プロ注目右腕、大分商の森下暢仁(まさと)投手(3年)が決勝で明豊に0-1で敗れ、2年ぶり16回目の甲子園出場を逃した。

3回に2安打を許し、先制点を献上。その後、打線が追いつけず、完封負けを喫した。

Nikkan Sports 7/27/2015