Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 前野 幹博

前野 幹博 (ヤマハ)

by on Jul.11, 2011 @ 11:28 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , ,

前野 幹博 (ヤマハ)
まえの・よしひろ

183cm / 79kg
R / L

===

ヤマハ大型ニ遊間だ 前野、河野ら新加入

社会人野球のヤマハが13日、浜松市内の同社で今季新人選手の会見を行った。即戦力として期待されるバッテリーと内野手2人の計4人。そのうち、3年ぶりに高卒新人となったPL学園の前野幹博(よしひろ・3年)と、九州国際大の河野(こうの)拓郎(4年)はともに左打ちの大型内野手。将来の二遊間コンビとして、レギュラー争いに食い込むことを宣言した。

... 最年少の前野は前を見つめていた。「1日1日を大切に。打撃の飛距離には自信がある。日本一に貢献すればおのずと結果がついてくる」。

... 大学時代は遊撃が主だった河野が二塁、前野は中学以来という遊撃に挑戦している。現在チームは浜松球場でキャンプ中。厳しい競争を勝ち抜き、2人はチームの柱になる。

Nikkan Sports 2/14/2014

===

「福留2世」前野 ドラフト候補は公式戦初登板で4安打完封

大阪大会4回戦  PL学園7-0上宮 (7月24日  舞洲)

来秋ドラフト候補に挙がるPL学園の「福留2世」前野が、この日はマウンド上で魅せた。

今春から投手を始めたばかり。公式戦で初登板し、初完投を完封で飾った。上宮打線を散発4安打に封じた右腕は「気持ちで投げようと思った。とにかくミット目がけて投げました」と笑顔。抜てきした河野有道監督は「予想外。前野は練習試合を通して完投は初めて。直球の制球がよく、四球を出さない」と称えた。

Sponichi 7/25/2012

===

PL・前野内野手が4安打無四球完封

「高校野球大阪大会・4回戦、PL学園7‐0上宮」(24日、舞洲)

PL学園の2年生スラッガー・前野幹博内野手(2年)が投手としてチームをけん引した。公式戦初先発で4安打無四球完封。

... 打撃でも二回に先頭で左前打を放ち出塁、続く中山の左翼線二塁打で先制のホームを踏むなど、3打数1安打1死球で主軸の仕事を果たした。

... 4球団のスカウトが視察。DeNAの万永スカウトは「身体能力の高さを見せてもらった。来年が楽しみ」とコメントした。

Daily Sports 7/25/2012

===

PL学園ヒヤヒヤ初戦突破/大阪大会

<高校野球大阪大会:PL学園4-3登美丘>◇8日◇1回戦◇久宝寺

大阪大会で、PL学園が辛勝発進した。登美丘に2点リードを許し、前半5回を終了。右有鉤(ゆうこう)骨骨折から復活したばかりの来秋ドラフト候補、前野幹博(よしひろ)内野手(2年)が同点、勝ち越しの殊勲打2本でチームを救った。

... 昨夏、PL学園では清原和博(日刊スポーツ評論家)、福留孝介、楽天勧野甲輝に続く1年生の大阪大会2本塁打を記録しながら、代表はつかめなかった。今夏 も苦戦の発進だ。スタンドでは中日、日本ハム、ツインズなどのスカウトが見守った。注目のスラッガーがどう変わるのか、周囲は見ている。チームの苦境を救 い、スーパー2年生は成長する。

Nikkan Sports 7/9/2012

===

PL前野2号も敗戦で過呼吸/大阪大会

<高校野球大阪大会:東海大仰星14-10PL学園>◇30日◇準々決勝

PL学園は東海大仰星との乱打戦に負けて2年ぶりの優勝を逃した。同校の1年生では83年清原和博、93年福留孝介らに並ぶ大会2号を放った1年 の前野幹博(よしひろ)外野手は、敗戦のショックで過呼吸になって救急車で病院に急行し、点滴治療を受けた。河野有道監督(62)は「中山も含め1年は期 待以上だった」と今後に期待。新チームは85年当時の松山秀明主将(オリックスコーチ)の長男和哉外野手(2年)の親子2代の主将就任が決まった。

Nikkan Sports 7/31/2011

===

スーパー1年生PL・前野“清原超え”デビュー弾…大阪大会

第93回高校野球選手権大阪大会 ▽1回戦 PL学園5―0堺(10日・住之江)PL学園(大阪)のスーパー1年生 が“清原超え”を果たした。「5番・左翼」の前野幹博(よしひろ=1年)が、堺との1回戦で公式戦初アーチ。夏の4回戦で公式戦1号を放った大先輩の清原 和博氏(43)=野球評論家=を上回る早さでデビュー弾を飾り、「3番・遊撃」の中山悠輝(1年)とのコンビで旋風を予感させた。太成学院大高(大阪)の 近畿NO1左腕、今村信貴(3年)は5回10Kノーヒット発進。沖縄では昨年春夏連覇の興南など4強が出そろった。

...

PLのスーパー1年生列伝に新たに名を刻む。名門で1年生の夏の大阪大会で本塁打を放ったのは過去に清原和博、福留孝介(カブス)、勧野甲輝(楽 天)の3人がいるが、1号はいずれも3回戦以降。「PLのクリーンアップのイメージは清原さん」と言い切る前野。偉大な先輩の記録を早くも1つ超えた。

かつての清原、桑田になれるか。1年生がそろって夏の大会から中軸に入るのはPL史上初。左打ちで183センチ、79キロの前野は「入学当時の福 留似」という声が上がり、右打ちで182センチ、79キロの中山もすでに通算6本。視察した日本ハム・林スカウトは「打力は2人とも1年生レベルじゃな い」とうなった。

Sports Hochi 7/11/2011

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 前野 幹博 (ヤマハ)