Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 唐津商

北方 悠誠 (唐津商)

by on Dec.31, 2010 @ 10:42 pm, under 高校・大学・社会人
Tags: , ,

北方 悠誠 (唐津商)
きたがた・ゆうじょう

178cm / 73kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 9月13日 > 2011年横浜1位

===

北方悠 ドラフトへラス投 習志野と1回戦 唐津商は敗れる 山口国体

唐津の剛腕は12球団オーケーの姿勢でプロ入りを目指す。山口国体の高校野球硬式は2日、山口県宇部市の同市野球場で4試合を行い、唐津商(佐賀)は1回 戦で習志野(千葉)に1-7で敗れた。夏の甲子園で大会最速153キロをマークした注目の右腕、北方悠誠(3年)は3番手で登板し、4回2/3 1失点で 高校の公式戦を終えた。27日のプロ野球ドラフト会議を待つ北方悠は「指名されたらどこへでも行く」と意気込んだ。

Nishinippon Shimbun 10/3/2011

===

西武 153キロ右腕の唐津商・北方に熱視線

西武が今秋ドラフトの上位候補として、唐津商の153キロ右腕・北方悠誠投手(17)をリストアップした。

粗削りながら甲子園2回戦の作新学院戦で自己最速の153キロを計測した本格派。前田康介球団本部長は「ドラフト直前までさまざまな形で検討していく」 と個人名は明かさない方針だが、渡辺監督はじめ松坂(レッドソックス)ら球団歴代エースは右の本格派が多い。球団関係者は「あれだけ球が速いのは魅力」と 涌井、岸に続く将来の主戦候補として高く評価している。

Sponichi 8/23/2011

===

唐津商・北方悠10Kも惜敗/夏の甲子園

<全国高校野球選手権:作新学院3-2唐津商>◇13日◇2回戦

佐賀の「がばい豪腕」が2回戦で姿を消した。唐津商のエース北方悠誠(ゆうじょう)投手(3年)が作新学院(栃木)との対戦で今大会最速となる153キロをマーク。完投したが7安打3失点で敗れ、2回戦敗退に終わった。

甲子園は大きく、楽しかった。1回1死一、三塁。唐津商のエース北方悠が空振り三振を奪った球は今大会最速の153キロを記録した。初戦の古川工戦で出した自己最速の152キロを1キロ上回った。

...

佐賀大会で再試合を含む6試合で888球を投げ甲子園では2試合を完投。1180球で北方悠の最後の夏は終わった。「将来はプロになりたい。もっと走って、もっと食べてコントロールをつけます」。甲子園をわかせた豪腕はもっとすごい投手を目指す。

Nikkan Sports 8/14/2011

===

唐津商・北方悠、自己最速153キロ10K完投も逆転負け

◆第93回全国高校野球選手権大会第8日 ▽2回戦 唐津商2―3作新学院(13日・甲子園) 作新学院(栃木)が “怪物超え”を果たした。2年生エース・大谷樹弘(しげひろ)が、唐津商(佐賀)のドラフト候補右腕・北方悠誠(3年)との投げ合いを制し、春夏連覇の 1962年以来、実に49年ぶりの2回戦突破。江川卓(元巨人)を擁した73年を上回った。

...

初球に152キロを計時した初戦に続き、初回、1死一、三塁で4番・飯野を迎えてギアを上げた。追い込んでから、外角へ歴代6位となる自己最速の 153キロの直球で空振り三振。万全の立ち上がりだったが、4回に1点を失うと、5回1死一塁から左越えへ適時二塁打を浴びて追いつかれた。「一球の集中 力が足りなかった」。守備の乱れもあり、さらに遊撃強襲の内野安打で勝ち越しを許した。

敗戦直後でプロ志望届は「まだ決めていない」としたが、「頑張ってプロ野球選手になりたい」と目標を明かした。「(金沢の)釜田君と投げ合いたかった」。“夢”はプロのステージでかなえるつもりだ。

