プロ注目の151キロ右腕、創価大・池田隆英投手(3年=創価)が5回1安打1失点と順調な調整ぶりを見せた。

3回先頭に死球を与えるも次打者を併殺打に仕留め、この回まで9人でピシャリ。4回1死から四球を出すと、続けてこの日唯一の安打を許し、後続の三ゴロの間に先制点を失った。

今季3度目の先発で調子は上がってきているが、課題を見いだした。15個のアウトのうち、三振はゼロだった。

Nikkan Sports 3/12/2016