相模9-8前橋育英>◇14日◇東海大相模グラウンド

... また、本格派4人擁する東海大相模はエースの佐藤雄偉知(ゆういち)投手(3年)が先発。こちらも5回を11安打5失点と不調で、「直球が浮いてしまった」と反省した。

Nikkan Sports 6/14/2014

===

東海大相模・佐藤9球団視察も初戦敗退

「高校野球春季関東大会・1回戦、東海大浦安7‐2東海大相模」(17日、横須賀)

... 東海大相模のプロ注目の191センチ右腕・佐藤が初戦で姿を消した。中盤以降に集中打を浴び、8回完投で14安打7失点。「制球をあらためて追求しないといけない」と目を潤ませた。日米9球団のスカウトが視察したこの日は、自己最速に6キロ及ばない142キロ止まり。それでも、阪神の北村スカウトは「エンジンの大きさが一番の魅力。まだまだ伸びしろがある」と話していた。

Daily Sports 5/18/2014

===

東海大相模・佐藤5回1安打/高校野球

<秋季高校野球神奈川大会:東海大相模10-0桐蔭学園>◇22日◇準々決勝◇保土ケ谷

東海大相模が191センチ右腕・佐藤雄偉知投手(2年)の好投で5回コールド勝ちし、4強入りを決めた。

威力のある直球を主体に5回を投げ1安打2四死球9奪三振。5回1死まで無安打投球を続けるも内野安打を許し、無安打無得点はならなかった。それでも切れ味の鋭いスライダー、フォークを決め球に三振の山を築いた。「(今大会初先発で)早く投げたかったです。終わってから(記録がかかっていたと)知らされた。集中して投げられました」と快投に笑顔だった。

Nikkan Sports 9/22/2013

===

東海大相模が圧勝!関東大会へ王手

「高校野球秋季神奈川大会・準々決勝、東海大相模10‐0桐蔭学園」(22日、保土ケ谷)

... 今大会初先発した191センチ右腕・佐藤雄偉知投手(2年)が、5連続を含む9奪三振の快投。5回1安打無失点で、三塁を踏ませなかった。

長身から投げ下ろす直球に加え、今夏大会後に改良した2種類のフォークが効果的。「縫い目にかけずに握るようにして制球しやすくなった。空振りだけじゃなく、カウントも取れるようになった」と、手応えをにじませた。

Daily Sports 9/22/2013

===

東海大相模10点快勝 遠藤豪快2ラン!胸張るドラフト候補

神奈川大会3回戦  東海大相模10―0保土ケ谷 (7月17日  保土ケ谷)

... 先発した佐藤雄は参考記録ながら3四球、7奪三振でノーヒットノーランを達成。それでも「内容は良くない。納得はしていない」と自己評価は厳しかった。

Sponichi 7/17/2013

===

東海大相模 遠藤が通算45本目で決めた

「高校野球 神奈川大会3回戦、東海大相模10‐0保土ケ谷、規定により五回コールド」(17日、保土ケ谷)

... 投げては、先発の背番号20・佐藤雄偉知(ゆういち)投手(2年)が、五回参考ながらノーヒットノーランの好投を見せた。

Daily Sports 7/17/2013

===

東海大相模 完勝も慢心なし 2年生右腕・佐藤雄は7回無失点

神奈川2回戦  東海大相模6―0慶応湘南藤沢 (7月13日  横浜スタジアム)

<神奈川東海大相模>第1シード校が慶応湘南藤沢を6―0で下した。

初戦の先発を託された背番号「20」の2年生右腕・佐藤雄が7回3安打無失点。11三振を奪ったが「最後まで投げたかった。調子が悪かった」と反省を口にした。昨夏に右肘を痛め、5カ月間投げ込みができず週3回のペースで20キロを走り込んだ。「重心が下がって、体重移動ができるようになった」と手応えをつかんだ。

Sponichi 7/14/2013

===

【神奈川】東海大相模2年生コンビで16K完封リレー!

◆第95回高校野球選手権神奈川大会 ▽2回戦 東海大相模6―0慶応湘南藤(13日・横浜)

... 圧巻の奪三振ショーだった。7回11奪三振の佐藤雄偉知(ゆういち)から、2回5奪三振の青島凌也へ。名門・東海大相模が誇る2年生右腕の16K完封リレーで、初戦を突破した。

夏の初戦で公式戦初先発の背番号20・佐藤雄。7回には振り逃げを含めて、1イニング4Kを奪った。門馬敬治監督(43)が「初戦だから思いっきりのいい選手を使った」と絶賛したように、191センチの長身から最速140キロ台の直球を投げ込んだ。「(右肘)故障中の走り込みで制球力が上がった」というスライダーとフォークを織り交ぜて三振の山を築いたが「これからは無駄な四球を出してはダメ」と、たった1四球を反省した。

Sports Hochi 7/14/2013

===

Comments Off on 佐藤 雄偉知 (東海大相模)