Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 太成学院大高

島原 達也 (太成学院大高)

by on Jul.20, 2014 @ 5:19 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , ,

島原 達也 (太成学院大高)
しまはら・たつや

186cm / 76kg
L / L

===

プロ注目・島原9四球も…太成学院大高7回一挙10点大勝

大阪大会3回戦  太成学院大高18-4扇町総合 (7月21日  南港)

... プロ注目左腕の先発・島原は5回0/3を9四球。制球に苦しんだが、3回途中で降板した初戦より「良くなっている」と手応えをつかんだ。

Sponichi 7/22/2014

===

【大阪】太成学院大高・島原、12人のスカウト視察もホロ苦3回降板

◆第96回高校野球選手権大阪大会 ▽2回戦 南4―26太成学院大高=5回コールド=(19日・南港中央)

誕生日の勝利は“今村2世”にとって、ほろ苦いものだった。太成学院大高の186センチ左腕・島原達也(3年)は、2回1/3を3安打5四死球で3失点。 左ふくらはぎのけいれんと軽い熱中症で降板し「実力が出せなかった」と悔しがった。日米10球団、12人のスカウトが最速142キロ左腕を視察したが、こ の日は132キロどまりだった。

Sports Hochi 7/20/2014

===

太成学院大高ぶっつけ公式戦で26点/大阪

<高校野球大阪大会:太成学院大高26-4南>◇19日◇2回戦◇南港中央

太成学院大高が約8カ月ぶりの公式戦で5回コールド勝ちを飾った。3回までに25点を奪う猛攻。好投手の島原達也(3年)は3回途中で左ふくらはぎがつり、降板。エースは3安打5四死球3失点と本来の調子には遠かったが、打線が5回17安打26得点と南を圧倒し、初戦を突破した。

Nikkan Sports 7/20/2014

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 島原 達也 (太成学院大高)

今村 信貴 (太成学院大高)

by on Dec.28, 2010 @ 12:32 pm, under 高校・大学・社会人
Tags: , ,

今村 信貴 (太成学院大高)
いまむら・のぶたか

180cm / 70kg
L / L

===

プロ野球志望届提出 - 9月13日 > 2011年巨人2位

===

太成学院大高・今村7失点散る/大阪大会

<高校野球大阪大会:金光大阪7-5太成学院大高>◇27日◇4回戦

近畿NO・1左腕、太成学院大高の今村信貴投手(3年)が金光大阪打線の前に敗れた。

まさかの4回、一挙5失点だった。今村が相手5番の平敏輝内野手(3年)に3ランを浴びた。捕手の変化球のサインに首を振りストレートを選択。「力のある打者。ベストボールで勝負したかった」。その球を左翼芝生席に運ばれ、14安打7失点で夏は終わった。

...

石田部長は「かわいそうなことをした」と悔やんだ。だが「上でやりたい」とプロ入りを望む左腕への評価は揺るぎない。日米9球団が視察。オリックス長村編 成部長は「左の高校生ではトップクラス。球を長く持てる才能は天性」と絶賛した。今後を見守りたい選手へと今村は成長した。

Nikkan Sports 7/28/2011

===

太成学院大高・今村、ノーヒッ投継続

「高校野球大阪大会・3回戦、大阪市立4-9太成学院大高」(24日、万博)

太成学院大高の146キロ左腕・今村信貴投手(3年)が五回、同点に追い付かれてなお2死二塁の場面から登板。後続を断った。直後に味方打線が勝ち越し。勝利を呼ぶ快投で4回1/3を無安打1死球に抑えた。1回戦から計9回1/3を投げ、無安打を継続している。

...

他校の偵察を意識し、この日は変化球を封印。低めやワンバウンドも変化球を使わず操るなど課題を持って臨み「思い通りの所に決まった」。143キロを計時 したキレのある球に6球団のスカウトが注目。阪神・佐野スカウトは「だんだんいい球を投げるようになってきたね」と評価していた。

Daily Sports 7/25/2011

===

太成学院大高・今村無安打/大阪大会

<高校野球大阪大会:太成学院大高9-4大阪市立>◇24日◇3回戦

プロ注目の左腕、太成学院大高の今村信貴投手(3年)が大阪市立戦で緊急登板し、4回1/3をノーヒットに封じた。これで前回登板から9回1/3連続で安打を許していない。

...