Sports Hochi 8/14/2011

===

最速153キロも北方悠散る/夏の甲子園

<全国高校野球選手権:作新学院3-2唐津商>◇13日◇2回戦

唐津商(佐賀)のエース北方悠誠(3年)が今大会最速の153キロをマークした。1回1死一、二塁の場面で空振り三振を奪ったとき153キロを計 測した。9回を投げ7安打3失点10奪三振で敗れた。北方悠は「自分が打たれて負けました。いい投球だったし悔いはありません」と試合後は涙はなく笑顔 だった。

Nikkan Sports 8/13/2011

===

北方悠152キロは公立最速/夏の甲子園

<全国高校野球選手権:唐津商9-4古川工>◇8日◇1回戦

...

あいさつがわりの1球目で、いきなりスタンドの1万9000人をどよめかせた。スコアボードに掲示された数字は今大会最速タイの152キロ。唐津商のエース北方悠が、初の全国舞台で「がばい」デビューを飾った。

...

序盤は時折150キロを超える速球で押しまくった。1回から3回まで無安打に抑え、6者連続で空振り三振を奪った。直球を狙われた中盤からは制球重 視。変化球中心に140キロ台のカットボールを決め球にした。5回2死一、三塁、1失点後の7回2死二塁の場面で三振を奪ってピンチを脱した。

「ピンチのところで狙って三振を取りました」

最後は150キロの直球で空振りを取り13個目の三振を奪った。序盤の大量リードもあり4失点ながら完投で27年ぶりの初勝利を挙げた。

Nikkan Sports 8/9/2011

===

毎回の13K 北方悠の略歴/夏の甲子園

<全国高校野球選手権:唐津商9-4古川工>◇8日◇1回戦

「がばいエース」が152キロで甲子園デビューを果たした。プロ注目の唐津商(佐賀)のエース北方悠誠(ゆうじょう)投手(3年)が、古川工(宮 城)との対戦で1球目にいきなり今大会最速タイとなる152キロをマーク。公立校の投手としては、夏の甲子園で最速記録となった。その後も150キロ台の 速球で押し、4失点しながらも毎回の13奪三振で完投勝利を挙げた。

Nikkan Sports 8/9/2011

===

唐津商北方悠152キロ13K/夏の甲子園

<全国高校野球選手権:唐津商9-4古川工>◇8日◇1回戦

プロ注目右腕の唐津商(佐賀)北方悠誠投手(3年=180センチ、80キロ)が毎回の13三振を奪い完投勝ちした。1回に投げた初球がいきなり 152キロ(空振り)をマーク。その後も150キロ前後の速球と140キロ台前半のカットボール、鋭いスライダーなどで1回途中から3回2死まで6連続奪 三振。9回も最後の打者を150キロ速球で空振り三振に仕留めた。

Nikkan Sports 8/8/2011

===

唐津商V北方悠888球投げ抜く/佐賀大会

<高校野球佐賀大会:唐津商2-0佐賀工>◇24日◇決勝

唐津商のエース北方悠誠(ゆうじょう、3年)が佐賀工を2安打完封し、27年ぶり4度目の甲子園出場を決めた。12奪三振の投球に「今日は力が抜 けていいリズムで投げられました」と、笑顔で振り返った。準々決勝は引き分け再試合となり、2日間で418球を投げるなど、この夏の投球数は888球に達 した。吉原彰宏監督(36)は「北方悠がうちの大黒柱。よく成長してくれました」と、信頼するエースを褒めたたえた。プロ注目の149キロ右腕は「直球が どれだけ通用するか試してみたい」と、初の大舞台を楽しみにしていた。

Nikkan Sports 7/25/2011

===

唐津商 再試合を制し4強/佐賀大会

<高校野球佐賀大会:唐津商7-3佐賀西>◇21日◇準々決勝

がばい剛腕が、2日間418球の熱投で熱戦を制した。佐賀大会は準々決勝で唐津商と佐賀西の延長15回引き分け再試合が行われ、プロ注目右腕、北 方悠誠(3年)を擁する唐津商が勝ち、ベスト4に進んだ。前日257球で15回を投げきった北方悠は、この日も161球で完投。11奪三振10四死球と 「大暴れ」し、甲子園へ前進した。

...

