Welcome to Yakyubaka.com

Tag: 宮崎日大

甲斐 翼 (宮崎日大)

by on Oct.29, 2012 @ 6:33 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: ,

甲斐 翼 (宮崎日大)
かい・つばさ

187cm / 73kg
L / L

===

宮崎日大の左腕・甲斐翼が活躍/秋季九州大会

秋季九州大会第3日(29日、宮崎日大5-0宜野座、長崎県営野球場)宮崎日大のプロ注目左腕、甲斐翼が宜野座を4安 打完封した。身長188センチの逸材に、巨人の武田スカウトは「腕を振る力や、球に角度がある。下半身ができてきたら、球もちもよくなる」と期待を込めた 評価をした。

1失点完投した1回戦では12三振を奪ったが、投球数は165を数えた。連投となったこの日は、緩急を生かした投球で103球の省エネ投球。「初戦は緊張したが、きょうは気持ち良く投げられた」と笑顔だった。

Sanspo 10/29/2012

===

プロ注目の甲斐が4安打完封/高校野球

<高校野球秋季九州大会:宮崎日大5-0宜野座>◇3日目◇29日◇2回戦◇長崎県営野球場

宮崎日大のプロ注目左腕、甲斐翼が宜野座を4安打完封した。身長188センチの逸材に、巨人の武田スカウトは「腕を振る力や、球に角度がある。下半身ができてきたら、球もちもよくなる」と期待を込めた評価をした。

1失点完投した1回戦では12三振を奪ったが、投球数は165を数えた。連投となったこの日は、緩急を生かした投球で103球の省エネ投球。「初戦は緊張したが、きょうは気持ち良く投げられた」と笑顔だった。

Nikkan Sports 10/29/2012

===

ドラフト・レポート

===

Comments Off on 甲斐 翼 (宮崎日大)

武田 翔太 (宮崎日大)

by on Jun.24, 2011 @ 12:42 pm, under Scrapbook, 高校・大学・社会人
Tags: , ,

武田 翔太 (宮崎日大)
たけだ・しょうた

187cm / 77kg
R / R

===

プロ野球志望届提出 - 9月14日 > 2011年ソフトバンク1位

===

宮崎日大・武田のドラフト1位指名決定…ソフトバンク

ソフトバンクは25日、27日のドラフト会議で宮崎日大・武田翔太投手(18)を1位で指名することを決めた。球団幹部は「今のチームには選手を育成する 余裕がある」と説明。東海大・菅野、東洋大・藤岡、明大・野村の即戦力投手ではなく、甲子園出場の経験はないが、最速151キロの直球と多彩な変化球を持 つ「九州のダル」を選んだ。

Sports Hochi 10/26/2011

===

ソフトBドラ1は宮崎日大・武田投手

ソフトバンクは12日までに、今秋ドラフトで高校生NO・1右腕、宮崎日大・武田翔太投手(3年)を1位指名する方針を固めた。187センチの長身から投 げおろす最速151キロの直球が最大の武器。制球力や変化球など課題はあるが、素材は抜群だ。ここまで東海大・菅野、東洋大・藤岡、明大・野村の「投手 BIG3」に視線が集まっていたが、地元九州の逸材の一本釣りを狙う。

...

武田は今夏の宮崎県大会で準々決勝敗退したが、県大会での投球にスカウト陣だけでなく、小林至取締役自らが足を運び、実力を見極めている。連覇を決めたソフトバンクは、常勝軍団づくりへ着々と歩を進める。

Nikkan Sports 10/13/2011

===

ソフトバンク 菅野ではなく高校生右腕をドラ1にするワケ

ソフトバンクが27日のドラフト会議で、宮崎日大・武田翔太投手(18)を1位指名することが12日、分かった。

今ドラフトでは即戦力として巨人が1位指名を公言している東海大・菅野智之投手(22)を高く評価。球団として、即戦力の菅野か将来性の武田の指名かを見極めてきた。

2連覇した先発投手陣は和田、杉内、摂津に続く次世代の岩崎、大場、山田らが今季急成長したとあって最終的に将来性のある補強を選択した。九州出身の武田は、地元密着型球団を理想に掲げているチーム方針とも合致。秋山ホークスが「九州のダル」に白羽の矢を立てた。

Sponichi 10/13/2011

===

ソフトバンク1位指名は“九州のダル”

ソフトバンクが27日のドラフト会議で、宮崎日大・武田翔太投手(18)を1位指名することが12日、分かった。

武田は甲子園出場経験こそないが、1メートル87の長身から最速151キロの球威を誇る。変化球も球の角度や球速を変えた3種類のカーブ、縦横2種類の スライダー、シュート、チェンジアップと多彩で、その体形に加えしなやかな腕の振りなどから「九州のダルビッシュ」と呼ばれ、各球団が上位候補としてリス トアップしている逸材だ。

球団では7月の宮崎大会を小林至取締役(43)ら球団幹部が直接視察。将来のエース右腕になり得る存在かどうかを確認している。準々決勝で敗退したものの、その高い評価は揺るがなかった。

Sponichi 10/13/2011

===

“宮崎のダル”武田、脱水症状に泣く

「高校野球宮崎大会・準々決勝、鵬翔1-0宮崎日大」(23日、サンマリン)

