Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 宗 佑磨

宗 佑磨 (横浜隼人)

by on Jun.08, 2014 @ 4:09 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , ,

宗 佑磨 (横浜隼人)
むね・ゆうま

181cm / 75kg
R / L

===

オリックス ギニア人ハーフ高校生指名へ 群抜く身体能力評価

オリックスが今秋のドラフト会議で、横浜隼人の宗(むね)佑磨内野手(18)を指名することが12日、分かった。

宗はギニア人の父を持つ左打ちの遊撃手で、広角に打ち分ける打撃が魅力。昨春の桐光学園戦では松井裕樹(現楽天)から2安打を放つなど、打撃センスは十分だ。50メートル走も5秒8と俊足で、球団は「高校生では群を抜いた身体能力」と評価。将来性に目を付け、今夏も徹底調査していた。二遊間は補強ポイント。リストアップしている他球団もあり、オリックスも負けじと指名を狙っている。

Sponichi 9/13/2014

===

横浜隼人・宗がV弾!走っても2盗塁

「高校野球・神奈川大会準々決勝、横浜隼人5‐2桐光学園」(26日、横浜)

鮮やかなサブマリン攻略だった。2対2の同点で迎えた五回二死、横浜隼人の宗(むね)佑磨内野手(3年)は桐光学園の1年生アンダースロー中川の真ん中に入ってきたストレートをジャストミート。高校通算26号は貴重な決勝アーチとなった。

... 6月中旬に右膝膝蓋骨(しつがいこつ)を骨折して手術。2、3回戦を欠場するなど決して万全の状態ではない。そこで飛び出した一発に水谷哲也監督(49)も、「やっと本来の力が出てくれた。あれで本人もチームも目が覚めた」と高く評価。この日は俊足を生かして2盗塁と身体能力の高さを存分に生かした。

Daily Sports 7/27/2014

===

横浜隼人 牙むく66発コンビ 初戦いきなりVS横浜商大高

第96回全国高校野球選手権神奈川大会

第96回全国高校野球選手権(8月9日から15日間、甲子園)の地方大会は7日、全国のトップを切って神奈川大会の組み合わせ抽選が行われた。7月12日に開幕し、190校の頂点を目指す。高校通算43本塁打の手塚渓登主将と同23本塁打の宗(むね)佑磨内野手(ともに3年)を擁する横浜隼人は1回戦で横浜商大高と激突。09年以来の甲子園出場へ「ハマトラ66発コンビ」が引っ張る。

... 伝統の強力打線をけん引するのが、宗と手塚だ。1、3番を務める宗は右膝痛から4日に復帰したばかり。ギニア人の父、日本人の母を持ち「筋肉が日本人より強いらしく、骨の成長が追いついていなかった」と振り返る。「昔は肌の色をバカにされて嫌だったこともあったけど、今は誇りに思う」と負けん気は強い。天性のバネに加え、高校通算23発の長打力、50メートル5秒8の俊足はプロも高く評価している。

Sponichi 6/8/2014

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 宗 佑磨 (横浜隼人)