「珍しくない。いつもこんな投球だから、野手も慣れてます」と指揮官。この日の最速は146キロだった。力強いストレート中心に11三振を奪ったが、四死 球も10。257球を投げ抜いた前日も、13四死球を与えた。どうしても球数は多い。それでも「疲れ、分かりません」と言ってのける。「馬力がありますか ら。多少、肩に張りがあった方が、力が抜けていい」と吉原監督の信頼は揺るがない。三振も多いが、四死球も多い。こんな荒々しさも、北方悠の魅力なのだろ う。

Nikkan Sports 7/22/2011

===

8球団集結 唐津商・北方 ソフトバンクスカウトは「藤井2世だね」

屈辱をバネに大きくなった。昨夏も2年生エースとして開幕試合のマウンドに立ったが、延長12回の激闘の末に鳥栖商に敗れた。「まだスタミナがなかった。 走り込んで体力をつけた」。体重は5キロ増え、球速は最速149キロまで伸びた。縦横2種類のスライダー、カーブ、フォークを駆使して6回3安打無失点。 球場には8球団20人のスカウトが集結し、4人のスカウトでチェックしたソフトバンク・永山勝スカウト部長は「ボールに力があるし、闘争心あふれる投球も いい。将来が楽しみな素材。藤井2世だね」と高評価した。

Sponichi 7/13/2011

===

北方6回10Kコールド発進/佐賀大会

<高校野球佐賀大会:唐津商9-0唐津西>◇12日◇2回戦

プロ注目右腕が、いきなり148キロをマークした。佐賀大会2回戦で唐津商が唐津西に9-0の7回コールド勝ち。今秋ドラフト候補のエース北方悠 誠(3年)が最速148キロの真っすぐ中心で、6回10奪三振の快投を演じた。ネット裏には8球団20人のスカウト陣が集結。その目を釘付けにした。

硬かった投球動作が、回を重ねてほぐれていく。プロ注目右腕の本領発揮は5回だ。3者連続三振。北方悠は力でねじ伏せた。夏初戦から自己最速にたった1キ ロ及ばない148キロをマーク。許した安打は3、10三振を奪う貫禄の投球で6回を「0」に封じた。「硬さがとれてから球が走るようになった」。これで昨 年の悪夢ともおさらばだ。

...

「スタミナがなかったからつけました」と必死に走り込み、昨秋から5キロ体重を増やした。ひと回りがっしりした体型、そして力強い投球に目を細めたのが スカウト陣だ。ソフトバンク、阪神、巨人など8球団20人のスカウトが集結。九州の好投手視察にソフトバンクは4人を送り込んだ。永山スカウト部長は「球 に力がある。マウンド上での闘争心もいい。楽しみな素材」と絶賛した。

Nikkan Sports 7/13/2011

===

注目の唐津商・北方が148キロ/佐賀大会

<高校野球佐賀大会:唐津商9-0唐津西>◇12日◇2回戦

プロ注目右腕の唐津商・北方悠誠(3年)が、最速148キロをマークし、6回10奪三振の快投を演じた。立ち上がりこそ硬く、ボール球が多かった が、中盤以降は安定した投球。5回には、3者連続で三振を奪った。「立ち上がりは硬いなと。硬さがとれてからは、球も走るようになりました」。ネット裏で はソフトバンク、阪神、巨人など8球団のスカウトが見守った。

Nikkan Sports 7/12/2011

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 北方 悠誠 (唐津商)