6球団のスカウトが見守る中、最速は143キロと自己最速147キロには及ばなかった。ロッテ山下スカウトは「バランスもいいし角度もある。将来が楽しみ」と評価。1安打も許さないまま、今村の夏が熱くなる。

Nikkan Sports 7/25/2011

===

巨人スカウト部長は高評価 無安打無得点左腕に日米10球団

最速145キロの直球にスライダーを交えて10奪三振と完璧な投球。ネット裏には日米10球団のスカウトが集結した。巨人・山下スカウト部長は「コント ロールとストレートの切れは高く評価できる」と評価した。昨秋は大阪大会準々決勝で履正社に、今春は5回戦で大阪桐蔭に敗れている。「今度は抑える自信が あります」と今村は2強へのリベンジを誓った。

Sponichi 7/11/2011

===

今村10Kノーヒットノーラン/大阪大会

<高校野球大阪大会:太成学院大高15-0守口東>◇10日◇1回戦

近畿NO・1左腕の夏が快記録で始まった。今秋ドラフト上位候補の太成学院大高・今村信貴投手(3年)が守口東との初戦で、5回参考ながら無安打無得点を達成した。許した走者は四球の1人で10三振を奪い圧勝した。

...

外角に投じれば140キロ台後半を計測するストレートも、内角を狙ったときは135キロ。制球ミスを恐れ、外角を狙うときほど腕を振れなかった。だ が、内角球を投げられなければ、強豪のカベは破れない。昨秋は履正社に敗れ、夏の前哨戦の今春は5回戦で大阪桐蔭に敗れた。相手主砲の西田直斗(3年)に スライダーを2ランにされ、試合後に号泣したほどの悔しい敗戦も、次への弾みになった。紅白戦やシート打撃で打者相手に投げるたび、内角球を意識した。 135キロ止まりだった球は140キロまで出るようになった。

この日、観戦した日米10球団スカウトも、今村のストレートを評価。「武器になる変化球を身につければ、このストレートなら近い将来戦力になる」とマリナーズ山本スカウト。ツインズ高橋スカウトも「ストレートの威力は非凡」と評した。

Nikkan Sports 7/11/2011

===

太成学院・今村がノーヒッター/大阪大会

<高校野球大阪大会:太成学院大高15-0守口東>◇10日◇1回戦

今秋ドラフト候補の太成学院大高・今村信貴投手(3年)が5回参考ながら無安打無得点の快投で、初戦を突破した。今村は4回まで完全投球。5回、 先頭打者に四球を与えて初めての走者を許したが、そこから3者連続奪三振で後続を断った。10奪三振で最速は145キロを計測。「ノーヒットノーランは初 めてです。いいリズムで野手に守ってもらいたかったので、自信のあるストレートとスライダーで攻めて行きました」と振り返った。

Nikkan Sports 7/10/2011

===

太成学院大高・今村5回無安打無得点

「高校野球大阪大会1回戦、太成学院大高15‐0守口東」(10日、万博)

太成学院大高のプロ注目左腕・今村信貴(3年)が、10三振を奪い五回参考コールドながら無安打無得点を達成した。1四球だけの好投で「初戦なので朝から気合が入っていた。まっすぐとスライダーで勝負した」と話した。2回戦は扇町総合と対戦する。

Daily Sports 7/10/2011

===

太成学院大高・今村、近畿NO・1左腕

最速147キロの速球にカーブ、スライダーを自在に操る太成学院大高(大阪)の今村信貴(3年)が近畿NO・1左腕だ。今春は近畿大会大阪府予選2回戦で 強敵の金光大阪を倒し、6月4日の練習試合で強豪の広陵(広島)に勝った。「すべてが野球につながる。普段の生活からきちんとする」と精神面の強化を心が け、バッテリーを組む海老谷大樹主将(3年)も「メンタル面も強くなった」と明かす。集大成の夏は10日が初戦だ。

Nikkan Sports 7/8/2011

===

太成学院大高・今村は伸び盛り左腕

11年秋のドラフトには、10年に1度と称されたハンカチ世代を上回る実力派がめじろ押しだ。いち早く来秋のドラフト候補をチェックした。

太成学院大高(大阪)の左腕、今村信貴(2年)は伸び盛りの速球でドラフト1位候補に挙がる。今秋の近畿大会大阪府予選では8強に入った。準々決 勝の履正社戦で最速146キロをマークした。高校入学時は最速128キロだった直球が「普段のトレーニングから高い意識を持ってやった」成果が出て、飛躍 的に伸びた。目標は、150キロ超えに定めている。

Nikkan Sports 12/28/2010

===

ドラフト・レポート

高校野球情報.com

===

Comments Off on 今村 信貴 (太成学院大高)