高校生屈指の右腕、宮崎日大・武田翔太投手(3年)が脱水症状による途中降板で、準々決勝で姿を消した。

序盤から145キロの直球を武器に11三振を奪ったが、六回から両足ふくらはぎがけいれん。

以前からつり癖があるんですが(0‐0の)接戦で疲れが出たのかも」と武田は肩を落とした。九回の攻撃で遊ゴロを放ち一塁へヘッドスライディングし た後、症状が重くなった。その裏のマウンドは死球と内野安打、盗塁で1死二、三塁。次打者に1球投げた後でいったんベンチで治療した。

17分後、再びマウンドに戻ったが足元はおぼつかない。屈伸を繰り返しながら次打者に投げたが四球で満塁。そのまま交代を申し出て、チームメートにおぶられてベンチへ下がった。緊急登板した中野一也投手(3年)が左前へサヨナラ打を浴び、短い夏が終わった。

日米7球団が視察。「体力が持てば1年目から1軍で投げられる」(阪神・田中スカウト)と抜群の素質を持つ“宮崎のダルビッシュ”の夏は思わぬ敵に阻まれた。武田は「プロ入りに向けて頑張りたい」と今後も練習を続けるつもりだ。

Daily Sports 7/23/2011

===

宮崎のダル1失点完投/宮崎大会

<高校野球宮崎大会:宮崎日大4-1宮崎一>◇14日◇2回戦

宮崎日大の「宮崎のダル」武田翔太投手(3年)が1失点完投でスタートした。昨年準優勝の宮崎一に1回1点を先制されたが、2回以降は4安打無失 点。日米13球団23人のスカウトが集まる中、最速は147キロ、11奪三振でドラ1候補の実力を見せつけた。「いい感じで仕上がっています」と手応えは 上々。メッツ大慈弥功環太平洋担当部長は「日本の高校生投手で素材は一番」と絶賛した。

Nikkan Sports 7/15/2011

===

「九州のダル」に西武スカウト「九州No.1ピッチャー」

宮崎大会2回戦  宮崎日大4―1宮崎一 (7月14日  アイビースタジアム)

第93回全国高校野球選手権宮崎大会で14日、宮崎日大の151キロ右腕・武田翔太投手(3年)が今夏初登板。日米13球団のスカウトが集まる中、最速147キロを武器に6安打1失点完投、11奪三振の力投。4―1で宮崎第一を下し、3回戦に進出した。

...

今秋ドラフト1位候補の武田だが、昨秋県大会はベスト8敗退、今春の県大会もベスト4で涙をのんだ。最後の夏での雪辱を期し、新たな練習を取り入れ た。ス タミナ強化を兼ねたカッパを着込んでの走り込みで「精神面も鍛えられた」。河辺寿樹監督は「だいぶ気持ちが大きくなった」と打線の反撃を呼んだ投球を称 賛。スカウト8人で視察した西武・奥薗満編成部部長アマ担当は「直球に力があるし、スライダーもいい。九州No・1ピッチャー」と絶賛した。

球の角度や球速を変えた3種類のカーブ、縦横2種類のスライダー、シュート、チェンジアップと多彩な球種も本家譲りだ。武田は「プライドを捨てて、 時には 軟投派になる。ダルビッシュさんの投球が参考になっています。この大会で自分の殻を破りたい」と息巻いた。目標は「全部勝つこと」と頼もしい。この夏は “九州のダル”から目が離せない。

Sponichi 7/15/2011

===

九州のダル」武田 最速147キロ…日米13球団が視察

宮崎大会2回戦  宮崎日大4―1宮崎一 (7月14日  アイビースタジアム)

九州のダルビッシュこと151キロ右腕の宮崎日大・武田が今夏初登板で6安打1失点完投。最速は147キロだったが11奪三振で、ネット裏の日米13球団23人のスカウトをうならせた。

「2回から真っすぐが走り、変化球にも切れが出た」。3種類のカーブ、縦横2種類のスライダー、シュート、チェンジアップと多彩な球種も本家譲りで、ス カウト8人で視察した西武の奥薗満編成部部長アマ担当は「直球に力があるし、スライダーもいい。九州No・1ピッチャー」と絶賛していた。

Sponichi 7/15/2011

===

宮崎日大・武田11K完投/宮崎大会

<高校野球宮崎大会:宮崎日大4-1宮崎一>◇14日◇2回戦

宮崎日大が昨年準優勝の宮崎一を逆転で破り3回戦進出を決めた。プロ注目のエース武田翔太(3年)は1回に1失点したが、2回以降は三塁を踏ませず11奪三振で完投。武田は「最初は配球ミス。単調になってしまって点を取られました」と勝利にも1回の失点を反省していた。

Nikkan Sports 7/14/2011

===

宮崎日大・武田、日米12球団が注目

九州NO・1右腕の宮崎日大(宮崎)の武田翔太投手(3年)はドラフト1位候補だ。187センチ、80キロと体格に恵まれ、直球は昨年の夏休みの練習試合 で最速151キロを記録した。縦、横のスライダーとカーブも大きな武器。開幕前の練習試合には日米12球団、約30人のスカウトが集まった。周囲の騒ぎを よそに武田は「周りは関係ないです。最後の夏に勝ちたい」と話した。

Nikkan Sports 7/8/2011

===

ドラフト・レポート

ドラフト会議

高校野球情報.com

===

Comments Off on 武田 翔太 (宮崎日大)